メインメニューを開く

新潟県民エフエム放送株式会社(にいがたけんみんエフエムほうそう、Niigata Kenmin FM Broadcast Co.,Ltd.)は、新潟県放送対象地域として超短波放送(FMラジオ放送)を実施する特定地上基幹放送事業者である。

新潟県民エフエム放送
Niigata Kenmin FM Broadcast Co.,Ltd.
種別 FMラジオ放送
放送対象地域 新潟県
系列 独立
略称 なし
愛称 FM PORT
コールサイン JOWV-FM
開局日 2000年12月20日
本社 〒950-8579
新潟県新潟市中央区万代2-1-1 コズミックスビル3階
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 新潟(弥彦山) 79.0MHz / 1kW
主な中継局 放送局概要を参照
公式サイト https://www.fmport.com/
特記事項:5大都市圏以外の地域では初の2局目の民間FM局
テンプレートを表示

通称は「FM PORT」(エフエムポート)。港のように(港町新潟で)様々な情報を発信できるようにという願いがこめられて命名された。地元では「PORT」(ポート)と略されることが多い。

コールサインJOWV-FM

新潟市中央区万代にあるFM PORTが入居するコズミックスビル
コズミックスビルを万代橋方向から。屋上右側に弥彦山送信所向けの送信アンテナが見える。左側のテレビ・FM受信アンテナが同じ方向を向いている点に注意

概要編集

基本的に、自社制作番組のみを放送している独立FM放送局である。新潟県域放送でテレビ・ラジオ通じて唯一の平成新局である。また、五大都市圏以外の地域で初めて開局した2局目の民間FMラジオ放送局である。(開局時点ではJAPAN FM LEAGUEに加盟していたがのちに離脱。)

本社のあるコズミックスビルの場所にはかつて新潟トヨタ自動車の本社があった。現在も土地を所有する同社をはじめとする新潟県のトヨタ自動車系ディーラー(一部を除く)、運送会社の中越運送中越通運をはじめとする中越グループなどと関係が深く、PORTが取材・営業に用いる車はトヨタ車であり、新潟県内に所属する中越グループの車両にはステッカーやPORTのロゴが入った「がんばろう!新潟・中越」という新潟県中越地震復興キャンペーンステッカーが2005年10月頃まで貼られていたこともある。これら各社の提供番組も多い(ただし、トヨタ系ディーラー提供番組は2005年12月いっぱいで全て終了)。

沿革編集

放送局概要編集

  • コールサイン JOWV-FM
  • 弥彦送信所(新潟本局) 79.0MHz 出力1kW
  • 堀之内大和中継局 87.9MHz 出力500W
  • 高田中継局 83.2MHz 出力30W
  • 放送時間:平日は6:00(月曜日は5:53)を起点とした24時間放送、土曜日は6:00(起点)- 翌日1:00、日曜日は5:53(起点)- 翌日1:00
    • 24時間放送でも6:00直前に一旦開始告知を行い、その後6:00の時報に移る。日・月曜日は開始告知アナウンスの流れでその日の最初の番組を放送する。

送信所編集

  • 弥彦送信所(本局)
    • 20m四角鉄塔 双ループ3段3面 ERP4.9KW 放送機FBN-15K01SD(NEC)局舎鉄筋コンクリート2階縦5m横5m
  • 堀之内大和中継局
    • 28m四角鉄塔 八木3素子1段2面 ERP1.45KW 放送機TH4666A(東芝)局舎鉄筋コンクリート2階縦3m横4m

 魚沼市守門方向、小千谷方向、南魚沼市六日町地区方向へ指向性がつけてある。

  • 高田中継局
    • 26m四角鉄塔(TeNY共有)八木3素子1段2面 ERP57W 放送機HV1032(OKI)局舎整形コンクリート2階縦3m横3m(TeNY共有)

スタジオ編集

3階の本社内に生放送対応スタジオが2つある。

  • リバーサイドスタジオ
  • シティサイドスタジオ

また、本社ビル1階に公開放送用のオープンスタジオ「ポートスクエア」があったが、2008年11月に廃止。

2005年10月から、一部の番組は東京都内の番組制作会社スタジオで制作されている。当初は「中目黒 GO GO スタジオ」と通称された目黒区中目黒地区にあるとされたスタジオから、その後2009年11月後半からは港区赤坂にあるといわれる「赤坂レクシムスタジオ」に移行している。

資本構成編集

企業・団体は当時の名称。出典:[1][2][3][4]

概要編集

筆頭株主は新潟トヨタグループのエヌ・ティー・アソシエーション。

2018年4月1日編集

株主 比率
エヌ・ティー・アソシエーション 52.2%
中越運送 20.4%

過去の資本構成編集

放送編成編集

開局当初はJAPAN FM LEAGUEの加盟局であったが、すぐにネットワークを解消して以来は独立局である。

ほとんどの番組が自社制作番組であるものの、独立局である特性を生かしてNACK5[5]K-mix[6]アール・エフ・ラジオ日本[7]など系列にとらわれず様々な番組を放送したり、アイドルやアニメソング歌手をメインとする番組を放送するなどバラエティに富んだ編成を組む。

現在放送中の番組編集

タイムテーブルは2019年7月現在。
★は中目黒GOGOスタジオより放送された番組、☆は赤坂レクシムスタジオから放送される番組。

月曜日 - 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
6 PORT WAVE PORT WAVE
30 PORTA~思いをカタチに~
- 近藤のぞみ
7 6:50 MORNING GATE - 遠藤麻理 GOOD MORNING PORT CITY Saturday
- 立石勇生
Ladybird
- 小方恵子
8
9
10 Mint Condition - 立石勇生
11 30 CINEMA PORT
- 中村ちひろ
12 link up 790
- 板垣優稀
- 桃歌
PORT COUNT DOWN 40
- 島村仁
13 four seasons - 佐藤智香子 LIKEY
- 新井翔
- 八木志芳
▽16:00 ヒトつなぐ、ココロつなぐ“はずのみ”
- 羽豆史郎
- 立石勇生
▽16:15 ACTIVE plus LOVE SNOW PARADISE
- 佐藤亜紀
14 WEEKEND COLOR
- 千葉ひろみ
15 in style - 海津ゆうこ
16 BEAT COASTER - 島村仁 ようこそ夢街名曲堂へ!K-mix
17 VIP GROUP presents 久住小春 こはっぴーTIME
- 久住小春
横澤夏子のじょんのびラジオ
- 横澤夏子
18 in style(再放送) 朝日山ライフステーション
- 遠藤麻理
30 Bitter & SweetのGOLDEN SOUNDay♪
- Bitter & Sweet
19 ECHIGORIAN ~トキめき新潟人~(再放送)[8] 中越グループ PAN UP
- 松村道子
20 TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY 純情のアフィリアおたく部
- カオリ、クロエ
クリス松村の「いい音楽あります。」RF NIGHT i
- 松本愛
21 ゆよゆっぺ・八王子Pのハンドメイドラジオ
- ゆよゆっぺ八王子P
Rafveryの『ラフな休日』[9]
22 RADIO MANIART
  • 月曜:『The Sound of Routine』 - KAI
  • 火曜:『はみ出し!S-POPゴールデンアワー20世紀』
  • 水曜:『あなたと星空の下で』 - 石田燿子
  • 木曜:『メイドが私服にきがえたら』
矢島舞美のI My Me まいみ〜
- 矢島舞美
クラシック ホワイエ
- 飯尾洋一
松山千春 ON THE RADIONACK5
23 S-POPゴールデンアワー S-POPゴールデンアワーインターナショナル クラシック ホワイエ ~アンコール~ PORT Tasting Music THE BEATLES 10(RF)
0 ギャラクシー Radio XY - 遠藤洋次郎
SHOW! presents 『GGラジオ』(毎月最終週)
PORT Sound Market
1 PORT MUSIC CRUISING 放送休止[10]
2
3
4
5
その他

この二つは土曜もしくは日曜に組まれることが多く、その場合はレギュラー番組の時間を短縮・休止などして中継する。

LIFE INFORMATIONは土曜・日曜の6時台を除いてすべてワイド番組に内包される形で放送する。ニュースと天気予報はインフォメーションアナウンサーが担当するが、MORNING GATEおよび週末の番組ではナビゲーター自らが担当する。交通情報は日本道路交通情報センターが担当する。

終了した番組編集

関連項目編集

  • FM-FUJI - 独立局に変更した放送局。

脚注編集

  1. ^ 総務省 電波利用ホームページ”. 総務省. 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、293頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、310頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、317頁。
  5. ^ RADIO-X』『松山千春 ON THE RADIO
  6. ^ ようこそ夢街名曲堂へ!
  7. ^ クリス松村の「いい音楽あります。」』『THE BEATLES 10
  8. ^ 2009年11月30日から2018年3月までの月曜 - 金曜 6:30 - 6:50(再放送は2016年5月より、金曜 23:00 - 0:00に1週間放送分を再構成したものを放送)に放送されていたが、2018年10月より再放送として復活し、過去の本放送の中から1週間分の放送を1時間に再構成したものを放送。
  9. ^ 2013年4月に放送開始。放送開始から2015年9月までは日曜 16:00 - 16:30、2015年10月から12月までは日曜 15:30 - 16:00、2016年1月から2017年3月までは日曜 15:00 - 16:00に放送。一旦放送を終了したが、2019年7月より放送を再開した。
  10. ^ 基本的にはフィラー音楽が放送されている。
  11. ^ 1時間の音楽番組を毎日5本、ローテーションしながらオンエア。番組の多くが、デジタルラジオ用に作られた番組を繰り返し、オンエアしていた。

外部リンク編集