メインメニューを開く

ウリ・シュティーリケ

ドイツのサッカー選手

ウリ・シュティーリケ(Uli Stielike, 本名:ウルリッヒ・シュティーリケ, Ulrich Stielike, 1954年11月15日- )は、ドイツサッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはミッドフィールダー(守備的ミッドフィールダー)、ディフェンダー(リベロ)[6]1970年代から1980年代にかけてヨーロッパで最も成功を収めたドイツ人選手の一人と評されている[1]

ウリ・シュティーリケ Football pictogram.svg
Uli Stielike in press conference before Iran match 1.jpg
2014年のシュティーリケ
名前
本名 ウルリッヒ・シュティーリケ
Ulrich Stielike
愛称 テウトネス (teutonischen Panzer[1])
エル・タンケ (El tanque[2])
エル・パンセル (El panzer[3][4])
ラテン文字 Uli Stielike
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1954-11-15) 1954年11月15日(64歳)
出身地 ケッチュ
身長 176cm
選手情報
ポジション MF/DF
ユース
1960-1973 ドイツの旗 SpVgg 06 ケッチュ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1977 ドイツの旗 ボルシアMG 109 (12)
1977-1985 スペインの旗 レアル・マドリード 215 (41)
1985-1988 スイスの旗 ヌーシャテル・ザマックス 66 (10)
通算 390 (53)
代表歴
1972-1973 西ドイツの旗 西ドイツ ユース 16 (0)
1973-1975 西ドイツの旗 西ドイツ アマチュア 10 (3)
1975-1984[5] 西ドイツの旗 西ドイツ 42 (3)
監督歴
1989-1991 スイスの旗 スイス代表
1992-1994 スイスの旗 ヌーシャテル・ザマックス
1994-1995 ドイツの旗 ヴァルトホーフ・マンハイム
1996 スペインの旗 UDアルメリア
1998-2000 ドイツの旗 ドイツ代表(アシスタント)
2001  ドイツU-20代表
2003–2004  ドイツU-21代表
2004–2005  ドイツU-19代表
2005–2006  ドイツU-20代表
2006-2008 コートジボワールの旗 コートジボワール代表
2008 スイスの旗 FCシオン
2009-2010 カタールの旗 アル・アラビ
2010-2012 カタールの旗 アル・セイリヤ英語版
2013-2014 カタールの旗 アル・アラビ
2014-2017 大韓民国の旗 韓国代表
2017- 中華人民共和国の旗 天津泰達
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

選手経歴編集

クラブ編集

地元のサッカークラブ・SpVgg 06 ケッチュでユース年代を過ごし[6]1973年2月にヘネス・バイスバイラー監督の率いるボルシア・メンヒェングラートバッハへ入団した[6]。同年6月9日に行われたVfBシュトゥットガルト戦でデビューすると[7]、この試合では敗れたものの2週間後の6月23日に行われたDFBポカール決勝の1.FCケルン戦に出場し優勝に貢献した[1]。2年目の1973-74シーズンからレギュラーの座を掴むとベルティ・フォクツユップ・ハインケスらと共にブンデスリーガ3連覇 (1974-75, 1975-76, 1976-77)、UEFAカップ優勝 (1974-75)、UEFAチャンピオンズカップ 1976-77準優勝 (イングランドのリヴァプールFCに1-3で敗退)に貢献した[1][8]

1977年、22歳の時にスペインレアル・マドリードへ移籍。サンティアゴ・ベルナベウ会長が獲得した最後の大物選手であり、ヘルベルト・ヴィマーとの契約のためドイツを訪れたベルナベウが、同じボルシアMGに所属していたシュティーリケのプレーを見て心変わりを起こし契約した[9]。レアル・マドリードでは守備的MFからスイーパーへコンバートされると、在籍した8年間に1977年からリーグ3連覇 (1977-78, 1978-79, 1979-80)、コパ・デルレイ優勝2回 (1979-80, 1981-82)、UEFAカップ1984-85優勝に貢献[1]ドン・バロン・アワードの最優秀外国人賞を最多の4度受賞した[1]

1985年からはスイスヌーシャテル・ザマックスへ移籍し、2度のリーグ優勝 (1986-87, 1987-88)、に貢献しクラブに初のリーグタイトルをもたらしたが[1]、膝の怪我が基で1988年に現役を引退した[1][10]

代表編集

西ドイツ代表としては1975年9月3日に行われたオーストリア戦でデビューした[5]。当時のドイツサッカー連盟 (DFB) はフランツ・ベッケンバウアーの後継者となり得る選手の国外移籍を禁止したい意向を持っており、会長のヘルマン・ノイベルガードイツ語版1978 FIFAワールドカップ開催前の代表候補選手の国外移籍を禁止していたが[11]、シュティーリケ はレアル・マドリードからオファーを受けた際にDFBやノイベルガーの意向に反して移籍したため、1977年2月23日に行われたフランス[5]を最後に代表から追放された[10]

その後、ユップ・デアヴァルが監督に就任すると代表に復帰し、1980年6月にイタリアで開催されたUEFA欧州選手権1980では優勝[1][6]1982年6月にスペインで開催された1982 FIFAワールドカップでは準優勝に貢献[6]1984年6月にフランスで開催されたUEFA欧州選手権1984でも3試合に出場したがグループリーグで敗退。3か月後の同年9月12日に行われたのアルゼンチン戦(欧州選手権終了後にデアヴァルの後任として監督に就任したベッケンバウアーが最初に指揮を執った試合[1]。試合は1-2で敗退)を最後に代表から退いた。シュティーリケは国際Aマッチ42試合出場3得点を記録した[5]

指導者経歴編集

 
2012年のシュティーリケ

1989年スイス代表の監督に就任。同年6月21日に行われたブラジルとの国際親善試合が初采配となったが、この試合で1-0と勝利した[12]UEFA EURO '92予選では1991年11月13日に行われたルーマニアとの最終戦で0-1と敗れ、勝ち点1の差でスコットランドに競り負け本大会出場を逃した[13][14]

古巣のヌーシャテル・ザマックス、ブンデスリーガ2部のSVヴァルトホーフ・マンハイム、スペインのUDアルメリアの監督を務めた後、1998年9月9日にドイツ代表のアシスタントコーチに就任[15]ベルティ・フォクツの後任として監督に就任したエーリッヒ・リベックを補佐したが実質的にはシュティーリケが意思決定の権限を握っていたと言われている[16]。一方、より現代的なゾーンディフェンスへの転換を求めるシュティーリケと、スイーパーにローター・マテウスを配し従来通りの戦術を継続するリベックとの間で意見が対立するようになり[17]2000年4月26日に行われたスイスとの国際親善試合で引き分けに終わると[18]UEFA EURO 2000直前の同年5月7日に解任された[1][18]。後任のコーチはホルスト・ルベッシュが務めたが[17]、シュティーリケはドイツサッカー連盟の技術部門に残り2006年までユース年代のドイツ代表監督を務めた[1]

2006年9月14日アンリ・ミシェルの後任としてコートジボワール代表監督に就任したが[19]2008年1月7日に息子の健康上の問題のためアフリカネイションズカップ2008の大会直前に代表監督を辞任した[20]。息子は肺移植手術を受けることが出来ず生命維持装置が必要となるまでに病状が悪化し、同年2月1日に23歳で亡くなった[21]。その後、短期契約を結んで監督に復帰し同年4月15日まで指揮した[22]

2008年5月31日にスイスのFCシオンの監督に就任し3年契約を結んだが[23]、会長との不和が原因となり同年11月に辞任した[24]

2009年1月5日カタールアル・アラビの監督に就任した[25]。契約期間は2010年6月30日までの1年半となっており[26]、リーグ戦を3位で終えて契約期間を満了すると、翌シーズンからアル・セイリヤ英語版の監督を務め[27]2013年6月7日にアル・アラビに復帰し1年半の契約を結んだ[28]

2014年9月、韓国代表の監督に就任した[29]。契約期間は2018 FIFAワールドカップまでの4年間[29]2015年1月に行われたAFCアジアカップ2015ではチーム状態は芳しくなかったものの[30]、7大会ぶりの決勝進出に導いたが[31]、決勝ではオーストラリア代表に延長戦の末、1-2と敗れ準優勝に終わった[32]

一方、2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選ではワールドカップ出場圏内となる2位を維持していたものの苦戦が続いていた[33][34]2017年6月13日に行われたカタール代表戦において2-3で敗れると、同年6月15日大韓サッカー協会とシュティーリケ本人の合意の下での契約解除が発表された[33]

2017年9月、天津泰達足球倶楽部の監督に就任[35]

人物編集

ユース時代からリベロを務めていたが[6]、西ドイツ代表や所属クラブでは中盤で起用される機会もあり[36]、1980年代初頭には「ヨーロッパで最高のミッドフィールダーの一人」と評された[37]。また、的確なポジショニングとボディコンタクトで相手の攻撃を封じるとともに[36]、積極的な攻撃参加を得意としていたことからフランツ・ベッケンバウアーに準えられた[36]。その一方で確固たる意志を持ち、容易に妥協することはせず我が道を行く、頑固な性格の持ち主でもある[10]

個人成績編集

クラブでの成績編集

出典[38][39][40][41][42][43][44][45]
クラブ成績 リーグ カップ ヨーロッパ その他 通算
クラブ リーグ シーズン 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ボルシアMG ブンデスリーガ 1972-73 1 0 2 0 0 0 - 3 0
1973-74 26 3 0 0 5 0 - 31 3
1974-75 25 1 2 0 9 1 - 36 2
1975-76 33 4 4 0 6 1 - 43 5
1976-77 24 4 0 0 8 1 - 32 5
小計 109 12 8 0 28 3 0 0 145 15
レアル・マドリード プリメーラ 1977-78 27 13 0 0 0 0 0 0 27 13
1978-79 24 2 0 0 2[注 1] 1 0 0 26 3
1979-80 31 5 0 0 8 1 0 0 39 6
1980-81 29 5 0 0 9 0 0 0 38 5
1981-82 28 9 0 0 6 0 0 0 34 9
1982-83 28 4 3 0 6 0 1[注 2] 0[注 3] 38 4
1983-84 23 3 2 0 1 0 0 0 26 3
1984-85 25 0 6 1 10 0 0 0 41 1
小計 215 41 11 1 42 2 1 0 269 44
ヌーシャテル ナツィオナル 1985-86 27 3 ? ? 8 4 - 35 7
1986-87 28 6 ? ? 4 1 - 32 7
1987-88 12 1 ? ? 0 0 - 12 1
小計 67 10 ? ? 12 5 0 0 79 15
合計 391 63 19 1 82 10 1 0 493 74

代表での成績編集

出典[5]
西ドイツ代表
国際大会 親善試合 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1975 1 0 2 0 3 0
1976 1 0 1 0 2 0
1977 0 0 1 0 1 0
1978 0 0 1 0 1 0
1979 3 0 0 0 3 0
1980 5 0 0 0 5 0
1981 5 0 0 0 5 0
1982 8 0 4 0 12 0
1983 2 1 1 0 3 1
1984 3 0 4 2 7 2
通算 28 1 14 2 42 3

代表での得点編集

出典[5]
# 開催日 開催地 対戦国 結果 大会
1 1983年3月26日 西ドイツベルリン   トルコ 5-1 UEFA欧州選手権1984予選
2 1984年2月15日 ブルガリアヴァルナ   ブルガリア 3-2 親善試合
3

獲得タイトル編集

クラブ編集

ボルシアMG
レアル・マドリード
ヌーシャテル・ザマックス

代表編集

指導者編集

アル・セイリヤ
韓国代表

脚注編集

注釈編集

  1. ^ RSSSF.comでは1978年11月1日に行われた2回戦のグラスホッパー戦を含む3試合出場と記されているが、UEFA.comの記録によれば2回戦の出場はなし[46]
  2. ^ 1982年スーペルコパ・デ・エスパーニャ
  3. ^ 同上。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Die Karriere von Uli Stielike in Bildern”. NDR.de. 2014年9月9日閲覧。
  2. ^ La leyenda de Stielike ante el Hércules”. ABC.es (2011年3月14日). 2014年9月9日閲覧。
  3. ^ Stielike Ulrich Stielike 1977・1985”. Real Madrid CF Web Oficial. 2014年9月9日閲覧。
  4. ^ Uli Stielike, el 'panzer' del Real Madrid”. Defensa Central (2012年6月8日). 2014年9月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Ulrich 'Uli' Stielike - International Appearances”. rsssf.com. 2014年9月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Uli Stielike”. Sportvereinigung 06 Ketsch e.V.. 2014年9月9日閲覧。
  7. ^ Spielstatistik Borussia Mönchengladbach gegen VfB Stuttgart 3:4 (2:3)”. Fussballdaten. 2014年9月9日閲覧。
  8. ^ UEFA Champions League 1976/77 - History - Liverpool-Mönchengladbach Lineups”. UEFA.com. 2014年9月9日閲覧。
  9. ^ ウルリッヒ シュティーリケ 1977 · 1985”. レアル・マドリードCF公式ウェブサイト. 2014年9月9日閲覧。
  10. ^ a b c Uli Stielike - Der Kompromisslose”. Borussia Mönchengladbach. 2014年9月9日閲覧。
  11. ^ Fein raus”. DER SPIEGEL (1977年5月2日). 2014年9月9日閲覧。
  12. ^ Switzerland - International Matches since 1905”. rsssf.com. 2014年9月9日閲覧。
  13. ^ Preliminary round Group 2”. UEFA.com. 2008年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月9日閲覧。
  14. ^ スイス・サッカー小史”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年9月9日閲覧。
  15. ^ Nachfolge geklärt: Erich Ribbeck neuer Teamchef”. Kicker.de (1998年9月9日). 2014年9月9日閲覧。
  16. ^ Erich Ribbeck”. BBC SPORT. 2014年9月9日閲覧。
  17. ^ a b Teamchef Erich Ribbeck ersetzt den geschassten Uli Stielike durch Horst Hrubesch”. Tagesspiegel (2000年5月8日). 2014年9月9日閲覧。
  18. ^ a b Nationalmannschaft: Ribbeck feuert Stielike”. SPIEGEL ONLINE (2000年5月7日). 2014年9月9日閲覧。
  19. ^ Stielike trainiert Drogba und Co.”. STERN.de (2006年9月14日). 2014年9月9日閲覧。
  20. ^ Ivory Coast have temporarily replaced coach Uli Stielike”. The New York Times (2008年1月8日). 2014年9月9日閲覧。
  21. ^ Stielike wieder auf der Bank der Elfenbeinküste”. FIFA.com. 2014年9月9日閲覧。
  22. ^ Stielike to return to Ivorian helm”. ESPN FC (2008年3月7日). 2014年9月9日閲覧。
  23. ^ Stielike signs deal with Sion”. FIFA.com (2008年5月31日). 2014年9月9日閲覧。
  24. ^ Präsident Constantin wird Sion-Trainer”. NZZ.ch (2008年11月3日). 2014年9月9日閲覧。
  25. ^ Fußballtrainer Stielike: Stahlarbeiter im OrientStahlarbeiter im Orient”. SPIEGEL ONLINE (2009年1月24日). 2014年9月9日閲覧。
  26. ^ Beckham gewinnt mit Milan gegen Hamburger SV”. DIE WELT (2009年1月6日). 2014年9月9日閲覧。
  27. ^ Al Sailiya”. Doha Stadium Plus (2012年9月12日). 2014年9月9日閲覧。
  28. ^ Stielike returns to Al Arabi’s helm”. Doha Stadium Plus (2012年9月12日). 2014年9月9日閲覧。
  29. ^ a b South Korea appoints Stielike”. goal.com (2014年9月4日). 2014年9月9日閲覧。
  30. ^ 豪州vs韓国 アジア杯優勝を争うライバルの直接対決を横目でプレビュー”. GOAL.com (2015年1月17日). 2015年1月31日閲覧。
  31. ^ 韓国がイラクに2-0で決勝進出 アジア杯55年ぶり制覇まであと一歩”. GOAL.com (2015年1月26日). 2015年1月31日閲覧。
  32. ^ 延長戦に引きずり込まれながらも執念 開催国オーストラリアが韓国下してアジア杯初優勝”. GOAL.com (2015年1月31日). 2015年1月31日閲覧。
  33. ^ a b W杯出場に黄信号の韓国、シュティーリケ代表監督を解任”. afpbb.com (2017年6月15日). 2017年6月15日閲覧。
  34. ^ “ドーハの惨劇”から2日…韓国シュティーリケ監督が契約解除、後任は国内から選定か”. ゲキサカ (2017年6月15日). 2017年6月15日閲覧。
  35. ^ 韓国代表監督を解任されたシュティーリケ、中国リーグの天津泰達と契約”. GOAL.com (2017年9月10日). 2017年9月10日閲覧。
  36. ^ a b c サッカーダイジェスト6月号増刊 スペイン82ワールドカップ展望号』日本スポーツ企画出版社、1982年、104-106頁。
  37. ^ サッカーマガジン1980年夏季号 欧州選手権決勝大会 ヨーロッパ'80』ベースボール・マガジン社、1980年、28頁。
  38. ^ Ulrich Stielike - 1973/1974 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  39. ^ Ulrich Stielike - 1974/1975 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  40. ^ Ulrich Stielike - 1975/1976 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  41. ^ Ulrich Stielike - 1976/1977 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  42. ^ Ulrich Stielike - 1977/1978 - Spieler”. Fussballdaten.de. 2017年7月15日閲覧。
  43. ^ Ulrich Stielike”. National Football Teams. 2014年9月9日閲覧。
  44. ^ Ulrich Stielike - Matches in European Cups”. rsssf.com. 2014年9月9日閲覧。
  45. ^ Stielike: Ulrich Stielike”. bdfutbol.com. 2014年9月9日閲覧。
  46. ^ UEFA Champions League 1978/79 - History - Grasshoppers-Real Madrid Lineups”. UEFA.com. 2014年9月9日閲覧。

外部リンク編集