メインメニューを開く

市川 治(いちかわ おさむ、1936年6月21日[1][2] - 2009年1月2日[2])は、日本俳優声優ナレーターフリー埼玉県[2]熊谷市出身。埼玉県立熊谷高等学校卒業[2]。新日本企画[注釈 1]代表を務めた[1]

いちかわ おさむ
市川 治
生年月日 (1936-06-21) 1936年6月21日
没年月日 (2009-01-02) 2009年1月2日(72歳没)
出生地 日本の旗日本埼玉県熊谷市
死没地 日本の旗 日本東京都町田市鶴川
民族 日本人
血液型 AB型
ジャンル 俳優声優
活動期間 1950年代 - 2009年
配偶者 あり

目次

生涯編集

芸歴:劇団森の会→テアトル・エコーアーツビジョン→フリーランス[2]

高校時代に放送演劇部入部をきっかけに役者への道へ。海外ドラマで若い青年ヒーローを次々と演じた。

アニメは草創期から活躍、第1次声優ブームの牽引役を務めた[2]。特に長浜忠夫の作品に多く出演し、敵方の「美形キャラクター」を演じた[2]。当時40代でその甲高い美声を発する独特の演技に周囲は驚嘆していたが、2006年、『超電磁マシーン ボルテスV』DVD発売告知のTVCMにおいて、当時70歳ながらハイネル役を演じた。なお、一時期は喉を痛め吹き替えから遠ざかっていた時期もあった。

2009年1月2日心不全で死去[2]。72歳没。遺作は同年3月稼働の業務用ゲーム『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT』のノリス・パッカード役である。

特色編集

美形キャラクターを含む若者のみならず、中年男性や老境に差し掛かった人物なども数多く演じ、役柄の幅は広い。ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」の常連声優の一人でもあった。

テアトル・エコーが担当した『仮面ライダー』や『変身忍者 嵐』では、池水通洋との共演が知られている。『ウルトラマンA』でのゾフィーのようなヒーロー役や『仮面ライダーストロンガー』でマシーン大元帥などのボスキャラクターも多く演じている。悪役では、悪そうな声や唸り声では沢りつお柴田秀勝らには敵わないため、セリフの鋭さや怖さを強調した知的な悪役とすることを意識していた[1]。また、セリフを重視していたためドラ声で喋ってイントネーションがおかしくなることを嫌っており、現場でもそれを汲んでセリフの多い役が増えていったという[1]

また、『仮面ライダー』では主演の藤岡弘、が失踪した際に、第66話・第67話で仮面ライダー1号の代行アフレコを務めた[1]。現場ではぎりぎりまで藤岡が現れるのを待っており、不安な中で演じたという[1]

外国人役は日本語の単語を英語に置き換えるのがコツであるとし、自身の得意なパターンであったと述べている[1]

人物像編集

超電磁ロボ コン・バトラーV』や『超電磁マシーン ボルテスV』では、新人の頃の三ツ矢雄二白石ゆきながに対して演技指導をしていた[3]

闘将ダイモス』のアフレコ時には、上手く声を合わせられなかった神谷明に対して、画面が切り替わると光の加減が代わるので、そのタイミングにあわせて台本を読むようにとアドバイスしている。

1980年、雑誌『月刊OUT』2月号でのインタビューで「ガルーダ」や「ハイネル」など美形のキャラクターについて彼らの最期が描かれるエピソードのアフレコ日には、事前に風呂に入って身体を清めるなど気持ちを整えて収録に臨んだと語っている[要ページ番号]

担当する役柄の声を色にたとえていると語っており、例えば『コンバトラーV』のガルーダの声は暖かみのあるオレンジ色にたとえている。

後任編集

市川の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1963年
  • 鉄腕アトム (アニメ第1作)(パール星人隊長、デッド・クロス殿下、ブロンX、ダン、ロボット三銃士、山本えいいち、ロビオ、タップ、トビオ 他)
1965年
1966年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1982年
1983年
1988年
1991年
1992年
1995年
1996年
1999年
2003年
2005年
2006年

劇場アニメ編集

1965年
1970年
1972年
1978年
1984年
1992年

OVA編集

1991年
1992年
1996年

ゲーム編集

2009年以降の出演作は生前の収録音声を使用したライブラリー出演。

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年

ドラマCD編集

ラジオドラマ編集

吹き替え編集

映画編集

ドラマ編集

アニメ編集

人形劇編集

特撮編集

1968年
1969年
1971年
  • 仮面ライダー(ハインリッヒ博士の声[注釈 2]、再生人間蝙蝠の声、再生改造コブラ男の声、再生ゲバコンドルの声、再生ヤモゲラスの声、実験体狼男の声)
1972年
1973年
1974年
1975年
  • SFドラマ 猿の軍団(ゾーンの声)
  • 仮面ライダーアマゾン(トゲアリ獣人の声、ハンミョウ獣人の声)
  • 仮面ライダーストロンガー(クラゲ奇械人の声、奇械人ブブンガーの声、サメ奇械人の声、鋼鉄参謀の声、マシーン大元帥の声)
  • 秘密戦隊ゴレンジャー(第26話の警報アナウンスの声)
1976年
1977年
  • 円盤戦争バンキッド(エフゾロ中佐の声)
  • 大鉄人17(ワンエイトの声)
  • 超神ビビューン(再生サカサバシラの声、再生山鬼の声)
  • バトルホーク(海骨の声)
1979年
1980年
  • スカイライダー(ゴキブリジンの声)

テレビドラマ編集

  • 鉄腕アトム 第2部(1959年、MBS) - ボーイ
  • バンパイヤ 第17話「パンク・マシン大作戦」(1969年、CX)
  • 特別機動捜査隊 第525話「ポルノイン東京 女人百景」(1971年、NET) - 小山
  • 飛び出せ!青春 第21話「学園の子連れ狼」(1972年、NTV) - 記者
  • 日本沈没(1974年版) 第12話「危うし京の都」(1974年、TBS) - ニュースキャスター[注釈 3]
  • 太陽にほえろ! 第177話「海に消えたか三億円」(1975年、NTV)
  • 気まぐれ本格派 第20話「大特訓は死の匂い?!」(1977年、NTV)
  • 熱中時代(NTV)
    • 教師編 第1シリーズ 第17話「ノコベンとメンコ大会」(1978年) - 警官
    • 教師編 第1シリーズ 第19話「熱中先生と恋の破れガサ」(1978年) - 上代田八丁目派出所の警官(小宮新八郎(谷隼人)の同僚)[注釈 4]
    • 刑事編 第18話「誘拐された娘たち」(1979年) - マンション管理人
  • 新・花へんろ 第2、3話(1997年、NHK)

映画編集

舞台編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 出版社。ゲーム会社のSNKの旧社名とは関係はない。
  2. ^ クレジットは市川修
  3. ^ 第11話はノンクレジット、第17話のオープニング表記は市川殆。
  4. ^ 第17話のクレジットは「警官」。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g OFM仮面ライダー8 2004, p. 32, 小川びい「仮面劇の主役たち ライダーを支えた10人の声優 第2回 市川治の巻」
  2. ^ a b c d e f g h 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 179, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  3. ^ DVD-BOXの解説書より。このDVD-BOXには上記のCMナレーションも収録されている。
  4. ^ 未来からきた少年 スーパージェッター(モノクロ版)”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月11日閲覧。
  5. ^ あかねちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  6. ^ ひみつのアッコちゃん”. 東映アニメーション. 2016年6月16日閲覧。
  7. ^ ドカベン”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  8. ^ UFO戦士ダイアポロン”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月22日閲覧。
  9. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  10. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  11. ^ 新・猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月25日閲覧。

参考文献編集

  • 小川びい『ロマンアルバム アニメ声優ハンドブック こだわり声優事典'97』1997年3月10日発行
  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.8 スカイライダー』講談社、2004年7月9日。ISBN 4-06-367087-2
  • ホビージャパンMOOK『宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行