メインメニューを開く

概要編集

LATAM チリは南米チリ最大の航空会社で、世界有数の航空連合であるワンワールドの一員である。本拠地はサンティアゴ・デ・チレの アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港 で、マイアミ国際空港及びペルーリマ市にあるホルヘ・チャベス国際空港もハブ空港としている。

チリ国内やラテンアメリカ北アメリカオセアニア、及びヨーロッパへの路線を運航している。また、アルゼンチン航空とともに南極経由でオセアニアへ路線を持つ数少ない南アメリカの航空会社であり、世界で唯一チリ国内のイースター島への路線がある会社でもある。

航空券の座席予約システム(CRS)はSABREを利用している。 [2]

歴史編集

 
デ・ハビランド DH.60G ジプシー・モス
 
ボーイング707(1981年)
 
エアバスA320シリーズ

設立編集

ラン航空はチリの空軍将校アルトゥーロ・メリーノ・ベニテスによって設立され、サンティアゴ・デ・チレとアリカの間でデ・ハビランド DH.60G ジプシー・モスにより1929年3月5日に航空郵便の運航を始めた。その後1932年に、「ラン・チリ(LAN Chile)」の名称になった。この「Lan」は当初「Línea Aérea Nacional(国営航空)」 の頭文字だったが、後に「Latin American Network」の頭文字とされた。

拡大編集

第二次世界大戦後にダグラス DC-3などのアメリカ製旅客機を導入し、ブラジルアルゼンチンペルーなどの近隣諸国への路線を増やした他、国内線を充実させた。

1960年代にはボーイング707を導入して北アメリカやヨーロッパへの路線を開設した。またボーイング727を導入し、国内線や近距離国際線のジェット化を進めた。

民営化編集

1989年9月に、前年に行われた国民選挙でアウグスト・ピノチェトの長期政権が否決されたチリ政府は、持ち株会社の「Icarosan」及びスカンジナビア航空へこの会社のほとんどの資産を売却し、航空会社として民営化された。

チリの独占禁止法委員会は、1995年8月11日にこの国の2番目の航空会社で、国内線と南アメリカ域内路線を運航していた「Ladeco」をラン・チリが運営することを認める事となった。1998年10月にラン・チリは「Ladeco」を吸収合併する事となる。

ラン航空へ編集

2004年3月現在、ラン・チリ及びその子会社 ラン・ペルー航空LAN Ecuador 及び LAN Dominicana はラン商標の下で統一される事になった。2004年6月17日にラン・チリはこの再商標化の課程の一部として「ラン航空 (LAN Airlines) 」に名称を正式に変更した。

TAM航空の買収とLATAMへの統合編集

2010年8月13日、ブラジル最大の航空会社であるTAM航空を買収することで合意[3]。2012年6月22日に正式に合併した[4]。合併後のグループ名はLATAM Airlines Group S.A. [5]、新会社は世界11位の規模となる[6]

なおTAM航空はスターアライアンスに加盟しているが、LATAM発足後の航空連合一本化(TAM航空のワンワールドへの加盟)に関しては2012年まで結論を保留する方針とされていた[7]

2013年3月7日、ワンワールドは、2014年4月から6月の第2四半期に、TAM航空がスターアライアンスを脱退し、ワンワールドに加盟すると発表。また、ラン航空子会社のラン・コロンビアも、2013年10月1日に、ワンワールド・アフィリエイトメンバーとして、正式加盟する事となった[1][8]

関連会社編集

就航都市編集

 
LATAM チリの就航都市.
  拠点
  LATAM チリの就航国

南米編集

都市 空港コード 空港名 運航機種 その他
IATA ICAO
  アルゼンチン
ブエノス・アイレス EZE SAEZ エセイサ国際空港 [9] A320 / A340 / B767 / B787 LATAM アルヘンティナのハブ
ブエノス・アイレス AEP SABE ホルヘ・ニューベリー空港 [10] A320 LATAM アルヘンティナのハブ
コルドバ (アルゼンチン) COR SACO コルドバ国際空港 A319 / A320
メンドーサ MDZ SAME メンドーサ国際空港 A318 / A320
サルタ SLA SASA サルタ国際空港 A320 乾季運行
リオ・ガジェゴス RGL SAWG リオ・ガジェゴス国際空港 A320
ウシュアイア USH SAWH ウシュアイア国際空港 A320
  ボリビア
ラ・パス LPB SLLP エル・アルト国際空港 A320
サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ VVI SLVR ビル・ビル国際空港 A320
  ブラジル
フロリアノポリス FLN SBFL フロリアノポリス国際空港 A320 乾季運航
リオデジャネイロ GIG SBGL アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港 A319 / A320 / B767
サン・パウロ GRU SBGR グアルーリョス国際空港 A320 / B767
  チリ
サンティアゴ SCL SCEL アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港 A318 / A319/ A320 / A340 / B767 / B787 LATAM チリのハブ
アントファガスタ ANF SCFA アントファガスタ国際空港 A318, A319, A320
アリカ ARI SCAR アリカ国際空港 A318, A319, A320
バルマセーダ BBA SCBA バルマセーダ国際空港 A318, A319, A320
カラマ CJC SCCF エル・ロア国際空港 A318, A319, A320
コンセプシオン CCP SCIE カリエル・スール国際空港 A318, A319, A320
コピアポ CPO SCAT コピアポ空港 A318, A319, A320
イキケ IQQ SCDA イキケ国際空港 A318, A319, A320
ラ・セレナ LSC SCSE ラ・セレナ空港 A318, A319, A320
オソルノ ZOS SCJO オソルノ空港 A318, A319, A320
プエルト・モン PMC SCTE プエルト・モン国際空港 A318, A319, A320
プンタ・アレーナス PUQ SCCI プンタ・アレーナス国際空港 A318, A319, A320
テムコ ZCO SCTC マンケウエ空港 A318, A319, A320
バルディビア ZAL SCVD ピチョイ空港 A318, A319, A320
イースター島 IPC SCIP マタベリ国際空港 B767 B787-8 B787-9 N700
  コロンビア
ボゴタ BOG SKBO エル・ドラード国際空港 [11] B767 LATAM コロンビアのハブ
  エクアドル
グアヤキル GYE SEGU グアヤキル国際空港[12] A320 / B767 LATAM エクアドルのハブ
キト UIO SEQU マリスカル・スクレ国際空港[13] A319 / A320 / B767 LATAM エクアドルのハブ
  フォークランド諸島
スタンリー (フォークランド諸島) MPN EGYP マウント・プレザント空軍基地 Airbus A320 family
  ペルー
リマ LIM SPIM ホルヘ・チャベス国際空港[14] A319 / A320 / B767 / B787 LATAM ペルーのハブ
  ウルグアイ
モンテビデオ MVD SUMU カラスコ国際空港 A320 / A318 / B767
プンタ・デル・エステ PDP SULS プンタ・デル・エステ国際空港 A320 乾季運行
  ベネズエラ
カラカス CCS SVMI シモン・ボリバル国際空港 A319 / B737 / B767

北米編集

都市 空港コード 空港名 運航機種 その他
IATA ICAO
  キューバ
ハバナ HAV MUHA ホセ・マルティ国際空港 A320 / B767
  ドミニカ共和国
プンタ・カナ PUJ MDPC プンタ・カナ国際空港 A319 / B767
  メキシコ
カンクン CUN MMUN カンクン国際空港 B767
メキシコ・シティー MEX MMMX メキシコ・シティ国際空港 B767
  アメリカ
ロサンゼルス LAX KLAX ロサンゼルス国際空港 A340 / B767
マイアミ MIA KMIA マイアミ国際空港 A320 / B767
ニューヨーク JFK KJFK ジョン・F・ケネディ国際空港 B767
オーランド MCO KMCO オーランド国際空港 A320 / B767

ヨーロッパ編集

都市 空港コード 空港名 運航機種 その他
IATA ICAO
  ドイツ
フランクフルト FRA EDDF フランクフルト空港 A340
  スペイン
マドリード MAD LEMD バラハス国際空港 A340 / B767

オセアニア編集

都市 空港コード 空港名 運航機種 その他
IATA ICAO
  オーストラリア
シドニー SYD YSSY シドニー国際空港 A340
  フランス領ポリネシア
パペーテ PPT NTAA パペーテ・タヒチ国際空港 B767
  ニュージーランド
オークランド AKL NZAA オークランド国際空港 A340

コードシェア編集

保有機材編集

2019年9月現在、LATAM チリの機材は以下の通りである。

LATAM チリ 運航機材一覧[15]
機材 運用中 発注 座席数 備考
F C PY Y Total
エアバスA319-100 16 144 144
エアバスA320-200 53 168 168 うち1機はワンワールド特別塗装機
174 174
186 186
エアバスA320neo 5 9 - - - 174 174 うち1機は「トップラテンアメリカ」ロゴ特別塗装機
エアバスA321-200 18 - - - 220 220 全機WL装着機

うち1機は「Recycle your Trip」ロゴ特別塗装機

エアバスA321neo - 5 No Data
ボーイング767-300ER 16 18 220 238 全機WL装着機

うち1機はワンワールド特別塗装機

20 211 231
30 191 221
ボーイング777‐200ER 1 15 284 299
ボーイング787-8 10 30 217 247 南米初のB787カスタマー
ボーイング787-9 14 12 30 274 304
合計 133 26

LATAM チリはプラット・アンド・ホイットニーPW6000を搭載するエアバスA318インターナショナル・エアロ・エンジンズV2500を搭載するエアバスA320のローンチカスタマーである。

事故編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ https://flyteam.jp/news/article/115719
  2. ^ LAN Airlines selects Sabre reservations system, Sabre AirCentre Enterprise Operations portfolio”. 2015年9月26日閲覧。
  3. ^ 中南米最大のラン航空、ブラジルのTAM航空の買収で合意-37億ドル - ブルームバーグ
  4. ^ “南米航空大手2社が経営統合”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年6月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM23015_T20C12A6000000/ 2012年6月24日閲覧。 
  5. ^ LAN AND TAM ANNOUNCE INTENTION TO COMBINE - LAN航空 プレスリリース
  6. ^ “ブラジルとチリの航空最大手が統合 南米最大、日航に匹敵”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2010年8月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1401E_U0A810C1NNE000/ 
  7. ^ LAN-TAM alliance decision not expected until at least 2012: Barroso - Flightglobal
  8. ^ ラン・コロンビア、10月からワンワールドに加盟 アフィリエイトで FlyTeam 2013年9月5日付
  9. ^ Hub Of LAN Argentina
  10. ^ Hub Of LAN Argentina
  11. ^ Hub Of LAN Colombia (Aires)
  12. ^ Hub Of LAN Ecuador
  13. ^ Hub Of LAN Ecuador
  14. ^ Hub Of LAN Perú
  15. ^ Our Fleet” (英語). www.latam.com. 2019年9月30日閲覧。

外部リンク編集