2020年サヒールグランプリ

2020年サヒールグランプリ (英語: 2020 Sakhir Grand Prix) は、2020年のF1世界選手権第16戦として、2020年12月6日バーレーン・インターナショナル・サーキットのアウター・トラックで開催された。

バーレーンの旗 2020年サヒールグランプリ
レース詳細
バーレーン・インターナショナル・サーキット (アウター・トラック)
バーレーン・インターナショナル・サーキット
(アウター・トラック)
日程 2020年シーズン第16戦
決勝開催日 12月6日
開催地 バーレーン・インターナショナル・サーキット(アウター・トラック)
バーレーンの旗 バーレーン サヒール
コース 恒久的レース施設
コース長 3.543km
レース距離 87周 (307.995km)
ポールポジション
ドライバー
タイム 53.377
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジョージ・ラッセル
タイム 55.404 (80周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

正式名称は「Formula 1 Rolex Sakhir Grand Prix 2020[1]

背景編集

開催に至る経緯
バーレーン・インターナショナル・サーキットは当初、3月22日に第2戦バーレーンGPとして開催される予定であったが[2]、同GPを含めた多数のレースが新型コロナウイルス感染症の世界的流行によって延期または中止に追い込まれ、日程は一度白紙状態となった[3][4]8月25日にシーズン終盤戦の日程が発表され、同サーキットで2週連続の開催が決まり、1週目の前戦バーレーンGPは通常のグランプリ・トラックを使う一方、2週目の本レースはF1では初めてとなるアウター・トラックが使用されることになった。グランプリの名称であるサヒールは同サーキットの所在地から採られた[5][6][注 1]
タイヤ
本レースでピレリが持ち込むドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の組み合わせ[7]
サーキット
前述した通り、F1では初めてアウター・トラックが用いられる。このレイアウトは全長が3.543kmと短い高速コースで、F1の事前シミュレーションによると予選のラップタイムは1分を切り、約54秒と予想されている。DRSゾーンはターン3から4とターン11からメインストレートの2ヶ所に設置される[8]。前週に行われたバーレーンGPロマン・グロージャンが事故に見舞われたターン3のガードレールは交換され、2列のタイヤバリアも追加された。これに加え、ターン9(グランプリ・トラックのターン13)のイン側にある縁石が撤去された[9]。トラックリミットの厳格化を目指すFIAは、ターン8のトラックリミット違反を厳しく監視する。フリー走行及び予選ではトラックリミット違反となったラップタイムが抹消され、決勝では3回で警告を示す黒/白旗が出され、4回以上の場合はスチュワードに報告される[10]

エントリー編集

フリー走行編集

FP1は気温26、路面温度30度で始まり[17]、真っ先に周回を重ねたマクラーレン勢がカルロス・サインツJr.が56秒631、ランド・ノリスが56秒884と1分を切るタイムを出し、この時点で早々と1974年フランスGP(en)(ディジョン・プレノワ・サーキット)の予選でニキ・ラウダが記録した58秒79を超えた。ルイス・ハミルトンの病欠により急遽メルセデスに乗るジョージ・ラッセルが54秒546のトップタイムを出した[18]

FP2は気温24度、路面温度26度で始まり、ラッセルが54秒713でFP1に続いてトップタイムを出した。チームメイトのバルテリ・ボッタスは54秒506でラッセルより速いタイムを出していたが、ターン8のトラックリミット違反によりタイムが抹消された[19]。ボッタスはその後も満足な走りができず11番手に終わった[20]。ラッセルに続いたのはマックス・フェルスタッペンの54秒841だったが[19]、フェルスタッペンはマシンバランスにおいてメルセデスとの差を感じ取った[21]

一夜明けたFP3は気温25度、路面温度30度で始まった[22]ハースはセッション開始を前にピエトロ・フィッティパルディのパワーユニットのうち、エナジーストア(ES)とコントロールエレクトロニクス(CE)の交換を行った。両コンポーネントとも年間最大基数[注 2]を超える3基目となったため、グリッド降格ペナルティが科せられる[23]。トップタイムはフェルスタッペンの54秒064だが、15番手のセバスチャン・ベッテルまでわずか0.794秒の差であった[22]

予選編集

2020年12月5日 20:00 AST(UTC+3)

  • 気温24、路面温度27度、ドライコンディション[24]

メルセデスバルテリ・ボッタスが、病欠のルイス・ハミルトンに代わって急遽メルセデス・W11を駆るジョージ・ラッセルをわずか0.026秒差で抑え、今季5回目のポールポジションを獲得して意地を見せた。フロントローを独占したメルセデス勢は唯一Q2をミディアムタイヤで通過して[注 3]、ハミルトン不在の中でも優位を見せつけた。マックス・フェルスタッペンはボッタスに0.056秒差で3番手、シャルル・ルクレールは新品のソフトタイヤがなくなったため2度目のアタックをしなかったが4番手に入った[25]アルファタウリ勢は2台ともQ3進出を果たしたが[26]アレクサンダー・アルボンはタイヤ戦略を見誤りQ2で敗退した[27]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 53.904 53.803 53.377 1
2 63   ジョージ・ラッセル メルセデス 54.160 53.819 53.403 2
3 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 54.037 53.647 53.433 3
4 16   シャルル・ルクレール フェラーリ 54.249 53.825 53.613 4
5 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 54.236 53.787 53.790 5
6 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 54.346 53.856 53.906 6
7 3   ダニエル・リカルド ルノー 54.388 53.871 53.957 7
8 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 54.450 53.818 54.010 8
9 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 54.207 53.941 54.154 9
10 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 54.595 53.840 54.200 10
11 31   エステバン・オコン ルノー 54.309 53.995 11
12 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 54.620 54.026 12
13 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 54.301 54.175 13
14 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 54.523 54.377 14
15 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 54.705 15
16 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 54.796 16
17 89   ジャック・エイトケン ウィリアムズ-メルセデス 54.892 17
18 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 54.963 18
19 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 54.194 54.693 19 1
20 51   ピエトロ・フィッティパルディ ハース-フェラーリ 55.426 20 2
107% time: 57.677
ソース:[28][29]

追記
  • ^1 - ノリスは決勝前に年間最大基数以上のPUコンポーネント(4基目のエンジン(ICE)/ターボチャージャー(TC))に交換し、降格グリッド数が15に達したため後方グリッドに降格[30][31]
  • ^2 - フィッティパルディはFP3を前に年間最大基数以上のPUコンポーネント(3基目のエナジーストア(ES)/コントロールエレクトロニクス(CE))に交換し、降格グリッド数が15に達したため後方グリッドに降格[32][23]

決勝編集

2020年12月6日 20:10 AST(UTC+3)

  • 気温21度、路面温度24度、晴、ドライコンディション[33]

イタリアGPと同じように、メルセデスにピットミスが発生し大波乱となったレースをセルジオ・ペレスが制した。ペレスにとっては、F1史上最も遅い190戦目での初優勝であり[34][注 4]、レーシング・ポイントにとっても初優勝となった。2位に入ったルノーのエステバン・オコンもF1初表彰台。3位にはランス・ストロールが入り、レーシング・ポイントは初のダブル表彰台を獲得した。また、オコンは2018年途中のレーシング・ポイント発足時に同チームに在籍しており、本レースはレーシング・ポイントでの参戦経験があるドライバーが表彰台を占めることとなった。メキシコ人の優勝は1970年ベルギーGPペドロ・ロドリゲス以来50年ぶりである[35]。ペレスはスタート直後にシャルル・ルクレールに接触してピットインを強いられ最後尾まで順位を落としたが、そこから巻き返しての優勝だった。なお、ルクレールはペレスとの接触によって行き場を失ったマックス・フェルスタッペンとともにクラッシュした件により、次戦アブダビGPで3グリッド降格のペナルティが科せられた[36]。初優勝を逃したジョージ・ラッセルはバルテリ・ボッタス用のタイヤを装着した件で審議対象となったが、チームに罰金が科せられただけで済み、初入賞(9位)と初のファステストラップが確定した[37]

展開編集

ラッセルがスタートを決め、スタートの蹴り出しが鈍かったボッタスをターン1でパス。メルセデス勢の後ろでルクレール、フェルスタッペン、ペレスの3人が3位争いをする中、ターン4でルクレールがブレーキングを遅らせすぎた結果、ペレスに接触してスピン、ルクレールはフロントサスペンションを損傷してしまう。フェルスタッペンはこれを回避しようと減速してワイドターンを取ったが、ターン4外が特殊舗装のアスファルトではなくグラベルであったことに気づかず[38]に侵入したことでトラクションを失い、バリアに衝突した。ルクレールとフェルスタッペンはリタイアしたが、ペレスはフロアにダメージがあったもののピットに戻ることができ、ミディアムタイヤに交換して最後尾を走行した。ターン3ではライコネンが単独スピンしたがダメージはなくそのままレースに復帰した。

このアクシデントを受けて入ったセーフティカー(SC)が7周目に解除されると、1位走行のラッセルがファステストラップを連発する走りで徐々にリードを広げていく。その後ろにはマクラーレン、アルファタウリ、ルノーのドライバーが続いた。ペレスは20周目にはポイント圏内の10位に浮上。50周目には全チームが最初のピットストップを行い、トップ3はラッセル、ボッタス、サインツ。 ペレスは2回目のピットストップを行い、9番手で復帰した。

54周目にトップに立ったラティフィは、ターン8でオイル漏れを起こしてリタイアし、バーチャル・セーフティカー(VSC)が導入された。トップを走る2台のメルセデスの後ろにいた数人のドライバーがタイヤ交換のためにピットインした。サインツとリカルドはVSCの解除が予想よりも早かったことから、グリーンフラッグ下でのピットインを余儀なくされ、順位を下げてしまった。SC中のステイアウトを選択したペレスが3位に浮上し、オコンが4位、ストロールが5位となった。

61周目、15位のジャック・エイトケンがスピンしてフロントウイングをバリアに接触させウイングが脱落。本レース2回目のVSCが発動した。メルセデスは63周目に両ドライバーのピットインを選択し、この時点でVSCはデブリ回収のためSCに変更された。メルセデスのタイヤクルーとの無線通信に問題があったため、どちらのタイヤを先に準備するかでピットに混乱が生じた。ラッセルはボッタスのフロントタイヤを誤って装着した状態でコースに復帰し、ボッタスに関してはクルーが作業中にミスに気付いたため、とりあえず自分が履いてきたタイヤを再装着して送り出されることになり、30秒近くのタイムロスとなった。ラッセルは次の周に正しいタイヤを装着するために再びピットインすることを余儀なくされた。ボッタスが4位、ラッセルが5位となり、トップ3にはペレス、オコン、ストロールが入った。

69周目にSCが終了すると、トップ4ドライバーの中で唯一フレッシュタイヤを履いていたラッセルは73周目までにボッタス、ストロール、オコンを次々にオーバーテイクして2位に浮上。ボッタスはピット作業の混乱で結局交換できずじまいのままのハードタイヤの性能低下で9位に後退。78周目、ラッセルのマシンは左リアタイヤのパンクに見舞われ、再びタイヤ交換のためのピットインを余儀なくされ14番手まで後退したが9位まで挽回し、自身のF1キャリア初のポイントとファステストラップポイントを獲得した。レースはこのままペレスが逃げ切り、キャリア初優勝を飾った。

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 11   セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 87 1:31:15.114 5 25
2 31   エステバン・オコン ルノー 87 +10.518 11 18
3 18   ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 87 +11.869 10 15
4 55   カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 87 +12.580 8 12
5 3   ダニエル・リカルド ルノー 87 +13.330 7 10
6 23   アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 87 +13.842 12 8
7 26   ダニール・クビアト アルファタウリ-ホンダ 87 +14.534 6 6
8 77   バルテリ・ボッタス メルセデス 87 +15.389 1 4
9 63   ジョージ・ラッセル メルセデス 87 +18.556 2 3 FL
10 4   ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 87 +19.541 19 1
11 10   ピエール・ガスリー アルファタウリ-ホンダ 87 +20.527 9
12 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 87 +22.611 11
13 99   アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 87 +24.111 14
14 7   キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 87 +26.153 18
15 20   ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 87 +32.370 15
16 89   ジャック・エイトケン ウィリアムズ-メルセデス 87 +33.674 17
17 51   ピエトロ・フィッティパルディ ハース-フェラーリ 87 +36.858 20
Ret 6   ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 52 オイル漏れ[39] 16
Ret 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 0 アクシデント[36] 3
Ret 16   シャルル・ルクレール 1 フェラーリ 0 接触[36] 4
ソース:[40]

追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • ^1 - ルクレールはターン4でペレスと接触し、フェルスタッペンを巻き込む形でリタイアした件の責任を問われ、次戦アブダビGPでの3グリッド降格ペナルティとペナルティポイント2点(合計3点)が科せられた[41][36]

優勝者セルジオ・ペレスの平均速度[42]
202.513 km/h (125.836 mph)
ファステストラップ[43]
ラップリーダー[44]
太字は最多ラップリーダー

第16戦終了時点のランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この年は既にレッドブル・リンクシルバーストン・サーキットで2週連続開催が実施されたが、2レースで異なるレイアウトを用いるのはバーレーンのみである。
  2. ^ この年のパワーユニットコンポーネントの年間最大基数はエンジン(ICE)/ターボチャージャー(TC)/MGU-H/MGU-Kが3基、エナジーストア(ES)/コントロールエレクトロニクス(CE)が2基。シーズン中にドライバーの交代があった場合、基数は前任者(今回の場合はロマン・グロージャン)のものを引き継ぐ。
  3. ^ Q3に進出したドライバーは、Q2でベストタイムを記録したタイヤで決勝をスタートする。
  4. ^ それまでの最も遅い初優勝はマーク・ウェバーの130戦目。

出典編集

  1. ^ Sakhir Grand Prix 2020 - Bahrain F1 Race”. The Official F1 Website. 2020年12月2日閲覧。
  2. ^ 2020年F1カレンダーが承認、日本GPは10月11日に開催。史上最多22戦の過密スケジュールでテストが大幅縮小へ”. autosport web (2019年10月5日). 2020年12月2日閲覧。
  3. ^ F1バーレーンGPとベトナムGPの延期が決定。2020年シーズンは「5月末スタート」に”. autosport web (2020年3月13日). 2020年12月2日閲覧。
  4. ^ F1が公式サイトから2020年カレンダーを取り下げ「調整がつき次第、修正版を発表」夏開幕を目指すと改めて表明”. autosport web (2020年4月17日). 2020年12月2日閲覧。
  5. ^ 2020年シーズンのF1スケジュールが確定。トルコGPが復活、今季は全17戦の開催に”. autosport web (2020年8月25日). 2020年12月2日閲覧。
  6. ^ 2020年バーレーン2戦目は初のショートコースで開催。予選タイムは史上最短の55秒以下に”. autosport web (2020年8月29日). 2020年12月2日閲覧。
  7. ^ ピレリ、2020年F1後半7戦のコンパウンドを発表…イモラ・アルガルベ・イスタンブールは変則セット供給”. Formula1-Data (2020年9月10日). 2020年12月2日閲覧。
  8. ^ 【動画】F1初のバーレーン・アウタートラック。予想タイムは約54秒、DRSゾーンは2カ所/第16戦サクヒールGP”. autosport web (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  9. ^ グロージャンの大事故を受け、バーレーンのターン3が一部修正。タイヤバリアが追加”. motorsport.com (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  10. ^ 【ホンダF1】4台全てトップ10入りで好調なペースを披露/F1サヒールGP”. TopNews (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  11. ^ a b ハースF1、第16戦サクヒールGPでグロージャンの代役にピエトロ・フィッティパルディを起用すると発表”. www.as-web.jp (2020年12月1日). 2020年12月2日閲覧。
  12. ^ メルセデスF1のルイス・ハミルトン、新型コロナウイルスに感染。今週末の第16戦サクヒールGPを欠場”. www.as-web.jp (2020年12月1日). 2020年12月2日閲覧。
  13. ^ a b メルセデス、ハミルトンの代役にラッセルを抜擢。エイトケンがウイリアムズからF1デビュー:サクヒールGP”. www.as-web.jp (2020年12月2日). 2020年12月2日閲覧。
  14. ^ 突然F1デビュー決定のエイトケン「準備はできている。ウイリアムズが入賞を遂げられるよう、全力で貢献する」”. www.as-web.jp (2020年12月2日). 2020年12月2日閲覧。
  15. ^ Entry List”. FIA (2020年12月3日). 2020年12月4日閲覧。
  16. ^ Sakhir 2020 - Race entrants”. STATS F1. 2020年12月5日閲覧。
  17. ^ F1サクヒールGP FP1:ハミルトンの代役務めるラッセルが首位発進。ホンダPU勢は4台がトップ6に”. autosport web (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  18. ^ F1サクヒールFP1:代役ラッセルがいきなりの一番時計。ホンダPU勢は好調”. motorsport.com (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  19. ^ a b F1サクヒールFP2:またもラッセルがトップタイム。フェルスタッペンが続く”. motorsport.com (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  20. ^ ボッタス「唯一まともに走れたラップがトラックリミット違反で取り消された」メルセデス【F1第16戦金曜】”. autosport web (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  21. ^ フェルスタッペン、2番手連取もメルセデスとの”事実上”の差は巨大「ロングランはかなり良好だけど…」”. autosport web (2020年12月5日). 2020年12月5日閲覧。
  22. ^ a b F1サクヒールFP3:フェルスタッペン首位も予選は激戦の予感。ガスリー3番手”. motorsport.com (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  23. ^ a b デビュー戦のピエトロ・フィッティパルディ、PUコンポーネント交換でグリッド最後尾に”. motorsport.com (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  24. ^ この節で特記のない出典は、F1サクヒールGP予選:ボッタスが意地を見せポール! 代役ラッセルを0.026秒差で退ける”. motorsport.com (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  25. ^ ルクレール、1アタックで4番手「もう1回走れても、これ以上のタイムは出せなかった」フェラーリ【F1第16戦予選】”. autosport web (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  26. ^ ホンダF1、ポールまで1000分の56秒差の3番手含む3台TOP9「決勝の鍵は状況変化への迅速な対応」と田辺TD”. Formula1-Data (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  27. ^ Q2敗退のアルボン「FP3でソフトタイヤを履いて走らなかったことが響いた」レッドブル・ホンダ【F1第16戦予選】”. autosport web (2020年12月6日). 2020年12月6日閲覧。
  28. ^ FORMULA 1 ROLEX SAKHIR GRAND PRIX 2020 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2020年12月5日). 2020年12月6日閲覧。
  29. ^ FORMULA 1 ROLEX SAKHIR GRAND PRIX 2020 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  30. ^ Doc 29 - 2020 Sakhir Grand Prix - Offence - Car 4 - PU Elements”. FIA (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  31. ^ 【追記】ノリスがICEとTCを交換。グリッド降格決定/2020年F1第16戦サクヒールGPグリッド”. autosport web (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  32. ^ Doc 16 - 2020 Sakhir Grand Prix - Offence - Car 51 - PU Elements”. FIA (2020年12月5日). 2020年12月6日閲覧。
  33. ^ 狂乱の87周…ペレスが190戦目で大逆転初優勝!失策と不運で勝利を奪われたラッセル / F1サクヒールGP《決勝》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  34. ^ 190戦目、F1史上最も遅い初優勝……ペレス「この勝利は“実力”で手にした」”. motorsport.com (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  35. ^ 50年ぶりのメキシコ国歌、ペレス初優勝!!”. f1-stinger2.com. f1-stinger2.com.  2020-12-07閲覧。
  36. ^ a b c d ルクレール、1周目のクラッシュでペナルティ。最終戦アブダビGPで3グリッド降格”. motorsport.com (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  37. ^ ボッタス用タイヤを履いてしまったラッセル、罰金処分に。9位入賞のリザルトはそのまま”. motorsport.com (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  38. ^ 【2020 Rd.16 SKH】フェルスタッペン、不用意な1周目のクラッシュ【サヒールGP】 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月15日閲覧。
  39. ^ 初レースで多くを学んだエイトケン”. Bella Gara (2020年12月7日). 2020年12月7日閲覧。
  40. ^ FORMULA 1 ROLEX SAKHIR GRAND PRIX 2020 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  41. ^ Doc 37 - 2020 Sakhir Grand Prix - Offence - Car 16 - causing a collision”. FIA (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  42. ^ Sakhir 2020 - Result”. STATS F1 (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  43. ^ FORMULA 1 ROLEX SAKHIR GRAND PRIX 2020 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  44. ^ Sakhir 2020 - Laps led”. STATS F1 (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  45. ^ 2020 Formula One Sakhir Grand Prix - Driver Standings”. Motorsport Stats (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
  46. ^ 2020 Formula One Sakhir Grand Prix - Team Standings”. Motorsport Stats (2020年12月6日). 2020年12月7日閲覧。
前戦
2020年バーレーングランプリ
FIA F1世界選手権
2020年シーズン
次戦
2020年アブダビグランプリ
  サヒールグランプリ