西谷駅

日本の神奈川県横浜市保土ケ谷区にある相模鉄道の駅

西谷駅(にしやえき)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷四丁目にある、相模鉄道である。駅番号はSO08

西谷駅
西谷駅南口.jpg
南口(2019年12月1日)
にしや
Nishiya
所在地 横浜市保土ケ谷区西谷四丁目9番1号
北緯35度28分41秒 東経139度33分56秒 / 北緯35.47806度 東経139.56556度 / 35.47806; 139.56556座標: 北緯35度28分41秒 東経139度33分56秒 / 北緯35.47806度 東経139.56556度 / 35.47806; 139.56556
駅番号 SO08
所属事業者 相模鉄道
電報略号 ニシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
20,664人/日
-2020年-
開業年月日 1926年大正15年)12月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
キロ程 6.9 km(横浜起点)
SO07 上星川 (1.9 km)
(1.6 km) 鶴ヶ峰 SO09
所属路線 相鉄新横浜線
JR直通線
キロ程 0.0 km(西谷起点)
SO51 羽沢横浜国大 (2.1 km)
テンプレートを表示

西谷管区として、上星川 - 鶴ヶ峰間および当駅 - 羽沢横浜国大間を管理している。

歴史編集

年表編集

  • 1926年大正15年)12月1日:開業。当初は下り方面単式の2面3線ホーム。
  • 1966年昭和41年)5月1日:橋上駅舎完成[1]、ホーム2面4線化。
  • 2010年平成22年)4月:相鉄新横浜線の建設準備のため、1番線(下り)の線路が一時撤去される。
  • 2012年(平成24年)4月:相鉄新横浜線の建設準備のため、4番線(上り)の線路が一時撤去される。
  • 2019年令和元年)11月30日:相鉄新横浜線(JR直通線)当駅 - 羽沢横浜国大駅間開業、JR線との直通運転開始に伴い、1・4番線ホームの使用を再開[2]。同日行われるダイヤ改正に合わせて特急と快速並びに、新設される通勤特急や通勤急行が当駅に停車する[注 1]。これにより本線に直通するいずみ野線の列車は全列車が当駅に停車するようになる。なお急行は引き続き通過する[3]
  • 2020年(令和2年)10月19日:西谷地区での住居表示実施に伴い、所在地表記が西谷町1101番地から現表記に変更される[4]
  • 2021年(令和3年)

相鉄新横浜線の建設編集

 
鶴ヶ峰駅方で内側2線が引き上げ線(2019年11月30日)

神奈川東部方面線構想により、当駅からJR東海道貨物線横浜羽沢駅(相鉄では羽沢横浜国大駅)までを「相鉄・JR直通線」として新線を建設する都市計画が2010年3月15日に決定され、2018年12月13日には正式路線名も「相鉄新横浜線」に決定した(「相鉄」の部分も正式路線名に含まれる)。また、羽沢横浜国大駅から新横浜駅新綱島駅(いずれも仮称、以下省略)を経由して東急電鉄日吉駅までの区間についても東急電鉄が2012年10月に国土交通省の工事施工認可を受けている[6]

相鉄新横浜線のうち、相鉄・JR直通線は2019年11月30日に開業した[2]相鉄・東急直通線2022年度下期に開業予定となっている[7]。これにより、本線・いずみ野線・相鉄新横浜線から羽沢横浜国大駅を経由してJR東日本横須賀線湘南新宿ライン埼京線[注 2]と、新横浜駅・日吉駅を経由して東急の東急新横浜線東横線目黒線(および都営地下鉄三田線東京メトロ南北線)などとそれぞれ相互直通運転を行うことにより、東京都心へのアクセス向上が期待されている[8]

当駅の2面4線のうち、上星川(本線)・羽沢横浜国大(相鉄新横浜線)方は外側2線が相鉄新横浜線、内側2線が本線に繋がっている。また鶴ヶ峰側を帷子川付近まで4線化し、内側2線を引き上げ線として整備されている[8]。その為、当駅の海老名寄りの上下線のそれぞれと引き上げ線にシーサスクロッシングが一つずつ設置されている。

2010年3月25日に西谷地区センターにて起工式が行われ[9]、その最初の準備として、4月下旬に1番線の線路が撤去された。2012年4月29日のダイヤ改正からは4番線も使用停止され、当駅での列車待避は廃止[注 3]された[10]。2019年6月23日より工事が完了した1・4番線の試運転が開始され、同月25日より4番線から羽沢横浜国大駅まで行き、同駅で折り返し、当駅の1番線までの試運転を行なっている。また、新設された引き上げ線にも入線している。2019年11月30日のダイヤ改正により、相鉄新横浜線系統(1・4番線)と本線(2・3番線)同士での接続が可能となったため、それを活用する列車が誕生した[11]

また、2017年3月発行の相鉄瓦版242号において、「西谷駅の海老名側では、引き上げ線(留置線)の整備が進められています。相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線の開業後、現在の横浜駅~二俣川駅間で運行している列車の半分ほどが相鉄新横浜線・都内方面に向けて運行する予定です。その結果、横浜駅~西谷駅間の運転本数が少なくなることを防ぐため、西谷駅で折り返し運転ができるように引き上げ線を整備しています。」(相模鉄道㈱プロジェクト推進部)との記述がある。[12]

駅構造編集

島式ホーム2面4線を有する地上駅で内側2・3番ホームが本線、外側1・4番ホームが相鉄新横浜線の羽沢横浜国大駅・JR線方面となっている。同じく2路線が分岐する二俣川駅と異なり、分岐する側に両渡線が存在しないため、本線・横浜方面発着列車同士および相鉄新横浜線・羽沢横浜国大方面発着列車同士の接続はできない。

神奈川東部方面線工事が2010年(平成22年)4月下旬から始まり1番線の線路と架線が撤去され、その後2012年(平成24年)4月のダイヤ改正からは4番線の工事も始まり工事期間中は2面2線となっていた(後述)。橋上駅舎を持つ。西側直上を東海道新幹線高架橋が横切っている。

当駅において、横浜駅発着系統と相鉄新横浜線・JR線直通系統との接続が頻繁に行われる。

相鉄新横浜線の、平日朝時間帯の下り5本(土休日下りは4本)及び全日の23時台上り1本は当駅発着となる。

かつては待避線使用時の通勤ラッシュ時に4番線で各駅停車が急行の通過待ちをした。また快速設定直後、日中に1番線に各駅停車が快速の通過待ちをする運用が行われていた。

下りホーム階段下にはトイレが設置されていたが、駅舎部分に移設され、改札を入って奥まで進んだ突き当りに設置されており、多機能トイレと授乳室を併設した男女別の水洗式である。

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1   本線 下り 大和海老名湘南台方面[13]   相鉄新横浜線からの直通のみ
2
3 上り 横浜方面[13]
4   相鉄新横浜線 羽沢横浜国大方面(JR線直通[13][14]

利用状況編集

 
1日あたり乗車人員の推移

2020年(令和2年)度の1日平均乗降人員20,664人である[15]

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[16]
年度 1日平均
乗降人員[17]
1日平均
乗車人員[18]
出典
1980年(昭和55年) 14,315
1981年(昭和56年) 14,967
1982年(昭和57年) 15,411
1983年(昭和58年) 15,571
1984年(昭和59年) 15,603
1985年(昭和60年) 16,233
1986年(昭和61年) 16,573
1987年(昭和62年) 16,847
1988年(昭和63年) 17,044
1989年(平成元年) 17,082
1990年(平成02年) 16,699
1991年(平成03年) 16,355
1992年(平成04年) 15,896
1993年(平成05年) 15,729
1994年(平成06年) 15,296
1995年(平成07年) 15,173 [19]
1996年(平成08年) 14,542
1997年(平成09年) 14,104
1998年(平成10年) 13,673 [* 1]
1999年(平成11年) 27,662 12,907 [* 2]
2000年(平成12年) 27,346 12,796 [* 2]
2001年(平成13年) 26,549 12,547 [* 3]
2002年(平成14年) 25,700 12,176 [* 4]
2003年(平成15年) 25,952 12,320 [* 5]
2004年(平成16年) 25,675 12,224 [* 6]
2005年(平成17年) 25,636 12,226 [* 7]
2006年(平成18年) 25,181 11,961 [* 8]
2007年(平成19年) 25,212 12,120 [* 9]
2008年(平成20年) 24,889 12,032 [* 10]
2009年(平成21年) 24,360 11,793 [* 11]
2010年(平成22年) 23,930 11,628 [* 12]
2011年(平成23年) 23,327 11,361 [* 13]
2012年(平成24年) 23,593 11,512 [* 14]
2013年(平成25年) 23,973 11,702 [* 15]
2014年(平成26年) 23,194 11,426 [* 16]
2015年(平成27年) 23,398 11,529 [* 17]
2016年(平成28年) 23,208 11,447 [* 18]
2017年(平成29年) 23,208 11,456 [* 19]
2018年(平成30年) 23,296 11,512 [* 20]
2019年(令和元年) 24,550 12,213 [* 21]
2020年(令和02年) 20,664 10,307 [* 22]

駅周辺編集

当駅は帷子川が流れる谷地に立地しており、南北方向は共に丘陵地帯である。敷地の関係から駅前にロータリーは存在しないが、すぐ北側を国道16号(八王子街道)が通過しており、ここにバス停がある。また、ガストの向かい側に業者私設によるタクシー乗り場がある。

国道に沿ってコンビニエンスストアファミリーレストランなどが立地する。駅の南側には西谷商店街マルエツなどの商業施設がある。南北ともに丘陵部分の多くは住宅地で、特に北側には大規模な団地が造成された場所もある。このためか北側には学校が多く、特に私立の横浜商科大学高等学校の最寄り駅の一つで、朝夕は通学する生徒で賑わう。駅の北東の小高い丘には富士山神社があり、西谷の周辺を見渡すことができる。

北口編集

南口編集

バス路線編集

最寄りのバス停留所は北口の国道16号上にある「西谷駅前」となる。以下の路線バス横浜市交通局市営)、神奈川中央交通・神奈川中央交通東(神奈中・神奈中東)、相鉄バス(相鉄)により運行されている。

国道16号八王子方向編集

系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
62
急行
千丸台団地 千丸台集会所 神奈中 日中以外は千丸台団地止まり
129 鶴ヶ峰駅 市営
218 福寿荘前
新井中学校前
248 千丸台団地 千丸台集会所
256 新井町 鴨居駅前
深夜 千丸台団地 平日・土曜のみ
5 鶴ヶ峰駅・今宿・川井宿・大貫橋 若葉台中央 神奈中
横52 鶴ヶ峰駅・今宿・川井宿・三保市民の森 中山駅
横04 鶴ヶ峰駅・今宿・川井宿・亀甲山 鶴間駅東口 神奈中東 平日朝1本のみ
旭10 鶴ヶ峰駅・旭台・上白根町 よこはま動物園 相鉄
深夜急行 二俣川駅北口・大和駅 海老名駅 平日のみ

国道16号横浜方向編集

系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
62
急行
上星川・和田町・峯小学校前・洪福寺 横浜駅西口 神奈中
129 旭硝子入口・羽沢団地前 新横浜駅 市営
172 笹山団地入口・竹山4丁目 鴨居駅前
218 望洋台入口 上菅田小学校
新井中学校前
福寿荘前
248 笹山団地中央
深夜 笹山団地・竹山団地中央・鴨居町 緑車庫 平日のみ
5
横04
横52
旭10
上星川・和田町・峯小学校前・洪福寺 横浜駅西口 神奈中
神奈中東
相鉄

駅名の由来編集

駅所在地のかつての地名「都筑郡西谷村」から。

隣の駅編集

相模鉄道
  本線
特急
横浜駅 (SO01) - 西谷駅 (SO08) - 二俣川駅 (SO10)
通勤特急・通勤急行(いずれも平日朝上りのみ運転、通勤急行は当駅まで各駅に停車)
横浜駅 (SO01) ← 西谷駅 (SO08)鶴ヶ峰駅 (SO09)
急行
通過
快速(当駅から鶴ヶ峰方の各駅に停車)
星川駅 (SO05) - 西谷駅 (SO08) - 鶴ヶ峰駅 (SO09)
各駅停車
上星川駅 (SO07) - 西谷駅 (SO08) - 鶴ヶ峰駅 (SO09)
  相鉄新横浜線(JR直通線)
特急
羽沢横浜国大駅 (SO51) - 西谷駅 (SO08) - 二俣川駅 (SO10)
各駅停車
羽沢横浜国大駅 (SO51) - 西谷駅 (SO08) - 鶴ヶ峰駅 (SO09)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 通勤特急と通勤急行の停車開始はダイヤ改正後最初の平日となる12月2日から。
  2. ^ 路線案内上は「埼京線直通」
  3. ^ 本線のみを運転する列車同士の待避を指す

出典編集

記事本文編集

  1. ^ 『相鉄五十年史』1967年、106ページ
  2. ^ a b “相鉄・JR直通線の開業日決定” (PDF) (プレスリリース), 相模鉄道株式会社・東日本旅客鉄道株式会社, (2019年3月28日), オリジナルの2019年3月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190330073924/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190326.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  3. ^ “直通運転開始により都心へのアクセスが向上 二俣川〜新宿最速44分 11月30日(土)相鉄線のダイヤ改正を実施 平日朝のラッシュ時間帯に通勤特急・通勤急行を導入” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 相模鉄道, (2019年11月5日), オリジナルの2019年11月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191119044337/https://www.sotetsu.co.jp/media/2019/pressrelease/pdf/r19-110-rt7.pdf 2019年11月25日閲覧。 
  4. ^ 横浜市報定期第43号 (PDF)” (日本語). 横浜市役所 (2020年8月5日). 2021年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月18日閲覧。
  5. ^ a b 西谷駅のホームドアの運用を開始します” (日本語). 相模鉄道 (2021年5月17日). 2021年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月18日閲覧。
  6. ^ 快適な鉄道利用環境 - 東急電鉄ウェブサイト(2014年12月23日閲覧)
  7. ^ “相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線ともに開業延期 - 建設費4,000億円以上に”. マイナビニュース. (2016年8月26日). http://news.mynavi.jp/news/2016/08/26/421/ 2016年8月26日閲覧。 
  8. ^ a b 神奈川東部方面線の整備(横浜市都市整備局)
  9. ^ “相鉄線・JR直通へ 横浜・保土ケ谷区で起工式” (日本語). 朝日新聞 横浜版朝刊 (朝日新聞社). (2010年3月26日) 
  10. ^ 4月29日(日)、相鉄線のダイヤ改正を実施 (PDF) 相鉄ニューリリース
  11. ^ 11.30ダイヤ改正|都心とつながる(都心直通プロジェクト)|未来への取り組み|相鉄グループ2020年1月3日閲覧
  12. ^ 相鉄瓦版第242号(2017.3)SOTETSU INFORMATIONの頁
  13. ^ a b c https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2020/train/station/pocket-timetable/nishiya.pdf
  14. ^ 西谷(にしや)” (日本語). 相鉄グループ. 2020年5月11日閲覧。
  15. ^ 1日平均各駅乗降人員 (PDF) - 相模鉄道
  16. ^ 横浜市統計書 - 横浜市
  17. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  18. ^ 神奈川県県勢要覧 - 神奈川県
  19. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移 - 26ページ

利用状況編集

神奈川県県勢要覧
  1. ^ 平成12年 - 225ページ
  2. ^ a b 平成13年 (PDF) - 227ページ
  3. ^ 平成14年 (PDF) - 225ページ
  4. ^ 平成15年 (PDF) - 225ページ
  5. ^ 平成16年 (PDF) - 225ページ
  6. ^ 平成17年 (PDF) - 227ページ
  7. ^ 平成18年 (PDF) - 227ページ
  8. ^ 平成19年 (PDF) - 229ページ
  9. ^ 平成20年 (PDF) - 233ページ
  10. ^ 平成21年 (PDF) - 243ページ
  11. ^ 平成22年 (PDF) - 241ページ
  12. ^ 平成23年 (PDF) - 241ページ
  13. ^ 平成24年 (PDF) - 237ページ
  14. ^ 平成25年 (PDF) - 239ページ
  15. ^ 平成26年 (PDF) - 241ページ
  16. ^ 平成27年 (PDF) - 241ページ
  17. ^ 平成28年 (PDF) - 249ページ
  18. ^ 平成29年 (PDF) - 241ページ
  19. ^ 平成30年 (PDF) - 225ページ
  20. ^ 令和元年 (PDF) - 225ページ
  21. ^ 令和2年 (PDF) - 225ページ
  22. ^ 令和3年 (PDF) - 217ページ

関連項目編集

外部リンク編集