朝乃若 武彦(あさのわか たけひこ、1969年12月11日 - )は、愛知県一宮市出身で高砂部屋(入門時は若松部屋)所属の元大相撲力士。本名は足立武彦(あだち たけひこ)。身長176cm、体重145kg。最高位は西前頭筆頭(2000年5月場所)。得意技は突き、押し、引き、叩き。血液型はAB型、星座は射手座、趣味は映画鑑賞。現在は年寄若松。愛称は「ヒタチ」[1]

Asanowaka 2010.JPG

目次

来歴編集

中学時代は水泳部に所属し主将を務めるほどだった。相撲はほとんど遊びでしか取ったことがなかったが、中学時代の恩師の勧めにより愛工大名電高校に進学し相撲部に入部した。近畿大学相撲部では同級生の大澤(元幕内朝乃翔)と共に全国大会で活躍した。大学卒業と同時に近畿大学の先輩でもある元大関朝潮の若松部屋(当時)に入門。1992年3月場所に幕下付出で「若足立」の四股名初土俵を踏んだ[2]

初土俵から僅か5場所で1993年1月場所に十両に昇進。同時に四股名を「朝乃若」と改名した。その後は順調に番付を上げ、1994年3月場所に入幕を果たした。取り口は押し相撲だが最後まで押し切ることは少なく、引き落とし叩き込むことが多かった[2]。また、時折呼び込んでの自滅も多く幕内上位で勝ち越すことが出来なかった。年齢を重ねるごとに立合いから即引く相撲も増えていった。幕内を30場所連続して在位した後、1999年1月場所に初めて十両に陥落した。それ以降は十両と幕内を往復することが多くなったが、2000年5月場所に自己最高位の西前頭筆頭に番付を上げた。

非常に目立ちたがり屋の性格であった。かつてど派手なレモンイエローの廻しを締め、制限時間一杯となった後の仕切り時にカエルのように体勢を低くする動作(現役では横綱・日馬富士もやっている)と、塩を土俵に叩きつけて気合を入れる動作(本人曰く「タイガーマスクの入場シーンをイメージ」。元大関・大受もやっていた)で観客を沸かしていた[2]協会の審判部から「塩捲きの行為が少し雑すぎる」と何度も指摘されたが、パフォーマンスを一向にやめることはなかった。なお現役当時、若松部屋と同じ高砂一門高砂部屋所属だった、水戸泉の時間一杯での豪快な塩捲きが有名であったが、その水戸泉との取組では「塩捲き対決」としても大きな話題を呼んでいた。

しかし2000年11月場所初日に廻しの色をそれまでのレモンイエローから真っ赤なものに変え、仕切り前の塩まきも固めた塩の塊を上に放り投げ、落ちてきたところを思い切り拳で殴りつけるという新しいパフォーマンスをしたため、当時審判部長を務めていた境川親方(元横綱佐田の山)が「ものには限度がある」と激高。これを最後に塩まきのパフォーマンスを封印し、翌場所からは地味な臙脂色(本人曰く真っ赤な締め込みを染め直したもの)に変更し落ち着いた仕切りに変えた。以降、度々締め込みを変更したが、黒や青といった落ち着いた色に終始した。

2004年5月場所を最後に幕内から遠ざかり、2005年3月場所には西十両5枚目の番付で1勝14敗と大敗を喫してしまう。幕下陥落が必至となり、引退を覚悟していたその3月場所の千秋楽では、往年の低い姿勢の仕切り姿を披露し観客を沸かし、この千秋楽の相撲を最後に現役生活を締めくくった。

幕下に陥落が決まっていた翌5月場所前の4月28日に引退届を提出し、既に取得していた年寄若松を襲名。引退相撲は行わなかった。また引退時の記者会見では、自身の取り口とは裏腹な「前に出る力士を育てたい」のコメントや、カエルのような仕切りを再び披露して、周囲の記者陣を笑わせていた。現在は、高砂部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たっている[2]

エピソード編集

  • 山﨑武司中日)は愛工大名電高校の1年先輩で、山﨑の中日在籍時代(1度目)にはナゴヤドームで始球式も行った(余談だが山﨑も中学時代に相撲経験あり)。
  • イチロー(現・ヤンキース)は愛工大名電高校の後輩であり、朝乃若の断髪式に参加し鋏を入れた。
  • 朝乃若と同じ若松部屋所属でしかも1992年3月場所の同期入門だった、当時・三段目の朝ノ霧が、2000年5月場所での対千代白鵬との取組中、廻しが緩み局部が露出してしまう反則により「不浄負け」となってしまう(1917年5月場所3日目の十両・男嶌が喫して以来83年ぶりの珍事だった)。翌日、その記事が大きく掲載されていたスポーツ新聞を片手に、朝乃若は同部屋の他弟弟子らに対して「お前ら、目立ちたいからと言って同じような事絶対するんじゃねえぞ!」と冗談交じりに注意を促していた。
  • 勝ち続けると思えば逆に負け続ける「ツラ相撲」の傾向のある力士の一人であるが、平成12年3月は初日に負けた後、無敗のまま中日を終えて7勝1敗としたが、14日目までに貯金を使い果たすように6連敗を喫し、千秋楽にようやく給金を直し、翌場所自己最高位に昇進している。
  • 他に、幕内在位中、下位で早々と勝ち越しながら、最後に崩れ、8勝、9勝に終わる場所も幾度かあったが、最後に幕内で勝ち越した場所は通算在位54場所中、唯一二桁勝利を挙げている。

主な成績編集

  • 通算成績:547勝598敗 勝率.478
  • 幕内成績:346勝434敗 勝率.444
  • 現役在位:79場所
  • 幕内在位:52場所[2]
  • 通算連続出場:1145回(幕下付出力士では最多)[2]
※ケガに強く、入門してから1度も休場することなく現役生活を終えている。
  • 各段優勝
    • 十両優勝:1回(1993年11月場所)
    • 幕下優勝:1回(1992年7月場所)


場所別成績編集

朝乃若 武彦
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1992年
(平成4年)
x 幕下付出 #60
5–2 
東 幕下 #42
5–2 
東 幕下 #23
優勝
7–0
東 幕下 #4
4–3 
西 幕下 #2
6–1 
1993年
(平成5年)
東 十両 #11
10–5 
東 十両 #4
4–11 
西 十両 #12
9–6 
東 十両 #9
8–7 
西 十両 #8
9–6 
西 十両 #4
優勝
11–4
1994年
(平成6年)
東 十両 #1
9–6 
東 前頭 #15
9–6 
東 前頭 #11
8–7 
西 前頭 #5
6–9 
西 前頭 #9
7–8 
西 前頭 #12
8–7 
1995年
(平成7年)
西 前頭 #10
9–6 
西 前頭 #2
6–9 
西 前頭 #5
5–10 
西 前頭 #10
8–7 
西 前頭 #3
4–11 
西 前頭 #9
7–8 
1996年
(平成8年)
西 前頭 #12
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
東 前頭 #12
9–6 
西 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #5
4–11 
東 前頭 #11
9–6 
1997年
(平成9年)
東 前頭 #5
5–10 
東 前頭 #9
8–7 
東 前頭 #4
5–10 
東 前頭 #8
7–8 
東 前頭 #10
7–8 
西 前頭 #13
8–7 
1998年
(平成10年)
東 前頭 #12
7–8 
西 前頭 #15
8–7 
東 前頭 #13
7–8 
東 前頭 #16
8–7 
西 前頭 #12
7–8 
東 前頭 #15
6–9 
1999年
(平成11年)
東 十両 #2
9–6 
東 前頭 #13
6–9 
西 十両 #3
8–7 
西 十両 #2
8–7 
西 前頭 #14
9–6 
東 前頭 #9
9–6 
2000年
(平成12年)
西 前頭 #2
3–12 
東 前頭 #8
8–7 
西 前頭 #1
5–10 
西 前頭 #3
5–10 
西 前頭 #8
6–9 
西 前頭 #11
6–9 
2001年
(平成13年)
東 前頭 #14
8–7 
西 前頭 #10
7–8 
西 前頭 #11
7–8 
東 前頭 #13
5–10 
東 十両 #4
8–7 
西 十両 #1
9–6 
2002年
(平成14年)
西 前頭 #12
3–12 
西 十両 #5
10–5 
西 前頭 #15
6–9 
西 十両 #2
9–6 
西 前頭 #13
7–8 
東 前頭 #15
5–10 
2003年
(平成15年)
東 十両 #5
8–7 
東 十両 #3
9–6 
東 前頭 #15
8–7 
東 前頭 #11
6–9 
東 前頭 #14
6–9 
東 十両 #3
9–6 
2004年
(平成16年)
東 前頭 #16
10–5 
東 前頭 #11
5–10 
西 前頭 #14
4–11 
西 十両 #3
5–10 
西 十両 #8
8–7 
西 十両 #6
4–11 
2005年
(平成17年)
西 十両 #11
9–6 
西 十両 #5
1–14 
西 幕下 #3
引退
0–0–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 若足立 武彦(わかあだち たけひこ)1992年3月場所 - 1992年11月場所
  • 朝乃若 武彦(あさのわか たけひこ)1993年1月場所 - 2005年5月場所

年寄変遷編集

  • 若松 武彦(わかまつ たけひこ)2005年4月 -

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 「ヒタチ」とは明治時代の力士である常陸潟に由来する角界の隠語であり、ほら吹き、尊大、目立ちたがりを表す。常陸潟は入門時に「なあに、大関なんぞ、すぐなりますよ」と豪語するなどの尊大さで知られていたが結局三段目止まりであり、世話人になっても尊大さは変わらなかった。
    朝日新聞 2014年7月12日25面(参考)
  2. ^ a b c d e f ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p23

外部リンク編集