メインメニューを開く

ここでは2010年におけるサッカー日本代表(A代表)の試合結果などについて記載する。

2009年-2010年-2011年

概要編集

岡田武史監督の下、AFCアジアカップ2011予選東アジアサッカー選手権2010などを戦い、2010 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント進出を果たし、最終順位は9位だった。岡田武史の退任後はアルベルト・ザッケローニが監督に就任し(2試合は原博実が代行)、親善試合を経て2011年開催のAFCアジアカップ2011コパ・アメリカ2011に臨むことになる[1]

なお、ロンドンオリンピック出場を目指すU-21代表では、関塚隆がA代表コーチとの兼任で監督に就任。11月の広州アジア大会で優勝した(アジア大会初優勝)。

記録編集

競技大会 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
AFCアジアカップ2011 (予選) 2 2 0 0 5 2
国際親善 9 3 2 4 5 10
東アジアサッカー選手権2010 3 1 1 1 4 3
2010 FIFAワールドカップ 4 2 1 1 4 2
合計 18 8 4 6 18 17

得点者編集

ユニフォーム編集

日程編集

      勝利       引分       敗戦

AFCアジアカップ2011 (予選)

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

東アジアサッカー選手権2010

東アジアサッカー選手権2010

東アジアサッカー選手権2010

AFCアジアカップ2011 (予選)

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

国際親善

国際親善

2010 FIFAワールドカップ グループE

2010 FIFAワールドカップ グループE

2010 FIFAワールドカップ グループE

2010 FIFAワールドカップ 決勝トーナメント

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

国際親善 (2010年キリンチャレンジカップ

国際親善

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集