メインメニューを開く

矢橋 賢吉(やばし けんきち、1869年10月24日明治2年9月20日) - 1927年昭和2年)5月24日)は日本の建築家大蔵省営繕官僚。「嵯峨天皇から分かれた氏族・嵯峨源氏までさかのぼる」[1]矢橋家の惣本家の出身。明治建築界三大巨匠の一人とされる、大蔵省営繕の総元締めとして絶大なる権力を持っていた妻木頼黄の片腕。国会議事堂・旧総理大臣官邸 (総理大臣公邸)・枢密院庁舎 (皇宮警察本部) などが代表的な作品、近代公共建築の中心人物。

矢橋賢吉
Yabashi Kenkichi-Portrait.jpg
生誕 1869年10月24日
(旧暦明治2年9月20日)
美濃国不破郡赤坂村岐阜県大垣市
死没 (1927-05-24) 1927年5月24日(57歳没)
出身校 東京帝国大学工科大学
職業 建築家
受賞 勲五等双光旭日章(1916年)
従四位(1916年)
第一回国勢調査記念章(1921年)
所属 工手学校大蔵省
建築物 国会議事堂

人物編集

美濃国不破郡赤坂村出身。父は惣本家当主・矢橋藤十郎、母は矢橋宗太郎二女勝後改幾世[2]矢橋徳次郎は賢吉の長兄、矢橋為吉は次兄。惣本家初代藤十郎(孝)の長男惣四郎が惣本家を継ぎ藤十郎を襲名、賢吉の長兄徳次郎へとつながり、また一方五男徳四郎は三郎兵衛として分家の後、本家となり、赤坂の素封家矢橋宗太郎へとつながってその長男矢橋敬吉[3]が本家を継ぎ、さらに敬吉の弟亮吉が南矢橋として分家し、明治34年大理石業を創始した[4]敬吉・友吉・亮吉[5]は、一族であり、本家の人でもある。大の釣り好きで、近くの杭瀬川へ足を運ぶことが多かったらしく、囲碁は初段の実力、盆栽を好み、浄瑠璃は素人の域を脱するほどであったという。大垣中学 (岐阜県立大垣北高等学校)第一高等中学校を経て東京帝国大学工科大学造家学科へ進学する (関係深い本家・亮吉も、共々上京、高等商業 (現一橋大学) 入学、同郷・平生釟三郎と苦学、卒業)。在学中に辰野金吾中村達太郎石井敬吉小島憲之木子清敬らの薫陶を受ける。卒業設計のテーマは「HOTEL」。卒業後、長崎税関監視部庁舎新築の設計監督を依嘱される。以降、建築家、営繕官僚として、明治、大正期の近代建築に携わる。明治建築界三大巨匠の一人、妻木頼黄の片腕といわれた。

略歴編集

  • 1894年(明治27年) - 東京帝国大学工科大学造家学科卒業。
  • 1896年(明治29年) - 工手学校造家学科教授就任。
    • 工手学校とは、帝国大学、東京職工学校などの大学・高専出身技師を補助する工手の養成を目的とし、工科大学教授らによって設立された私立の夜間学校。現在の工学院大学の前身。
  • 1898年(明治31年) - 大蔵省臨時葉煙草取扱所建築部技師に就任。この時、妻木頼黄と出会う。
  • 1899年(明治32年) - 臨時税関工事部技師となる。
  • 1902年(明治35年) - 工手学校造家学科教授を辞任。農商務省より、1904年開催の米国博覧会参同準備委員に任ぜられる。その嘱託を受け、敷地選定のためアメリカに渡る。翌年に帰国。
  • 1904年(明治37年) - 臨時煙草製造準備局技師となり、建築部第一課長を命ぜられる。この時、臨時税関工事部技師、大蔵技師を兼任している。
  • 1905年(明治38年) - 大蔵省臨時建築部技師となり 第一課長となる。
  • 1906年(明治39年) - 大韓医院建築工事臨時監督として大韓帝国に渡る。翌年にも訪れている。
  • 1908年(明治41年) - 武田五一ともに欧米へ出張。アメリカのワシントンD.C.及び各州会議事堂を見学後、カナダを経てヨーロッパへ渡り、イギリスドイツフランススイスイタリアオーストリアロシアにて、各国建築の沿革並びに設計監督方法のほか、様式、装飾、構造、設備などの詳細な調査を行ない、翌年帰国。調査結果については「各国議院建築調査復命書」としてまとめられ、大蔵大臣桂太郎に提出されている。
  • 1913年(大正2年) - 大臣官房営繕課長として臨時建築課勤務を命ぜられる。同年、皇太子嘉仁の天皇即位礼のため、大禮使事務官造営部員を拝命する。
  • 1917年(大正6年) - 帝国議会議事堂建設の為の「議院建築調査会」の委員となる。他の委員は、辰野金吾、横河民輔塚本靖山下啓次郎らがいた。
  • 1918年(大正7年) - 議事堂建設の担当部局として、大蔵省に「臨時議院建築局」が発足。同局工営部長となる。国会議事堂の設計は一般公募であり、その審査員となる。審査員は柳田國男寺田栄、塚本靖、丹羽鋤彦、山下啓次郎、辰野金吾、横河民輔、古市公威中村達太郎正木直彦曽禰達蔵など12名である
  • 1919年(大正8年) - 工学博士号を授与される。また大蔵大臣官房臨時建築課長を命ぜられる。
  • 1923年(大正12年) - 大蔵省臨時営繕局同局技師として工営部長となる。
  • 1925年(大正14年) - 営繕管財局官技師として工務部長となる。
  • 1927年(昭和2年) - 帝国議会議事堂本館の上棟式の式典役員として参加。そのわずか1ヶ月後に急逝。矢橋の死後、部下の大熊喜邦池田譲次が後を継ぎ、帝国議会議事堂の建設が進められる。

系譜編集

江戸中期 (分立) 以前編集

  • 十世祖父 - 矢橋彦十郎(1625年2月8日没。昌嫡男 小字吉。室長松城主渡部筑前守女。桓武天皇第二皇子嵯峨天皇にまで遡るとされる系譜 (「註釈一覧 3) 矢橋家」)。「為織田信長公加勢致シ、於江州矢橋手柄有之、天文ノ頃浪人ト成、天正元酉年濃州赤坂ニ住ス、父渡辺新左ェ門尉江州矢橋ニ住ス、故ニ後在名ヲ以テ矢橋ヲ名乗」とある。)
  • 九世祖父 - 矢橋四郎右衛門(1631年8月5日没。父迪十郎改姓後代々矢橋ヲ名乗。字喜。室高屋道意妹他。)
  • 八世祖父 - 矢橋四郎右衛門(1685年2月20日没。旧 小字長吉。室矢橋太兵衛女)
  • 七世祖父 - 矢橋三郎兵衛(1691年6月28日没。垂 号交慰。室矢橋久左衛門女)
  • 六世祖父 - 矢橋藤十郎(1722年11月18日

没。孝 号木巴。室大垣川村太郎ェ門女。)

江戸中期 (分立) 以後編集

惣本家編集

  • 始祖
    五世祖父 - 矢橋藤十郎(六世祖父・矢橋藤十郎(1722年11月18日没。孝 号木巴。)の実子。本家始祖・矢橋三郎兵衛(1761年11月22日没、元連 小字徳四郎。)の実兄。1775年8月晦没。宅教 小字惣四郎 号李明。「矢橋惣本家 今称東矢橋又辻矢橋」。室矢橋久左ェ門女。)
  • 高祖父 - 矢橋藤十郎(1806年5月2日没。小字惣太郎 後隠居改友仙。年77)
  • 曾祖父 - 矢橋藤十郎(1827年10月16日没。字子交 小字太郎吉 号丹陽又号酔月楼。年72)
  • 祖父 - 矢橋彦十郎(1833年6月4日没。字交翰 小字弥吉後改培介 号鳥江 柳家とも。年45。)
  • 父 - 矢橋藤十郎(1894年3月12日没。小字増次郎 号十衛。室矢橋宗太郎二女勝後改幾世)
  • 母 - 矢橋幾世(1911年4月7日没。矢橋宗太郎二女勝後改幾世。行年79。)
  • 妻 - すて(1880年生。1959年5月25日没。行年80。)
  • 長兄 - 矢橋徳次郎 (1857年、美濃赤坂生まれ。1875年家督を相続、岐阜県屈指の大地主、最多額納税者となる。1874年以降県会議員に3期当選、美濃実業銀行、高須貯蓄銀行、赤坂銀行及び大垣銀行などの取締役)[6][7]
  • 次兄 - 矢橋為吉(生年不詳-1936年1月没。1893年4月より1901年3月まで、大垣市赤坂村 (同村は1901年5月21日より町制施行) 赤坂尋常高等小学校校長)
  • 子 - きみ(1896年2月10日生。1967年12月9日没。行年71)

本家編集

家系図 編集

矢橋家家系図」によれば、矢橋家(惣本家・本家・南矢橋・北矢橋)は、嵯峨天皇源融紫式部源氏物語』の主人公光源氏の実在モデルの有力候補)まで遡る。

栄典編集

主な作品または関わった作品編集

※大蔵省など組織の仕事については、矢橋の部下が設計したものを含む。

 
国会議事堂
 
石川県庁舎(2代目)
 
旧山口県庁舎
名称 所在地 状態 備考
/長崎税関監視部庁舎 1894年明治27年) 42長崎県長崎市 現存せず
/福岡農工銀行 1900年明治33年) 40福岡市博多区 現存せず 後に日本勧業銀行に吸収
/扶桑銀行 1902年(明治35年) 13東京都中央区 現存せず
/北海道拓殖銀行小樽支店 1906年(明治39年) 01北海道小樽市 現存せず
/千葉県庁舎・県会議事堂 1907年(明治40年) 12千葉県千葉市 現存せず
/北海道拓殖銀行本店 1908年(明治41年) 01北海道札幌市 現存せず
/内閣文庫庁舎 1908年(明治41年) 23愛知県犬山市 事務棟部分が移築 博物館明治村に移築復元
/北海道拓殖銀行函館支店 1909年(明治42年) 01北海道函館市 現存せず
/北海道拓殖銀行東京支店 1909年(明治42年) 13東京都中央区 現存せず
/福岡県庁舎 1911年(明治44年) 40福岡県福岡市 現存せず 1983年取り壊し
/山口県庁舎・県会議事堂
(山口県政資料館)
1914年(明治41年) 35山口県山口市 重要文化財
/丁酉銀行本店 1915年(明治41年) 13東京都港区 現存せず 後の三井信託銀行新橋支店
/群馬県議会議事堂 1917年(大正6年) 10群馬県前橋市 現存せず
/枢密院庁舎
(皇宮警察本部)
1920年(大正9年) 13東京都千代田区
/福井県庁舎・県会議事堂 1921年(大正11年) 18福井県福井市 現存せず
/旧北海道拓殖銀行小樽支店
(似鳥美術館)
1922年(大正10年) 01北海道小樽市
/石川県庁舎
(石川県政記念しいのき迎賓館)
1922年(大正10年) 17石川県金沢市
/岐阜県庁舎 1922年(大正10年) 21岐阜県岐阜市 本館南側のみ現存
/郡山市公会堂 1924年(大正12年) 07福島県郡山市 登録有形文化財
/国会議事堂(第三回仮議事堂) 1925年(大正14年) 13東京都千代田区 現存せず 第二回仮議事堂火災後から、現国会議事堂完成まで使用
/警視庁庁舎 1926年(昭和2年) 13東京都千代田区 現存せず
/総理大臣官邸
(総理大臣公邸)
1929年(昭和4年) 13東京都千代田区
/国会議事堂 1936年(昭和41年) 13東京都千代田区

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ぎふ財界をけん引してきた古今のリーダーたち 千紫万紅 ぎふ財界列伝 矢橋家の人々 漢詩人から起業家まで 矢橋編(1)(岐阜新聞社、2013年8月20日)
  2. ^ 家系図 : 矢橋賢吉
  3. ^ 矢橋敬吉
  4. ^ 註釈一覧 3) 矢橋家
  5. ^ 亮吉
  6. ^ 註5) 矢橋徳次郎 (1858〜1927)
  7. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 (岐阜県の三(人員十名通計十八名))
  8. ^ お茶屋屋敷跡 (岐阜県公式ホームページ)
  9. ^ 矢橋敬吉
  10. ^ 西美濃地域 産業観光ガイド 〜 産業観光施設・企業、産業遺産・文化財の紹介 〜 / 天皇の行幸と矢橋家
  11. ^ 岐阜県大垣市赤坂 3・御茶屋屋敷.(矢橋家)
  12. ^ 美濃赤坂宿 ■所郁太郎 ■矢橋家
  13. ^ 中山道美濃路-2 赤坂
  14. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 (岐阜県の三(人員十名通計十八名))
  15. ^ 系譜 (「註釈一覧 3) 矢橋家」)
  16. ^ 非営利法人データーベースシステム NOPODAS 公益財団法人矢橋謝恩会
  17. ^ NTT西日本 岐阜支店 (報道発表資料) : 矢橋亮吉が設立した公益財団法人矢橋謝恩会、奨学生古田肇 (通産省入省・外務省経済協力局長・岐阜県知事)
  18. ^ 矢橋龍吉
  19. ^ Saikō to kōran. - WorldCat
  20. ^ 『赤山遺稿』『赤水遺稿』
  21. ^ お茶屋屋敷跡 (大垣市ホームページ)
  22. ^ 矢橋次郎 | 人事興信録(第8版)
  23. ^ 十六銀行 赤坂支店
  24. ^ 昭和18年 (1943) 7月20日 矢橋次郎監査役に就任 (年表37頁)
  25. ^ 白州正子の西美濃 (1)
  26. ^ 大垣市功労者 - 功労章 -
  27. ^ 矢橋次郎長男宗一 | 人事興信録(第8版)
  28. ^ 矢橋次郎二男恒男 | 人事興信録(第8版)
  29. ^ 矢橋次郎三男乙彦 | 人事興信録(第8版)
  30. ^ 『官報』第1201号「叙任及辞令」1916年8月1日
  31. ^ 『官報』第122号「叙任及辞令」1927年5月28日
  32. ^ 『官報』第1038号、「叙任及辞令」1916年1月20日。
  33. ^ 『官報』第1741号「叙任及辞令」1918年5月24日。
  34. ^ 『官報』第2858号・付録、「辞令」1922年2月14日。
  35. ^ 『官報』第121号「叙任及辞令」1927年5月27日