日曜競馬ニッポン

日曜競馬ニッポン(にちようけいばニッポン)は、ニッポン放送で1976年4月から2021年3月21日まで放送されていた競馬中継である。

大橋巨泉の日曜競馬ニッポン

大橋巨泉の責任プロデュース
日曜競馬ニッポン

日曜競馬ニッポン
ジャンル スポーツ番組
放送方式 生放送
放送期間 1976年4月 - 2021年3月21日
放送時間 日曜 14:30 - 16:00
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 清水久嗣
堀江ゆかり
出演 出演者欄を参照
提供 日本中央競馬会[1]
産経新聞東京本社
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

番組概要編集

1974年、裏番組のラジオ関東競馬実況中継』が土・日曜共に東日本主場全レース放送となる。当時ニッポン放送・文化放送は中央競馬の放送が不定期だったが、1976年度から毎週放送する様になった。両局間で調整した結果、単発のスポーツ中継枠『サンデービッグスポーツ』を持っていたニッポン放送が引き受け当番組を開始、文化放送は『決定!全日本歌謡選抜』を開始し番組内でメインレースを中継した。

放送開始当初は「大橋巨泉の日曜競馬ニッポン」というタイトルで昼12時から放送され、メインパーソナリティーに大橋巨泉を起用。1980年代から「大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン」となり午後のレースを完全放送していたが、巨泉の日本での活動縮小の為1989年4月以降、放送時間が短縮され、パーソナリティーの冠が付かず、単に「日曜競馬ニッポン」と改めた。

立ち上げ当初の数年間は土曜日(『土曜競馬ニッポン』、『マンモス歌謡ワイド』内包)にも放送されていた。1981年4月改編で日産自動車が土曜午後の時間帯のスポンサーに付き、『アンコーのオリコン全国歌謡ヒット速報』がスタートしたため土曜競馬の放送は取りやめられた。

  • 原則として終日完全放送を行うラジオNIKKEIやラジオ日本と異なり、自主的に企画・制作しており[2]、放送されない日やプロ野球のデーゲームの中継・特別番組を中断して実況を行う日がある(後述)。

しかし、2021年3月14日放送の番組内で、翌3月21日をもって当番組の終了を発表[3][4][5][6]。その後、3月17日に同局社長定例記者会見にて、同年4月4日から、独立した競馬番組としては編成されず、前放送枠である『土田晃之 日曜のへそ』の放送時間を拡大し、第二部としてレース実況中継のみ内包する形式に変更される事を発表した[7][8]

  • 番組を中断して実況を行う場合、基本的に東日本地区主場のメインレース、あるいはGI競走が放送される。
  • 夏季開催・特別番組時などは15時から放送を開始する場合がある。
  • ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」が放送される12月24日が日曜日の場合、番組内に有馬記念の中継を挟む。
  • 特別番組などレースを生中継できない場合は、「日曜競馬インフォメーション」と題して実況録音が流されることがある。
  • データ協力はスポンサーでもあるフジサンケイグループ競馬エイトサンケイスポーツ週刊Gallopが行っており、解説者も夕刊フジを加えたフジサンケイグループの評論家・トラックマンのみで構成されている。ただし、臼井治日刊競馬のトラックマンだった時代には、フジサンケイグループとは無関係の日刊競馬新聞社も当番組に出稿。この縁で日刊競馬新聞社とニッポン放送は長年友好関係にある。
  • 毎年1月の初レースとなる中山金杯および京都金杯、12月の年内最後のレースとなるホープフルステークスが開催される日は、日曜日以外であっても、ニッポン放送スポーツスペシャルとして放送される。
  • 14:55頃にニッポン放送ニュースを、14:57頃と15:53頃にニッポン放送交通情報(九段センター)を挟む。
  • 4~9月期の15:15頃にショウアップナイターTODAYを挟む。

2021年4月4日からは前述の通り『土田晃之 日曜のへそ』の第二部放送時間内(14:30 - 16:00)に発走する東日本主場の準メイン・メインレース、西日本主場のメインレース[9]の実況とメインレースのパドック解説を内包する。

  • 関西地区のメインレースがGI競走の場合、2020年までと異なり自社制作を行わない事もある、その時は増井のみ現地から電話出演となり、アナウンサーによる進行は関東地区の競馬場から行う。但し同年6月27日の宝塚記念以降は自社制作を行う。

プレゼント編集

  • 番組中に発表されるキーワードをはがき、またはメールで送れば、抽選によりその日の重賞競走(原則として関東のもの。但しGIが行われる場合は地区に関係なくそれを優先)の「夢馬券」と称し、解説者が推奨する馬券を抽選で贈呈する。

メインレースのネット受け編集

関西主場(主に京都競馬場阪神競馬場)のメインレースについては毎日放送(『日曜競馬』→『みんなの競馬』→『GOGO競馬サンデー!』)からのネットワーク受けを行う。ただし関西主場でGIレースが行われる日は、ニッポン放送のスタッフが出張して自社制作を行なうことがある。この場合は毎日放送が技術協力する[10]。関東主場のメインレース実況はMBSおよび『GOGO競馬』のネット局に送られるが、関東でのGI開催日はMBSがスタッフを派遣して自社制作するため、ニッポン放送がMBSに対して技術協力を行う[11]

なおニッポン放送スポーツスペシャルとなる東西金杯とホープフルステークスの開催日は、MBSはニッポン放送にネットする[12]

夏季北海道開催期間中はSTVラジオからネット受けを行う。特に札幌・函館開催のメインレースが重賞の時は、STVは実況をニッポン放送にネットし、ラジオ日本には裏送りを行う。

中京競馬が第三場開催の場合、2010年4月改編まではすべての日曜重賞競走を放送したが、それ以降はGII以上の重賞のみ放送となる。GIの高松宮記念チャンピオンズカップは自社制作を基本に、どうしても出来ない場合に限りMBSからネット受けをする。GIIの金鯱賞は2009年までは東海ラジオからネット受け、2019年は自社制作[13] を行ったが、2020・2021年はCBCラジオ(『CBCラジオ制作GOGO競馬サンデー』)からネット受けした。

2018年まで小倉競馬場が第三場開催で重賞競走を行う場合でも、九州朝日放送KBCラジオ)制作の実況はMBSとラジオ日本にネットされ、当番組では小倉大賞典の放送がなかった。2019年は『GOGO競馬』の福岡県でのネット局がRKBに変更となったが、自社制作はせず小倉開催分についてもMBSが制作し、それをニッポン放送で受けて放送した[14]。2020・2021年は聴取率調査期間と重なって『日曜のへそ』の放送枠を拡大したため、同日に東京競馬場で行われたGIフェブラリーステークスの実況のみ放送し、毎日放送制作の小倉大賞典の実況はラジオ日本にネットされた。

裏送り編集

ニッポン放送での放送時間から外れる関東主場のWIN5対象レース、および日曜最終レースはMBSに裏送りされている(ニッポン放送での放送が休止になる日曜日も同様)。MBSのスタッフが関東の競馬場に出張する日は裏送りをしない。

2012年3月25日までは、STVラジオ(最終レースのみ。ただし函館札幌開催時を除く)でも行っていた。

その他のネット編集

MBS・STV以外では、IBC岩手放送(『週刊おばさん白書』『岩手競馬X』内包)に、GIレースの実況のみネットされる。

放送時間編集

  • 12:00 - 16:40(ナイターイン時)、12:00 - 17:00(ナイターオフ時) - 1976年4月 - 1990年9月
  • 13:00 - 17:00 - 1990年10月 - 1991年3月
  • 13:00 - 16:40 - 1991年4月 - 1991年9月
  • 13:00 - 16:30 - 1991年10月 - 1994年3月
  • 13:00 - 16:00 - 1994年4月 - 2000年3月
  • 15:00 - 16:00 - 2000年4月 - 2005年3月※重賞レースの開催日は14:30開始の場合あり
  • 14:30 - 16:00 - 2005年4月 - 2021年3月21日

出演者編集

番組終了時点編集

司会編集

  • 清水久嗣(ニッポン放送スポーツ部契約アナウンサー)。2009年4月5日就任、実況兼務。2013年4月より土曜日のサンスポ競馬面にコラム<関西版にも掲載>を執筆。本番組終了後の『日曜のへそ』内実況中継では担当に入らない週もある。
  • 堀江ゆかり - 1991年10月就任。

解説者編集

メイン編集
  • 藤牧満男 (競馬エイト関東OB)GIレース時には発走前ゲートリポートを行う場合もある。
パドック編集
  • 星政彦(競馬エイト関東時計班)ただし春と秋の新潟開催時には新潟総合テレビNSTみんなのKEIBA』への出演が優先され当番組には出演せず、エイト関東所属の他のトラックマンが週替わりで登場する。
関西担当編集

実況アナウンサー編集

清水と胡口以外、全員ニッポン放送のアナウンサー

過去編集

司会編集

  • はかま満緒 - 1976年以前のサンデービッグスポーツ時代に担当。

実況アナウンサー編集

解説者編集

  • 臼井治 - 日刊競馬から競馬エイトに移籍。日刊競馬時代から当番組に出演を続けていたが、2018年12月23日放送限りで勇退。
  • 榎本正男 - 1969年ダービーニュースから夕刊フジに移籍。
  • 大橋巨泉 - メインパーソナリティ兼務。
  • 川田重幸 - 競馬エイト関西想定班。2014年から2019年春まで関西メインの直前電話レポートや関西GI時のメイン解説者として出演。
  • 佐藤洋一郎 - サンケイスポーツ東京本社レース部。
  • 西島大和 - サンスポ東京本社元東日本主場本紙予想担当。
  • 野城公男 - 競馬エイト関東→夕刊フジ東京→Gallop。福島テレビ競馬中継』→『エキサイティング競馬』と掛け持ち。2013年3月まで土曜日発行の競馬面ではこの番組との連動コラム「野城のこれイチ!!」<関西版にも掲載>を執筆。
  • 松本ヒロシ - 競馬エイト関東想定班、元看板評論家。現・『みんなのKEIBA』解説者。
  • 水戸正晴 - サンスポ東京本社元東日本主場本紙予想担当。
  • 吉田均 - 競馬エイト関東OB、元本紙予想担当。ただし、フジテレビ『スーパー競馬』と掛け持ちのため15時までの出演だった。

イレギュラー放送編集

脚注編集

  1. ^ ただし、JRAの役務調達契約に係る代理業者公募の対象外。
  2. ^ 平成30年 特定調達対象外・公募 - JRAホームページ。
  3. ^ “放送45年「日曜競馬ニッポン」終了発表 同局の競馬中継は継続 かつて巨泉さんも出演”. デイリースポーツ. (2021年3月15日). https://www.daily.co.jp/horse/2021/03/15/0014152633.shtml 2021年3月15日閲覧。 
  4. ^ ginji513のツイート(1370973604993662977)
  5. ^ arayou1977のツイート(1370975781371793413)
  6. ^ ohizumi0220のツイート(1370994418556170240)
  7. ^ “土田晃之、ニッポン放送の日曜昼の冠番組が放送拡大「何かを食べながら放送する」”. サンケイスポーツ. (2021年3月17日). https://www.sanspo.com/geino/news/20210317/geo21031714290016-n1.html 2021年3月17日閲覧。 
  8. ^ “土田晃之 出演ラジオ番組大型化に「何か食べながら放送すると思う」”. スポーツニッポン. (2021年3月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/17/kiji/20210317s00041000254000c.html 2021年3月17日閲覧。 
  9. ^ 第3場のメインレースが西日本主場のメインレースより格が高い場合、あるいは変則開催で当初から西日本主場開催が組まれていない場合は第3場のメインレースを中継。
  10. ^ ラジオ日本も関西GI開催日には自社制作を行うため、同様にMBSの技術協力を受ける。
  11. ^ なお関東でのGIレースが土曜日開催(2006年までのJCダート)、またはMBSが前日から自社制作を行う場合、土曜日の放送はラジオ日本が技術協力する。
  12. ^ 更にラジオ日本へは裏送りをするため二重制作となる。但し両競走が土曜日に該当する場合、通常開催のネット体制が適用され、実況はラジオ日本に送られ、ニッポン放送がMBSから裏送りを受ける。
  13. ^ 2010年と11年は京都開催のため毎日放送からのネット。2012年から2017年までは土曜開催のためニッポン放送では放送がなかった。2018年は放送席からモニターで経過を簡易的に実況。
  14. ^ ラジオ日本もネット受けが出来なくなったため自社制作した。
  15. ^ ショウアップナイター公式Twitter - 2018年8月29日投稿。
  16. ^ 仙田和吉アナウンサーが担当した。

関連項目編集

外部リンク編集

ニッポン放送 日曜 12:00 - 17:00
前番組 番組名 次番組
-
大橋巨泉の日曜競馬ニッポン
1976年4月 - 1980年

大橋巨泉の責任プロデュース
日曜競馬ニッポン
1980年 - 1990年
-
ニッポン放送 日曜 13:00 - 17:00
-
日曜競馬ニッポン
1990年10月 - 1991年3月

13:00 - 16:40
1991年4月 - 1991年9月

13:00 - 16:30
1991年10月 - 1994年3月

13:00 - 16:00
1994年4月 - 2000年3月
-
ニッポン放送 日曜 15:00 - 16:00
-
日曜競馬ニッポン
2000年4月 - 2005年3月
-
ニッポン放送 日曜 14:30 - 16:00
-
日曜競馬ニッポン
2005年4月 - 2021年3月21日
土田晃之 日曜のへそ
12:00 - 14:00
2014年4月6日 - 2018年4月1日

12:00 - 13:40
2014年4月6日 - 2021年3月28日

12:00 - 14:00
14:30 - 16:00
2021年4月4日 -