メインメニューを開く

ヤニック・ダルマスYannick Dalmas, 1961年7月28日 - )はフランスヴァール県ル・ボーセ出身の元F1ドライバー。

ヤニック・ダルマス
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ヴァール県ル・ボーセ
生年月日 (1961-07-28) 1961年7月28日(57歳)
F1での経歴
活動時期 1987-1988,1989-1990,1994
所属チーム '87-'88,'89,'94 ラルース
'89-'90 AGS
出走回数 49 (24スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1987年メキシコGP
最終戦 1994年ポルトガルGP
テンプレートを表示

目次

略歴編集

若手有望株として期待されており、同じくフランス人だったジャン・アレジAlesi )、エリック・ベルナールBernard )、エリック・コマスComas )とともに、「フランスのABCD」と言われていた。

1984年フォーミュラ・ルノーチャンピオン、1986年にフランスF3チャンピオンに輝いた後、1987年の国際F3000選手権へと順調にステップアップ。第2戦のバレルンガでF3000での初ポールポジション、第4戦のポーで初優勝を挙げるなど早々に好成績を出し、同年のF1第14戦メキシコグランプリで、母国のラルースから声が掛かりF1へとステップアップ。F1デビュー戦の成績は予選23位・決勝9位完走であった。1988年もラルースからF1継続参戦となるが、ローラ・LC88は非力なノンターボ・エンジン搭載であり、シャシーの戦闘力も低く、秀でた成績は残せなかった。1989年になるとランボルギーニV12エンジン搭載のローラ・LC89が実戦投入されたが、ダルマスがスランプに陥り予選不通過が続いたことから、ラルースはダルマスを休養させてエリック・ベルナールやミケーレ・アルボレートを代役出走させることを決定[1]。ラルースチームのシートを失った。その後、母国フランスの小規模チームAGSに加入しF1に復帰するも、1990年シーズンをもってAGSとの契約が終了。スポーツカー世界選手権(SWC)に参戦するプジョーワークスに移籍し1992年のル・マン24時間レースで優勝。同年はプジョー・905を駆り、デレック・ワーウィックらとともにSWCのシリーズチャンピオンに輝いた。1994年に古巣のラルースからF1に復帰、第12戦イタリアグランプリと第13戦ポルトガルグランプリに出走している。このポルトガルGPが最後のF1参戦となった。

F1を離れてからはスポーツカーレースに専念し、ル・マン24時間レースでは前述の1992年だけでなく、1994年1995年1999年と4度の総合優勝を果たしている。なお、1995年優勝時のチームメイトに関谷正徳がいる。

レーシングドライバーを引退後、2012年からはFIA 世界耐久選手権のスチュワードを務めている[2]。2014年からはフランスの「GT Tour」のレースアドバイザーも兼任する[3]

2016年6月に行われたルマン24時間耐久レースにおいてセーフティカーアウディ・R8)を運転していた。雨天に左右されたこのレース中、降雨で赤旗中断の際に、セーフティカーでドリフト走行を行った。

補足編集

エピソード編集

  • レースキャリアとしては2輪からスタートさせている。モトクロスに参戦した際にあまりにも骨折が酷く、以降は4輪レースに転向した。
  • F1デビュー前にはインストラクターとして同乗していた際、生徒が事故を起こしダルマス自身も重傷を負った。
  • フランスF3に参戦した片山右京が1987年9月に受けたインタビューで、現地で印象に残った若手としてダルマスを挙げ[4]、「彼(ダルマス)はまだ若いのに星野一義さんみたい。完璧にすべての限界をわかってて100周コースを走ってもミスしないって感じ。フランスではアラン・プロスト以来の天才と言われてましたよ」と非常に高く評価していた。
  • 非常に気さくな人物で、食事中であっても「話聞きたいって? まあここに座れよ、悪いねー食事中で」と言い取材に応じていた。

レース戦績編集

F1編集

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1987年 ローララルース LC87 BRA SMR BEL MON DET FRA GBR GER HUN AUT ITA POR ESP MEX
9
JPN
14
AUS
5
NC
(22位)
0
1988年 LC88 BRA
Ret
SMR
12
MON
7
MEX
9
CAN
DNQ
DET
7
FRA
13
GBR
13
GER
19
HUN
9
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
11
JPN AUS NC
(18位)
0
1989年 LC88C BRA
DNQ
NC
(40位)
0
LC89 SMR
Ret
MON
DNQ
MEX
DNQ
USA
DNQ
CAN
DNQ
FRA
AGS JH23C GBR
DNPQ
GER
DNPQ
HUN
DNPQ
JH24 BEL
DNPQ
ITA
DNPQ
POR
DNPQ
ESP
DNPQ
JPN
DNPQ
AUS
DNPQ
1990年 USA
DNPQ
BRA
Ret
SMR
DNPQ
NC
(25位)
0
JH25 MON
DNPQ
CAN
DNPQ
MEX
DNPQ
FRA
17
GBR
DNPQ
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
NC
POR
Ret
ESP
9
JPN
DNQ
AUS
DNQ
1994年 ラルース LH94 BRA PAC SMR MON ESP CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA
Ret
POR
14
EUR JPN AUS NC
(35位)
0

(key)

  •  : 1987年オーストラリアグランプリにおいてダルマスは5位の入賞圏内でフィニッシュしたものの、ラルースチームは年間エントリーを1台のみとして登録していたため規定によりポイント獲得は認められなかった。

スポーツカー編集

スポーツカー世界選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1991年 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 C1 SUZ
Ret
MON
Ret
SIL
Ret
LMN
Ret
NÜR
Ret
MAG
1
MEX
1
AUT
Ret
13位 40
1992年 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 C1 MON
2
SIL
1
LMN
1
DON
2
SUZ
1
MAG
5
1位 98

BPR GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1995年 トヨタ チーム トムス トヨタ・スープラ LM-GT GT1 JER
PRI
MON
JAR
NÜR
DON
PAR
SCA
SUZ
SIL
NOG
ZHU
Ret
NC 0

FIA GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1997年 ルーック・レーシング ポルシェ・911 GT1 GT1 HOC
5
SIL
Ret
HEL
13位 19
ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1 Evo NÜR
17
SPA
3
A1R
7
SUZ
10
DON
15
MUG
3
SEB
4
LAG
2
1998年 ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1-98 GT1 OSC
7
SIL
Ret
HOC
6
DIJ
2
HUN
3
SUZ
3
DON
3
A1R
3
HMS
3
LAG
Ret
3位 27

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
1991年   プジョー・タルボ・スポール   ケケ・ロズベルグ
  ピエール=アンリ・ラファネル
プジョー・905 C1 68 DNF DNF
1992年   プジョー・タルボ・スポール   デレック・ワーウィック
  マーク・ブランデル
プジョー・905 Evo 1B C1 352 1位 1位
1993年   プジョー・タルボ・スポール   ティエリー・ブーツェン
  テオ・ファビ
プジョー・905 Evo 1B C1 374 2位 2位
1994年   ル・マン・ポルシェチーム
  ヨースト・レーシング
  ハーレイ・ヘイウッド
  マウロ・バルディ
ダウアー・962LM GT1 344 1位 1位
1995年   国際開発レーシング   関谷正徳
  J.J.レート
マクラーレン・F1 GTR GT1 298 1位 1位
1996年   ポルシェ AG   カール・ヴェンドリンガー
  スコット・グッドイヤー
ポルシェ・911 GT1 GT1 342 3位 2位
1997年   ポルシェ AG   エマニュエル・コラール
  ラルフ・ケレナース
ポルシェ・911 GT1 GT1 327 DNF DNF
1998年   ポルシェ AG   ミケーレ・アルボレート
  ステファン・ヨハンソン
ポルシェ・911 GT1-98 GT1 107 DNF DNF
1999年   チームBMWモータースポーツ   ヨアヒム・ヴィンケルホック
  ピエルルイジ・マルティニ
BMW・V12 LMR LMP 365 1位 1位
2000年   モパー チーム・オレカ   ニコラ・ミナシアン
  ジャン=フィリップ・ベロク
レイナード・2KQ-LM-モパー LMP900 1 DNF DNF
2001年   バイパー チーム・オレカ   ステファン・サラザン
  フランク・モンタニー
クライスラー・LMP LMP900 126 DNF DNF
2002年   アウディスポーツジャパン・チーム郷   加藤寛規
  荒聖治
アウディ・R8 LMP900 358 7位 6位

ツーリングカー編集

ドイツツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 順位 ポイント
1995年 オペル・チーム・ヨースト オペル・カリブラ V6 4x4 HOC1
9
HOC2
Ret
AVU1
11
AVU2
10
NOR1
18
NOR2
Ret
DIE1
DIE2
NÜR1
Ret
NÜR2
16
SIN1
9
SIN2
6
HOC1
8
HOC2
7
19位 17

国際ツーリングカー選手権編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1995年 オペル・チーム・ヨースト オペル・カリブラ V6 4x4 MUG1
15
MUG2
Ret
HEL1
Ret
HEL2
Ret
DON1
Ret
DON2
DNS
EST1
10
EST2
17
MAG1
7
MAG2
4
16位 15
1996年 ヨースト・レーシング・オペル オペル・カリブラ V6 4x4 HOC1
Ret
HOC2
11
NUR1
Ret
NUR2
Ret
EST1
8
EST2
Ret
HEL1
6
HEL2
Ret
NOR1
Ret
NOR2
DNS
DIE1
12
DIE2
7
SIL1
9
SIL2
7
NUR1
8
NUR2
7
MAG1
Ret
MAG2
DNS
MUG1
10
MUG2
10
HOC1
18
HOC2
Ret
SAO1
8
SAO2
11
SUZ1
12
SUZ2
9
17位 33

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ F1シートに復帰!流浪のアルボレート F1GPX 1989年西ドイツGP号 28頁 山海堂
  2. ^ Drivers need to be an 'advocate of a high standard' in F1 - F1 PULSE・2012年10月8日
  3. ^ YANNICK DALMAS ET PIERRE DIEUDONNÉ NOMMÉS « RACE ADVISOR » POUR 2014 - GT TOUR・2014年3月10日
  4. ^ 気になる二人の気になる会話 鈴木亜久里vs片山右京 Racing On No.019 1987年11月号 104頁 武集書房 1987年11月1日発行号

関連項目編集