メインメニューを開く

梅野 隆太郎(うめの りゅうたろう、1991年6月17日 - )は、阪神タイガースに所属する福岡県那珂川市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。

梅野 隆太郎
阪神タイガース #44
2014T44.jpg
2014年5月18日、阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県那珂川市
生年月日 (1991-06-17) 1991年6月17日(28歳)
身長
体重
173 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト4位
初出場 2014年3月28日
年俸 5,000万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

愛称は「梅ちゃん」。2018年シーズンより阪神の第17代選手会長を務める[2]。捕手のシーズン補殺日本記録保持者(123補殺、2019年)。

経歴編集

プロ入り前編集

小学校2年時に、父がコーチを務める少年野球チーム「片縄ビクトリー」へ入団[3][4]。当初は外野手であったが、四年生から捕手に転向した。中学生時代は「那珂川シャークス」に所属[5]2005年2006年に春季ジャパンリーグで2年連続優勝を果たすなど、「4番・捕手」としてチームを数々の大会で優勝に導いた[6]

福岡工大城東高校へ特待生待遇で入学[4]。1年夏からベンチ入りし、2年夏まで外野手としてプレー。新チームとなった2年秋からは捕手へ復帰するとともに主将を務めた。在校中には公式戦通算24本塁打を記録した[7]。1学年上に笠原将生、1学年下に中谷将大がおり、中谷とはのちにプロでもチームメイトとなる[8][9]。高校3年秋の2009年NPBドラフト会議で指名される可能性もあったが、「下位指名でプロ野球に入れたとしても、身体もできていないし勝負できない」という理由で、地元の福岡大学への進学を決めた[3]

 
福岡大学時代(2013年6月11日、明治神宮野球場)

福岡大学への進学後は、1年春からリーグ戦に出場[10]。3年春からは主将を任され、チームを4季連続の全国大会出場へ導いた[3]。リーグ戦通算28本塁打、打率.338[11]。4年夏には第39回日米大学野球選手権大会の日本代表に選出、ここでも主将を務めた[12][13]。同学年に信楽晃史がいた[14]

2013年のNPBドラフト会議で、阪神タイガースから4巡目で指名。契約金4,000万円、年俸850万円(金額は推定)で入団した。背番号は44

ドラフト指名後に出場した明治神宮大会では[15]八戸学院大学との1回戦に「4番・捕手」として出場し[16]、ソロ本塁打を含む3安打を放ったものの、チームは敗退した[16][17]

プロ入り後編集

2014年、新人からは山本翔也とともに沖縄宜野座での一軍春季キャンプに参加[18]。その中でただ1人公式戦の開幕を一軍で迎えた[19]。開幕戦であった3月28日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)で、7回表に代打でプロ初出場。その裏の守備から試合終了までマスクをかぶる [20]と、3月30日の同カードでは代打でプロ初安打[21]、4月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では代打でプロ初本塁打を放った[22]。6月7日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、同期入団で同学年の岩崎優とバッテリーを組んで先発。阪神では2002年安藤優也 - 浅井良以来12年振りに、新人同士のバッテリーで一軍公式戦への出場を果たした[23]。再び岩崎とのバッテリーで臨んだ7月5日の対DeNA戦(横浜)では[24]、阪神の一軍公式戦では1983年御子柴進 - 木戸克彦以来31年振りの新人バッテリーによる勝利を達成[25]。終盤は鶴岡一成藤井彰人らベテラン捕手の起用を優先したチーム事情から出場機会が減少したものの[26]、シーズンを通じて一軍に帯同。最終的に、チーム捕手最多の92試合の出場で、打率.197、7本塁打、捕逸0という記録を残した。シーズン2位で迎えたポストシーズンでは、日本シリーズの第2戦(10月27日甲子園球場)に、阪神の新人捕手としては1985年嶋田宗彦以来のシリーズ出場を果たした[27]。さらに、シリーズ終了後の11月11日に甲子園球場で開催された「日本プロ野球80周年記念試合」では、阪神・巨人連合チームの捕手としてスタメン出場[28]。同月21日には、推定年俸1800万円(960万円増)で契約を更改した[29]

2015年3月27日の対中日戦(京セラドーム大阪)でプロ入り後初の開幕マスクを被ると[30]、13試合続けてスタメンマスクを任された。しかし、その間にチームが6連敗を喫したことや[31]、配球面での課題が露呈したことから、4月中旬以降は出場機会が減少。打撃面でも打率.239、2本塁打と低迷したため、5月24日に入団後初めて出場選手登録を抹消された[32]。その後も、2度にわたって一軍と二軍を往復。二軍調整中の5月31日には、中日とのウエスタン・リーグ公式戦で5番打者を任されると、3番・北條史也、4番・江越大賀とのクリーンアップによってチーム35年振りの同リーグ公式戦3者連続本塁打を達成した[33]。8月中旬から再び一軍に定着したが、鶴岡・藤井との併用策から脱し切れないままシーズンを終えた。3位で進出したクライマックスシリーズ(CS)では、2位・巨人との1stステージ(東京ドーム)の第1戦(10月10日)と第3戦(12日)に捕手として出場。スタメンに起用された第1戦では、適時打を含む3安打1打点を記録した[34](チームは同ステージ1勝2敗で敗退)。しかし、レギュラーシーズンの一軍公式戦で56試合出場、打率.239、4本塁打という成績にとどまったことから、11月20日には推定年俸1500万円(300万円減)で契約を更改している[35]

2016年オープン戦ではチーム唯一の本塁打を放った[36]。レギュラーシーズンでは、新任の一軍首脳陣が「捕手2人制」を採用したことを背景に、一軍公式戦の開幕から岡崎太一と交互にスタメンマスクへ起用。しかし、起用試合で攻守に精彩を欠いたことや、自身と同じ強打の捕手・原口文仁育成選手でありながら頭角を現したことから、原口の支配下復帰・一軍昇格(4月27日[37]以降は一軍と二軍を何度も往復することとなった。加えて、後半戦から新人ながら一軍での出場機会を得た坂本誠志郎の台頭もあって、最終的に自己最少37試合の出場に止まり、成績面でも打率.135、長打0本と不振を極めた。

2017年、坂本、原口らとの正捕手争いが予想された中、打力を買われた原口が春季キャンプ終了後から一塁手中心の起用へ移行した上、坂本の故障離脱もあってオープン戦から事実上の正捕手として起用された[38]。「8番・捕手」としてスタメンに起用された5月6日の対広島東洋カープ戦(甲子園)では、一時は最大9点ものリードを許す中で逆転打となる走者一掃の適時三塁打を放ち「9点差からの逆転勝利」という球団史上初の快挙達成に貢献した[39]。さらに、オールスターゲームのファン投票では、セ・リーグ捕手部門の得票数1位で初選出[40]7月14日の第1戦(ナゴヤドーム)で初出場ながらスタメンマスクを被ると、途中から出場した翌15日の第2戦(ZOZOマリンスタジアム)で初安打を記録した。しかし、チームでは坂本が一軍へ昇格した7月上旬を境に、坂本との併用策へ移行。打撃面の好調さを買われた坂本が正捕手格に定着した8月下旬以降は出場機会が減少した。最終打率は.206と伸び悩んだ一方で、自己最多の試合出場を果たしながらリーグ2位の盗塁阻止率.379を記録[41]。シーズン終了後の11月29日付で、27歳にして阪神選手会の副会長から第17代会長に昇格した[2][42]

2018年は、シーズンを通じて正捕手に定着。6月終了時点では打率.217と低迷していたものの、夏場から調子を上げ[43]、特に8月は23試合に出場して打率.338、4本塁打、10打点という好成績を残したことから月間MVPの候補にも挙げられた。シーズン終盤には5番や6番を任されることもあり[44][45]、最終的には自己最多の132試合に出場。打率.259、100安打、8本塁打、47打点、OPS.724など、ほとんどの打撃部門において自己最高の成績を残した。また、阪神の生え抜き捕手としては1995年関川浩一以来23年振りにセ・リーグの最終規定打席に到達。守備面では、リーグ2位の盗塁阻止率.320を記録したことなどを踏まえ、セ・リーグ捕手部門のゴールデングラブ賞に選ばれた。阪神の捕手では2010年城島健司以来、生え抜きの捕手では1985年の木戸以来3人目の受賞で[46]、最下位チームからの選出はリーグ史上初であった[47]。シーズン終了後の契約交渉では、推定年俸5,000万円(前年から2,400万円増)で契約を更改した[48]

2019年、正捕手として3年連続の開幕マスクを任された。4月2日の対巨人戦(東京ドーム)2回表の打席で内野安打を放った際に、巨人の一塁手・岡本和真との交錯により転倒し左足の薬指を骨折[49]。一時は登録抹消も検討されたものの、同5日の対広島戦(マツダ)でスタメンに復帰すると[50]9日の対DeNA戦(甲子園)ではシーズン1号本塁打を含むサイクル安打を達成した(詳細後述[51]。一時はリーグトップの打率を残すほど打撃好調で[52][53]オールスターゲームではファン投票・選手間投票の両方でセ・リーグ捕手部門に選出された[54][55]。選手間投票で阪神の捕手が選出されるのは史上初[55]。甲子園での第2戦(7月13日)に「7番・捕手」として先発出場すると、「6番・指名打者」で同じく先発出場していた原口との二者連続本塁打を記録した[56]。後半戦は打撃がやや低調となり[57]、加えて前半戦からの疲労蓄積を考慮されたことから坂本や原口にスタメンマスクを譲る機会が微増したものの[58][59][60][61]、シーズンを通して正捕手の立場を譲らず、8月17日の対巨人戦(東京ドーム)でシーズン10個目の盗塁を決め、球団の捕手では2009年狩野恵輔以来となるシーズン2桁盗塁を記録すると[62]、9月24日の対巨人戦(甲子園)でシーズン120補殺を記録して捕手のシーズン補殺の日本記録を樹立した(最終記録は123補殺)[63]。また、同日には自己最多を更新する9号本塁打を放った[63]。最終的には、129試合に出場し打率.266、115安打、9本塁打、59打点、14盗塁という成績を残しチームの2年振りCS進出に大きく貢献した他、2年連続2度目のゴールデングラブ賞を受賞。阪神の捕手の連続受賞は田淵幸一1973年1974年)以来45年ぶり2人目[64]。CSでも全7試合に先発出場し、特に1位・巨人とのファイナルステージではチームトップの打率.364を記録した他[65]、10月11日の第3戦(東京ドーム)で先制本塁打を放った[66]

選手としての特徴編集

二塁送球が平均で1.93秒を記録する強肩強打の捕手[67][68]。遠投115m[69]

守備編集

捕球技術への評価が高く[70][71][72]、投球を後ろに逸らさない「ブロッキング」について投手陣からの信頼も厚い[11][73][74][75][76][77][78]。ワンバウンドの投球に対しては、体で止めることよりミットで捕球することを心がけており、バックハンド(逆シングル)での捕球を多用する[79]。2014年には、捕手としての出場試合数が規定[注 1]に達した選手で唯一捕逸0でシーズンを終了した[80][81]セントラル・リーグにおけるシーズンの規定試合数を満たした捕手の捕逸0は、1979年水沼四郎(広島)以来35年振り[81]。加えて、高いフレーミング技術も備え[82]、特に左右のコースにおけるCSAA[注 2]が高い[83]

また、「梅ちゃんバズーカ」と称される強肩と正確な送球を持ち味とする[84][85]。プロ入り後数年間は盗塁阻止率が2割台にとどまるなど強肩を活かしきれていなかったが、正捕手に定着した2017年以降は、送球技術を向上させたことにより規定試合数を満たしながら阻止率3割台を記録している[41][86][87]

打撃編集

スイングスピードが速く、逆方向への打球が伸びるのが特徴[10]。捕手でありながら、アマチュア時代はキャリアを通じてチームの主軸を務めた強打者であった一方で、プロ入り後は打率が2割前後を推移するに留まるなど確実性を課題としている。その他、バントの技術に定評があり、正捕手に定着した2017年からは続けてリーグ上位の犠打数を記録している[88][89]

人物・エピソード編集

梅野が小学4年生の2001年、母が卵巣ガンのため34歳で永眠している[38]。父は、母が余命2か月の宣告を受けた後に残した「隆太郎をプロ野球選手にして下さい」という遺言どおりに[3][4]、内装業を営みながら男手一つで梅野と弟を育て上げた[4]。このエピソードは、2013年のドラフト会議当日(10月24日)にTBS系列で放送された『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』(TBS制作)で、梅野父子への取材映像などを通じて紹介された。梅野が阪神から指名されたのは、当番組の生中継に出演している最中のことであった。ちなみに、阪神でプロ初安打を放った際の記念球は、母の墓前に供えられた[21]。梅野自身が2017年に同郷(福岡県出身)で2歳年上の女性と結婚した際には、母の誕生日に当たる3月21日に婚姻届を提出している[38]

2014年には、前述した新人記録に加えて、本塁打に関する阪神の新人記録を次々と達成[注 3]。阪神球団では6月20日から、下位指名の新人選手では異例のプロジェクトとして、梅野のプロデュースによる公式グッズを発売した[93]。梅野と同様に、かつて大卒捕手として新人時代から活躍した田淵からは、「(田淵の現役時代の背番号である)22番を付けられるように頑張れ」というエールを送られている[94]

高校・大学・大学日本代表で主将を務めるなどキャプテンシーを高く評価されており[3]、阪神でも入団5年目で選手会長に就任した[2]。5年目での就任はチームの選手会史上最速で、捕手としては山田勝彦に続いて歴代2人目。27歳での就任は、第3代会長の掛布雅之と並んで歴代最年少である[42]

シンガーソングライターBigfumiとは大学時代の先輩後輩という間柄で(梅野が1学年上)、在学中から親交があることから、2017年シーズンよりBigfumiの楽曲「Life」を登場曲に使用している[95]。また、同曲が収録されたBigfumiのインディーズデビューシングル「Trust/Life」(2018年)では、同じくBigfumiの楽曲を使用している中谷とともに球団史上初めて撮り下ろし写真がCDのジャケット写真に使用された[96]

2019年4月9日の対DeNA戦(甲子園)で、三塁打(第1打席)→単打(第2打席)→本塁打(第4打席)→二塁打(第5打席)の順に安打を放ったことによって、自身初のサイクル安打を達成した[97]。NPB史上69人目、捕手としての出場選手では4人目[注 4]、阪神の選手では6人目の達成[98]。これ以降翌月1日の改元平成令和)までにサイクル安打が記録されなかったため、梅野は「平成最後のサイクル安打達成者」となった。また、この背景には前述の左足薬指骨折に加えて、公式記録としては珍しい以下のプレーも重なっていた。

  • 2回裏二死一・二塁での第1打席に放った適時2点三塁打は、本来は内野手である右翼手のネフタリ・ソトが飛球の落下点を見誤ったことに起因していた。そのため、公式記録では当初「ソトの失策」と扱われたものの、試合中に三塁打へ訂正された[97]
  • 8回裏二死一・二塁で迎えた第5打席では、二塁打を放てばサイクル安打を達成する局面にもかかわらず、右中間に大飛球を放った勢いで二塁を回った。しかし、三塁へ到達する寸前に一塁走者のエフレン・ナバーロが本塁で憤死したため、公式記録では梅野の一打が「二塁打」として扱われた。梅野自身はその直後に表彰されるまでサイクル安打の達成を知らなかったとのことで、試合後に受けたヒーローインタビューでは、「まさか自分がサイクル安打を達成するとは思わなかった。(達成できたのは)ナバーロのおかげかな」というコメントで場内を沸かせた[99]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 阪神 92 265 249 23 49 13 2 7 87 21 0 1 2 2 10 0 2 78 7 .197 .232 .349 .581
2015 56 149 138 16 33 9 1 4 56 18 0 2 4 0 6 0 1 33 2 .239 .276 .406 .682
2016 37 98 89 3 12 0 0 0 12 4 1 0 3 0 6 1 0 22 4 .135 .189 .135 .324
2017 112 340 282 22 58 9 2 2 77 33 1 0 27 3 24 2 4 63 3 .206 .275 .273 .548
2018 132 455 386 45 100 27 1 8 153 47 5 1 28 1 39 3 1 67 6 .259 .328 .396 .724
2019 129 492 433 49 115 22 3 9 170 59 14 3 16 3 34 4 6 83 16 .266 .326 .393 .718
NPB:6年 558 1799 1577 158 367 80 9 30 555 182 21 7 80 9 119 10 14 346 38 .233 .291 .352 .643
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手






















2014 阪神 86 550 49 3 4 0 .995 57 42 15 .263
2015 55 263 24 4 5 3 .986 24 18 6 .250
2016 35 231 17 3 1 1 .988 30 23 7 .233
2017 112 779 79 5 7 4 .994 66 41 25 .379
2018 132 986 104 4 8 5 .996 75 51 24 .320
2019 129 948 123 5 22 6 .995 73 46 27 .370
通算 549 3757 396 24 47 19 .994 325 221 104 .320
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高

表彰編集

記録編集

初記録
その他記録

背番号編集

  • 44 (2014年 - )

登場曲編集

代表歴編集

関連情報編集

出演編集

CM

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 捕手はチームの試合数の2分の1。
  2. ^ Called Strikes Above Average:平均的な捕手に比してフレーミングで増やしたストライク数。
  3. ^ 7月1日の対ヤクルト戦(倉敷マスカットスタジアム)では、プロ入り後初の2打席連続本塁打を記録。阪神の新人選手による1試合2本塁打は1980年岡田彰布、2打席連続本塁打は田淵以来の記録であった[90]。同月8日の対広島戦(甲子園)では、2004年鳥谷敬以来10年振りに、阪神の新人選手として同球場での一軍公式戦で本塁打を記録[91]。同月11日の対巨人戦(東京ドーム)では、2001年沖原佳典以来13年振りに、阪神の新人選手として同カードで本塁打を放った[92]
  4. ^ 1950年門前真佐人(大洋)、1989年田村藤夫(日本ハム)、2004年細川亨(西武)に続く4人目。「捕手登録の選手」とした場合は1968年和田博実(西鉄)と1980年大宮龍男(日本ハム)も該当するが、両者とも達成した試合においては捕手以外のポジションで出場していた(和田は一塁手、大宮は指名打者)。

出典編集

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年12月18日閲覧。
  2. ^ a b c 阪神梅野が17代選手会長に!18年はフル稼働だ 日刊スポーツ 2017年11月24日
  3. ^ a b c d e “プロ野球ドラフト会議に臨む梅野隆太郎選手が心境を語る”. 福岡大学. (2013年10月21日). http://www.fukuoka-u.ac.jp/news/13/10/21123919.html 2014年1月26日閲覧。 
  4. ^ a b c d “阪神ドラ4梅野隆太郎を“男手一つ”で育てた父親の奮闘”. 日刊ゲンダイDIGITAL. (2013年11月27日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/146234 2015年12月1日閲覧。 
  5. ^ “祝 阪神タイガース入団おめでとう 第19期卒団生 梅野隆太郎先輩”. 那珂川シャークス. http://www.geocities.jp/jl02ns/ 2014年1月26日閲覧。 
  6. ^ “那珂川シャークス チームプロフィール”. 那珂川シャークス. http://www.geocities.jp/jl02ns/04profile.html 2014年1月26日閲覧。 
  7. ^ “阪神・梅野「はい上がる」不本意4位指名に奮起/ドラフト”. サンケイスポーツ. (2013年10月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131025/tig13102505020010-n2.html 2014年1月26日閲覧。 
  8. ^ “2位浮上の原動力! 「ルーキー・キャッチャー」梅野隆太郎(阪神)”. BASEBALL KING (サンケイスポーツ). (2014年7月22日). https://baseballking.jp/ns/4707 2019年12月2日閲覧。 
  9. ^ “阪神ドラフト4位・梅野、中谷“監視トレ”で激震200スイング!”. サンケイスポーツ. (2014年1月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140104/tig14010405020004-n1.html 2014年1月26日閲覧。 
  10. ^ a b “2013年ドラフト 梅野 隆太郎”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2013/draft/profile/umeno-ryuutarou.html 2013年11月1日閲覧。 
  11. ^ a b 打てる捕手にこだわる阪神・梅野隆太郎。原点回帰+狙い球で打棒復活 web Sportiva 2019年7月31日
  12. ^ “ドラフト4位梅野は聖地にワクワク「楽しみ」”. デイリースポーツ. (2013年10月25日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/10/25/0006445435.shtml 2013年11月1日閲覧。 
  13. ^ “福岡大の梅野捕手が主将に 日米大学選手権メンバー決定”. 朝日新聞. (2013年6月27日). http://www.asahi.com/sports/update/0623/TKY201306230109.html 2013年11月1日閲覧。 
  14. ^ “2015年ドラフト 信楽 晃史”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2015/draft/profile/shigaraki-akifumi.html 2015年10月30日閲覧。 
  15. ^ “福岡大が2年連続神宮切符/大学野球”. 日刊スポーツ. (2013年11月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20131108-1215604.html 2013年11月8日閲覧。 
  16. ^ a b “意地の一発締め!虎ドラフト4位梅野「打てる捕手目指す」/神宮大会”. サンケイスポーツ. (2013年11月17日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20131117/unv13111705100001-n1.html 2013年12月9日閲覧。 
  17. ^ “福大初戦敗退、梅野は最終打席弾 明治神宮野球”. 西日本新聞. (2013年11月17日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/local_baseball/article/52844 2013年12月9日閲覧。 
  18. ^ 阪神ルーキー 梅野、山本が1軍キャンプメンバーに Sponichi Annex 2014年1月24日
  19. ^ “阪神ドラフト4位の梅野が開幕1軍「いいイメージを持って」”. サンケイスポーツ. (2014年3月25日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140325/tig14032519530015-n1.html 2014年7月27日閲覧。 
  20. ^ a b c “阪神・梅野、田淵以来の新人捕手開幕戦出場「幸せなこと」”. サンケイスポーツ. (2014年3月29日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140329/tig14032904000012-n1.html 2014年3月29日閲覧。 
  21. ^ a b c d “阪神 ドラフト4位梅野がプロ初安打 記念球は亡き母親の墓前に”. スポーツニッポン. (2014年3月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/30/kiji/K20140330007880150.html 2014年3月30日閲覧。 
  22. ^ a b “De連敗4で止まる バル4打点”. デイリースポーツ. (2014年4月27日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/04/27/1p_0006907324.shtml 2014年4月27日閲覧。 
  23. ^ “阪神12年ぶり岩崎-梅野の新人バッテリー”. 日刊スポーツ. (2014年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140507-1297448.html 2014年5月7日閲覧。 
  24. ^ “岩崎プロ最多131球熱投!「ホームだけは踏ませないと」”. スポーツニッポン. (2014年7月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/07/05/kiji/K20140705008509870.html 2014年7月5日閲覧。 
  25. ^ “和田監督「俺入る前」新人バッテリー勝利”. 日刊スポーツ. (2014年7月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140705-1329434.html 2014年7月6日閲覧。 
  26. ^ “歓喜の陰で…梅野&伊藤隼CSの“雪辱”へ汗 Fリーグでアピールへ”. スポーツニッポン. (2014年10月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/21/kiji/K20141021009140890.html 2014年11月1日閲覧。 
  27. ^ “阪神ルーキー梅野、ポストシーズン初出場で刺した”. 日刊スポーツ. (2014年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141027-1387943.html 2014年11月1日閲覧。 
  28. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 日本プロ野球80周年記念試合 打席結果・投打記録
  29. ^ “阪神・梅野が契約更改 倍増1800万円に「すごく高い評価」”. 産経新聞. (2014年11月21日). http://www.sankei.com/west/news/141121/wst1411210065-n1.html 2014年11月22日閲覧。 
  30. ^ 小林、梅野が出直し 捕手の育成は難しい? BASEBALL KING 2015年5月24日
  31. ^ “6連敗中の阪神 オーダーをガラリと変える”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1460485.html 2015年10月11日閲覧。 
  32. ^ “阪神梅野プロ初2軍 正捕手育成プラン頓挫”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1482143.html 2015年10月11日閲覧。 
  33. ^ 阪神ファーム公式戦では35年ぶりの3者連続ホームラン!Yahoo!ニュース『岡本育子』の新・小虎日記 2015年6月1日配信
  34. ^ “阪神梅野が適時打 西岡の助言感謝「力が抜けた」”. 日刊スポーツ. (2015年4月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1550878.html 2015年10月10日閲覧。 
  35. ^ “阪神梅野300万↓「くやしさをプレーにぶつける」”. 日刊スポーツ. (2015年11月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1568720.html 2015年11月23日閲覧。 
  36. ^ “阪神・梅野がOP戦チーム初本塁打”. デイリースポーツ. (2016年3月20日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2016/03/21/0008913157.shtml 
  37. ^ “阪神が原口を登録、梅野を抹消”. 日刊スポーツ. (2016年4月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1638322.html 2016年6月4日閲覧。 
  38. ^ a b c 阪神・梅野が結婚 福岡出身年上女性と、21日婚姻届提出スポーツニッポン 2017年3月21日閲覧。
  39. ^ “阪神梅野「今日もやりました!」“恐怖の8番”だ”. 日刊スポーツ. (2017年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1819535.html 2017年5月9日閲覧。 
  40. ^ “マイナビオールスターゲーム2017 ファン投票結果”. 日本野球機構. (2017年6月26日). http://npb.jp/allstar/2017/ballotresult.html 2017年6月26日閲覧。 
  41. ^ a b 盗塁阻止率セ2位、梅野飛躍的上昇の要因 デイリースポーツ 2017年10月23日
  42. ^ a b “来季の選手会役員について”. 阪神タイガース. (2017年11月29日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_5308.html 2017年11月29日閲覧。 
  43. ^ 追撃3ランと気迫のヘッドスライディングを生んだもの<前編> 阪神タイガース公式サイト 虎魂 2018年11月10日閲覧
  44. ^ 阪神・梅野、初6番でマルチ SANSPO.COM 2018年9月28日
  45. ^ 阪神梅野、初5番も無音 三振にバットたたきつけた 日刊スポーツ 2018年10月6日
  46. ^ “阪神梅野「監督に感謝」85年以来生え抜き捕手受賞”. 日刊スポーツ. (2018年11月8日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811080000892.html 2018年11月8日閲覧。 
  47. ^ “梅野セ界初!最下位から捕手GG賞 虎10年城島…生え抜き85年木戸以来”. デイリースポーツ. (2018年11月9日). https://www.daily.co.jp/tigers/2018/11/09/0011803733.shtml 2018年11月9日閲覧。 
  48. ^ 梅野が年俸5000万円で更改「『やってやろう』という気持ち」 デイリースポーツ online 2018年12月18日
  49. ^ 阪神・梅野、骨折の疑い グラウンドに姿を見せず SANSPO.COM 2019年4月3日
  50. ^ “阪神 手負いの梅野が1軍再合流 左足薬指骨折も「やるしかない」”. スポーツニッポン. (2019年4月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/05/kiji/20190405s00001173240000c.html 2019年4月6日閲覧。 
  51. ^ 阪神、八回に一挙6点で大逆転 梅野がサイクル安打!! SANSPO.COM 2019年4月9日
  52. ^ 阪神梅野4度目猛打賞で首位打者キープ、攻守で貢献 日刊スポーツ 2019年4月23日
  53. ^ 矢野阪神 広島に3連勝へ梅野が3試合ぶりに6番復帰 Sponichi Annex 2019年7月7日
  54. ^ 阪神梅野2年ぶり球宴「梅ちゃんバズーカ」発動誓う 日刊スポーツ 2019年6月24日
  55. ^ a b 梅野、阪神捕手では初の選手間投票でも選出/球宴 SANSPO.COM 2019年6月27日
  56. ^ 球宴第2戦は虎祭り!近本新人初の先頭アーチから原口、梅野が連続アーチ 甲子園熱狂 デイリースポーツ 2019年7月13日
  57. ^ 阪神Aクラスへ浮沈のカギは梅野、ここで踏ん張れ - 虎だ虎だ虎になれ! - 野球コラム 日刊スポーツ 2019年8月26日
  58. ^ 阪神梅野リフレッシュ休暇、矢野監督「疲れもある」 日刊スポーツ 2019年7月5日
  59. ^ 阪神 梅野がスタメン外れる 坂本が今季3度目の先発マスク 2位・広島との3連戦 Sponichi Annex 2019年7月5日
  60. ^ 虎の正妻争い?坂本2試合連続スタメンマスクも精彩欠く BBNews 2019年7月27日
  61. ^ 阪神・原口「6番・捕手」で2試合連続スタメン SANSPO.COM 2019年8月9日
  62. ^ 梅野2桁盗塁、阪神捕手で09年狩野以来10年ぶり 日刊スポーツ 2019年8月17日
  63. ^ a b 執念G倒3連勝!阪神・梅野、自己最多9号&日本新120補殺 SANSPO.COM 2019年9月25日
  64. ^ 阪神・西 球団投手初のゴールデン・グラブ賞!梅野は田淵以来の2年連続 Sponichi Annex 2019年10月31日
  65. ^ 2019年度 阪神タイガース個人打撃成績(クライマックスシリーズ <ファイナルステージ> ) NPB日本野球機構
  66. ^ 阪神梅野ソロ「やぎのためにも」ファイナル初の先制 日刊スポーツ 2019年10月11日
  67. ^ ベースボール・マガジン社週刊ベースボール』2013年11月11日号「2013ドラフト総決算号」、JANコード 4910204421135
  68. ^ https://www.sportingnews.com/jp/プロ野球/news/ソフトバンク甲斐と巨人小林盗塁阻止率でトップに立つ2人の武器/9ml4of30b1w91smmysizjklx1
  69. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140108-1241201.html
  70. ^ 藤浪登板日には入念な準備、女房役梅野の逆シングル 日刊スポーツ 2018年4月3日
  71. ^ 絶対後ろにそらさない!阪神・梅野、スーパーセーブ連発誓った SANSPO.COM 2018年4月24日
  72. ^ いまや外せない“守備の要”梅野 球団幹部「順調にいけば正捕手は決まり」 zakzak 2017年6月5日
  73. ^ スポーツニッポン 2019年4月23日付紙面 3面
  74. ^ 梅ちゃんウォール発動!1点リード守り切って連敗ストップ「腹を括るしかなかった」 Sponichi Annex 2019年7月3日
  75. ^ 阪神・梅野が達成した地味に凄い日本新記録「120補殺」の価値 SPAIA 2019年10月3日
  76. ^ 阪神・西 梅野とラブラブなワケは? テレビ収録で決意「巨人に勝つ!」 Sponichi Annex 2019年11月28日
  77. ^ 【阪神】梅野が2年連続のゴールデン・グラブ賞 捕手としてNPB新記録の123補殺「続けて獲ることが目標だった」 スポーツ報知 2019年11月28日
  78. ^ 阪神・梅野 流出危機のジョンソンに残留エール 東スポweb 2019年11月29日
  79. ^ 阪神・梅野が明かす「ブロッキング」の極意 重視するのは「ミットの角度」 Sponichi Annex 2019年4月23日
  80. ^ 2014年度 セントラル・リーグ 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月16日閲覧。
  81. ^ a b “梅ちゃん挑む!セ界初2年連続捕逸ゼロ”. デイリースポーツ. (2014年12月16日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/12/16/0007586773.shtml 2014年12月16日閲覧。 
  82. ^ NPB捕手のフレーミング能力に迫る Baseball Gate 2017年8月18日
  83. ^ 野手の守備力をデータから分析し評価する[1.02 FIELDING AWARDS 2018]捕手部門 1.02 - Essence of Baseball DELTA Inc. 2018年11月29日
  84. ^ 阪神梅野、甲斐から刺激 バズーカにキャノン追加だ 日刊スポーツ 2018年11月5日
  85. ^ さすがセNo.1強肩や!阪神・梅ちゃん、バズーカ2発で金子侑&外崎の盗塁阻止 SANSPO.COM 2017年6月15日
  86. ^ 阪神・梅野が初のゴールデングラブ賞、城島以来の8年ぶり SANSPO.COM 2018年11月8日
  87. ^ サイクル梅野は守でも存在感、体の移し◎/梨田昌孝 - 評論家コラム 日刊スポーツ 2019年4月10日
  88. ^ 阪神梅野、実は“バントの鬼”「小技を一発即答」 日刊スポーツ 2017年11月14日
  89. ^ 2018年度 セントラル・リーグ 【犠打】 リーダーズ(打撃部門) 日本野球機構 2019年4月24日閲覧
  90. ^ 阪神梅野2打席連続弾 新人で田淵以来 nikkansports.com 2016年11月12日閲覧。
  91. ^ 阪神 梅野 鳥谷以来10年ぶりの快挙「歴史を変える選手に」 Sponichi Annex 2016年11月12日閲覧。
  92. ^ 阪神梅野、巨人戦1号 初先発で先輩撃ち nikkansports.com 2016年11月12日閲覧。
  93. ^ “今や虎の正妻!ドラフト4位・梅野、グッズでもレギュラー獲ったァ”. サンケイスポーツ. (2014年6月20日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140620/tig14062005030012-n1.html 2014年7月27日閲覧。 
  94. ^ “田淵氏「22番を…」阪神梅野を後継者指名”. 日刊スポーツ. (2014年7月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140722-1338659.html 2014年7月27日閲覧。 
  95. ^ 阪神・梅野に後輩レスラーの闘魂注入 登場曲は「Life」 Sponichi Annex 2017年4月4日
  96. ^ 梅野&中谷 ジャケ写デビュー 虎史上初!撮り下ろし 2人の登場曲CD 11日発売 デイリースポーツ online 2018円7月11日
  97. ^ a b 阪神梅野が69人目サイクル安打、骨折なんの離れ業 日刊スポーツ 2019年4月9日
  98. ^ 阪神梅野のサイクル安打は捕手としてわずか4例目の快挙 過去の達成者は… Full-count 2019年4月10日
  99. ^ 梅野「ナバーロのおかげ」虎党大爆笑 まさかのサイクル安打…珍事が重なり デイリースポーツ 2019年4月9日
  100. ^ a b “阪神 梅野 田淵以来45年ぶり虎新人捕手開幕デビュー”. スポーツニッポン. (2014年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/29/kiji/K20140329007867490.html 2014年3月29日閲覧。 
  101. ^ “阪神・D4梅野がプロ入り初安打 記念球もゲット!”. サンケイスポーツ. (2014年3月30日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140330/tig14033016400017-n1.html 2014年3月30日閲覧。 
  102. ^ “梅野プロ初スタメン「勝ててよかった」”. 日刊スポーツ. (2014年4月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140421-1288671.html 2014年4月21日閲覧。 
  103. ^ “阪神・D4梅野、プロ1号&初打点!虎3人目の新人捕手弾”. サンケイスポーツ. (2014年4月28日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140428/tig14042805030012-n4.html 2014年5月5日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集