メインメニューを開く

国光文乃

日本の医師、官僚、政治家

国光 文乃 (くにみつ あやの、1979年3月20日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(1期)。元厚生労働技官医師

国光 文乃
くにみつ あやの
生年月日 (1979-03-20) 1979年3月20日(40歳)
出生地 日本の旗 山口県
出身校 長崎大学医学部卒業
前職 厚生労働省保険局医療課課長補佐
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 国光あやのオフィシャルサイト

選挙区 茨城6区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月25日[1] - 現職
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山口県出身[2]2003年長崎大学医学部医学科を卒業[3]。翌年、国立病院機構東京医療センターに勤務し[3]2005年厚生労働省に入る[3]。省内では介護保健や、がん検診、災害対策、診療報酬などに従事した[2][3]。この間、渡米し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)公衆衛生大学院に学び、修士課程を修了[3]。その後、東京医科歯科大学大学院で博士課程を修了した[3]。自民党の政治塾に入り[2]、元厚生労働大臣丹羽雄哉の後継者に指名され[2]2017年1月に厚生労働省を保険局医療課課長補佐を最後に退職[2][3]、2月に茨城6区から丹羽雄哉の後継者として次期総選挙に正式に出馬することを表明した[4]。その後、自民党公認を得て、以後、正式に立候補するまで茨城県土浦市つくば市の病院に勤務した[2]

2017年の第48回衆議院議員総選挙で自民党公認候補として茨城6区から出馬。同選挙区から希望の党共産党の候補者も出馬し、新人3人の選挙戦となった。選挙の結果、希望の党と共産党の候補者を破り、初当選した[5][1](希望の党の青山大人は比例で復活当選)。2018年6月7日に岸田派に入会した[6]

政策編集

脚注編集

外部リンク編集