メインメニューを開く

女人禁制

女人結界から転送)

女人禁制(にょにん きんせい[1][2][3][4][5][6]、にょにん きんぜい[1][7])とは、第1義には、女性に対する日本民族[* 1]古来の概念を背景として直接もしくは派生的に発達してきた日本独自の社会慣習の一種である。聖域社寺霊場、祭場など)への女性の立ち入りを禁止する慣習をいう[3][4]。この意味でもって隔絶された区域結界[* 2])を女人結界(にょにん けっかい)といい[8][9]、この語は「女人禁制」と同義でも用いる[5][8]。また、本義の女人禁制とは異なる事由から生じた社会慣習をも指す(例:歌舞伎)。第2義には、広く世界に存在する(あるいは、存在した)類似の社会慣習をも指す包括的名称である。

全ての女性を対象とした恒常的なものと、忌みの概念を背景に月経出産に関する特定の状態にある女性のみを対象とするものとに大別できる(後者は第1義のみ該当)。女人禁制が解かれることは女人解禁などという。

男女の関係が正反対であるがゆえに「男性の立ち入りを禁じる」ことを男子禁制(だんしきんせい)と呼ぶことがある。もっとも、大和民族由来の文化圏に限れば、女人禁制のように古来の概念や慣習を背景にしているわけではないので、言葉の上での対義語でしかない[要出典]

目次

由来編集

日本における霊山などへの女人禁制は、修験道の伝統に基づくとされているものが多い。修験道は仏教(主に密教)に、日本の古来の神道や大陸由来の道教などが習合して成立したものであるため、女性の入山を禁止し始めた理由を明確に知ることは難しい。

仏教の戒律に由来する理由編集

本来の仏教には、ある場所を結界して、女性の立ち入りを禁止する戒律は存在しない。道元の『正法眼蔵』にも、日本仏教の女人結界を「日本国にひとつのわらひごとあり」と批判している箇所があり、法然親鸞なども女人結界には批判的であった。

ただし、仏教は、性欲を含む人間の欲望を煩悩とみなし、智慧をもって煩悩を制御する理想を掲げている。そのため出家者の戒律には、性行為の禁止(不淫戒)、自慰行為の禁止(故出精戒)、異性と接触することの禁止(男性の侶にとっては触女人戒)、猥褻な言葉を使うことの禁止(麁語戒)、供養として性交を迫ることの禁止(嘆身索供養戒)、異性と二人きりになることを禁止(屏所不定戒)、異性と二人でいる時に関係を疑われる行動することを禁止(露処不定戒)など、性欲を刺激する可能性のある行為に関しては厳しい制限がある。

また修験者は、半僧半俗の修行者であるが、その場合でも、修行中は少なくとも不淫戒を守る必要がある(八斎戒の一つ)。

ちなみに在家信徒も、淫らな性行為は不邪淫戒として禁じられている(五戒の一つ)。また在家者も坐禅念仏などの修行に打ち込む期間だけは不淫戒を守ることが薦められる。

それらの目的を達成するために、修験道では、男性の修行場から女性を排除したものと思われる。逆に女性出家者が入る尼寺は(女性出家者を性暴力などの被害から守る理由で)もともと僧寺(男性出家者の施設)に付属する施設と規定されており、そのため男性を厳格には排除しづらかった。

また仏教では本来、破戒僧が自分の愛人を出家させて身辺に置くことを防ぐため、仏陀を除く出家者は異性の出家者を弟子として得度することは禁じられている。(僧を得度できるのは僧のみ。尼を得度できるのは尼のみ)

日本仏教の黎明期に善信尼ら女性出家者はいた。その後、戒壇の設置に朝廷の許可が必要であった奈良時代以降、鎌倉時代くらいまで、戒壇の設置を許された東大寺や延暦寺などの戒壇が全て男性僧侶を対象としており、女性(尼)の授戒得度が困難であった点との関連も考えられている。

ただ仏教の戒律は、上記のように出家者、修行者、在家で求められる戒律がそれぞれ異なり、戒律の内容や解釈、厳格さも各宗派で異同がある。そのため「男子禁制」の尼寺や、山岳部にあっても女人禁制が取られていない寺院も存在する。

神道の血穢による理由編集

神道においては、生物の身体から離れて、流出した血液は「血の穢れ」とみなされる。これは身体の一部が身体から分離したものをケガレとみなす考え方で、頭髪や爪、排泄物などにも同様な観念がみられる、また他の宗教や神話にも類似した観念が存在する。そのため、生理中の女性や産褥中の女性が、神聖とされる場所(神社の境内など)に入ることや、神聖な物(神輿など)に接触することを禁止するタブーが古来よりある。

本来は、女性だけでなく、生傷を負って流血している男性が神域に入ることや、神域での狩猟なども同様な理由で禁止されている。

道教や密教などの神通力信仰編集

一説には古代日本においては、主に道教や密教の影響で、僧侶に対し加持祈祷による法力、神通力が期待されていたためとする説もある。僧侶が祈祷に必要な法力を維持するためには、持戒の徹底が必要であると考られていた。

性欲を起こすと仙人が神通力を失う話としては、『今昔物語』にある久米仙人の話が有名である。

中世における神仏習合編集

上記の仏教と神道、道教などの異なるタブー観が、中世に習合し、山岳の寺院、修験道などを中心として、鎌倉時代頃に今の女人禁制、女人結界のベースとなる観念が成立したものと考えられている。

また、唯識論で説かれた「女人地獄使。能断仏種子。外面似菩薩。内心如夜叉」(華厳経を出典とする俗説あり)[要出典]法華経の「又女人身猶有五障[10]を、その本来の意味や文脈から離れ、「女性は穢れているので成仏できない、救われない」という意味に曲げて解釈し、引用する仏教文献も鎌倉時代ごろから増えてくる。(原典にそういう意味はない)

これらをもって、女人禁制は鎌倉仏教の女性観に基づくと説明されることがある。ただし、上記のように法然、道元、日蓮といった鎌倉時代の宗祖達は概ね女人禁制に批判的だった。

その他に、女人禁制の由来と思われる理由編集

また修験道の修行地が、険しい山岳地帯であったためとの見方がある。

古代においては山は魑魅魍魎が住む危険な場所と考えられていた。そのため子供を産む女性は安全のため近づかない、近づいてはならない場所であったとする。そのような場所だからこそ、修験者は異性に煩わされない厳しい修行の場として、山岳を選んだのだといわれている。文明が進んで、山道などが整備されると、信心深い女性が逆に修験者を頼って登山してくるようになり、困った修験者たちが結界石を置いてタブーの範囲を決め、その外側に女人堂を置いて祈祷や説法を行なった。

民俗学者の柳田國男姥捨山とされた岩木山(青森県)の登山口にも姥石という結界石があることに着目。結界を越えた女性が石に化したという伝説を『妹の力』『比丘尼石』のなかで紹介している。結界石や境界石の向こうは他界(他界#山上他界)であり、宗教者は俗世から離れた一種の他界で修行を積むことによって、この世ならぬ力を獲得すると考えられた。

また、石長比売女神であったことに代表されるように、古来より日本各地において山そのものが女神であり、嫉妬深いと考えられた地域も多い。女人の入山が禁制されたのは女神の嫉妬を避ける為であるとされる。たとえば『遠野物語』に登場する遠野三山伝説では、早池峰山と六角牛山はそれぞれ3人の女神が住んだ山とされ、長らく女人禁制であった。また熊野三山周辺でも、山は女神で嫉妬深いと考えられているほか、上り子といわれる男たちは松明を掲げて山へ上るが、女たちは闇の中で祈りを捧げて男たちが持ち帰った神火を迎える役割があり、そこには祭事における男女の役割分担の違いがあるとされる。

また別の説では巫女イタコにみられるように「女性には霊がつきやすい」ため、荒修行が女性には困難であるという説明づけもされることがある。

女人禁制の理由については、上記のような様々な由来や学説が唱えられている。各々の場所には各々の由来が伝えられている。またそれらが歴史的な過程で絡み合い変容していく場合もあり、どれか一つをもって一般論を導き出すことは困難と言える。

なお、祭りに女人禁制が取り入れられたのは、男尊女卑が広く浸透したとされる江戸時代ないし明治時代以降のことと考えられ、『古事記』には祭りに女性が参加していた記述が見られる。また古代の日本では、女性は神聖な者で神霊が女性に憑依すると広く信じられており、卑弥呼に代表されるように神を祭る資格の多くは、女性にあると考えられていた。

一例として、神道の祖形を留めているといわれる沖縄では女性は「神人(かみんちゅ)」と呼ばれ(男性は「海人(うみんちゅ)」、ノロなどの神職が祭祀を行う御嶽(うたき)では、女人禁制とは逆の男子禁制が敷かれていた。現在でも風習の名残がある。

「女人禁制」に対する反対編集

明治政府編集

明治5年3月27日(1872年5月4日)、明治政府は、明治五年太政官布告第98号「神社仏閣女人結界ノ場所ヲ廃シ登山参詣随意トス[11]により、江戸幕府や寺社が仏教の不邪淫戒(五戒の一つ)や儒教の「男女七歳にして席を同じゅうせず」(『礼記』内則)などを根拠として社会の多くの分野で過剰に徹底していた「女人禁制」を、欧米列強に伍していこう(肩を並べよう)としている近代国家には論外の差別(「陋習」)の一つであるとして禁止した。

この結果、「御一新」された「皇国」(明治日本)では、ほとんどの神社仏閣が過剰な「女人禁制」を解除することとなった。関所の廃止とも相俟って、外国人女性を含め女性も日本国内を自由に旅行・観光・参詣できるようになった。

大相撲の女性ファン編集

江戸時代、男性力士だけによる「勧進大相撲」は、もっぱら女人禁制の神社仏閣の境内で行われていたため、必然的に、男性だけの、それもほぼ裸の男性力士同士の厳しい実力勝負として、土俵上だけでなく観客席含めて全てが「女人禁制」で興行されていた。ところが、明治五年太政官布告第98号「神社仏閣女人結界ノ場所ヲ廃シ登山参詣随意トス[11]により、神社仏閣の境内への女性の出入りが解禁されたため、これ以後、女性客も男性力士だけによる「大相撲」を大っぴらに観戦することができるようになり、今に至っている[12]

しかしながら、多様な相撲の中で男性力士同士の「大相撲」だけが特に脚光を浴びて注目され、かつ、その「大相撲」で女性が観客席までしか立ち入れないという状態が長らく続いた。このため、興行としての女相撲が昭和30年代後半まであった事や、一種のスポーツあるいは神事としての女子相撲が古代から現代に至るまで脈々と続いている事などを知らない人たちが、(「日本相撲協会」の「大相撲」限定のつもりかもしれないが)観客席を除く土俵の部分だけは「女人禁制」の神聖な場所であるかのように、歴史的事実とも現実とも矛盾する主張を展開。これが女性差別であるとして問題視される事件が時々発生している[13][14][15]

これらの「大相撲」特有の「女人禁制」事件に対して、一部の報道人および「大相撲」女性ファンは、公益財団法人たる「日本相撲協会」に対して、差別禁止の日本国憲法第14条1項の下にある同じ日本国民として「伝統」というような言い訳ではない筋の通った説明責任を果たすよう求めている[16][17][18]

奈良県大峰山の「女人禁制」に対する反対運動編集

明治5年3月27日(1872年05月04日)布告の明治五年太政官布告第98号「神社仏閣女人結界ノ場所ヲ廃シ登山参詣随意トス[11]、および、明治5年9月15日(1872年10月27日)布告の明治五年太政官布告第273号「修験宗ヲ廃シ天台真言ノ両本宗へ帰入セシム[19](いわゆる「修験道廃止令」)にも拘わらず、奈良県南部の大峰山(大峯)の山上ヶ岳の修験者およびその協力者たちは、修験道の霊場であるという事を理由として「女人禁制」を掲げ続けた。これに対し、女性の入山解禁を求める運動が起こっており、過去に密かにまたは反対を押し切って登山した女性も存在する[20]

2005年11月3日、大峰山の女人禁制に反対する伊田広行池田恵理子らが結成した「大峰山に登ろうプロジェクト」(以下、プロジェクト)のメンバーは、大峯山登山のために現地を訪れ、寺院側に質問書を提出し、解禁を求めたが不調に終わった。その結果、改めて話し合いの場を設けることで合意して両者解散したが、その直後に問題提起の為としてプロジェクトの女性メンバー池田恵理子を含む3人が登山を強行した。この行為に対し寺院側、反対派地元住民、およびいくつかの報道機関が批判を行った。

プロジェクト側の行動を賞賛する意見
奈良県大峰山の「女人禁制」は、男尊女卑女性差別を肯定する象徴であり、男女共同参画理念にも反する悪習である。また、「大峰山」を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界遺産にも登録された人類共有の財産であり、登山道は税金で整備された公道でもあるため、誰もがアクセス可能であるべきである。
女人禁制は堅持すべきとする意見
「女人禁制」は男性の修験者が性欲に惑わされること無く修行するために存在する制度であり、女性には稲村ヶ岳が女人大峯として提供されている。男尊女卑などの差別を推進する意図はない。このような性別による隔離は修道院など他の宗教でも一般化しているだけでなく、男子校や女子校、またトイレなども含めて世界共通である。宗教的な一例として同じ世界遺産であるアトス山正教会修道院として1406年以降は法令によって「女人禁制」となっている。強行登山は独善の正義感から他人の宗教を冒涜する身勝手な愚行である。また、日本には沖縄の御嶽久高島の御嶽のように男子禁制の地域も存在することから、女人禁制の地域のみを批判の対象とする行為は、男女平等の理念に反する。

登山口にある洞川集落には太平洋戦争の終結直後、日本を占領した連合国軍の高官夫人が女人結界の解除を求めて訪れたことがあった。この時、地元の古老が「マズ貴国ノ女性修道院ヲ男性ニ解放サレヨ」と反論して、禁制が維持されたという[21]

日本の信仰や風習で女人禁制とされている(されていた)場所編集

山岳・霊場編集

仏教・山岳修験道系編集

神道系やその他の山岳信仰系編集

神道系の祭編集

異能を持つ特殊技能者のメンバーシップに基づくもの編集

  • 鉱山山師) - 鉱山や工事中のトンネルでは、労働基準法の女性坑内業務の禁止条項が2006年に改正され、坑内作業に妊産婦や禁止有害業務などをのぞき就労できる事となった[25]
  • 酒蔵(杜氏)- 現在は女性杜氏もいる[26]
  • 公益財団法人日本相撲協会大相撲の土俵上でだけ、一部の親方や行司によって強要される、女性医療者・女性表彰者・ちびっ子相撲の女子を土俵外へ排除するという「女人禁制」[13][14][15] - 現在でも継続されており、問題視されている[27][16][17][18]

女人禁制とされている(されていた)芸能編集

  • 歌舞伎 - 歌舞伎の創始者とされているのは女性であるが、各地で歌舞伎劇と売春を兼ねる集団が出現するなど風紀上の問題から、女人禁制となり、現在に連なる男性のみの「野郎歌舞伎」となった。
  • 能楽 - 能楽協会への女性能楽師の加入は1948年に認められた。日本能楽会への加入は2004年に認められた。なお、日本能楽会の構成員は重要無形文化財「能楽」の保持者として認定(総合認定)されている。

日本以外で日本の女人禁制と類似したタブーがある場所編集

備考編集

  • 一時的に女人禁制とする例として、武家作法では、戦場に出陣する3日前か、あるいは7日前に女を断ち、精力を蓄えてから出発した(実質上、戦に出る数日前の武士周辺は女人禁制となる)。
  • 上泉信綱伝の『訓閲集』(大江家の兵法書を戦国風に改めた兵書)巻一「発向」に記されている事として、「陣中に女人を入れる事、禁制なり」としており、戦時中も女人禁制が取られている(前述と合わせると、戦前1週間から戦時にかけて禁制という事になる)。戦の中では、予測し得ない突発的な戦闘や奇襲も起こり得る。ただし、圧倒的大軍を率いた小田原征伐豊臣秀吉が、側室の淀殿たちを帯同した例外(秀吉は生まれもっての武家でないため)もあった。また籠城戦や逃避行では、武将が妻らと共に居た例は多い。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ここでいう「日本民族」は、大和民族琉球民族のこと。
  2. ^ もともと「結界」は仏教用語であるが、神道などでも用いられるので、「女人結界」も仏教に限った用語ではない。
  3. ^ 女性が参詣できた同じ真言宗の室生寺が「女人高野」と呼ばれた。

出典編集

  1. ^ a b 石田瑞麿 『例文仏教語大辞典』 小学館、1997年2月、848頁。ISBN 978-4095081113
  2. ^ 『日本国語大辞典』14巻、小学館、2003年1月10日、6頁。ISBN 978-4095219011
  3. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『女人禁制』 - コトバンク
  4. ^ a b 世界大百科事典 第2版『女人禁制』 - コトバンク
  5. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)『女人禁制』 - コトバンク
  6. ^ 『歴史民俗用語よみかた辞典』 日外アソシエーツ1998年8月ISBN 978-4816915185
  7. ^ 大辞典. 第二十卷”. 平凡社. pp. 96,97. 2017年5月7日閲覧。
  8. ^ a b 『大辞泉』
  9. ^ 『大辞林』第3版
  10. ^ 大正蔵9巻35頁下”. 2018年4月7日閲覧。
  11. ^ a b c 明治五年-法令全書-内閣官報局 コマ番号007/768 および コマ番号097/768 国立国会図書館デジタルコレクション (2018年04月28日(土)閲覧)
  12. ^ 「勧進大相撲」の誕生 東京都立図書館 "ただし、女性の見物は出来ず、許されるようになったのは明治時代に入ってからのことでした。"(2018年04月28日(土)閲覧)
  13. ^ a b 女性に「土俵降りろ」の放送、八角理事長「不適切な対応」 春巡業、救命処置の女性に感謝 2018年04月05日(木)08時28分 産経新聞 (2018年04月28日(土)閲覧)
  14. ^ a b 女性相撲ファンからも「差別的」 巡業先の宝塚市女性市長は「平等」求める 2018年04月05日(木)22時03分 産経新聞 (2018年04月28日(土)閲覧)
  15. ^ a b ちびっこ相撲で女子排除 静岡巡業、相撲協会が「遠慮して」要請 例年は参加 2018年04月12日(木)10時59分 産経新聞 (2018年04月28日(土)閲覧)
  16. ^ a b 大相撲の伝統 「女人禁制」を解くとき 2018年04月26日(金)朝日新聞社説 "女性を締めだす理由や起源には諸説ある。もっぱら「土俵には神様がいるから」と説明されるが、だとしてもそれが直ちに禁制の理由にはならない。さかのぼれば女性相撲の長い歴史があり、近年は女子の国際大会も開かれている。協会は「相撲文化の振興と国民の心身の向上に寄与することを目的とする」公益法人で、税の優遇を受けるなどしている。あいさつや表彰の場からも女性を排除するという差別的な行いが、そんな公的色彩をもつ団体にふさわしいとは思えない。" (2018年04月28日(土)閲覧)
  17. ^ a b 協会は国民と対話せよ 太田房江参議院議員・元大阪府知事 2018年04月27日(金) 毎日新聞朝刊 "「説明責任」というと堅苦しいが、協会には、国民と対話することを避けないでほしい。インバウンド(訪日外国人旅行者)急増が時代の流れだ。外国人旅行客には日本文化体験が観光目的になっているが、外国人は、きちんとした答えが示されない場合、「おかしい」と疑問に思う人が多い。海外報道を見ると、今回は大半が「日本に残る女性蔑視」の視点で報じられていた。そういう切り口で海外メディアに論じられるままにするのではなく、協会は事情をきちんと説明しなければならない。" (2018年04月28日(土)閲覧)
  18. ^ a b 力士の「文化」には敬意を 和田静香 音楽ライター 2018年04月27日(金) 毎日新聞朝刊 "部屋で行われた力士の断髪式も見たことがある。(中略)私が見た断髪式は、女性が土俵上ではさみを入れていた。本場所前に土俵祭を行ない、相撲の神様を迎えるのは部屋も国技館も同じだ。女人禁制には「あいまいさがある」というのがファンとしての実感だ。私が女人禁制を「文化」と呼ぶのは、「伝統」というには根拠が薄いと思うからだ。(中略)ただ、その文化の根底にあるものが「女性を不浄視する信仰」としか言えないのなら、いつか女人禁制は解かれるだろう。" (2018年04月28日(土)閲覧)
  19. ^ 明治五年-法令全書-内閣官報局 コマ番号011/768 および コマ番号154/768 国立国会図書館デジタルコレクション (2018年04月28日(土)閲覧)
  20. ^ 「大峰山女人禁制」の開放への歴史をひもとけば「大峰山女人禁制」の開放を求める会(2018年04月28日(土)閲覧)
  21. ^ 巽良乗『わが内なる悪魔を降伏せよ 修験道・男の世界』(山手書房、昭和55年)、p.1-2。
  22. ^ 『佐久口碑伝説集北佐久編限定復刻版』発行者長野県佐久市教育委員会 全434頁中83頁昭和53年11月15日発行
  23. ^ 【そこが聞きたい】世界遺産がブームですが?/島本来の姿守りたい 鹿児島県屋久島町長・荒木耕治氏『毎日新聞』朝刊2018年1月15日
  24. ^ 女人禁制よ さらば 山古志・牛の角突き 17年ぶり女性入場新潟日報』モア(2018年5月5日)
  25. ^ 改正労働基準法(妊産婦等の坑内労働の就業制限関係)の施行について”. 厚生労働省 (2006年10月11日). 2014年6月24日閲覧。
  26. ^ 【ぷらすアルファ】「女人禁制」伝統に変化/増える女性杜氏 近代化・若返り進み『毎日新聞』朝刊2018年4月14日(くらしナビ面)
  27. ^ 【東京150年】大相撲(2)土俵女人禁制かつては観戦も 2018年02月13日(火) 朝日新聞朝刊
  28. ^ おバカ映画のような不祥事次々… 英潜水艦「セックス&ドラッグ」事件 デイリー新潮(2017年11月16日)2018年3月5日閲覧
  29. ^ 「女性進出」の韓国海軍、今度は潜水艦に=「閉鎖された空間に若い男女、絶対何か起きる」「これは隊員の生命に関わること!」―韓国ネットレコードチャイナ(2017年11月16日)2018年3月5日閲覧

関連項目編集