メインメニューを開く

明日があるさ (テレビドラマ)

明日があるさ THE MOVIEから転送)

明日があるさ』(あしたがあるさ)は、2001年4月21日から6月30日まで毎週土曜日21:00 - 21:54(JST)に、日本テレビの「Saturday Drama」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は浜田雅功

明日があるさ
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 三枝孝臣
李闘士男
岩本仁志
脚本 高須光聖
出演者 浜田雅功
稲森いずみ
藤井隆
東野幸治
田中直樹
遠藤章造
間寛平
青島幸男
松本人志
柳葉敏郎
伊東四朗
連続ドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2001年4月21日 - 6月30日(11回)
プロデューサー 河野英裕
岡本昭彦
エンディング Re:Japan明日があるさ
スペシャル
放送時間 土曜日21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2002年1月12日(1回)
プロデューサー 河野英裕
岡本昭彦
テンプレートを表示

全11回で、平均視聴率は19.3%であった(最高視聴率は初回の29.0%・関西地区の初回の最高視聴率は30.0%。なお、初回の29.0%は2012年現在、民放の連続ドラマ初回視聴率史上歴代7位の記録であり、日本テレビでは歴代1位)。

目次

概要編集

当初、日本コカ・コーラの主力商品の一つ「ジョージア」のCM内ドラマとして登場した。その後、シリーズ化されたCMのタイアップ企画として日本テレビ系列でテレビドラマ化された。その際、設定や大半の出演者はCMから引き継がれている。

出演者は主に吉本興業所属のタレントが起用された。総合商社を舞台に不況と闘うサラリーマンとその家族を主軸に描いた作品である。松本人志は、前年の同クール同時間帯に放送されていた『伝説の教師』で初の本格ドラマ出演を果たしたが、今作は数分の出演にとどまった。また、吉本興業のタレントと仲間由紀恵は、役名も芸名(または本名)と同一であった。また、あまりないダウンタウンの2人の共演となった。

最終回の翌週である7月7日には、番組のNGシーンの特集が生放送された。この番組の最後に、当時の吉本興業社長・林裕章が登場し、本ドラマを映画化すると発表した。

2002年には、1月12日にスペシャル版、10月5日に『明日があるさ THE MOVIE』(あしたがあるさ ザ・ムービー)として映画化された。映画はドラマの2年後という設定で、ドラマ版とは設定が異なっていた。設定の主な変更点は、社屋の変更また吸収合併のくだりがなくなっている・橋本部長の定年・登場社員のリストラ(13課が吉本所属タレントのみになった)など。

なお、番組終了後も数本のシリーズCMが放送されている。浜田が独立し「ナンデーモ・カンパニー」という会社を設立するという展開になり、「明日があるさシリーズ」のCMは終了した(後述)。CMからテレビドラマに発展した例として本作のほかに『父と息子の男旅』が存在する。

キャスト編集

トアール・コーポレーション(東証二部上場)編集

営業13課編集

浜田(課長)〈37〉
演 - 浜田雅功ダウンタウン
この物語の主人公で営業13課の課長。亡くなった前の課長の後任として大阪本社より異動。妻子持ちのサラリーマンであり、どんな仕事でも気合入れてやるというところがある。そのおかげで暗い13課が一気に明るくなり、色々な仕事で成功していく。トアール倒産後は子会社へ出向する。
藤井
演 - 藤井隆
浜田のよき理解者でもあり、浜田と行動、もしくはアシスタントをする。一時は営業1課に異動するも、13課に戻る。無類のラーメン好き。はりきりすぎて、空回りする一面がある。
東野
演 - 東野幸治
営業13課の主任。眼鏡をかけている。仕事に対するやる気はあるものの、すぐに挫折しやすい。
田中
演 - 田中直樹ココリコ
常におどおどしているが、仕事に対しては非常に真面目で、その点では浜田に評価されている。また劇場版では、会社や家族に黙っていた有人ロケット開発を初めて打ち明けた人物でもある。また、CMでは山田と恋人同士となり、社内結婚までする。
遠藤
演 - 遠藤章造(ココリコ)
仕事より女に走る上に、あきらめるのも非常に早い。今時の若者である。
間〈45〉
演 - 間寛平
営業13課の室長補佐。仕事に失敗して頭を下げるべき所で下げられなかったことにより窓際族になった過去を持つ。常に川柳を書いており、彼の周りにはテープが貼られている。加茂本部長とは旧知の仲でもある。
真島
演 - 吹越満
営業13課の課長代理。13課にいながら、影で望月の側近に回りスパイ同然の行動をしばし取る。
橋本隆治〈63〉(部長)
演 - 伊東四朗
営業13課の担当部長。浜田他部下を暖かい視線で見守っている。バツイチで娘が一人いる。

営業1課編集

望月〈37〉
演 - 柳葉敏郎
浜田と同期の営業1課の課長。エリートコースを歩む。自分の目的のためには手段を選ばず、自身のミスを立場を利用し藤井になすり付けたり、真嶋を利用して13課の手柄を横取りすることも多々あったが、終盤では会社自体が危うくなったこともあり協力的になる。重度の糖尿病を患っていたが、出世の妨げになるとして会社には隠していた。

審査部編集

阿部 美由紀〈29〉
演 - 稲森いずみ
独身で男よりも仕事を愛する女。営業13課の仕事については彼女が考えている。最初は浜田を嫌悪していたものの、徐々に打ち解け惹かれていく。ラーメン好き。

その他職員編集

加茂
演 - 青島幸男
営業本部長。トアール倒産後は左遷に遭う。
仲間
演 - 仲間由紀恵
受付。会社ではマドンナ受付譲で、可愛いルックスから、いつもいろいろな人から声を掛けられる事が多い。また、プライベートでも同僚の山田と仲が良く、CMでは浜田と共に英会話教室にも通っている。
山田
演 - 山田花子
受付。作中で何度か田中に好意を持つそぶりを見せており、ジョージアのドラマCM版では田中と結婚式を挙げている。

その他編集

謎の男
演 - 松本人志(ダウンタウン)
さまざまな姿で現れる男。浜田の前によく現れる。その正体は、ただのエキストラ(通行人)であった。
浜田 貞代〈32〉
演 - 相楽晴子
明るく優しい妻。長女ほのか、次女ひとはの母。元々はトアール・コーポレーションの女性社員であり、女性用の化粧用品をヒットさせた経歴を持つ。その際に浜田と知り合い結婚する事となった。(公式ガイドブックにて)しかし、子供の中学受験で夫が身勝手な発言をした為に、家から追い出すという暴挙に出た事がある。

ゲスト編集

第1話 「燃える新課長!?」
第2話 「初恋のメッセージ」
第3話 「恐怖のリストラ!!」
  • 浅田国太郎(元営業12課課長・リストラにて退職) - 岸部四郎
  • 堺光太郎(仁成堂社長) - 徳井優
第4話 「激安ラーメン戦争」
第5話 「赤毛の新入社員!!」
第6話 「恐怖のクレーマー襲撃事件」
第7話 「健康ダイエット!!」
第8話 「働く女の誕生日!」
第9話 「13課恋愛中毒!!」
第10話 「倒産! 橋本部長涙のリストラ送別会」
最終話 「奇跡のサラリーマン!!」
前記の映画版では13課の一員として出演。
スペシャル 「がんこ江戸前寿司の絆!!目指せ臨時ボーナスVS究極回転寿司」

スタッフ編集

放送日程編集

連続ドラマ
各話 放送日 サブタイトル(ラテ欄) サブタイトル(放送時) 脚本 演出 視聴率
第1話 2001年4月21日 燃える新課長!? 13課は燃えているか!? 高須光聖 三枝孝臣 29.0%
第2話 2001年4月28日 初恋のメッセージ 涙のファイナルアンサー 20.6%
第3話 2001年5月05日 恐怖のリストラ!! その男、リストラにつき。 多摩栞 李闘士男 21.9%
第4話 2001年5月12日 激安ラーメン戦争 愛しの、ラーメン娘 大野敏哉 岩本仁志 23.1%
第5話 2001年5月19日 赤毛の新入社員!! 新入社員田村登場! 羽原大介 三枝孝臣 20.9%
第6話 2001年5月26日 恐怖のクレーマー襲撃事件 浜田課長の一番長い日。 宮原氣 李闘士男 16.1%
第7話 2001年6月02日 健康ダイエット!! ダイエット大作戦 大野敏哉 岩本仁志 17.9%
第8話 2001年6月09日 働く女の誕生日! 涙のバースデー 宮原氣 16.3%
第9話 2001年6月16日 13課恋愛中毒!! 橋本部長、最後の恋。 羽原大介 李闘士男 15.1%
第10話 2001年6月23日 倒産! 橋本部長涙のリストラ送別会 新しい上司はフランス人。 大野敏哉 岩本仁志 15.4%
最終話 2001年6月30日 奇跡のサラリーマン!! さらば、愛しき13課 高須光聖 三枝孝臣 15.8%
平均視聴率 19.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
スペシャル
放送日 サブタイトル 脚本 演出
2002年1月12日 がんこ江戸前寿司の絆!!目指せ臨時ボーナスVS究極回転寿司 堀部圭亮
山崎淳也
岩本仁志

劇場版編集

明日があるさ THE MOVIE
監督 岩本仁志
脚本 高須光聖
坂東賢治
製作総指揮 林裕章
萩原敏雄
出演者 浜田雅功
柳葉敏郎
酒井美紀
松本人志
音楽 椎名KAY太
主題歌 Re:Japan明日があるさ
製作会社 吉本興業日本テレビ電通東宝ロボット
配給 東宝
公開   2002年10月5日
上映時間 119分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 4.5億円[1]
テンプレートを表示

明日があるさ THE MOVIE』(あしたがあるさ ザ・ムービー)は、2002年10月5日に公開されたテレビドラマの劇場版。監督は岩本仁志。主演は浜田雅功

キャスト(劇場版)編集

トアール・コーポレーション編集

営業13課
  • 浜田(課長) - 浜田雅功
  • 東野(主任) - 東野幸治
  • 遠藤(平社員) - 遠藤章造
  • 田中(平社員) - 田中直樹
  • 亮(平社員) - 田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
  • 間(室長補佐) - 間寛平
  • 橋本部長 - 伊東四朗(特別出演
営業1課
  • 望月(課長) - 柳葉敏郎
  • 上条沙紀 - 酒井美紀
  • 藤井(平社員) - 藤井隆
他の職員
  • 加茂本部長 - 青島幸男
  • 花紀専務 - 花紀京
  • 淳(平社員) - 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
  • 仲間(受付嬢) - 仲間由紀恵
  • 山田(受付嬢) - 山田花子

その他編集

  • 謎の男 - 松本人志
  • 野口仁助 - 中村嘉葎雄
  • 浜田貞代 - 相楽晴子

スタッフ(劇場版)編集

パチンコ編集

CR明日があるさ よしもとワールド

備考編集

  • CMの放送前には、月亭方正も会社の清掃員として出演予定だったが、後輩のココリコが社員役であることに納得がいかず断ったという。後にこのドラマ化され大ヒットとなったことで、同局の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』において、出演しなかったことを後悔していた。
  • ジョージアの「明日があるさ」シリーズのCMはその後、新シリーズとして独立後の浜田達を描いた「ナンデーモ・カンパニー編」が開始され、前作から続投の浜田・藤井に加え、新キャストとして雨上がり決死隊中川家吉岡美穂乙葉が出演したが、明確に最終回といえるバージョンが放送されないまま2003年8月に終了し、シリーズは完結した。その後、2010年以降松本、浜田がジョージアの「エメマンバトル」CMに出演しているほか、2011年には松本、浜田が「男ですいません」の販売機用ポスターにも使用されている。
  • 話の内容の一部が浦沢直樹の短編漫画「NASA」に酷似していることが話題になった[要出典]
  • 主演の浜田はコーヒーが苦手である。

関連商品編集

  • 明日があるさ DVD-BOX(バップ、2001年10月5日発売)

脚注編集

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 140頁。

外部リンク編集