2003年のNBAドラフト

2003年のNBAドラフトは、2003年度のNBAドラフト。2003年6月26日アメリカ合衆国ニューヨークに所在するマディソン・スクエア・ガーデンで開催された。NBAは41人の大学生と高校生、そして過去最高の31人の外国人選手が、2003年のNBAドラフトの早期エントリー候補者として申請したことを発表した[1]。5月22日のドラフト抽選会で、1位指名権獲得確率が22.50%だったクリーブランド・キャバリアーズが当選し、その後、キャバリアーズのゴードン・ガンド会長は、レブロン・ジェームズを指名すると発言した[2]。2位指名権はデトロイト・ピストンズ、3位指名権はデンバー・ナゲッツだった。このドラフトは、TNTからライセンスを取得した後、ESPNで放送される最初のドラフトとなった。

2003年のNBAドラフト
概要
開催日 2003年6月26日
時間7:30 pm (EDT)
会場マディソン・スクエア・ガーデン
ニューヨーク州マンハッタン
中継(米)ESPN
1位指名選手レブロン・ジェームズ
(クリーブランド・キャバリアーズ)
NBAドラフト

この年は近年にない当たり年で、多くのスター候補を輩出した。この年ドラフトで指名された15人の選手が合計26個のチャンピオンシップを獲得しており、上位指名6人のうち5人(クリス・ケイマンカーメロ・アンソニークリス・ボッシュドウェイン・ウェイドレブロン・ジェームズ)がNBAオールスターゲーム選出と「Redeem Team英語版」でオリンピック金メダルを獲得している。また、全体では9人がオールスターゲームに出場し、ドウェイン・ウェイドは、2006年マイアミ・ヒートNBAチャンピオンに輝き、ファイナルMVPを受賞。2010年にはNBAオールスターゲームのMVPを獲得するなど、多くの選手がそれぞれのチームでスタメンに名を連ねている。レブロン・ジェームズドウェイン・ウェイドクリス・ボッシュの3人はその後ヒートでBIG3を結成し、2012年2013年に2連覇を達成し、レブロンは2年連続でファイナルMVPを受賞。2018年にレブロンがロサンゼルス・レイカーズに移籍すると、2021年カーメロ・アンソニーがレイカーズと契約を交わし、実に18年越しの共闘が実現した。

ドラフト指名編集

 
レブロン・ジェームズは、スポーツの歴史の中で最も期待されたドラフト全体1位指名選手の一人である。高卒のドラフト1位指名は、2001年のクワミ・ブラウン以来2人目であり、2004年にもドワイト・ハワードが高卒で1位指名された[3]
 
トロント・ラプターズから全体4位で指名されたクリス・ボッシュは、2003年のドラフト組のメンバーとして初めてネイスミス記念バスケットボール殿堂に選出されることになった。
 
ドウェイン・ウェイドは全体5位でマイアミ・ヒートに指名された。
 
モー・ウィリアムズは全体47位でユタ・ジャズに指名された。
 
カイル・コーバー は全体51位でニュージャージー・ネッツに指名された (その後、フィラデルフィア・76ersに交渉権がトレード)。
PG ポイントガード SG シューティングガード SF スモールフォワード PF パワーフォワード C センター
* バスケットボール殿堂入り
^ 現役プレーヤー
S NBAオールスター
A オールNBAチーム
R NBAオールルーキーチーム
D NBAオールディフェンシブチーム
C NBAチャンピオン
F ファイナルMVP
# NBAでのプレー経験なし
M シーズンMVP

1巡目編集

指名順 選手名 経歴 国籍 指名チーム 出身校など
太字はこの年のルーキー・オブ・ザ・イヤーに選出された選手
1 レブロン・ジェームズ (SF)  ^  S  A  R  D  C  F  M    クリーブランド・キャバリアーズ セント・ビンセント=セント・メアリー高校 (オハイオ州 アクロン)
2 ダーコ・ミリチッチ (F/C)   デトロイト・ピストンズ (元はグリズリーズの指名権) ヘモファーム・ヴルシャツ (セルビア・モンテネグロABAリーグ)
3 カーメロ・アンソニー (SF)  ^  S  A  R    デンバー・ナゲッツ シラキュース大学
4 クリス・ボッシュ (F/C)  *  S  A  R  D  C    トロント・ラプターズ ジョージア工科大学
5 ドウェイン・ウェイド (SG)  S  A  R  D  C  F    マイアミ・ヒート マーケット大学
6 クリス・ケイマン (C)  S   
 
ロサンゼルス・クリッパーズ 中央ミシガン大学
7 カーク・ハインリック (PG)   シカゴ・ブルズ カンザス大学
8 T・J・フォード (PG)   ミルウォーキー・バックス (元はホークスの指名権) テキサス大学
9 マイケル・スウィートニー (PF)   ニューヨーク・ニックス ジョージタウン大学
10 ジャーヴィス・ヘイズ (F/G)   ワシントン・ウィザーズ ジョージア大学
11 ミカエル・ピートラス (G/F)   ゴールデンステート・ウォリアーズ ÉBポー・オルテッズ (フランスリーグ)
12 ニック・コリソン (PF)   シアトル・スーパーソニックス カンザス大学
13 マーカス・バンクス (PG)   メンフィス・グリズリーズ (セルティックスにトレード)
(元はロケッツの指名権)
ネバダ大学ラスベガス校
14 ルーク・リドナー (PG)   シアトル・スーパーソニックス (元はバックスの指名権) オレゴン大学
15 リース・ゲインズ (F/G)   オーランド・マジック ルイビル大学
16 トロイ・ベル (PG)   ボストン・セルティックス (グリズリーズにトレード) ボストン・カレッジ
17 ザーコ・チャバーカパ (SF)   フェニックス・サンズ ブドゥチノスト・ポドゴリツァ (セルビア・モンテネグロABAリーグ)
18 デビッド・ウェスト (PF)  S    ニューオーリンズ・ホーネッツ ゼイビア大学
19 アレクサンダル・パブロビッチ (F/G)   ユタ・ジャズ ブドゥチノスト・ポドゴリツァ (セルビア・モンテネグロABAリーグ)
20 ダンテイ・ジョーンズ (SG)   ボストン・セルティックス (グリズリーズにトレード)
元はシクサーズの指名権)
デューク大学
21 ボリス・ディアウ (SF)   アトランタ・ホークス (元はインディアナ・ペイサーズの指名権) ÉBポー・オルテッズ (フランスリーグ)
22 ゾラン・プラニニッチ (G/F)   ニュージャージー・ネッツ Cibona Zagreb (クロアチア and ABAリーグ)
23 トラビス・アウトロー (SF)   ポートランド・トレイルブレイザーズ スタークスビル高校 (ミシシッピ州スタークスビル)
24 ブライアン・クック (PF)   ロサンゼルス・レイカーズ イリノイ大学
25 カルロス・デルフィノ (SG)   デトロイト・ピストンズ Fortitudo Bologna (イタリア)
26 ドゥディ・イービー (SF)  
( )
ミネソタ・ティンバーウルブズ ウェストベリー・クリスチャン高校 (テキサス州ヒューストン)
27 ケンドリック・パーキンス (C)   メンフィス・グリズリーズ (キングスからマジックを経由して)
セルティックスにトレード)
クリフトン=オゼン高校 (テキサス州 バーモント)
28 リアンドロ・バルボサ (PG)   サンアントニオ・スパーズ (サンズにトレード) Bauru Tilibra (ブラジル)
29 ジョシュ・ハワード (F/G)  S    ダラス・マーベリックス ウェイクフォレスト大学

2巡目編集

指名順 選手名 経歴 国籍 指名チーム 出身校など
30 マチェイ・ランペ (PF)   ニューヨーク・ニックス (元はナゲッツの指名権) マドリード・コンプルテンセ大学 (スペイン)
31 ジェイソン・カポノ (F/G)   クリーブランド・キャバリアーズ UCLA
32 ルーク・ウォルトン (SF)   ロサンゼルス・レイカーズ (元はラプターズの指名権) アリゾナ大学
33 ジェローム・ビーズリー (PF)   マイアミ・ヒート ノースダコタ大学
34 ソフォクリース・スコーツァニーティス (C)  #    ロサンゼルス・クリッパーズ イラクリスBC (ギリシャ)
35 シモン・シェブチック (PF)  #    ミルウォーキー・バックス (元はグリズリーズの指名権) ブラウンシュヴァイク (ドイツ)
36 マリオ・オースチン (PF)  #    シカゴ・ブルズ ミシシッピ州立大学
37 トラヴィス・ハンセン (SG)   アトランタ・ホークス ブリガムヤング大学
38 スティーブ・ブレイク (PG)   ワシントン・ウィザーズ メリーランド大学
39 スラヴコ・ヴラネス (C)   ニューヨーク・ニックス KKブドゥチノスト・ポドゴリツァ (セルビア・モンテネグロABAリーグ)
40 デリック・ジマーマン (PG)   ゴールデンステート・ウォリアーズ ミシシッピ州立大学
41 ウィリー・グリーン (SG)   シアトル・スーパーソニックス (シクサーズにトレード) デトロイト大学
42 ザザ・パチュリア (PF)   オーランド・マジック フェネルバフチェ・ユルケル (トルコリーグ)
43 キース・ボーガンス (SG)   ミルウォーキー・バックス (マジックにトレード) ケンタッキー大学
44 マリック・バディアヌ (PF)  #    ヒューストン・ロケッツ Langen (ドイツ)
45 マット・ボナー (F)   シカゴ・ブルズ (トロント・ラプターズにトレード)
元はサンズの指名権)
フロリダ大学
46 サニ・ベシロビッチ (SG)  #    デンバー・ナゲッツ (元はセルティックスの指名権) ヴィルトゥス・ボローニャ (イタリア)
47 モーリス・ウィリアムズ (PG)  S    ユタ・ジャズ アラバマ大学
48 ジェームス・ラング (C)   ニューオーリンズ・ホーネッツ セントラルパーク・クリスチャン高校 (アラバマ州バーミングハム)
49 ジェームズ・ジョーンズ (SF)   インディアナ・ペイサーズ マイアミ大学
50 パッセリス・モルレンデ (PG)  #    フィラデルフィア・セブンティシクサーズ (ソニックスにトレード) ディジョン (フランスリーグ)
51 カイル・コーバー (SF)  S    ニュージャージー・ネッツ (シクサーズにトレード) クレイトン大学
52 レモン・ファン・デ・アーレ (C)  #    トロント・ラプターズ (元はロサンゼルス・レイカーズの指名権) FCバルセロナ(スペイン)
53 トミー・スミス (PF)  #    シカゴ・ブルズ (ピストンズからヒートを経由して) アリゾナ州立大学
54 ネドサド・シナノビッチ (C)  #    ポートランド・トレイルブレイザーズ ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
55 リック・リカート (PF)  #    ミネソタ・ティンバーウルブズ ミネソタ大学
56 ブランドン・ハンター (PF)   ボストン・セルティックス (元はサクラメント・キングスの指名権) オハイオ大学
57 薛玉洋 (C)  #    ダラス・マーベリックス (ナゲッツにトレード) 香港フライングドラゴンズ (中国)
58 アンドレアス・グリニアダキス (C)   デトロイト・ピストンズ (元はスパーズの指名権) ギリシャ

ドラフト外入団の主な選手編集

脚注編集

  1. ^ NBA Announces Early-Entry Candidates”. NBA. 2007年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月20日閲覧。
  2. ^ Cavaliers Win NBA Draft Lottery 2003”. NBA. 2007年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月20日閲覧。
  3. ^ Most anticipated No. 1 draft picks”. CBC Sports (2005年7月27日). 2008年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集