メインメニューを開く

橋元 恵一(はしもと けいいち、1967年4月23日 - )は、日本音楽プロデューサー、ライブプロデューサー、クリエイティブプロデューサー、番組スーパーバイザー、「@JAM」総合プロデューサー、音楽レーベル「MUSIC@NOTE」プロデューサー。東京都板橋区出身。日本大学法学部卒業。

橋元 恵一
生誕 (1967-04-23) 1967年4月23日(52歳)
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
学歴 日本大学法学部卒業
職業 音楽プロデューサー
ライブプロデューサー
クリエイティブプロデューサー
スーパーバイザー
活動期間 1993年 -
事務所 ソニーミュージックグループ

略歴編集

来歴編集

中高生のときは大手芸能事務所に所属し、タレントを目指していた。大学卒業後、アップルの代理店へ[2]。ここでMacintoshのインストラクターのような仕事をしているうちに多くのグラフィックデザイナーと縁が繋がり、1993年、ソニー・ミュージックコミュニケーションズに入社[1]ビーインググループやトイズファクトリーなど、メーカー販促業務をサポートするようになる。ZARD揺れる想い」が最初の仕事となり、以降、B'z大黒摩季My Little LoverSPEEDなどを担当した[1][2]。1998年以降はアーティストのクリエイティブプロデューサーとして、絢香やケツメイシなどのジャケット制作やミュージックビデオ制作をはじめ、スタイリストやヘアメイクの手配など、デザイン関係全般の業務を担当していた。

2010年2月、ソニー・ミュージックエンタテインメントに新設されたライブエンターテインメント事業部へ異動。初めてライブ運営に携わるようになる[2]。同年11月、年間5万人を動員するカルチャーフェス『@JAM』の前身となる、アニソンやアイドルなどが融合する『ヲタJAM』を開催[3]。2013年5月には、初の海外でのイベントとなる『Kawaii POP Fest. 2013 supported by @JAM』を香港で展開。

大規模アイドルイベントである『TOKYO IDOL FESTIVAL』が2013年夏時点で「来年の開催が未定」と聞き、翌2014年、その受け皿となるような大規模アイドルフェス『@JAM EXPO』を開催[4]横浜アリーナに出演者120組以上、入場者数1万人以上を集め、『TOKYO IDOL FESTIVAL』に肩を並べる規模のアイドルフェスとなった。

2017年、テレビ東京の新番組『東京アイドル戦線』がスタートし、スーパーバイザーを担当。2018年、タワーレコードと@JAMが共同運営するアイドル・アニソン・ポップカルチャーレーベル「MUSIC@NOTE」を設立。レーベルプロデューサーを担当[5]。2019年、『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』10周年企画のレコメンダーとして選出された[6]。また、日テレプラスの新番組『@JAM TV』がスタートし、企画・監修を担当している。

人物編集

  • 海とサーフィンを愛する。自身のフェイスブックTwitterでは頻繁に早朝の波乗りの写真が出てくる。出社前に波の音を聴くとリラックスするという[2]
  • 10代のときはマイケルジャクソン尾崎豊などを聴いていた。特にマイケルジャクソンジャクソンズはタレント時代のダンスレッスンの際によく使われており聴き馴染んでいた。
  • ケツメイシは約10年担当。デビューから2010年までの全作品を手掛けた。アルバム「ケツのポリス」はメンバーの持っていた沖縄での写真を使ったという。そこから首里城で撮った写真がアルバムの定番になったという。
  • @JAM』スタート当初は集客できずに赤字の連続だったが、2018年開催『@JAM EXPO 2018』のパートナーに日本テレビレコチョクが入り、初の黒字となった。イベントではアイドルのセカンドキャリアを考えており、『@JAM EXPO 2017』には解散したグループを一日限り復活させる「Expo Dream Stage」を用意した[7]。『@JAM EXPO 2019』には前年解散したベイビーレイズJAPAN高見奈央と、PASSPO☆の森詩織を総合司会に抜擢した。また、アイドルになりたい子供達などのアイドル予備軍を応援したいため、小学生以下は入場無料にしている[8][9]

担当したアーティスト編集

アーティストのクリエイティブプロデュース、ライブプロデュース、スーパーバイザー、プロデューサー等

  • ユフ♫マリ(2014年@JAMナビゲーター)
  • 妟美蘭(2015年@JAMナビゲーター)
  • NAH(2016年@JAMナビゲーター)
  • サクラノユメ。(2017年@JAMナビゲーター)
  • MEY(2018年@JAMナビゲーター)
  • R2K(2019年@JAMナビゲーター)
  • @JAM ALLSTARS(2014年 - 2019年)[12][13][14][15][16][17]

※あいうえお順

担当番組編集

  • @JAM応援宣言!! 萌えろ@エンジェルちゃん(2014年7月28日 - 10月13日、SHOWROOM) - 出演
  • @JAM応援宣言!「@JAM THE WORLD」(2014年10月27日 - 、SHOWROOM) - 出演
  • 東京アイドル戦線(2017年7月6日 - 2018年3月29日、TX) - スーパーバイザー
  • 超!アイドル戦線 〜Men'sSide&Girl'sSide〜(2018年4月5日 - 2019年3月28日、TOKYO MX) - スーパーバイザー
  • @JAM TV powered by LIVE DAM STADIUM(2019年7月21日 - 、日テレプラス) - 企画・監修[18]

出演編集

イベント編集

  • ソニアカフェス2015(2015年10月3日、SME乃木坂ビル) - 講師として出演[19]
  • INNOVATION WORLD FESTA 2016 Supported by CHINTAI(2016年5月14日、筑波大学) - 「ライブアイドルの今とこれから」イノベーターとして出演[20]
  • TOKYO IDOL FESTIVAL(2016年8月5日、2017年8月4日、2018年8月3日、2019年8月2日、フジテレビ湾岸スタジオ) - 「TOKYO IDOL PROJECT × @JAM トークショー」に@JAMプロデューサーとして出演[21][22][23][24]
  • TOKYO IDOL PROJECT × @JAM ニューイヤープレミアムパーティー(2017年1月2日・3日、2018年1月2日・3日、2019年1月2日・3日、フジテレビ本社屋) - Party StageのMCとして出演[25][26][27]
  • INNOVATION WORLD FESTA 2017 Supported by CHINTAI(2017年6月3日、つくばカピオ) - 「SNS時代のアイドルビジネス最前線! & わーすたトークセッション」イノベーターとして出演[28]
  • 日経エンタテインメント!20周年特別企画「エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA」(2017年7月6日、渋谷ヒカリエ) - 「セッション 激変する音楽業界の最新事情」講師として出演[29]
  • アイドルLOUNGE〜2018夏、アイドルシーンの広がりを考える〜(2018年8月7日、秋葉原ガジェット通信)- @JAMプロデューサーとして出演[30]
  • 吉川友スペシャルライブ 〜YOU達、来ちゃいなよ!〜(2019年5月4日、初台DOORS) - ゲスト出演[31]

ラジオ編集

関連書籍編集

  • 日経エンタテインメント!(2014年8月号・2015年8月号・2016年8月号・2017年8月号・2017年9月号・2019年1月号、日経BP[33]
  • ROUND UP!! @JAM EXPO 2014(2014年10月31日、ブックリスタ、電子書籍)
  • アイドル最前線2015(2015年2月16日、洋泉社
  • DI:GA(2015年8月号、ディスクガレージ[34]
  • ROUND UP!! @JAM EXPO 2015(2015年11月、ブックリスタ)

ウェブ編集

  • 日経トレンディネット
    • (2013年11月8日) - アイドルライブをアジアで拡大、Zeppライブエンタテインメントの狙い[35]
    • (2014年12月22日) - 次のアイドルはネット発!ZeppとDeNAが新人発掘でタッグを組んだワケ[36]
    • (2016年12月8日) - アイドルの稼ぎ方 物販と特典会で支えるライブ[37]
    • (2017年8月3日) - 目玉はコラボと復活 ヒットを作るアイドルの夏フェス〜アイドルフェス@JAM総合Pに聞く[38]
    • (2018年8月22日) - アイドルフェスがTV局とコラボで「都市型」目指す[39]
  • Real Sound
    • (2015年5月29日) - 『CHEERZ』&『@JAM』両プロデューサーが語る、アイドルシーン拡大策「K-POPがアジア中を席巻したような現象を起こしたい[40]
    • (2016年11月25日) - "アイドルフェス"ビジネスの拡大が生んだ成果と課題ーー『TIF』『@JAM』のキーマンが考える[41]
  • dot.(2015年8月7日) - 「@JAM」総合プロデューサー、橋元恵一さんインタビュー[42]
  • ロピロピ(2017年2月23日) - 一億人に響く神曲とシーンをガールズアイドル業界著名人35名が分析[43]
  • 日経MJ(2017年8月22日) - 2大女子アイドルフェスが新機軸 スター発掘に注力[44]
  • mysoundマガジン(2017年10月13日) - Behind the scenes 〜「@JAM」総合プロデューサー・橋元恵一のクリエイティブ×ライブ〜[2]
  • DIAMOND online(2018年8月24日) - アイドルフェス「@JAM」プロデューサー橋元氏はAndroid二刀流![45]
  • レコログ(2019年7月29日) - 橋元恵一総合プロデューサーと親善大使・古川未鈴(でんぱ組.inc)が@JAM EXPO 2019を語る[8]

脚注編集

  1. ^ a b c GirlsNow! 第45回「@JAM」総合プロデューサー、橋元恵一さんインタビュー パート3「『ヲタJAM』から数えて5周年。アニソンとアイドルを分けたことで、今に至る「@JAM」の路線が決定しました」”. dot.ドット. 朝日新聞出版 (2015年9月16日). 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Behind the scenes Behind the scenes 〜「@JAM」総合プロデューサー・橋元恵一のクリエイティブ×ライブ〜【Behind the scenes】”. ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス (2017年10月13日). 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ 『@JAM EXPO 2015』開催記念対談『CHEERZ』&『@JAM』両プロデューサーが語る、アイドルシーン拡大策「K-POPがアジア中を席巻したような現象を起こしたい」”. Real Sound. blueprint (2015年5月29日). 2015年7月1日閲覧。
  4. ^ いよいよ明日開催”. @JAM EXPO 2014. @JAM (2014年8月30日). 2019年10月11日閲覧。
  5. ^ タワレコ & @JAM、共同で新アイドルレーベル「MUSIC@NOTE」設立!.タワーレコード (2018年7月31日). 2019年10月15日閲覧。
  6. ^ 10周年を迎えアニバーサリーイヤーとなる『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(TIF2019)』TIF出演に繋がる <TIFへの扉>企画《アザーレコメンド》が始動.PR TIMES (2019年5月10日). 2019年10月15日閲覧。
  7. ^ 「@JAM EXPO」でParty Rockets、GALETTeが一夜限りの復活ライブ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年7月17日). 2015年7月1日閲覧。
  8. ^ a b 真夏のアイドル大博覧会「@JAM EXPO 2019」を橋元恵一総合プロデューサーと親善大使・古川未鈴(でんぱ組.inc)が語る!”. レコログ. レコチョク (2019年7月29日). 2019年10月15日閲覧。
  9. ^ 「@JAM」橋元恵一総合プロデューサー×TPDリーダー・高嶋菜七対談! TPDの魅力と"今後"への期待”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2019年8月28日). 2019年10月15日閲覧。
  10. ^ 5人組アイドル・Jewel☆Cielデビュー、ArcJewel × 「@JAM」橋元恵一氏がタッグ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2018年8月7日). 2019年10月15日閲覧。
  11. ^ 転校少女*「新メンバーオーディション令和元年」で転校生&新入生を募集”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年5月13日). 2019年10月15日閲覧。
  12. ^ 「@JAM EXPO 2014」開催にあたり、このイベントの出演グループの中から選抜メンバーを集め、@JAM ALLSTARS 2014という限定ユニットが結成.音楽ナタリー (2014年7月9日). 2019年10月15日閲覧。
  13. ^ 「@JAM EXPO 2015」をさらに盛り上げるため、昨年同様出演グループの中から選抜メンバーを集めた@JAM ALLSTARS 2015が結成.音楽ナタリー (2015年7月9日). 2019年10月15日閲覧。
  14. ^ スペシャルユニット・@JAM ALLSTARSをインタビュー.音楽ナタリー (2016年7月9日). 2019年10月15日閲覧。
  15. ^ @JAM ALLSTARS 2017 アーティスト写真・ジャケット写真・MV公開のお知らせ.@JAM EXPO 2017 (2017年7月25日). 2019年10月15日閲覧。
  16. ^ 今年の@JAM ALLSTARSに春夏秋冬MAINA、でんぱ組.inc根本、Task熊澤ら.音楽ナタリー (2018年7月9日). 2019年10月15日閲覧。
  17. ^ 今年の@JAM ALLSTARSは成瀬瑛美ら"クセの強い"個性派メンバー5人.音楽ナタリー (2019年7月4日). 2019年10月15日閲覧。
  18. ^ 新番組「@JAM TV powered by LIVE DAM STADIUM」放送決定のお知らせ”. @JAM (2019年7月9日). 2019年10月15日閲覧。
  19. ^ ソニアカフェス2015 講師ラインナップ最終発表、音の錬金術師・武部聡志氏が登壇決定”. Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ (2015年10月3日). 2017年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  20. ^ ライブアイドルの今とこれから”. INNOVATION WORLD FESTA 2016 Supported by CHINTAI. J-WAVE. 2019年10月15日閲覧。
  21. ^ TIME TABLE”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2016. TOKYO IDOL PROJECT. 2019年10月15日閲覧。
  22. ^ TIME TABLE”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2017. TOKYO IDOL PROJECT. 2019年10月15日閲覧。
  23. ^ TIME TABLE”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2018. TOKYO IDOL PROJECT. 2019年10月15日閲覧。
  24. ^ TIME TABLE”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2019. TOKYO IDOL PROJECT. 2019年10月15日閲覧。
  25. ^ TIME TABLE”. ニューイヤープレミアムパーティー2017. TOKYO IDOL PROJECT・@JAM. 2019年10月15日閲覧。
  26. ^ TIME TABLE”. ニューイヤープレミアムパーティー2018. TOKYO IDOL PROJECT・@JAM. 2019年10月15日閲覧。
  27. ^ TIME TABLE”. ニューイヤープレミアムパーティー2019. TOKYO IDOL PROJECT・@JAM. 2019年10月15日閲覧。
  28. ^ INNOVATORS”. INNOVATION WORLD FESTA 2017 Supported by CHINTAI. J-WAVE. 2019年10月15日閲覧。
  29. ^ エンタテインメント・ビジネス・カンファレンス”. エンタ!DAYS 2017 in SHIBUYA. 日経BP. 2019年10月15日閲覧。
  30. ^ アイドルLOUNGEオフイベントVol.10レポート 〜@ JAM総合P橋元恵一、ニッポン放送アナ吉田尚記、濵田俊也”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2018年8月20日). 2019年10月15日閲覧。
  31. ^ 吉川友 破天荒イベントに元PASSPO☆森詩織、元ベイビーレイズ JAPAN高見奈央”. ENTAME next. 徳間書店 (2019年5月10日). 2019年10月15日閲覧。
  32. ^ 3/8(水)HITS ONE 放送後記”. TS ONE. TOKYO SMARTCAST (2017年3月8日). 2017年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  33. ^ 女子アイドル転換期 グループの顔が卒業する理由”. NIKKEI STYLE. 日経BP (2018年12月5日). 2019年10月15日閲覧。
  34. ^ @JAM EXPO 2015総合プロデューサー橋元恵一×小林晏夕(東京パフォーマンスドール)、溝呂木世蘭(Cheeky Parade)from@JAMナビゲーター晏美蘭対談”. DISK GARAGE. ディスクガレージ. 2019年10月15日閲覧。
  35. ^ アイドルライブをアジアで拡大、Zeppライブエンタテインメントの狙い”. 日経BP (2013年11月8日). 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  36. ^ 次のアイドルはネット発!ZeppとDeNAが新人発掘でタッグを組んだワケ”. 日経BP (2014年12月22日). 2014年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  37. ^ アイドルの稼ぎ方 物販と特典会で支えるライブ”. 日経BP (2016年12月8日). 2016年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  38. ^ 目玉はコラボと復活 ヒットを作るアイドルの夏フェス〜アイドルフェス@JAM総合Pに聞く”. 日経BP (2017年8月3日). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  39. ^ アイドルフェスがTV局とコラボで「都市型」目指す”. 日経BP (2018年8月22日). 2018年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  40. ^ 『CHEERZ』&『@JAM』両プロデューサーが語る、アイドルシーン拡大策「K-POPがアジア中を席巻したような現象を起こしたい”. blueprint (2015年5月29日). 2019年10月15日閲覧。
  41. ^ "アイドルフェス"ビジネスの拡大が生んだ成果と課題ーー『TIF』『@JAM』のキーマンが考える”. blueprint (2016年11月25日). 2019年10月15日閲覧。
  42. ^ 第43回「@JAM」総合プロデューサー、橋元恵一さんインタビュー”. 朝日新聞社 (2015年8月7日). 2015年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月15日閲覧。
  43. ^ 一億人に響く神曲とシーンをガールズアイドル業界著名人35名が分析”. 南麻布ラボ (2017年2月23日). 2019年10月15日閲覧。
  44. ^ 2大女子アイドルフェスが新機軸 スター発掘に注力”. 日経BP (2017年8月22日). 2019年10月15日閲覧。
  45. ^ アイドルフェス「@JAM」プロデューサー橋元氏はAndroid二刀流!”. ダイヤモンド社 (2018年8月24日). 2019年10月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集