メインメニューを開く

国民の祝日に関する法律

日本の法律

国民の祝日に関する法律(こくみんのしゅくじつにかんするほうりつ)は、1948年昭和23年)7月20日に公布・即日施行された日本法律である。通称、祝日法(しゅくじつほう)。

国民の祝日に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 祝日法
法令番号 昭和23年法律第178号
種類 行政手続法
効力 現行法
主な内容 国民の祝日の制定
関連法令 休日ニ関スル件
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

構成編集

全3条から構成され、国民の祝日に関する規定が定義されている。

第一条
第1条で「国民の祝日」(祝日)とは、「自由と平和を求めてやまない日本国民が、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、国民こぞつて祝い、感謝し、又は記念する日である。」と定義されている。
第二条
祝日の定義が記述されている。
祝日の一覧
名称 日付 祝日の説明 補足
元日 1月1日 年のはじめを祝う。
成人の日 1月の第2月曜日 おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 制定時は元服の儀が行われていたとされる小正月1月15日だった。
建国記念の日 2月11日政令で定める日) 建国をしのび、国を愛する心を養う。 旧法の紀元節と同日。
天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う。 2020年~:天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行により、第126代天皇に即位した徳仁の誕生日として2019年5月1日から変更[1]
1989年2018年:第125代天皇明仁上皇)の誕生日12月23日
1949年1988年:第124代・昭和天皇の誕生日4月29日。旧法の天長節より改称。
春分の日 春分日(太陽が春分点を通る日) 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 旧法の春季皇霊祭より改称。
昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 第124代・昭和天皇の誕生日。
この日は、1988年までは、天皇誕生日、1989年から2006年まではみどりの日であった。2007年より現行の「昭和の日」がこの日に設定された。
1949年1988年までは「天皇誕生日」。
憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。 1989年の制定から2006年までは、昭和天皇の誕生日である4月29日だった。
こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日 7月の第3月曜日 の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。 制定時は7月20日だった。2020年東京オリンピックの開会式の前日に当たる7月23日に変更される。
山の日 8月11日 に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。 2016年に制定された。2020年は東京オリンピックの閉会式の翌日に当たる8月10日に変更される。
敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。 制定時は9月15日だった。
秋分の日 秋分日(太陽が秋分点を通る日) 祖先をうやまい、なくなつた人々をしのぶ。 旧法の秋季皇霊祭より改称。
体育の日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。 制定時は1964年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日だった。2020年より「スポーツの日」に名称変更され、同年のみ東京オリンピックの開会式当日に当たる7月24日に変更される。休日の説明が「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う。」と変更される予定。
文化の日 11月3日 自由平和を愛し、文化をすすめる。 明治天皇の誕生日。旧法の明治節より改称。
勤労感謝の日 11月23日 勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 旧法の新嘗祭より改称。
第三条
国民の祝日を休日とする規定およびその例外である振替休日の規定、さらに国民の休日の規定がされている。

「国民の祝日に関する法律」の施行に伴い廃止された祝日編集

この法律の施行に伴い、1927年に制定された「休日ニ関スル件」(昭和2年勅令第25号)が廃止となった。「休日ニ関スル件」で制定されていた11の休日は、次のとおりすべて変更された。

廃止となった祝日
改称された祝日

経緯編集

  • 1948年昭和23年)7月20日 - 公布・施行。
  • 1966年(昭和41年)6月25日 - 改正・施行。同年12月9日建国記念の日となる日を定める政令 - 公布・施行。
  • 1967年(昭和42年)2月11日 - 建国記念の日となる日を定める政令に基づく建国記念の日の初例。
  • 1973年(昭和48年)4月12日 - 改正・施行。
  • 1985年(昭和60年)12月27日 - 改正・施行。
    • 2つの祝日に挟まれた平日を休日とする国民の休日を制定。翌年より5月4日が毎年国民の休日となる(ただし、5月4日が日曜日・月曜日(5月3日の振替休日)となる場合を除く)。1986年の5月4日はただの日曜日、1987年の5月4日は月曜日で5月3日(憲法記念日)の振替休日だったため、第1回の「国民の休日」は1988年5月4日の水曜日となった。国民の休日が5月4日以外の日にはじめて適用されたのは 2009年(平成21年) 敬老の日が9月21日、秋分の日が9月23日であったため、9月22日に国民の休日が適用された。
  • 1989年平成元年)2月17日 - 改正・施行。
  • 1995年(平成7年)3月8日 - 改正。1996年(平成8年)1月1日 - 施行。
  • 1998年(平成10年)10月21日 - 改正。2000年(平成12年)1月1日 - 施行。
  • 2001年(平成13年)6月22日 - 改正。2003年(平成15年)1月1日 - 施行。
    • 海の日を7月20日から7月の第3月曜日へ、敬老の日を9月15日から9月の第3月曜日へ移動(ハッピーマンデー制度適用)。
  • 2004年(平成16年) - 2003年(平成15年)から敬老の日が9月第3月曜日へ移動となって初めて、9月15日以外の日付で適用された。
  • 2005年(平成17年)5月20日 - 改正。2007年(平成19年)1月1日 - 施行。
    • みどりの日を4月29日から5月4日へ移動し、昭和の日(4月29日)を制定。これにより5月4日が国民の休日でなくなる。
    • 5月3日から5月5日が3日連続で祝日となったことに伴い、振替休日と国民の休日についての規定を一部変更。連続する祝日のうち、どれか1日が日曜日と重なった場合は、最後の祝日(こどもの日)の翌日の5月6日が振替休日となることが決まる。これにより2008年(平成20年)に初めて月曜日以外の振替休日が生じた。
  • 2014年(平成26年)5月30日 - 改正。2016年(平成28年)1月1日 - 施行。
  • 2017年(平成29年)6月16日 - 改正。2019年令和元年)5月1日 - 施行。
    • 2019年(平成31年)4月30日の第125代天皇明仁の退位および天皇退位特例法に基づく、翌日令和元年5月1日の第126代天皇徳仁践祚・即位に伴い、天皇誕生日を12月23日から2月23日へ移動。

特例法によるみなし休日編集

皇室関係の慶弔行事が行われる場合は、その年に限りそれが実施される日を特別に休日として定める、当年限りの法律が作られる。その際には、その日を「国民の祝日に関する法律」に定める休日と同等なものとして扱うよう附則で定めるのが通例である。(具体的な日は前掲の項目参照)

2020年限りの休日の異動編集

平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法(平成27年法律第33号)第29条[2]により、2020年令和2年)に限り、海の日が7月23日に、スポーツの日が7月24日に、山の日が8月10日に変更される。

脚注編集

  1. ^ 2019年のみ、祝日としての天皇誕生日は存在しない。
  2. ^ 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年6月20日法律第55号)による改正で追加されたもの。

関連項目編集

外部リンク編集