岡田 淳(おかだ じゅん、1947年昭和22年〉1月16日- )は、日本児童文学作家。著書『雨やどりはすべり台の下で』で産経児童出版文化賞を、『こそあどの森の物語』で野間児童文芸賞を受賞し国際アンデルセン賞国際児童図書評議会(IBBY) オナーリストに選ばれた。翻訳家挿絵・イラスト作家エッセイストでもある。

岡田淳
誕生 (1947-01-16) 1947年1月16日(74歳)
兵庫県西宮市
職業 児童文学作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 神戸大学教育学部美術科
活動期間 1975年昭和50年) -
ジャンル 児童文学
代表作こそあどの森の物語』シリーズ
『二分間の冒険』
『放課後の時間割』
主な受賞歴 日本児童文学者協会新人賞1981年
サンケイ児童出版文化賞1984年
うつのみやこども賞1986年
日本児童文学者協会賞1987年
赤い鳥文学賞1988年
路傍の石幼少年文学賞1993年
野間児童文芸賞1995年
産経児童出版文化賞フジテレビ賞(2013年
デビュー作 『忘れものの森』ねべりよん(浦川良治との合作)(1975年
『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』(1979年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

略歴編集

兵庫県西宮市生まれ。大阪府立清水谷高等学校を卒業[1]し、神戸大学教育学部([後に発達科学部への改組を経て現在は国際人間科学部)美術科に入学。神戸大を卒業後に西宮市小学校教員となり、教職の傍ら児童文学を執筆し、2007年平成19年)の定年退職まで図画工作専科教師を務めた[2]

人物編集

清水谷高校の部活動演劇部に入り、神戸大でも清水谷高の演劇部以来の先輩の誘いで1966年昭和41年)演劇・漫画制作集団「さそり座」を結成した[3]。神戸大教員助手)だった菅谷規矩雄ゆかりのメンバーで構成され、菅谷のアドバイスにより自費出版で言葉(台詞)のないマンガ集『星泥棒』を出版している[4]。彫刻家の植松奎二は大学の同級生である[4]

児童文学編集

1975年(昭和50年)神戸大の後輩の浦川良治と共同ペンネームねべりよん」名義で合作『忘れものの森』を出版した[5][6]。この作品は挿絵も作者2人の共作である[6]

1979年(昭和54年)『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』で児童文学作家として本格デビュー。この作品の元になる話は、図工の授業の際に絵を描くための題材として書かれた。その後3年半をかけて書き直し、地元で著名な児童書専門店「ひつじ書房」(神戸市東灘区岡本[7])の店主に見せたことがきっかけで出版が決まった[8][5]

作品の中で学校を描く際、勤務先の小学校をモデルにすることがあり[9]、実際の体験が元になった作品に『学校ウサギをつかまえろ』がある[10][11]。一方、特定の児童をモデルにすることはないが、登場人物の名前や着想のきっかけになっている[12][13]

発表した作品の中には、小学校・中学校の教科書に題材として採用された作品もある(『雨やどりはすべり台の下で』内の「スカイハイツオーケストラ」など)。

イラスト・漫画編集

1974年(昭和49年)公募の童話賞入選をきっかけに、児童文学作品の執筆について文研出版より問い合わせを受けたため、マンガを描いている旨を伝えると挿絵を依頼され、『にげだしたおばけやしき』(シュパング作、塩谷太郎訳、文研出版)のイラストを担当した[5]。以後、自著の挿絵も手がけることが多い。

また、教員になった後も私家版のマンガ集を発行しており、神戸タウン情報誌月刊神戸っ子』にも漫画を1968年(昭和43年)から40年間、連載した(2007年平成19年〉まで)[14]

児童文学の発展に寄与編集

2002年(平成14年)、日本の児童文学の発展に寄与した作家の1人に選ばれ、『作家が語る わたしの児童文学15人』(にっけん教育出版社)の中で、佐藤さとるあまんきみこ那須正幹岩崎京子舟崎克彦さとうまきこ末吉暁子後藤竜二上條さなえ長崎源之助丘修三宮川ひろ古田足日松谷みよ子とともに「作家になるまで」「作家になってから」を語っている[15]

野上暁、松岡正剛から高評価編集

岡田について、出版関係者はもとより、評論家も高く評価している。

今日的テーマを幾重にも織り込む冒険編集

藤子不二雄の漫画『パーマン』などを担当し、児童誌『小学一年生編集長小学館クリエイティブ社長などを務めた野上暁は、1997年平成9年)を回顧した際、宮崎駿アニメ映画「もののけ姫」やゲームソフトポケットモンスター」ブーム、そして神戸連続児童殺傷事件など「子どもの本の周辺に話題の多い一年だった」と振り返った。

その前兆の一つとして『子どもと悪』(河合隼雄〈後の第16代文化庁長官〉著、岩波書店)が人気となっていたことを挙げ、「数年来加速化してきている子どもの本や子どもの文学といった枠組みの揺らぎとも微妙に重なってくる」と指摘。そんな時代だからこそ、子供に視線を向け、しっかりと「緊張関係を保ちながら作品世界を構築している作家の仕事に強く惹かれる」とした上で、岩瀬成子の『アルマジロのしっぽ』(あかね書房)と、岡田の『選ばなかった冒険 光の石の伝説』(偕成社)を挙げている。特に岡田の、ロールプレイングゲームの世界で“闇の王”と戦う設定について「こちらの世界と向こうの世界を巧妙に重ね合わせ、いじめや暴力といった今日的なテーマを幾重にも織り込んだ奥行きの深い読み応えのある冒険物語」と、高く評している[16]

驚き、困惑、発見、編集する『知のフルーツ』編集

『千夜千冊』で著名な編集者松岡正剛も、グリムアンデルセン鈴木三重吉小川未明石井桃子といった巨匠を列挙した上で、「岡田淳というすばらしい童話作家がいる。」と絶賛。「『扉のむこうの物語』で赤い鳥文学賞をとり、次々に扉をあけていく物語絵で評判」となった岡田の著作の中でも、特に『こそあどの森の物語』に「ぼく(松岡)がはまった。」と述べている。

松岡は「童話は『文化の森や町』なのだ。」から「大人になってからこそ『童話の真実』や『童話の暗喩』に出会うべきなのだ」と主張。こそあどの森では「ちょっとした事件やおかしなこと」が「どこでも起こる」ので、読み進むうちに「たくさんの疑問符をつけていく」。結果、「何かに驚き、何かに困り、お題を見つけ、発見し、編集して、みんなでその『知のフルーツ』を分けあっていくその仕立てに、しばしば感心させられた」[17]

ちなみに松岡は、主なお薦めの岡田の本として『ふしぎな木の実の料理法』『まよなかの魔女の秘密』『はじまりの樹の神話』『だれかののぞむもの』『あかりの木の魔法』を、この産経新聞の取材の際に挙げている。

主な受賞・表彰編集

岡田は、本格デビュー直後の『放課後の時間割』で日本児童文学者協会の第14回(1981年度)新人賞を、『学校ウサギをつかまえろ』で第27回(1987年度)協会賞を受賞。『雨やどりはすべり台の下で』で第31回(1984年度)サンケイ児童出版文化賞を、『願いのかなうまがり角』で再び第60回(2013年度)産経児童出版文化賞(フジテレビ賞)に選ばれている。

1985年(昭和60年)出版の『二分間の冒険[18]』は、うつのみやこども賞宇都宮市)を受賞。2014年(平成26年)Amazon.co.jp発表の「オールタイムベスト児童文学100」にも選ばれる[19]など、発行部数35万部を超える[20]ロングセラーとなっている。

そのほか、『扉のむこうの物語』で第18回(1988年度)赤い鳥文学賞を受賞。1990年代に入り人気は加速し、1994年平成6年)出版の『こそあどの森の物語』はシリーズ累計70万部(2017年段階)超のベストセラー[21]となり、野間児童文芸賞を受賞。「児童文学のノーベル賞」とされる国際アンデルセン賞でも国際児童図書評議会 (IBBY) オナーリストに選定されている。

岡田は個人としても2016年11月、井戸敏三兵庫県知事から平成28年度兵庫県文化賞を贈呈されている(落語家桂文珍、文化プロデューサー・演劇評論家河内厚郎声楽家永井和子陶芸家西端正と計5人で受賞[22])。

主な著作編集

1970年代
  •  『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』偕成社1979年)のち文庫化 解説:相原法則 デビュー作
1980年代
1990年代
2000年代
2010年代
外国で出版
  • 『ふたたびプロフェッサーPの研究室』 韓国でも出版(2011年[25]
  • 『人類やりなおし装置』 韓国でも出版(2011年[26]
  • 『シールの星』ユン・ジョンジュ絵、韓国で出版(※『リクエストは星の話』の短編を再編集。日本版は偕成社2011年

オーディオドラマ編集

翻訳編集

  • ウエイン・アンダースン『ドラゴン』 ブックローン出版 1992年
  • ウエイン・アンダースン『結婚式のおきゃくさま』ブックローン出版 1996年
  • デイヴィッド・パーシィズ作 ウエイン・アンダースン絵『ドラゴン伝説 異国の竜の物語』BL出版 2000年
  • ヘレン・ウォード作 ウエイン・アンダースン絵『ドラゴンマシーン』BL出版 2004年
  • ヘレン・ウォード作 ウエイン・アンダースン絵『12月通り25番地』BL出版 2005年
  • トミー・デ・パオラ『騎士とドラゴン』ほるぷ出版 2005年
  • フェイ・ロビンソン文 ウエイン・アンダースン絵『まさかおさかな』BL出版 2007年
  • アネット・ルブラン・ケイト『マジック・ラビット』BL出版 2009年

共著編集

評論・エッセイ編集

  • 『図工準備室の窓から』 偕成社 (2012年)小学校の図工教師としての体験を綴る
  • 飛ぶ教室 第34号(2013年夏)』 光村図書 - 特集「岡田淳は,何でできている?」として構成

脚注編集

  1. ^ 岡田淳作品におけるプロットの分析 - 大阪教育大学 - 大阪教育大学国語教育講座・野浪正隆教授ゼミ・吉岡友美
  2. ^ 飛ぶ教室 2013, p. 68.
  3. ^ 岡田淳作品におけるプロットの分析 - 大阪教育大学 - 大阪教育大学国語教育講座・野浪正隆教授ゼミ・吉岡友美
  4. ^ a b 神宮 1992, p. 100.
  5. ^ a b c 飛ぶ教室 2013, p. 61.
  6. ^ a b 岡田淳「わすれものの森から『わすれものの森』をとりもどすまで」『わすれものの森』岡田淳、浦川良治,BL出版,2015年,pp.85-86
  7. ^ 児童書専門店「ひつじ書房」閉店へ 常連客から惜しむ声 神戸 | おでかけトピック | 兵庫おでかけプラス | 神戸新聞NEXT神戸新聞2017年12月1日
  8. ^ 岡田 2012, pp. 39-42.
  9. ^ 飛ぶ教室 2013, p. 67.
  10. ^ 神宮 1992, p. 39.
  11. ^ 岡田 2012, p. 57.
  12. ^ 岡田 2012, p. 107-109.
  13. ^ 飛ぶ教室 2013, pp. 65-66.
  14. ^ 飛ぶ教室 2013, pp. 59-61.
  15. ^ 産経新聞2002年8月27日朝刊 「作家が語る わたしの児童文学15人」日本児童文学者協会編
  16. ^ 産経新聞1997年平成9年)12月22日朝刊 出版この一年「子どもの本」
  17. ^ 産経新聞「SANKEI EXPRESS2012年12月16日 こそあどの森に入って童話に遊ぶ夜 岡田淳の不思議な手口にはまってみる
  18. ^ 二分間の冒険 - 偕成社
  19. ^ オールタイム児童文学100 (PDF) - 小田原市公式ホームページ
  20. ^ 『きかせたがりやの魔女』の著者紹介
  21. ^ 岡田淳“こそあどの森の物語”原画展 | 青山ブックセンター - 2017年青山ブックセンター
  22. ^ 兵庫県/知事定例記者会見(2016年10月24日(月曜日))
  23. ^ 人類やりなおし装置 岡田 淳(著 絵) - 17出版 | 版元ドットコム
  24. ^ 図書館からの冒険 | 偕成社 | 児童書出版社
  25. ^ ふたたびプロフェッサーPの研究室  岡田淳 人にやさしい笑いです
  26. ^ 岡田淳 最新作 『人類やりなおし装置』 2008年5月17日発売! 制作記もアップ中!
  27. ^ びりっかすの神さま | NHK オーディオドラマ
  28. ^ 二分間の冒険 | NHK オーディオドラマ

参考文献編集

  • 神宮輝夫『現代児童文学作家対談第8巻 岡田淳 齊藤洋 皿海達哉』偕成社、1992年、9-119頁。ISBN 9784030200807
  • 『作家が語る わたしの児童文学15人』日本児童文学者協会(編)、日本児童文学者協会、2002年、103-118頁。ISBN 9784434021435
  • 岡田淳『図工準備室の窓から 窓をあければ子どもたちがいた』偕成社、2012年。ISBN 9784030034006
  • 岡田淳「私のファンタジー作法『びりっかすの神さま』の場合」『日本児童文学』第413巻、日本児童文学者協会、1989年5月、 50-53頁。
  • 「児童文学の”今”をつくる作家たち2ー岡田淳・飯田栄彦・今村葦子ー」『日本児童文学』第467巻、日本児童文学者協会、1993年9月、 14-37頁。
  • 岡田淳「現実の<もうひとつの世界>の中で」『日本児童文学』第488巻、日本児童文学者協会、1995年6月、 82-84頁。
  • 「シリーズ作家が語る『こそあどの森の物語』シリーズの岡田淳さん(談)1」『日本児童文学』第518巻、日本児童文学者協会、1998年11・12月号、 60-66頁。
  • 「シリーズ作家が語る『こそあどの森の物語』シリーズの岡田淳さん(談)2」『日本児童文学』第519巻、日本児童文学者協会、1999年1・2月号、 80-86頁。
  • 「岡田淳は、何でできている?」『飛ぶ教室』第34巻、光村図書出版株式会社、2013年夏号、 6-77頁、 ISBN 9784895286862

関連項目編集