メインメニューを開く

asobius(アソビウス)は日本のロックバンド。UK.PROJECT傘下のRX-RECORDS所属。

asobius
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ポスト・ロック
エモ
活動期間 2011年 -
レーベル RX-RECORDS(2013年 - )
事務所 UK PROJECT
公式サイト asobius official web site
メンバー 甲斐 一斗 (Vo.)
旧メンバー 髙橋 真作 (Gt.)
杉本 広太 (Gt.)
海北 真 (Ba.)
石川 直吉 (Dr.)
宮下 孝太 (Dr.)

目次

概要編集

  • 2011年10月、甲斐一斗 (Vo.) が中心となり、海北真 (Ba.)、髙橋真作 (Gt.)、宮下孝太 (Dr.) と元メンバー (Gt.) の5人で結成。2012年夏頃、元メンバー (Gt.) の脱退に伴い杉本広太 (Gt.) が加入。2015年3月、Dr.宮下が脱退し、同4月、新メンバーとして石川直吉 (Dr.) が加入。2016年8月、Gt.杉本が脱退。以後、4人体制で活動を続けてきたが、2017年12月、Vo.甲斐を除く3人のメンバーが脱退し事実上の解散となるも、Vo.甲斐の 『asobius』 という名前を残したいという思いにより、活動を継続していく事となる。
    • Vo.甲斐が、共通の友人のいるBa.海北に声をかけ、コミュニティーサイトでのバンドメンバー募集の呼びかけによりGt.髙橋が加入し、髙橋の友人であるDr.宮下と元メンバー、のちにGt.杉本が加入した[1]
    • 2015年3月5日、Dr.宮下の脱退に伴い、Gt.髙橋の友人である石川直吉にサポートメンバーとしての加入を依頼。サポートドラムとして6 回のライブを経た後、同4月14日、正式メンバーとなる[2]
  • バンド名は、楽曲が英詞なので[注 1]、英語のバンド名だと海外で被ったり埋もれたりするのではとの懸念から、日本語である 『asobi (遊び)』 の後ろに響きとして気に入った 『us』 を付けた[1]
  • 作詞は主にVo.甲斐が手掛けている[注 2]
  • 作曲は、Vo.甲斐の作ったデモをもとにメンバー全員でセッションを行い仕上げていく[3][注 3]
  • アコースティック編成での演奏の時は、通称として 『acobius』(アコビウス) と呼んでいる[4]

メンバー編集

  • 甲斐 一斗(かい かずと) (1987-09-09) 1987年9月9日(31歳)
    • ボーカルキーボードアコースティックギター、作詞、作曲、指揮棒担当。A型。東京都出身。
    • 指揮棒は、音楽を聴いている時につい手を動かしてしまう癖があることから、それを活かし、聴衆と同調するようなつもりで振っているという[5]
    • 映画音楽、ゲーム音楽 『ファイナルファンタジー』 や 『クロノトリガー』、ポストロックMEW』 や 『シガー・ロス』 等が自身の音楽性のルーツと述べている[3][6]
    • 英詞での作詞の際は、まず日本語で詞を書いてから翻訳していくという。
    • ギターは弾けるが、楽器に対する造詣はあまり深くないという[3]
    • asobius を立ち上げる前は、ツインボーカル邦ロックバンド 『MotherMAN』 のスタッフをしていた[7]
    • すあま、だんご、大福等の和菓子が好き。ただし、豆大福は嫌い[8]

元メンバー編集

  • 髙橋 真作(たかはし しんさく) (1990-03-11) 1990年3月11日(29歳)
    • ギター担当。A型。東京都出身。
    • mixiでのバンドメンバー募集により加入[5]
    • 2017年12月18日の asobius one-man show 『DOORS』 をもって脱退。
    • 東京工学院ミュージック科ギター専攻卒[9]
    • 松村拓人との弾き語りデュオ 『フタリ』 として活動している。
    • 愛猫家。ムーミンが好き。
  • 杉本 広太(すぎもと こうた) (1989-09-30) 1989年9月30日(29歳)
    • ギター、作曲担当。O型。東京都出身。
    • Gt.髙橋の紹介により、2012年夏頃よりサポートメンバーとして加入したのち、正式メンバーとなる[10]
    • 2016年8月22日のベリテンライブをもって脱退[11]
    • 東放ミュージックカレッジ[注 4]ギター科卒。
    • 自身の音楽性のルーツは、ロックやメタルであると述べている[3][6]
    • 専門学校在学中から4年間にわたり、女性ボーカルとアコースティックユニットを組んでいた[3][12]
    • 兄二人の影響を受け、中学のころからギターを始める[13]
    • 緑色が好きとTwitterなどで公言している。
  • 海北 真(かいほく まこと) (1987-12-08) 1987年12月8日(31歳)
    • ベース担当。O型。東京都出身。
    • Vo.甲斐とは共通のバンド仲間を通じて知り合い、バンド加入の誘いを受ける[10]
    • 2017年12月18日の asobius one-man show 『DOORS』 をもって脱退。
    • ミューズ音楽院プレーヤー科ベース専攻卒[14]
    • ジャミロクワイ』 などのアシッドジャズが自身の音楽性のルーツと述べている[3][6]
    • LOST IN TIME海北大輔とは従兄弟にあたる[15]
    • 中学3年時の文化祭をきっかけにベースを始める[13]
    • 小学校から高校まで野球部に所属しており、子供の頃の将来の夢はプロ野球選手だった[16]
    • アニメ好き。アニヲタと自称している。
  • 宮下 孝太(みやした こうた) (1990-06-10) 1990年6月10日(29歳)
    • ドラム担当。東京都出身。
    • Gt.髙橋の紹介により加入[10]
    • ライブや楽曲の制作を進めていく中で、方向性の違いが生じたことから、2015年3月、脱退[22]
    • ミューズ音楽院プレーヤー科ドラム専攻卒[23]

来歴編集

  • 2011年 10月頃、甲斐一斗 (Vo.) を中心に結成。
  • 2012年 7月、初ライブ&自主無料 1st デモシングル 『I'm in the love』 発表。
  • 2013年 初頭、RX-RECORDSと契約[24]
    • 5月29日、デビューミニアルバム 『Rainbow』 (RX-074) リリース。
    • 6月9日、SAKAE SP-RING 2013 に出演。
    • 9月18日、1st シングル 『starlight』 (RX-082) リリース
    • 12月、初の自主企画ライブ 『Rave LOVE-to-LOVE』 ツアーを東名阪で開催。
  • 2014年
    • 3月19日、1st アルバム 『pray & grow』 (RX-085,086) をリリース。
    • 5月25日、TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014 に出演。
    • 6月8日、SAKAE SP-RING 2014 に出演。
    • 6月、東阪にて『pray & grow』 リリースライブ『life is growing』 を開催。
    • 9月20日、2nd シングル 『universurf』 (RX-094) リリース
    • 12月12日、初ワンマンライブ 『little revolution』 を開催。
  • 2015年
    • 2月25日、3rd シングル 『window』 (RX-099) リリース
    • 3月5日、宮下孝太 (Dr.) 脱退[28]
    • 4月14日、石川直吉 (Dr.) が加入[2]
    • 4月22日、2nd アルバム 『ultrarium』 (RX-105) をリリース
    • 5月9日、RUSH BALL☆R に出演。
    • 6,7月、東名阪にて 『ultrarium』 リリースツアー 『asobi museum』 を開催。
  • 2016年
    • 4月13日、2nd ミニアルバム『parade of life』 (RX-119) をリリース。
    • 6月4日、SAKAE SP-RING 2016 に出演。
    • 6月5日、百万石音楽祭2016〜ミリオンロックフェスティバル〜 に出演。
    • 6月6日、杉本広太 (Gt.) が8月までの活動をもって脱退することを発表[11]
    • 6,7月、『parade of life』 リリース全国ツアー『asobi parade』 を開催。
    • 8月22日、杉本広太 (Gt.) 脱退。
  • 2017年
    • 6月3日、SAKAE SP-RING 2017 に出演。
    • 7月19日、3rd フルアルバム『YES』 (RX-133) をリリース。
    • 9月、asobius tour 2017 『we need YES』 を開催。
    • 10月4日、甲斐一斗 (Vo.) 以外のメンバーが年内の活動をもって脱退することを発表。
    • 12月18日、4人体制最後のライブとなる asobius one-man show 『DOORS』 を開催。高橋真作 (Gt.)、海北真 (Ba.)、石川直吉 (Dr.) 脱退。

ディスコグラフィ編集

シングル編集

区分 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st demo 2012年7月 I'm in the love 自主制作 無料配布
2000枚配布終了
1st 2013年9月18日 starlight RX-082 TOWER RECORDS限定販売
2nd 2014年9月20日 universurf RX-094 ライブ会場および通販限定販売
3rd 2015年2月25日 window RX-099 オリコン最高191位

アルバム編集

区分 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st mini 2013年5月29日 rainbow RX-074 オリコン最高291位
1st full 2014年3月19日 pray & grow RX-085[注 7] オリコン最高157位
2nd full 2015年4月22日 ultrarium RX-105 オリコン最高264位
2nd mini 2016年4月13日 parade of life RX-119 オリコン最高276位
3rd full 2017年7月19日 YES RX-133

参加作品編集

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2014年8月20日 あっ、良い音楽ここにあります。その四 FIVER-025 FIVE RAT RECORDS
2015年5月19日 UK.PROJECT 2015
NEWCOMER SAMPLER
UKSP-001 タワーレコードにて対象商品購入特典として先着配布[注 9]
2016年7月27日 ROCK IN DISNEY
~Season Of The Beat
AVCW-63149 Walt Disney Records
オリコン最高41位

タイアップ編集

曲名 タイアップ 収録アルバム
I'm in the love 関西テレビ音エモン」 2013年6月度エンディングテーマ[27] rainbow
pray & grow
starlight エフエム東京RADIO DRAGON」、エフエム群馬 「KAMINARI RECORDS」 2013年9月度エンディングテーマ[27]
MRT宮崎放送エフエム長崎 2013年9月度パワープレイ[27]
pray & grow
universurf 松本山雅FCスカパー! Jリーグ 2014 松本山雅篇」 TVCM[29] ultrarium
window 日本コカ・コーラい・ろ・は・す」 TVCM[30] ultrarium
love of blue ムラサキスポーツ 「MIZUGI collection 2015」 PVソング[31] ultrarium
moments ムラサキスポーツ 「MIZUGI collection 2015」 CMソング[31] ultrarium
future 広島エフエム放送 「大窪シゲキの9ジラジ」 2016年4月度エンディングテーマ prade of life
big love lovers FM-N1 2016年4月度パワープレイ prade of life

ライブ来歴編集

[32]

注釈編集

  1. ^ 1st フルアルバム 『pray & grow』 の (Japanese ver.) は除いて、3rd シングル 『window』 発表までは、全ての楽曲が英詞で綴られていた
  2. ^ 『song for you』 は元メンバー杉本による作詞
  3. ^ 『discovery』 『window』 『fairy tale』 『let it die , let it go』 『moments』 『future』 『song for you』 は元メンバー杉本による作曲
  4. ^ 2010年3月閉校
  5. ^ アコースティック編成時
  6. ^ 2016年11月、official blog閉鎖
  7. ^ Japanese ver. :RX-086
  8. ^ Japanese ver.
  9. ^ 予定枚数配布終了
  10. ^ アコースティック編成を対バンと見立てての二部構成

出典編集

  1. ^ a b Rooftop 2014年12月号 - インタビュー 2014年12月1日
  2. ^ a b c asobiusに新ドラマー加入 - 音楽ナタリー 2015年4月14日
  3. ^ a b c d e f au×ぴあエンタメサイト「uP!!!」 2013年12月20日
  4. ^ 「みんなと最高の景色を作りたい」 asobius、新体制初ワンマンで“acobius” も - 音楽ナタリー 2015年7月13日
  5. ^ a b OKMusick 2013年9月20日
  6. ^ a b c しゃちほこロック インタビュー 2015年3月17日
  7. ^ MotherMAN ブログ2010年11月11日
  8. ^ 甲斐 一斗 Twitter 2015年8月18日 投稿
  9. ^ 東京工学院専門学校 卒業生の声
  10. ^ a b c TSUTAYA o-crest発行 『リトルマガジンFACE Vol.5』
  11. ^ a b asobius、杉本広太 (Gt) の脱退を発表 - skream 2016年6月6日
  12. ^ blue et bleu home page ゆあさみちる ディスコグラフィ
  13. ^ a b 【asobiMAN】 第4回part1-YouTube
  14. ^ 海北 真 face book 基本データ
  15. ^ LOST IN TIME face book
  16. ^ LACHIC CENTURY SESSION 2013年9月18日
  17. ^ 石川 直吉 Twitter 2015年4月14日投稿
  18. ^ 石川 直吉 face book 基本データ
  19. ^ asobius official web site NEWS 2015年4月14日
  20. ^ asobius official blog 2015年7月6日
  21. ^ 石川 直吉 Twitter 2015年9月29日投稿
  22. ^ asobius official web site NEWS 2015年3月5日
  23. ^ 宮下孝太 face book 基本データ
  24. ^ Rooftop ニュース 2013年4月4日
  25. ^ TOWER RECRDS ON LINE ニュース 2013年5月22日
  26. ^ HMV ON LINE【HMVスタッフ激押し!!インディーズPICK UP】 2013年5月22日
  27. ^ a b c d BARKS JAPN MUSICK NET WORK 2014年1月21日
  28. ^ asobiusからドラマー宮下孝太が脱退 - 音楽ナタリー 2015年3月5日
  29. ^ スカパーが昇格狙う松本と長野の限定CMを放送 SoccerKING 2014年10月3日
  30. ^ asobius、映像で見せる「い・ろ・は・す」CM曲「window」の全貌 - 音楽ナタリー 2015年2月27日
  31. ^ a b asobius、新アルバム収録曲がムラサキスポーツCM&PVソングに - 音楽ナタリー 2015年4月9日
  32. ^ asobius official web site past schedule

外部リンク編集