メインメニューを開く

桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤

桑田佳祐 > 桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤

LIVE TOUR & DOCUMENT FILM「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤』(ライブツアー アンド ドキュメント フィルム アイラブユー ナウアンドフォーエバー かんぜんばん)は、桑田佳祐ライブ・ビデオ。2013年3月13日DVDBlu-rayで発売。発売元はタイシタレーベル / ビクターエンタテインメント / SPEEDSTAR RECORDS

LIVE TOUR & DOCUMENT FILM「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤
桑田佳祐ライブ・ビデオ
リリース
録音 2012年11月14日 - 11月15日
さいたまスーパーアリーナ
ジャンル ロック
レーベル タイシタレーベル
ビクターエンタテインメント
SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間3位(DVD総合・オリコン[1]
  • 週間2位(Blu-ray総合・オリコン)[2]
  • 2013年度年間42位(DVD音楽・オリコン)[3]
桑田佳祐 映像作品 年表
宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜
2011年
LIVE TOUR & DOCUMENT FILM「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤
(2013年)
昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦
2014年
テンプレートを表示

背景編集

本作は15枚目シングルYin Yang/涙をぶっとばせ!!/おいしい秘密」と同時発売をし、同時購入した者にはツアー中に桑田が着用した鯉のぼり柄の衣装をモチーフにした「こいの桑田御守」が先着でプレゼントされた[4]

音楽性編集

『I LOVE YOU -now & forever- 完全本』の表紙は大谷鬼次の奴江戸兵衛風のイラストがエレキギターを抱えたもので、裏表紙も富士山、そして下記のツアー会場にちなんだイラストになっており、全体的にこのツアーのコンセプトの「」の要素がデザインに反映されている[5]

リリース編集

Disc1には2012年9月から始まった5年ぶりのツアーから、自身初となるさいたまスーパーアリーナの公演を収録。Disc2には完全密着ドキュメント映像が収録されている。また、オ フショットや桑田やサポートメンバーのインタビューを収録した『I LOVE YOU -now & forever- 完全本』も封入された。

ライブ編集

スケジュール編集

エピソード編集

ツアー初日に発売された著書『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』で桑田が「古の日本文化を、ステージなどに取り入れるのも有りだろう」[6]と述べたように、このライブでは本編で着用した鯉のぼり柄(最終日は柄に変更される)[7]のジャケット・Tシャツ[注 1][8][9]といった衣装や、オープニングでの歌舞伎風の口上(『青砥稿花紅彩画』の名科白のパロディ)[9]、アンコールのエンディングでのダンサーの花魁風の口上などのをモチーフとした演出が随所に取り入れられた[5][8]。これついては「ブラタモリ」(NHK総合)を少し意識したと述べている[5]。また、この「和」の意味合いがライブをしているうちに「和む」や「輪」という意味に変わっていったという発言もしている[8]。なお、桑田は翌年以降のサザンオールスターズの活動の際にも「”和”という言葉が好き」[10][11]と述べており、日本的なものから「世界平和[12]」などの幅広い定義で「和」の要素を部分的に取り入れている[13]

オープニングの歌舞伎の演出の部分の登場BGMの音源に関しては歌舞伎の舞台で活躍しているプロの演奏家が参加しており、録音は普段桑田が使用しているビクター401スタジオで行われた。口上を読み上げた人物に対しては桑田から「少し抑揚のあるやつを」といった注文と、ライブに来た観客が盛り上がる事を想像しながら喋るようにといった指示が出ていた[8]。また、口上の台本は放送作家・演出家の中村健太郎[14]が書いたものだった[15][注 2]

このライブでは毎回演出やアレンジなどを少しずつ変化させていきながら行っていたことを桑田やサポートメンバーが述べている[8][5]

初日の会場を宮城にしたことについては、前年の「宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜」で観客に「また絶対に帰ってくるから」と宣言してしまい、「今度ばかりは嘘はつけない」と思ったためであるとしている[17]。また、宮城公演では前年のライブと同様に縁日を模した広場『虹の広場』が設置された[18]

広島公演では桑田はオープニングで衣装の上に広島東洋カープのユニフォームを着用して登場した。なお、ユニフォームの後ろには「77 NOMURA」と書かれていた。また、MCでは「広島カープ優勝おめでとうございます」と冗談を述べていた[注 3]。これらのサプライズ演出に観客は盛り上がり、拍手が飛んでいた[8]

大阪公演のみ「OSAKA LADY BLUES 〜大阪レディ・ブルース〜」を歌唱し、12月12日にはゲストとして金本知憲が登場した[5]

MC内のメンバー紹介では当初こそはごく普通に手を振るのみだったが[19]、桑田の要望により、金原千恵子の鳴き声の真似をしたり、深町栄が指人形で観客を楽しませたり、佐藤嘉風がご当地ネタを絡めたイラストを発表したりするなど、メンバーそれぞれがサービス精神を発揮するようになった[8]

「幸せのラストダンス」では結婚を控えた、もしくはしたカップルを一組客席から探し、祝福する演出が行われた[5]

北海道以外のすべての公演で前年のライブのオープニングで歌った「青葉城恋唄」をご当地に合わせたものや時事ネタ、自身の心情を投影した替え歌[注 4]にして歌われた。なお、北海道公演では「てぇへんだ(大変だ)」などに代表される江戸っ子の口調を取り上げたうえで、北海道を「へっけぇでぇ」と発音した桑田のオリジナルのご当地ソングが歌唱された[5]

「現代東京奇譚」「白い恋人達」では赤いジャケット、「ダーリン」ではマドロス帽を着用しており、曲の雰囲気に合わせた演出を行っている[5]

「Let's try again ~kuwata keisuke ver.~」ではバックモニターに東日本大震災の被災地の映像を流した。これについては、前年のライブで被災者の感情に配慮して流さなかったが、このライブでは「リアルなものに近づいて表現しよう」「お客さんと直に触れ合って共有していくことも必要なんじゃないか」という意識の下、「決して忘れてはいけない」という意味で行ったことを述べている[5]

「波乗りジョニー」では桑田の指示により、ダンサーとの絡みが毎回変化し、最終的には桑田とダンサーに対立関係を設定し、プロレスを意識した図式を作るに至った[5]。また、当初は普通に楽曲を締めていたが、最終的にはダンサーが桑田のマイクを奪い、観客をあおるスタイルに変更された[8]

「100万年の幸せ!!」では前半はメンバーが当てぶりで演奏し、後半からは大仏に扮したビクターのスタッフと共に全員で踊る演出が行われた。これはゴールデンボンバーを意識して行われたものだった[8][5]

福岡公演2日目より、当時は未発表だった「涙をぶっとばせ!!」がアンコール一曲目より演奏され、同時に「CAFE BLEU」が演奏されなくなった。「涙をぶっとばせ!!」の歌唱シーンはDISC2に一部が収録されている[8]。また、同曲のPVでは、このライブの最終日の模様が映像に使用された[7]

「ROCK AND ROLL HERO」では当時の日本や世界の情勢がバックモニターに映され、野田内閣 (第3次改造)から第2次安倍内閣への政権交代などもあって映像も時期に合わせて作り替えられていた。また、ツアー期間中に2012年アメリカ合衆国大統領選挙があった為、「オバマが負けたらそれも変えなきゃ」という話をスタッフとしたという。一方で「ただ、オスプレイの写真とかも出てきましたけど、沖縄の問題というのは急に解決することでもないでしょうし、歌っていて何だか申し訳ない気持ちになっちゃったりもしたんですよね」といった思いがあった事も述べている[5]

「可愛いミーナ」では当初は大サビをカットしていたが、ツアー終盤からは大サビも含めすべて歌われるようになった[8]

「月光の聖者達」では終盤に夕陽と日章旗をオーバーラップさせる演出の映像がバックモニターに投影された[20]

「明日晴れるかな」では冒頭は桑田がアカペラで歌い、途中からバンドの伴奏が入り、コーラス隊に扮したダンサーと共に歌い上げる壮大な演出を行った[5][8]

桑田は12月5日から12月30日までアンコールではTHE BAWDIES(5日)・くるり(6日)・斉藤和義(12日)・FUNKY MONKEY BABYS(13日)・いきものがかり(27日)・ASIAN KUNG-FU GENERATION(28日)・Superfly(30日)といった若手アーティストのグッズのTシャツをそれらのアーティスト達に対するエールを込めて着用して臨んでいた[5][8]。なお、それ以外の日はこのツアーのグッズの「I LOVE YOU -now & forever-」と書かれた赤色のTシャツを着用していた[7]

最終日の横浜アリーナ公演の模様はWOWOWで生中継された[21]

ダンサーはEBATO DANCING TEAM(本作では“I LOVE YOU” special dancersとクレジットされている[5][8]) が参加しており、このライブでは「北国踊る維新の会」(北海道公演)、「踊る伊予ちゃんず」(愛媛公演)、「中洲明太ダンシングアカデミー」(福岡公演)など、チーム名がその土地の名産品や当時の時事ネタを連想させるものに変更された[22]

作家の百田尚樹がこのライブの大阪公演(12月13日)を観賞していた事を自身のツイッターで述べており、「すごい迫力だった」「感動した」といった感想を残している[23]。なお、桑田は翌年のサザンの活動の中で、百田の原作の小説『永遠の0』の映画版に主題歌を書き下ろしている[24]

桑田と親交がある3代目桂春蝶[注 5]は大阪公演(12月13日)と横浜公演(12月27日)を観に行っており、前者の際には「多くのパワーとエネルギー、そして知恵を授かりました」と感動した旨を述べ、桑田の事を「国の宝」「一番死んでほしくないひと」とブログで評し[26]、後者の際には終演後に桑田から「また落語見にいきますね」[注 6]という内容のメールが来た事を明かしている[29]

角田光代河野丈洋夫妻は横浜アリーナ公演(12月28日)[30]に招待され、終演後にはスタッフの案内で桑田の楽屋を訪れている。なお、角田は15歳の時に『NUDE MAN』を聞いて以来横浜市内でのライブに行ける範囲で通っていたほどのサザン及び桑田のファンであるが、横浜アリーナに行ったのはこれが初めてだったという[注 7][31]。また、角田によるとサザン及び桑田のライブに行くのは西部ライオンズ球場での公演以来27年ぶりであったという[32][注 8]

収録曲編集

DISC1編集

  1. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
  2. 今でも君を愛してる
  3. いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
    ここまではアルバム『I LOVE YOU』と同じ曲順である。
  4. 本当は怖い愛とロマンス
    ザ・ビートルズの楽曲「レット・イット・ビー」がイントロ前に管楽器によって挿入された。
  5. MY LITTLE HOMETOWN
  6. 真夜中のダンディー
    最後の歌詞に「〇〇(会場名など)で 嗚呼 歌など歌っている」というフレーズが付け加えられていた。
  7. 東京
  8. 幸せのラストダンス
  9. CAFE BLEU
    青葉城恋唄」の替え歌がMCで歌われ、間髪入れずにこの曲が始まる。
  10. 明日へのマーチ
  11. 愛しい人へ捧ぐ歌
    ザ・ビートルズの楽曲「イン・マイ・ライフ」を前フリで歌唱した。
  12. 声に出して歌いたい日本文学〈Medley〉
    曲開始前と終了後に桑田扮する「色モン太」(みのもんたのパロディ)がVTRで登場し、この曲の趣旨の説明を行った。
  13. 現代東京奇譚
  14. 白い恋人達
    アヴェ・マリア」がイントロ前に挿入された。
  15. ダーリン
  16. 銀河の星屑
    アウトロと歌詞が追加されるアレンジがされている。
  17. Let's try again 〜kuwata keisuke ver.〜
    「Let's try again ~kuwata keisuke ver.~」と「波乗りジョニー」の間に「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(西城秀樹)・「ライディーン」(YMO)・「止まらないHa〜Ha」(矢沢永吉)・「恋人がサンタクロース」(松任谷由実)のメドレーが挿入された。桑田はこれを「皆さんに対しての敬意であり、ミーハー根性です」としている[5]
  18. 波乗りジョニー
    二番の歌詞が一部変更されている。
  19. 100万年の幸せ‼︎

ENCORE

  1. ROCK AND ROLL HERO
  2. 可愛いミーナ
    冒頭では桑田がアコースティックギターソロを演奏しており、途中で亀田製菓のCMソングを鳴らすといったお遊びもあった。
  3. 祭りのあと
    最後のサビの歌詞が一部変更されている。
  4. 月光の聖者達
  5. 明日晴れるかな

DISC2編集

DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」

  • ツアー期間中の舞台裏をまとめた作品。ナレーションを原由子が担当している。エンディングで使われたメンバー・スタッフの写真はすべて桑田が自ら撮影したものだった[8]

参加ミュージシャン編集

  • ダンサーズ
    • EBATO DANCING TEAM(本作では“I LOVE YOU” special dancersとクレジットされている[5][8])

映像関連編集

関連項目編集

  • I LOVE YOU -now & forever-
  • 中村勘三郎 (18代目) - 桑田は8月に行われたこのツアーのリハーサルの初日に勘三郎からもらった浴衣を着て臨んだ[9][8]。桑田と勘三郎は直接的な面識はなかったものの[33]、双方がファンである事を公言しており、こういった間接的な交流があった[34][35]。勘三郎が亡くなった当日である2012年12月5日に行われた愛知県日本ガイシ スポーツプラザでの公演では「偉大な功績を残し、ポップで個性豊かな人柄、400年の伝統を背負っている唯一無二の存在でした」「本当に悲しいです」と桑田がコメントする一幕があった[36]
  • 道後温泉本館 - 「声に出して歌いたい日本文学〈Medley〉」で使用された『吾輩は猫である』の作者・夏目漱石ゆかりの地。桑田は愛媛県松山市に滞在中にここを始めとした周辺施設を訪れており、DISC 2にその模様の一部が収録されている[9][8]。また、桑田は道後温泉本館の「玉座の間」を見学し、昭和天皇が使用した玉座を見て感動した旨を自身のラジオで述べている[37]
  • NTTドコモ - このツアーのスポンサーであり、桑田自身もCMに出演していた。また、愛媛県武道館公演でのリハーサル中には2012年11月16日より放送された「桑田佳祐×ドコモ2012冬」篇の撮影が行われ、DISK 2にはCMの撮影現場も収録されている。同CMには桑田と同じアミューズ所属の清水くるみがダンサー役で出演している[8]。さいたまスーパーアリーナ公演では完成したCMが開演直前にいち早く上映された[38]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 鯉のぼり柄の衣装になったのは北海道公演からであり、宮城公演では白いジャケット・チョッキと、上が白黒のボーダーで下が黒といった柄のTシャツを着用していた。後者は最終日以外(最終日は波柄のチョッキと黒いTシャツになっていた[7])はその後も継続してオープニングから「声に出して歌いたい日本文学〈Medley〉」まで着用していた[8][9]
  2. ^ なお、後年桑田が扮した「波乗亭米祐」や「稲川ジェーン・フジオカ」のネタの台本も中村が書いていた事を桑田は言及している[15][16]
  3. ^ 当時の広島東洋カープの成績はBクラスだった。
  4. ^ ドン小西に言われてみたいのは、そのお洒落なキミの服い(福井)~ね」といった駄洒落ネタ(福井公演)、広島の名産品を使った言葉遊び(広島公演)、福岡出身及びゆかりのある有名人を称える(福岡公演)、第46回衆議院議員総選挙橋下徹への言及(大阪公演)、メンバー・ファン・スタッフ・演者への感謝(横浜公演)など[5]
  5. ^ 桑田と春蝶が親交を持つことになったきっかけは、2012年5月に大阪で落語「七段目」を演じている春蝶の姿を桑田が観賞し感動したところからである。「七段目」は作中に歌舞伎のフレーズが多用されている芝居噺であり、感動した背景には桑田自身が歌舞伎に興味を持っていた事が影響している[25]
  6. ^ 桑田は2012年10月10日に東京都千代田区神田神保町の「らくごカフェ」で行われた「桂春蝶の勉強会 バタフライカフェ vol.4」[27]原由子と共に観客として訪れており、終了後には春蝶と共に食事に行っている[28]。また、落語を観に行ったことに関しては原が当時朝日新聞夕刊で連載していたコラム「あじわい夕日新聞」2012年11月2日掲載分の中で触れており、柳家花ん謝の一席、春蝶と花ん謝のトークショー、春蝶の二席といったその日の大まかな内容を記述し、春蝶に対して「二席ともよかったけれど」としつつ、二席目に演じた落語「一文笛」(3代目桂米朝作)に感動した旨を述べ、イベントに対して江戸落語と上方落語を両方同じ会場で見られる事を高く評価している[25]
  7. ^ 横浜アリーナが開館したのは1989年4月1日であった。
  8. ^ このライブから遡って27年前にあたる1985年9月28日 - 9月29日には『富士通スペシャル KAMAKURA TO SENEGAL SOUTHERN ALL STARS avec TOURÉ KUNDA』の西部ライオンズ球場公演が行われている。このライブの翌年から1988年まで桑田はKUWATA BANDやソロ活動を始めており、角田が桑田のソロライブを観覧するのは横浜アリーナ公演が初めてという事にもなる。

出典編集

  1. ^ 桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤(完全生産限定盤) オリコン 2017年1月18日閲覧
  2. ^ 桑田佳祐 LIVE TOUR & DOCUMENT FILM「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤(完全生産限定盤) オリコン 2017年1月18日閲覧
  3. ^ オリコン 2013年音楽&映像ランキング MUSIC DVD オリコン 2015年11月17日閲覧
  4. ^ 桑田佳祐、来年3月に新曲&全国ツアー映像作品同時リリースオリコンニュース
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『I LOVE YOU -now & forever- 完全本』ビクターエンタテインメント、2013年
  6. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』p294、新潮社、2012年
  7. ^ a b c d 桑田佳祐 - 涙をぶっとばせ!! youtube
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t DISK2 DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」より。
  9. ^ a b c d e 桑田佳祐 - LIVE TOUR & DOCUMENT FILM 「I LOVE YOU -now & forever-」完全盤(TRAILER)youtube
  10. ^ SWITCH Vol.31 No.8 Southern All Stars [僕らのサザン、みんなのサザン] p33より。
  11. ^ 葡萄』初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.24より。
  12. ^ サザンオールスターズ - ピースとハイライト 「SUPER SUMMER LIVE 2013 "灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!" 胸熱完全版」youtube
  13. ^ サザンDVD冊子に越前和紙使用 限定版「おいしい葡萄の旅ライブ」 福井新聞
  14. ^ profile 中村健太郎 nakamura kentaro | just transit now
  15. ^ a b 桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)2016年12月3日放送分より。
  16. ^ 『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)2018年1月6日放送分より。
  17. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』p326、新潮社、2012年
  18. ^ 桑田佳祐、5年ぶり全国ツアー“約束の地”仙台からスタート 音楽ナタリー
  19. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P193 朝日新聞出版、2013年
  20. ^ 桑田佳祐 @ 横浜アリーナRO69
  21. ^ サザンオールスターズ BIOGRAPHY 2012sas-fan.net
  22. ^ 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P194 - 195、朝日新聞出版、2013年
  23. ^ 百田尚樹 @hyakutanaoki 2012年12月14日10:25 のツイート
  24. ^ サザンオールスターズ23年ぶり映画主題歌!「永遠の0」にバラード「蛍」提供映画.com
  25. ^ a b 原由子『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』P186 - 187、朝日新聞出版、2013年
  26. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 桑田佳祐・I Love you~now and forever~ライブ 2012年12月13日ライブドアブログ
  27. ^ 2012年10月スケジュール : 落語カフェ らくごカフェ rakugocafe
  28. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 嘘みたいな話 2012年10月11日ライブドアブログ
  29. ^ 桂春蝶オフィシャルブログ 横浜アリーナにて 2012年12月28日ライブドアブログ
  30. ^ kakuta mitsuyo @Kakutamitsuyo 2012年12月28日のツイート
  31. ^ 文藝春秋 2018年10月号 P164 - 166より。
  32. ^ 週刊文春』2014年9月18日号でのインタビュー特集 p43
  33. ^ 【芸能】桑田佳祐さん「歌舞伎の世界、日本を見守ってください」 中村勘三郎さんを追悼 2012年12月9日 朝日新聞デジタル
  34. ^ 不肖の同級生・桑田佳祐に感謝の勘三郎「でも対談とかはいやなんです」2011年8月30日 スポニチアネックス
  35. ^ 涙ぐむ勘三郎「桑田くんが直筆の手紙をくれたんです」2011年8月30日 スポニチアネックス
  36. ^ 桑田、落胆…勘三郎さんへ熱唱捧げる2012年12月7日 テレビ朝日
  37. ^ TOKYO FM桑田佳祐のやさしい夜遊び」2012年10月27日放送分より。
  38. ^ 桑田佳祐、新CMで新曲「涙をぶっとばせ!!」公開オリコンニュース
[ヘルプ]


外部リンク編集