2028年ロサンゼルスオリンピック

2028年にアメリカで行われる予定の第34回夏季オリンピック

2028年ロサンゼルスオリンピック(2028ねんロサンゼルスオリンピック)は、2028年7月21日から8月6日までの17日間、アメリカ合衆国ロサンゼルスで開催される予定のオリンピック競技大会

2028年ロサンゼルスオリンピック
第34回オリンピック競技大会
Jeux de la XXXIVe olympiade
Games of the XXXIV Olympiad
11-11-06-LA-Coliseum-USC-UO.jpg
開催都市 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
開会式 2028年7月21日
閉会式 2028年8月6日
主競技場 ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
夏季
冬季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

2017年9月13日ペルーリマで開かれた国際オリンピック委員会総会第131次IOC総会英語版)で開催地が決定した[1]。ロサンゼルスでの開催は1984年以来44年ぶり3度目となり、同国での開催は夏季大会としては1996年アトランタオリンピック以来32年ぶり5度目、冬季大会を含めば2002年ソルトレークシティオリンピック以来26年ぶり9度目となる。

開催地決定までの過程編集

  • 2017年
    • 6月9日 - ローザンヌでのIOC理事会で2024年大会と同時に開催都市を決定する声明が発表された[2]。この時IOCは9月の総会までに両都市の協議により開催順の合意を得ることを希望しており、合意のなかった場合IOC委員による投票を行う予定だった[3]
    • 6月 - 評価委員会が各立候補都市の評価報告書を公開する。
    • 7月31日 - ロサンゼルスが2024年招致を断念[4]
    • 9月13日 - ペルーリマで開かれた第131次IOC総会英語版で正式決定した。

立候補した都市編集

ヨーロッパ編集

北アメリカ編集

立候補を検討していた都市編集

いずれも2017年の2024年大会との開催都市同時決定以前の動き。

アフリカ編集

アジア編集

ヨーロッパ編集

北アメリカ編集

オセアニア編集

  •   オーストラリア - オーストラリアでは過去に1956年にメルボルン、2000年にシドニーで夏季五輪開催実績がある。
    • ブリスベン - ブリスベンのカーク市長は2015年2月26日、同市を中核として2028年夏季五輪の招致に意欲を示した。同国オリンピック委員会も賛同しているという。立候補する場合はブリスベンの他にゴールドコーストなどが含まれていた。最終的に2028年の候補地にはならなかったが、その後2032年ブリスベンオリンピックの開催都市に名乗りを挙げ、2021年7月に東京で開催されたIOC総会で2032年の開催都市に決定した。
    • メルボルン

南アメリカ編集

エンブレム編集

大会エンブレムは2020年9月1日に発表され、五輪・パラリンピック同一エンブレムを採用。LA28Aのデザインを複数のエンブレムを変化する仕組みであり、様々なクリエイターが手掛けた。

実施競技編集

2021年12月9日のIOC理事会ではLA28における実施競技として、2020年東京大会から追加種目として行われている3競技(スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン)を含む下記の28の競技が選ばれた。ドーピングの多発や国際競技連盟の組織統治の問題が指摘されているウエイトリフティングボクシング、さらに馬術種目の除外が検討されている近代五種は保留とされた。2022年2月のIOC総会での承認を経て決定される[5][6]

競技会場編集

LA28招致委員会は新設の施設を一切建設せず、既存の競技施設で開催される。メイン会場は1932年と1984年のメインスタジアムのLAコロシアム。その他ステイプルズ・センターやマイクロソフト・シアター、ローズボウルディグニティ・ヘルス・スポーツ・パーク。2020年に完成したSoFiスタジアム等が使われるが、IOCの規定により大会期間中はスタジアム名称が変更される予定。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集