メインメニューを開く

豆腐屋直次郎の裏の顔』(とうふやなおじろうのうらのかお)は、1990年から1992年にかけてテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマである。主演は萩原健一。制作はスタッフアズバーズ・朝日放送

目次

概要編集

昼は冴えない豆腐屋の店主が夜には凄腕のプロの強盗に変身。そんな男の痛快な活躍をハードボイルドタッチで描く。

当初は、朝日放送製作の2時間ドラマ枠『火曜ミステリー劇場』の単発企画として放映。のちにシリーズ化され、第3作まで放映。その後、1992年7月から1992年9月まで毎週火曜21:00 - 21:54 (JST) に全10回の連続ドラマとして放映された。

放映終了後の1997年には、第1作がビデオソフト化された(発売:エアフィールド。DVD未発売)。

登場人物編集

花井直次郎 - 萩原健一
東京都月島の花井豆腐店店主。妻子を愛し、近所の仲間たちを愛する、下町の豆腐職人。しかし、妻子や仲間にも見せていない裏の顔は、かつて加藤直次郎と名乗る凄腕のプロの強盗だったということである。数々の強盗を成功させてきたが、13年前名古屋での強盗で失敗して逮捕され、刑務所に服役する。出所後に足を洗い、月島の豆腐職人の花井家で豆腐の修行を積む。そして店主の娘の真知子と結婚、花井家の婿養子になり、花井直次郎を名乗る。
花井真知子 - 渡辺えり子
直次郎の愛妻。普段は直次郎をダーリンと呼んでいる。
花井和也 - 小川和樹
直次郎の息子。
屋台のオヤジ - 梅津栄
直次郎の仲間。普段はラーメン屋台の店主だが、事が起きるたび、直次郎のために銃器類を調達する。
常山和之 - 佐藤B作(『火曜ミステリー劇場』第2作 - )
通称ツネ。裏稼業での直次郎の相棒。連続ドラマ版では、アイルランド人のストリッパーと同棲している。
本郷平八郎 - 上條恒彦(『火曜ミステリー劇場』第3作 - )
深川南署刑事。13年前、名古屋での強盗事件で直次郎を逮捕した。
草野麻里 - 生稲晃子(連続ドラマ版第1話 - )
花井豆腐店の隣の花屋でアルバイトをしている娘。直次郎に惚れており、何かとちょっかいを出す。
直次郎の住む下町の自営業者仲間(マサ - 粟津號、ニシ - 丸岡奨詞、ロク - 野口貴史、スギ - 坂本あきら

放映リスト編集

火曜ミステリー劇場編集

  • 第1作…1990年8月21日 「謎の女が仕掛けたワナ!東北へ逃げろ!!」 脚本:柏原寛司&監督:杉村六郎
ゲスト - 藤岡琢也浅田美代子寺田農石井富子山西道広大村波彦志賀圭二郎
  • 第2作…1991年1月22日 「帰って来た相棒・港、横浜、美女のワナ」 柏原寛司&小原宏裕
ゲスト - 可愛かずみ北見敏之片桐竜次市川勇坂田祥一朗
  • 第3作…1991年7月2日 「時効まで一週間・波止場のカジノの金庫をねらえ!」 田部俊行・柏原寛司&小原宏裕
ゲスト - 藤奈津子飯島大介田山涼成有川博剛州愛川絢子花王おさむ

連続ドラマ版編集

  • 第1話「ダーリンは強盗がお上手」…1992年7月7日 脚本:柏原寛司&監督:小原宏裕
ゲスト - 沢向要士片桐竜次椎谷建治志賀圭二郎伊藤洋三郎中村京子
  • 第2話「美人が隠した二億四千万」…1992年7月14日 峯尾基三&小原宏裕
ゲスト - 南條玲子山口仁西凛太郎廣田行生伊藤昌一千葉裕子香園寺忍
ゲスト - 花沢徳衛飯島大介大杉漣東恵美子市川勇藤田宗久羽田圭子
  • 第4話「ダーリンを待つ人質の美人妻」…1992年7月28日 峯尾基三&小原宏裕
ゲスト - 夏夕介三沢明美渡辺哲
  • 第5話「ダーリンが脅迫写真でピンチ!」…1992年8月4日 柏原寛司&小原宏裕
ゲスト - 勝俣州和南条弘二
  • 第6話「美人弁護士は刑事のガードマンつき」…1992年8月18日 柏原寛司&杉村六郎
ゲスト - 竹井みどり森下哲夫青木卓司星野晃三上剛史
  • 第7話「ダーリンに隠し子がいた!?」…1992年8月25日 山川昌子&杉村六郎
ゲスト - 山内としお銀粉蝶渡辺いっけい、山名友貴、花王おさむ、志賀実、成瀬富久須永慶岸本一人
  • 第8話「愛人はエリート社員に首ったけ」…1992年9月1日 若月ユウ陽&小原宏裕
ゲスト - 麻生真宮子中本賢モロ師岡佐渡稔
  • 第9話「美人女医がささやく金庫破り」…1992年9月8日 柏原寛司・村橋明郎&小原宏裕
  • 第10話(最終話)「サヨナラ直ちゃん、愛してる」…1992年9月15日 柏原寛司&小原宏裕
9話+10話ゲスト - 一色彩子安岡力也田中明男吉澤健天田益男峰三太大滝明利森麻衣子

楽曲編集

  • テーマソング - 「GAMBLER」萩原健一
  • 連続ドラマ版ED - 「Angel」萩原健一
劇中では「愚か者よ」なども挿入曲として使用された。

スタッフ編集