レーシング・ポイント

レーシング・ポイントUKリミテッドRacing Point UK Limited)は、2018年に発足したF1のコンストラクター。

レーシング ポイント・BWTメルセデス
イギリスの旗 Logo Racing Point imitación.png Racing Point
エントリー名 BWT・レーシング・ポイントF1チーム
BWT Racing Point logo 2020.png
チーム国籍 イギリスの旗 イギリス
チーム本拠地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ノーサンプトンシャー州シルバーストン
チーム代表者 オトマー・サフナウアー(チーム代表)
アンディ・スティーブンソン(スポーティングディレクター)
スティーブ・カーナウ(コマーシャルディレクター)
ローレンス・ストロール(創設者)
テクニカルディレクター アンドリュー・グリーン(テクニカルディレクター)
トム・マカロー(チーフレースエンジニア)
2020年のF1世界選手権
ドライバー 11. メキシコの旗 セルジオ・ペレス
18. カナダの旗 ランス・ストロール
27. ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ
テストドライバー ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン
メキシコの旗 エステバン・グティエレス
シャーシ RP20
エンジン BWTメルセデス
メルセデスAMG F1 M11 EQ Performance)
タイヤ ピレリ
F1世界選手権におけるチーム履歴
参戦年度 2019 -
(※2018年はフォース・インディア名義)
出走回数 ※9(2018年)
21
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズ
タイトル
0
優勝回数 0
通算獲得ポイント ※52(2018年)
73
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦2018年ベルギーGP
(フォース・インディア名義)
2019年オーストラリアGP
2019年順位 7位 (73ポイント)
(記録は2019年最終戦アブダビGP終了時)
テンプレートを表示

同年半ばから、前身のフォース・インディアを引き継いで緊急参戦し、翌年から正式に現行名で始動した。2020年のエントリー名は「BWT・レーシング・ポイントF1チーム」(BWT Racing Point F1 Team)。翌2021年からは、「アストンマーティン」にコンストラクターを改称する予定である。

概要編集

2008年から参戦していたフォース・インディアを買収し、2018年度より参戦しているF1チーム。元をたどるとジョーダン・グランプリ(1991年 - 2005年)→MF1レーシング(2006年)→スパイカーF1(2007年)→フォース・インディア(2008年 - 2018年)と続く系譜に連なるチームである。

シーズン編集

2018年編集

かねてから深刻な資金難に陥っていたフォース・インディアは、ハンガリーGPにてチームの破産手続きを開始したと発表[1]。債権者の一人でもあったペレスは、チームを破綻から救うために断腸の思いで手続きを決断した[2]。これによってチームは管財人の管理下で売却先を求めることになり、2017年よりF1参戦しているランス・ストロールの父親で資産家のローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムへの売却が決まった[3]。これに伴い第13戦ベルギーGPよりチーム名を「レーシング・ポイント・フォース・インディア・F1チーム」に変更、また国籍はインドからイギリスに変更された[4]

FIAからの承認を受けて同GPからの出場は可能になったが、新規参戦チームとして扱われ、ハンガリーGPまでのコンストラクターズポイントは無効とされた(ドライバーズポイントに関してはそのまま保持)[5]

新生フォース・インディアの初戦となったベルギーGPは、雨による混乱のあった予選でオコンが3位、ペレスが4位とグリッドの2列目を占め、決勝でもペレスが5位、オコンが6位とダブル入賞を果たした。ポイントが無効とされた当時、59ポイントでコンストラクターズ・ランキングの5位につけていたが、ベルギーGP以降52ポイントを獲得し、ランキング7位まで盛り返した。

2019年編集

今期から正式に、コンストラクター名を「レーシングポイント」で承認。ケニアのオンラインブックメーカースポーツペサ」がタイトルスポンサーに就任し、「スポーツペサ・レーシング・ポイントF1チーム」の名で参戦を開始[6]。ペレスが残留し、ウィリアムズからランス・ストロールが移籍した。エンジンの供給は引き続きメルセデスが請け負うが、欧州企業BWTのスポンサーを冠して「BWTメルセデス」の名で登録する[7]

シーズンは、序盤戦こそまずまずのスタートを切ったものの、早い段階から下位に低迷した。これは昨シーズン途中のチーム消滅で予算の不透明な問題が響き、来期の開発に注力出来なかったのも影響した。しかし後半戦から立て直し、特にペレスの奮闘で大きくV字回復を遂げている[8]。反面ストロールは、ドイツGPで今期チーム最高の4位を記録した以外は伸び悩んだ。そのため、昨シーズンの実質成績(フォース・インディア59Pとレーシング・ポイント52Pの合算111ポイント)からは後退している[9]

2020年編集

マシン・ドライバー・エンジンサプライヤー共に、昨シーズンのラインナップを継続。スポーツペサがタイトルスポンサーを降板し、以前からパートナーシップを組む「BWT」が新たに就任[10]。今期のエントリー名は、「BWT・レーシング・ポイントF1チーム」となる[11]

レーシングポイントから「アストンマーティン」へ編集

2020年1月、チームのオーナーであるローレンス・ストロール率いる投資家グループが、イギリスの有名な自動車メーカーブランド「アストンマーティン」の株式を取得し、企業の大株主に就く[12]。そしてコンストラクター名の「レーシングポイント」を改称することになり、翌2021年シーズンより61年ぶりに「アストンマーティン」によるコンストラクター名の復帰が明らかとなった。これにより現体制(製造者名)では、 2020年シーズンが最後の参戦になる[13]

戦績編集

※2018年のコンストラクター登録は「フォース・インディア」名義

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
2018 VJM11 メルセデス M09 EQ Power+
1.6L V6ターボ
P AUS BHR CHN AZE ESP MON CAN FRA AUT GBR GER HUN BEL ITA SIN RUS JPN USA MEX BRA ABU 52 7位
  ペレス 5 7 16 10 7 8 Ret 10 8
  オコン 6 6 Ret 9 9 DSQ 11 14 Ret
2019 RP19 BWTメルセデス
1.6L V6ターボ
P AUS BHR CHN AZE ESP MON CAN FRA AUT GBR GER HUN BEL ITA SIN RUS JPN MEX USA BRA ABU 73 7位
  ペレス 13 10 8 6 15 12 12 12 11 17 Ret 11 6 7 Ret 7 8 7 10 9 7
  ストロール 9 14 12 9 Ret 16 9 13 14 13 4 17 10 12 13 11 9 12 13 19† Ret

ギャラリー編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ フォース・インディア、破産手続きを開始”. F1-Gate.com (2018年7月28日). 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ ペレス、フォース・インディアF1破産申請の経緯を明かす。「スタッフに法的措置を請われ断腸の思い」”. AUTOSPORTweb (2018年7月31日). 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ 消滅危機のフォース・インディアF1をストロール父が救済。チームは新オーナーのもと、活動継続へ”. AUTOSPORTweb (2018年8月8日). 2018年8月9日閲覧。
  4. ^ レーシングポイント、フォースインディアの資産のみを”. F1-Gate.com (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ 新生“レーシング・ポイント・フォース・インディア”のF1参戦が承認。チーム譲渡により前半戦のポイントは取り消しに”. AUTOSPORTweb (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  6. ^ レーシングポイント、2019年F1マシンのカラーリングを披露”. オートスポーツweb (2019年2月14日). 2019年2月14日閲覧。
  7. ^ レーシングポイント、2019年のF1エンジンを「BWT-Mercedes」とネーミング”. FORMULA1-DATA.com (2019年3月4日). 2019年12月21日閲覧。
  8. ^ 「レーシングポイントF1にとって困難なシーズンだったが、いい仕事ができた」ペレス、2020年の飛躍に期待”. オートスポーツweb (2019年12月25日). 2020年1月8日閲覧。
  9. ^ F1プライベーター通信簿(5):レーシングポイント|浮き沈みが激しかった1年”. Motorsport.com (2019年12月21日). 2020年1月8日閲覧。
  10. ^ 飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表”. motorsport.com (2020年2月17日). 2020年2月18日閲覧。
  11. ^ レーシングポイントF1、2020年の新車「RP20」とチーム名変更を発表”. FORMULA1-DATA.com (2020年2月19日). 2020年2月22日閲覧。
  12. ^ ストロール父がアストンマーチン大株主に。レーシングポイントの名称も変更へ”. motorsport.com (2020年1月31日). 2020年2月18日閲覧。
  13. ^ 2020年型レーシングポイントF1マシン『RP20』”. オートスポーツweb (2020年2月17日). 2020年2月18日閲覧。

外部リンク編集