メインメニューを開く

山古志村(やまこしむら)は、新潟県の中越地方に位置した長岡市への通勤率は20.1%(平成12年国勢調査)。2005年4月1日に長岡市に編入合併された。

やまこしむら
山古志村
山古志の棚田
山古志の棚田
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
中之島町越路町三島町
山古志村小国町長岡市
現在の自治体 長岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
古志郡
団体コード 15421-1
面積 39.83km2.
総人口 1,960
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 長岡市栃尾市小千谷市
魚沼市
村の木 ブナ[1]
村の花 ハギ[1]
山古志村役場
所在地 947-0204
新潟県古志郡山古志村竹沢乙461
外部リンク 山古志村Internet Archive
座標 北緯37度19分35.7秒東経138度53分24.0秒座標: 北緯37度19分35.7秒 東経138度53分24.0秒
山古志村の位置
 表示 ウィキプロジェクト
長岡市における平成の大合併。当村は南東部に位置する。

概要編集

江戸時代初頭に「山二十村」、「山六ケ村」と呼ばれていた村々が1800年代に入り、総称して山古志の名で呼ばれるようになったとされる。古くは1824年の記録にて山古志村々との表記を公式文書に確認することができる[2]

1956年昭和の大合併により山古志村が誕生した。

1970年代から民俗学者の宮本常一村おこしを手伝い、丘陵地の斜面に広がる森林と棚田ニシキゴイの養殖、そして「牛の角突き」と呼ばれる闘牛など「日本の原風景が残る村」を観光資源としてPRしていた[3]

2003年3月から9月にかけて放映されたNHK朝の連続テレビ小説こころ』の舞台にもなった。

2004年10月23日に発生した新潟県中越地震により甚大な被害を受けた。村役場(現山古志支所)に設置されていた震度計が激しい揺れで壊れたため具体的な震度は不明だが、地震発生前の風景は地震に伴う土砂崩れなどで著しく崩落し、その姿を大きく変えた。また村域に通じるすべての道路が寸断されたため孤立し、村は全村民に対し避難指示を出し、26日までに隣接する長岡市など(大半が長岡ニュータウン内の仮設住宅)での避難生活を余儀なくされた。避難指示は長岡市への編入合併後の2007年4月1日にほぼ全域で解除されたが、震災以降に地域外へ生活拠点を移した世帯が多く、域内の高齢化が深刻化しつつある。


地理編集

  • 山:金倉山
  • 河川:芋川
  • 湖沼:小規模な沼がいくつか点在する。

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政区域の変遷編集

出来事編集

  • 1964年(昭和39年) 8月 - 錦鯉競売施設完成。
  • 1975年(昭和50年) 5月2日 - 闘牛場完成[5]
  • 1978年(昭和53年)
    • 5月1日 - 梶金、種苧原にバス路線開設[6]
    • 5月24日 - 牛の角突き、国重要無形民俗文化財に指定される[6]
    • 6月 - 集中豪雨により村内各地で崖崩れ発生[7]
    • 8月 - 錦鯉総合センター竣工。
  • 1984年(昭和59年)7月2日 - 村役場新庁舎[8]、村民会館、診療所[9]供用開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 10月23日 - 新潟県中越地震により甚大な被害を受け、全村民が26日までに隣接する長岡市など(大半が長岡ニュータウン内の仮設住宅)へ避難。
    • 11月6日 - 天皇皇后両陛下(現・上皇上皇后両陛下)、被災地を上空から視察、避難所で被災者を見舞う[10]
  • 2005年(平成17年)

人口編集

山古志村(に相当する地域)の人口推移(国勢調査に基づく、ただし1950年以前は推定値[注釈 1])

1920年(大正9年) 5,896人
1925年(大正14年) 6,015人
1930年(昭和5年) 5,910人
1935年(昭和10年) 5,801人
1940年(昭和15年) 5,737人
1947年(昭和22年) 6,814人
1950年(昭和25年) 6,694人
1950年(昭和25年) 6,463人
1955年(昭和30年) 6,465人
1960年(昭和35年) 6,016人
1965年(昭和40年) 5,286人
1970年(昭和45年) 4,446人
1975年(昭和50年) 3,896人
1980年(昭和55年) 3,508人
1985年(昭和60年) 3,219人
1990年(平成2年) 2,867人
1995年(平成7年) 2,523人
2000年(平成12年) 2,222人
2005年(平成17年) 10人
2010年(平成22年) 1,181人
2015年(平成27年) 1,002人
出典:総務省統計局 e-Stat / 国勢調査

2004年の中越地震は離村の契機の一つに過ぎず、高度成長期時代より急激な流出が始まっていた。1980年の調査における高齢化率(65歳以上の高齢者が占める割合)が17.1%であったのに対し、2015年の調査では48.7%と、現在の長岡市域で最も高い数値を示している。

行政編集

村長編集

経済編集

産業編集

  • 主な産業
    • 錦鯉、米、肉牛[1]

地域編集

教育編集

長岡市合併時、村域内には小学校中学校が各1校所在し、山古志竹沢に両校を併設した校舎が設けられていた。

他に高等学校として新潟県立長岡農業高等学校山古志分校が存在したが、 2004年から募集を停止、2006年閉校した。

廃校については( 小学校の廃校一覧中学校の廃校一覧を参照。

交通編集

公共交通編集

鉄道編集

地域内には鉄道路線が経由する箇所は無い。最寄り駅は長岡駅宮内駅小千谷駅越後川口駅越後広瀬駅など。いずれもコミュニティバス路線バスの乗り継ぎ、タクシーもしくは自家用車でのアクセスとなる。

路線バス編集

越後交通と同社の地域子会社である越後柏崎観光バスの2社が長岡市や小千谷市方面とを結ぶ路線を計4路線運行していたが、前述の中越地震の影響で、村域内を運行する路線バスは全便が運休・減便処置となり、合併後の2007年12月に廃止となった。

道路編集

村域内には高速道路が経由する箇所は無い。最寄りのインターチェンジは関越自動車道小千谷ICとなる。 現在も国道352号など未成区間が残存している道路や、一部県道には冬季間全面通行止となる区間がある。 中越地震では村域内の多くの幹線道路が寸断され、復旧は合併後に持ち込された。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

 
錦鯉の品評会


出身有名人編集

映画編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 行政区分の変遷により正確な数値が公表されていないため。分割された旧村域の人口については、1955年発表の組換人口と1950年発表の人口を比較することにで算出した残留比率を乗じたうえで合算している。

出典編集

  1. ^ a b c 市町村要覧:山古志村
  2. ^ 山古志復興新ビジョン 最終報告 資料編”. 山古志復興新ビジョン研究会 (2005年5月16日). 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ 河北新聞、2007年1月3日付
  4. ^ a b 山古志村の歩みと性格”. 長岡市 (2016年4月1日). 2019年7月15日閲覧。
  5. ^ みごとに完成した闘牛場”. 山古志村 (1975年). 2019年7月16日閲覧。 - 広報やまこし第84号
  6. ^ a b 牛の角突き”. 山古志村 (1978年). 2019年7月16日閲覧。 - 広報やまこし第120号
  7. ^ 6.26梅雨前線豪雨”. 山古志村 (1978年). 2019年7月16日閲覧。 - 広報やまこし第122号
  8. ^ 新役場庁舎7月2日より業務開始”. 山古志村 (1984年). 2019年7月16日閲覧。 - 広報やまこし第192号
  9. ^ 村民会館7月2日オープン”. 山古志村 (1984年). 2019年7月16日閲覧。 - 広報やまこし第193号
  10. ^ 天皇皇后両陛下のご日程”. 宮内庁 (2004年). 2019年7月15日閲覧。
  11. ^ 広報やまこし No.142 (1980年4月号)”. 山古志村 (2000年). 2019年7月16日閲覧。
  12. ^ 広報やまこし No.267 (1990年9月号)”. 山古志村 (1990年). 2019年7月16日閲覧。
  13. ^ 広報やまこし No.381 (2000年4月号)”. 山古志村 (2000年). 2019年7月16日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集