MONSTER baSH

MONSTER baSH(モンスターバッシュ)は、香川県で開催されている中四国最大規模の野外音楽イベント(ロック・フェスティバル)である。通称「モンバス」。国営讃岐まんのう公園で2日間に渡り行われている。

MONSTER baSH
イベントの種類 ロック・フェスティバル
通称・略称 モンバス
開催時期 8月
初回開催 2000年
会場 国営讃岐まんのう公園
主催 株式会社 デューク
後援 まんのう町/琴平町/岡山放送/テレビせとうち/愛媛朝日テレビ/高知さんさんテレビ/SPACE SHOWER TV/FM香川/FM愛媛/FM高知/FM徳島/FM802
企画制作 株式会社デューク
協力 フジトラベルサービス/ JR四国/ことでん/琴参バス/大川バス/ことでんバス
公式サイト

目次

概要編集

MONSTER baSHは、四国初の本格野外ロックフェスとして2000年にスタートした。初年度の観客動員数は約5000人[1]
2002年より会場を移した国営讃岐まんのう公園では、2003年から現在まで「空海」「龍神」というメイン2ステージ制を取っており、モンバスが全国的に認知されるようになったのもこの形態を採用してからである。他フェスと一線を画すこの2ステージ制では、一つの会場で両方のステージを堪能することが可能、つまり、モンバスに参加すれば必然的に「空海」「龍神」ステージの出演者を全て見ることができる。また、メイン会場となる芝生広場は、緩やかなすり鉢状になっていて、屋外にいながらまるでスタジアムのような雰囲気が感じられる。
2012年にはメイン会場の芝生広場から少し離れた静かな場所に『STAGE茶堂』が設けられ[2]、アコースティック中心のゆったりした音楽も楽しめるステージが登場した。また、メインステージにあるスタンディングゾーンの後方の傾斜には、持参したシートやパラソルを設置することが可能なシートゾーンとパラソルゾーンが存在し、座ったままでもフェスを十分に楽しめる配慮がなされている。
2013年10月26日には、NHK総合で「しこく8『熱狂!MONSTER baSH2013~4万人が“跳んだ”2日間~』」と題した番組が全国放送されたが、もともとは四国4県ローカルで9月6日に放送されたものが多くの反響を受けて全国放送となったものである[3]
2014年に開催15周年を迎え、会場は新たに『MONSTER CIRCUS』を加えた4会場となった。来場者数は約5万人と見込まれ[4]、開始からの累計入場者は50万人を超えた[5]10月12日には、NHK-BSプレミアムで「熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014」と題する特集番組が放送され[6]12月26日には同番組がNHK総合で四国4県に再放送された[7]
2015年も前年同様4会場での開催となり、約5万人が入場した[8]9月27日には、これも前年同様、NHK-BSプレミアムで「熱狂ライブ! MONSTER baSH 2015」と題する特集番組が放送され[9]12月25日には同番組がNHK総合で四国4県に再放送された[10]
2016年も前年同様4会場での開催となり、約5万人が入場した[11]9月24日には、「熱狂ライブ!MONSTER baSH2016」と題する特集番組がNHK総合で香川県内で放送された[12]また、10月31日には、「熱狂ライブ!MONSTER baSH2016」と題する特集番組がNHK総合で四国内で再放送された[13]

会場編集

 
MONSTER baSH2015 STAGE空海 龍神
 
MONSTER baSH2015 STAGE茶堂
 
MONSTER baSH2015 STAGE MONSTERcircus
会場 所在地 ステージ 備考
2000年 レオマワールド内
レオマコロシアム
香川県綾歌郡綾歌町 レオマコロシアムは屋外劇場[14]
2001年 アスティ徳島 徳島県徳島市 レオマワールド休園のため、屋内の会場で実施[15]
2002年 国営讃岐まんのう公園 香川県仲多度郡満濃町 空海 屋外で1万人クラスが集まれて、アクセス面を考えた結果、国営讃岐まんのう公園の開催となった[16]
2003年 空海
龍神
新たにSTAGE龍神を追加し、2会場となった。STAGE空海は、香川県で生まれた弘法大師にちなみ、STAGE龍神は、近くにある満濃池に伝わる龍神伝説より付けられている[17]
2004年
2005年
2006年 香川県仲多度郡まんのう町
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年 空海
龍神
茶堂
新たにSTAGE茶堂を追加し、3会場となった。
2013年
2014年 空海
龍神
茶堂
MONSTER circus
15周年で記念ステージとして、MONSTER circusを追加し、4会場となった。[4]
2015年
2016年

交通アクセス編集

  • 2015年の会場への交通アクセスは、JR高松駅(所要時間約60分)、琴平観光センター跡地(所要時間約25分)、ことでん岡田駅(所要時間約15分)から開催期間中に臨時の有料シャトルバスを運行している。また、自家用車の場合は、会場の国営讃岐まんのう公園には直接入れない(渋滞対策のため)ので周辺のニューレオマワールド臨時駐車場(会場までシャトルバス)又はかりんの丘公園東側広場臨時駐車場(会場まで徒歩約25分)を利用することになるが、いずれも有料で事前予約が必要[18][19]

出演者編集

2000年編集

開催日 出演者
8月20日

2001年編集

開催日 出演者
8月1日
8月2日

2002年編集

開催日 STAGE空海
8月25日

2003年編集

開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月23日
8月24日

2004年編集

開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月21日
8月22日

2005年編集

開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月27日
8月28日

2006年編集

開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月26日
8月27日

2007年編集

  • MONSTER baSH 2007[20]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月25日
8月26日

2008年編集

  • MONSTER baSH 2008[21]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月23日
8月24日

2009年編集

  • MONSTER baSH 2009[22]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月22日
8月23日

2010年編集

  • MONSTER baSH 2010[23]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月21日
8月22日

2011年編集

  • MONSTER baSH 2011[24]。今年からプロデューサーを定家崇嗣氏(デューク)に交代[25]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神
8月20日
8月21日

2012年編集

  • MONSTER baSH 2012[26]
開催日 STAGE空海 STAGE龍神 STAGE茶堂
8月25日
8月26日

2013年編集

  • MONSTER baSH 2013[27]。24・25日とも天候は雨。
開催日 STAGE空海 STAGE龍神 STAGE茶堂
8月24日
8月25日

2014年編集

  • MONSTER baSH 2014[28]。23日天候曇り、24日天候は曇り一時雨。
開催日 STAGE空海 STAGE龍神 STAGE茶堂 MONSTER CIRCUS
MbS CIRCUS presented by SMA 40th
-モンバス15の夏-
8月23日
8月24日

2015年編集

  • MONSTER baSH 2015[29]
    • Dragon AshのKjこと降谷建志がソロアーティストとして夏フェスに出演する最初のステージとなった[30]。22・23日とも天候は晴れ。
開催日 STAGE空海 STAGE龍神 STAGE茶堂 MONSTER CIRCUS
-欲張り四星球団長の真夏のサーカス団-
8月22日
8月23日

2016年編集

  • MONSTER baSH 2016[31]
    • 今年で17回目となり過去最多の57組が出演[32]。20・21日とも天候は晴れ。
開催日 STAGE空海 STAGE龍神 STAGE茶堂 MONSTER CIRCUS
8月20日
8月21日

プレ・イベント等編集

MONSTER baSHに先駆けて四国内のライブハウスで実施された。

  • 2008年は、3月20日にはプレ・イベント「BTM-怪物誕生祭- -road to MONSTER baSH-」が、香川県高松市のライブハウス・高松DIMEで開催され[33]第2弾が、徳島県徳島市のライブハウス・徳島JITTERBUGにて5月6日に開催された[34]
  • 2010年は、プレ・イベント「『road to MONSTER baSH』巡業編」が、5月28日には徳島club GRINDHOUSE、29日に松山サロンキティ、30日に高知X-pt.で開催された[35]
  • 2010年香川県においては「SANUKI ROCK COLOSSEUM」略してSRCとして高松市内の商店街を中心に開催された[36]
  • 2012年は、3月20日に香川県高松市において「SANUKI ROCK COLOSSEUM BUSTA CUP~3rdround~」が瓦町周辺で約12000人の参加で開催された[37]
  • 2014年は、3月21日に香川県高松市において「SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 5th round~」が瓦町駅地下広場等で開催された[38]
  • 2015年は、3月21と22日に香川県高松市において「SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 6th round~」が瓦町駅地下広場等で開催された[39]
  • 2016年は、3月20と21日に香川県高松市において「SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 7th round~」がフェストハレなど6会場で開催された[40]

書籍編集

  • 2011年12月14日には、まんのう公園での開催10回目を記念した初のオフィシャルブックである MONSTER baSH2011 OFFICIAL BOOK が発売された。ライブやバックステージ、会場の模様をレポートしているほか、過去11年間を振り返ってのモンバスヒストリーも掲載されている。[41]
  • 2012年11月1日には、MONSTER baSH2012 OFFICIAL BOOK が発売された、ライブレポートに加え四国出身のSuperflyとチャットモンチーによる地元トーク等が掲載されている。[42]
  • 2013年10月29日には、MONSTER baSH2013 OFFICIAL BOOK が発売された。
  • 2014年10月14日には、MONSTER baSH2014 OFFICIAL BOOK が発売された、ライブレポートに加え15周年記念企画としてSuperfly、back number等のスペシャルインタビュー、MONGOL800×真心ブラザーズによる対談等が掲載されている。[43]

脚注編集

  1. ^ 強烈な一体感/モンバス10年、観客とともに成長四国新聞2009年8月29日
  2. ^ ロックに熱狂の渦/まんのうでモンバス四国新聞2012年8月26日
  3. ^ 四国地方のみの放送だった"モンバス"の模様を、総合テレビ 26日(土)深夜に全国放送!『しこく8 熱狂!MONSTER baSH2013~4万人が"跳んだ"2日間~』”. 日本放送協会. 2015年8月8日閲覧。
  4. ^ a b 全身で音楽満喫/まんのうで「モンバス」始まる四国新聞2014年8月24日
  5. ^ 15周年を終え、モンバスはさらに新たなステージへ”. デューク. 2015年7月28日閲覧。
  6. ^ 『熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014』”. 日本放送協会. 2015年7月28日閲覧。
  7. ^ 『熱狂ライブ! MONSTER baSH 2014』”. 日本放送協会. 2015年8月16日閲覧。
  8. ^ 中四国最大級の野外フェス「モンバス」に5万人四国新聞2015年8月24日
  9. ^ 熱狂ライブ!MONSTER baSH 2015”. 日本放送協会. 2015年9月22日閲覧。
  10. ^ 熱狂ライブ!MONSTER baSH 2015”. 日本放送協会. 2016年1月11日閲覧。
  11. ^ 野外ロックに大歓声/まんのう公園で「モンバス」四国新聞2016年8月24日
  12. ^ 熱狂ライブ!MONSTER baSH 2016”. 日本放送協会. 2016年10月9日閲覧。
  13. ^ 熱狂ライブ!MONSTER baSH 2016”. 日本放送協会. 2016年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月31日閲覧。
  14. ^ MONSTER baSH2011 OFFCIAL BOOK、株式会社DUKE発行、125頁
  15. ^ MONSTER baSH2011 OFFCIAL BOOK、株式会社DUKE発行、122頁
  16. ^ MONSTER baSH2011 OFFCIAL BOOK、株式会社DUKE発行、123頁
  17. ^ MONSTER baSH2011 OFFCIAL BOOK、株式会社DUKE発行、93頁
  18. ^ MONSTER baSH 2015アクセス”. DUKE. 2015年8月23日閲覧。
  19. ^ お知らせ・新着情報”. まんのうツーリズム協会. 2015年8月23日閲覧。
  20. ^ MONSTER baSH HISTORY 2007”. DUKE. 2015年8月16日閲覧。
  21. ^ MONSTER baSH HISTORY 2008”. DUKE. 2015年8月15日閲覧。
  22. ^ MONSTER baSH HISTORY 2009”. DUKE. 2015年8月15日閲覧。
  23. ^ MONSTER baSH HISTORY 2010”. DUKE. 2015年8月15日閲覧。
  24. ^ MONSTER baSH HISTORY 2011”. DUKE. 2016年8月22日閲覧。
  25. ^ 「かっこよさ」発掘に達成感YOMIURI ONLINE2015年9月13日
  26. ^ MONSTER baSH HISTORY 2012”. DUKE. 2016年8月22日閲覧。
  27. ^ MONSTER baSH HISTORY 2013”. DUKE. 2015年8月13日閲覧。
  28. ^ MONSTER baSH HISTORY 2014”. DUKE. 2015年8月13日閲覧。
  29. ^ MONSTER baSH 2015タイムテーブル”. DUKE. 2015年8月22日閲覧。
  30. ^ 降谷建志、<MONSTER baSH 2015>出演決定。ソロとしては初YAHOO!ニュース2015年5月23日
  31. ^ MONSTER baSH 2016タイムテーブル”. DUKE. 2016年8月20日閲覧。
  32. ^ 野外フェスに大歓声/まんのう公園で「モンバス」四国新聞2016年8月20日
  33. ^ MONSTER baSH今年も開催&好評プレイベントも続行”. 音楽ナタリー. 2015年8月8日閲覧。
  34. ^ モンバス・プレイベントに9mm・WRONG SCALEら出演”. 音楽ナタリー. 2015年8月8日閲覧。
  35. ^ 「MONSTER baSH」第1弾で怒髪天、ケツメイシら16組発表”. 音楽ナタリー. 2015年8月8日閲覧。
  36. ^ 進め進めインディーズ/3月にモンバスプレイベント決定四国新聞2010年1月9日
  37. ^ 進め進めインディーズ/サヌキロック無事終了!四国新聞2012年3月24日
  38. ^ サヌキロックにドレスコーズ、グドモ、ゲス乙女ら31組ナタリー2013年12月20日
  39. ^ 香川「サヌキロック」にアルカラ、大森靖子、フラカンら37組ナタリー2014年12月19日
  40. ^ 高松・瓦町に中四国最大のライブハウス「フェスト ハレ」高松経済新聞2016年8月21日
  41. ^ 進め進めインディーズ/モンバスのオフィシャルブックが発売四国新聞2011年12月31日
  42. ^ 「モンバス」公式本にSuperfly×チャットモンチー四国対談”. 音楽ナタリー. 2015年8月23日閲覧。
  43. ^ モンバス本が本日刊行、スペシャル対談も掲載”. 音楽ナタリー. 2016年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月23日閲覧。

関連項目編集

同日日程で西日本で開催されるフェス。移動距離が短いためモンバスと掛け持ち出演するアーティストも多い。

外部リンク編集