土岐 善麿(とき ぜんまろ、1885年明治18年)6月8日 - 1980年昭和55年)4月15日)は、日本歌人国語学者

土岐 善麿
1953年頃の土岐善麿
人物情報
生誕 (1885-06-08) 1885年6月8日
東京府東京市浅草区浅草松清町
(現在の東京都台東区西浅草
死没 (1980-04-15) 1980年4月15日(94歳没)
東京都目黒区下目黒
心不全
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学英文学科
学問
研究分野 日本語、現代国語学
研究機関 早稲田大学
学位 文学博士
主な業績 石川啄木の歌業の浸透
田安宗武研究
戦後の国語改革
主要な作品 『NAKIWARAI』
影響を
受けた人物
石川啄木、窪田空穂
影響を
与えた人物
武川忠一篠弘
主な受賞歴 学士院賞1947年
NHK放送文化賞(1952年)
テンプレートを表示

生涯編集

戦前編集

東京府東京市浅草区浅草松清町(現在の東京都台東区西浅草一丁目)の真宗大谷派寺院、等光寺の二男として生まれる。等光寺は美濃国守護大名土岐頼芸の遺児・大圓が創建した寺と伝えられる[1]。父・善静は柳営連歌最後の宗匠で、学僧として知られた。

東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)では同級生に石坂泰三三宅正太郎、一級下に谷崎潤一郎がいた。中学在学中より学友会雑誌に文章短歌俳句の投稿を始める。1905年(明治38年)、金子薫園の「白菊会」に入会し、田波御白吉植庄亮平井晩村らと知り合う。早稲田大学英文科に進み、島村抱月に師事。学外では馬場孤蝶に学び、外国文学に親しむ。窪田空穂の第一歌集『まひる野』に感銘を受け、同級の若山牧水と共に作歌に励んだ。北原白秋も同級である。牧水との交流は特に深く、ともに回覧雑誌「北斗」を作ったり(他の会員には佐藤緑葉安成貞雄らがいた)、父の納骨の際に京都へ同行したりした。

早稲田大学卒業後、読売新聞社会部記者となった1910年(明治43年)に、第一歌集『NAKIWARAI』を「哀果」の号で出版。この歌集はローマ字綴りの一首三行書きという異色のものであり、これを契機にローマ字運動に参加する。『NAKIWARAI』はヘボン式を採用したが、すぐに日本式ローマ字に転向し、田中舘愛橘芳賀矢一田丸卓郎指導のもとに「ローマ字世界」の編集に当たる。当時東京朝日新聞にいた石川啄木が『NAKIWARAI』の批評を執筆。啄木も同年に第一歌集『一握の砂』を出し、文芸評論家楠山正雄が啄木と善麿を歌壇の新しいホープとして読売紙上で取り上げた。これをきっかけとして善麿は啄木と知り合うようになり、雑誌『樹木と果実』の創刊を計画するなど親交を深めたものの、1912年(明治45年)に啄木が病死。わずか1年ほどの付き合いであったものの、啄木の才能を評価していた善麿は死後も遺族を助け、『啄木遺稿』『啄木全集』の編纂・刊行に尽力するなど、啄木を世に出すことに努めた。その後も読売に勤務しながら歌作を続けた。1911年大正元年)に大杉栄荒畑寒村らと「近代思想」の執筆者に加わり、大杉と知り合う。そこから社会主義的傾向を持つようになる。1913年(大正2年)、読売新聞特派員として満州朝鮮を視察。レフ・トルストイの短編集『隠遁』を翻訳する。果たせなかった『樹木と果実』の後継として雑誌『生活と藝術』を創刊し、啄木の遺稿などを多く発表するが、1915年(大正4年)の2月号が発禁処分を受ける。「生活と藝術」の連載「歌壇警語」にて、半年にわたり斎藤茂吉と論争を展開する。

読売新聞社会部長の任にあった1917年大正6年)、東京奠都50年の記念博覧会協賛事業として東京〜京都間のリレー競走「東海道駅伝」を企画し、大成功を収めた。これが今日の「駅伝」の起こりとなっている。しかしこの企画が予算オーバーだったために責任を取らされ、翌1918年(大正7年)に読売を退社、朝日新聞に転じる。1919年(大正8年)、哀果の号を廃し、本名の善麿を名乗り始める。1923年(大正12年)、東京朝日新聞学芸部長に就任。1924年(大正13年)、白秋や前田夕暮釈迢空らとともに雑誌「日光」の創刊に参加する。1928年昭和3年)に日本エスペラント学会の理事に選ばれ、また国語国字問題についての著書を出版。1934年(昭和9年)には日本放送協会の放送用語並発音改善調査委員となるなど、昭和初期には歌人としてよりも、国語の専門家として広く知られていた。1929年(昭和4年)に茂吉、夕暮、庄亮とともに朝日新聞社主催の飛行機搭乗歌会に参加、これを機に自由律短歌へと傾くが、歌作は停滞するようになる。1936年(昭和11年)、日本歌人協会が改組して「大日本歌人協会」となり、白秋とともに常任理事に就任。歌作を復活させ、定型短歌へと還る。1939年(昭和14年)からは喜多実とともに新作能の創作に励む。

1940年(昭和15年)、論説委員を最後に朝日新聞を退社。この年に出版した歌集『六月』は反軍国主義的な性格を含んでいたことから、「潮音」にて匿名歌人・桐谷侃三に強く非難される。桐谷の正体については現在もなお議論がなされている。戦中体制の中で、太田水穂、吉植庄亮、斎藤瀏による大日本歌人協会の内紛が起こり、議長として解散を決議。戦時下は日本文学報国会などの動きに同調せず隠遁生活を送り、春秋社常務取締役のかたわら田安宗武研究や新作能の創作に没頭する。

戦後編集

戦時下に自由主義者のスタンスを貫いたため、戦後は進歩的文化人として大きく飛躍する。1946年(昭和21年)には新憲法施行記念国民歌『われらの日本』の作詞を担当(作曲・信時潔)。翌年には『田安宗武』によって学士院賞を受賞、早稲田大学にて文学博士号を受ける。同年に窪田空穂の後任として早稲田大学教授となり、上代文学を講じた他、長唄の新作を世に出すなど多彩な業績をあげた。寺院の生まれであることから、仏教を題材とした新作能を手がけた。

1949年(昭和24年)に国語審議会会長に就任し、以後12年にわたってその任を務める。現代国語国字の基礎の確立に尽くし、新字新仮名導入にも大きな役割を果たした。文部省教材用図書検定調査会長、東京都立日比谷図書館長、日本図書館協会理事長を歴任し、国語教育や図書館行政にも大きな影響を及ぼした。

1955年(昭和30年)、日本芸術院会員に選ばれ、紫綬褒章を受章。1965年(昭和40年)、武蔵野女子大学文学部日本文学科主任教授に就任。晩年は杜甫の研究に励んだ。荻江節蟬丸」の作詞で、1967年(昭和42年)度芸術祭賞を受賞。1977年(昭和52年)、仏教伝道文化賞・功労賞を受賞。

1980年(昭和55年)4月15日心不全のため東京都目黒区下目黒の自宅で死去[2]

著書編集

  • NAKIWARAI(ローマ字ひろめ会、1910年)
  • MUKASIBANASI(ローマ字ひろめ会、1911年)
  • 黄昏に(東雲堂、1912年)
  • HYAKUNIN ISSYU(日本のローマ字社、1924年)
  • 鶯の卵(アルス、1925年)
  • 朝の散歩(アルス、1925年)
  • 空を仰ぐ(改造社、1925年)
  • 春帰る(人文会出版部、1927年)
  • 初夏作品(紅玉堂書店、1928年)
  • 文藝の話(朝日新聞社 朝日常識講座第8巻、1929年)
  • 外遊心境(改造社、1929年)
  • 柚子の種(大阪屋号書店、1929年)
  • 日本式になるまで(東京ローマ字会、1931年)
  • やきりんご(白帝書房、1931年)
  • 啄木追懐(改造社、1932年)
  • 文芸遊狂(立命館出版部、1932年)
  • 新曲隅田乃橋(法立書店、1932年)
  • 蜂塚縁起(四条書房、1933年)
  • 晴天手記(四条書房、1934年)
  • 松の葉帖(四条書房、1934年)
  • 影を踏む(四条書房、1935年)
  • 明治大正芸術史(新潮社、1936年)
  • 紫煙身辺記(書物展望社、1937年)
  • 天地自然(日本評論社、1938年)
  • 満目抄(人文書院、1938年)
  • 能楽拾遺(謡曲界発行所、1939年)
  • 斜面の悒欝(八雲書林、1940年)
  • 六月(八雲書林、1940年)
  • 田安宗武の「天降言」(日本放送出版協会、1940年)
  • 顕如(喜多流謡本刊行会、1942年)
  • 高青邱(日本評論社、1942年)
  • 周辺(日本評論社、1942年)
  • 能楽三断抄(春秋社松柏館、1942年)

作詞編集

校歌編集

平井康三郎信時潔が作曲を手がけたものが多い。

小学校編集

中学校編集

高等学校・高等専門学校編集

大学編集

その他編集

その他編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 等光寺の概要
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)220頁
  3. ^ 浅草小学校沿革 - これに「土岐善麿が卒業した」旨が記載されている。
  4. ^ 沿革・校歌”. 東京都立竹台高等学校. 2019年1月18日閲覧。

外部リンク編集