メインメニューを開く

ジュゼッペ・"ベッペ"・マロッタGiuseppe 'Beppe' Marotta,1957年3月25日 - )は、イタリアヴァレーゼ出身のサッカーゼネラルマネジャー(GM)である。アタランタBCUCサンプドリアなどでGMを歴任。2010年6月1日よりユヴェントスのゼネラルディレクター(GD)に就任し、2018年12月からインテル・ミラノのCEOに就任した[1]

ジュゼッペ・マロッタ Football pictogram.svg
名前
愛称 ベッペ
ラテン文字 Giuseppe Marotta
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1957-03-25) 1957年3月25日(62歳)
出身地 ヴァレーゼ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

サンプドリア時代など 編集

1970年代よりキャリアをスタートし、1995年からはマウリツィオ・ザンパリーニの所有するSSCヴェネツィアに所属。2000年アタランタBCへ移籍し優れた育成システムを補完する形で賢い補強策を行った。2002年リカルド・ガッローネ会長が買収したUCサンプドリアのGMに就任して以来、ヴェネツィア時代の友人ワルテル・ノヴェッリーノを監督に招聘したり、監督の要望に沿いつつ限られた財政力で選手補強を行うことに尽力していた。

サンプドリアでの補強での成功例の一つは、アントニオ・カッサーノの獲得である(2007年)。カッサーノは天才でありながら、レアル・マドリードでは度重なる愚行と出場機会の減少で評価を下げていた。マロッタはレンタルでカッサーノを獲得し、新監督となったワルテル・マッツァーリにより復活に成功。翌シーズンには完全移籍で獲得している。

ユヴェントスFC時代編集

2010年夏、カルチョ・スキャンダル以降低迷していたユヴェントスのGMに就任。スカウト担当のファビオ・パラティッチを連れて行った。初年度こそ7位と悪い流れを断ち切れなかったものの、2011年夏のメルカートでアントニオ・コンテを監督に就任させると同時に、アンドレア・ピルロアルトゥーロ・ビダルステファン・リヒトシュタイナーミルコ・ヴチニッチと次々と積極補強をし、チームとしてサイクルの転換を促した。その結果、ユヴェントスはシーズン前の下馬評を覆し、クラブ史上初のリーグ戦無敗優勝を成し遂げた。その後も2012年夏に、クワドォー・アサモアマウリシオ・イスラを同時補強。2013年冬にはフェルナンド・ジョレンテを自由移籍で獲得し、2013年夏にカルロス・テベスアンジェロ・オグボンナの獲得を決めるなど、堅実かつ迅速な補強手腕でセリエAでのユヴェントスの地位を確固たるものにし2013-14シーズンまででセリエA三連覇を達成した。2014-15シーズンは三連覇の立役者アントニオ・コンテ監督の電撃辞任というアクシデントがあったが、辞任翌日という速さでミランでの実績があったマッシミリアーノ・アッレグリ監督を招聘。コンテの一件で出遅れていた移籍市場でも欧州実績のあるパトリス・エヴラを200万ユーロで獲得。また、アルバロ・モラタロベルト・ペレイラといった実力と将来性を兼ね備えた有望若手選手も獲得した。こういった迅速な動き・判断が実り2014-15シーズンのユヴェントスはセリエA四連覇を含む二冠獲得・さらにUEFAチャンピオンズリーグ準優勝というカルチョ・スキャンダル後では最高の成績を残した。

2015-16シーズン前にはカルロス・テベスアンドレア・ピルロアルトゥーロ・ビダルといった主力に加え、フェルナンド・ジョレンテといった四連覇や2014-15シーズンの二冠に貢献した戦力を放出する一方、パウロ・ディバラマリオ・マンジュキッチサミ・ケディラアレックス・サンドロフアン・クアドラードシモーネ・ザザダニエレ・ルガーニといった新戦力を獲得し大幅な血の入れ替えを敢行した。SSラツィオとのスーペルコッパ・イタリアーナは制覇したものの、リーグ戦では主力の怪我や新戦力が噛みあわなかったことから、クラブ史上初の開幕からの二連敗や開幕からの10試合で3勝3分4敗という不振ぶりであった。しかし、怪我人の復帰や新戦力がフィットしてきたこともあり、2015年10月31日のトリノFCとのトリノダービーからのクラブ新記録の15連勝など10節以降25戦24勝1分という勢いでセリエA史上4チーム目となる五連覇を達成し、シーズン開幕当初は血の入れ替えに批判する声があったものの結果的に五連覇に貢献することになった。

2016-17シーズン前にはポール・ポグバを史上最高額の移籍金である1億500万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに売却し、アルバロ・モラタを古巣であるレアル・マドリードに買戻しされた一方、ダニエウ・アウベスをフリー、メディ・ベナティアフアン・クアドラードをレンタルで獲得。さらにSSCナポリからゴンサロ・イグアインを9000万ユーロで、ASローマからミラレム・ピャニッチを3200万ユーロで国内のライバルチームからの引き抜きに成功。イグアインの移籍金9000万ユーロはユヴェントスが獲得に費やした史上最高額の移籍金であり、セリエA史上最高額の移籍金でもある。また夏にはマルコ・ピアツァを、冬にはリカルド・オルソリーニマッティア・カルダーラを獲得するなど若手にも投資を行った。結果、リーグ最多タイとなるセリエA六連覇と史上初のコッパ・イタリア三連覇の二冠。そして前年惜しくもベスト16で散ったUEFAチャンピオンズリーグでも決勝で破れはしたものの、準優勝に輝き、ほぼ完璧と言っていいシーズンとなった。

2018-19シーズンには熾烈な獲得争いを制しリバプールFCより自由移籍でエムレ・ジャンを獲得する他、退団したジャンルイジ・ブッフォンステファン・リヒトシュタイナーの後釜として、マッティア・ペリンジョアン・カンセロをそれぞれ補強するなど堅実な動きをみせていたが、7月初旬になりレアル・マドリードのエースであるクリスティアーノ・ロナウドの移籍報道が相次いだ。そして2018年7月10日、移籍金1億ユーロでロナウドの入団を正式発表し、世界を驚かせた。なお、1億ユーロはユヴェントスが獲得に費やした史上最高額の移籍金であり、セリエA史上最高額の移籍金でもある。イグアインで記録したセリエA史上最高額の移籍金をわずか2年で更新することになった。2018年10月、GMからの退任を発表。

インテル時代編集

2018年12月、ユヴェントスの宿敵であるインテル・ミラノの最高経営責任者(CEO)就任が決定した[2]

獲得した主な選手編集

サンプドリア時代編集

ユヴェントス時代編集

2010-2011
国籍 選手名 移籍金
  レオナルド・ボヌッチ 1550万ユーロ
  ファビオ・クアリャレッラ 1500万ユーロ
  ミロシュ・クラシッチ 1500万ユーロ
  シモーネ・ペペ 1000万ユーロ
  マルコ・モッタ 500万ユーロ
  マルコ・ストラーリ 450万ユーロ
  ホルヘ・マルティネス 1200万ユーロ
  アルベルト・アクィラーニ レンタル移籍
  アレッサンドロ・マトリ 1800万ユーロ
  アンドレア・バルツァッリ 30万ユーロ
2011-2012
国籍 選手名 移籍金
  アンドレア・ピルロ 自由移籍
  レト・ツィークラー 自由移籍
  ミケーレ・パツィエンツァ 自由移籍
  アルトゥーロ・ビダル 1250万ユーロ
  ミルコ・ヴチニッチ 1500万ユーロ
  ステファン・リヒトシュタイナー 1000万ユーロ
  エマヌエレ・ジャッケリーニ 725万ユーロ
  エルイェロ・エリア 900万ユーロ
  シモーネ・パドイン 500万ユーロ
  マルコ・ボリエッロ レンタル移籍
  マルティン・カセレス 950万ユーロ
  ワシム・ブーイ 非公開
2012-2013
国籍 選手名 移籍金
  ルシオ 自由移籍
  ポール・ポグバ 自由移籍
  ニコラ・レアーリ 380万ユーロ
  マノロ・ガッビアディーニ 550万ユーロ・共同保有
  アルベルト・マージ 200万ユーロ
  クワドォー・アサモア 1800万ユーロ
  マウリシオ・イスラ 1300万ユーロ
  リッチモンド・ボアキエ 400万ユーロ・共同保有
  ニクラス・ベントナー レンタル移籍
  フェデリコ・ペルーゾ 580万ユーロ
  ニコラ・アネルカ レンタル移籍
2013-2014
国籍 選手名 移籍金
  フェルナンド・ジョレンテ 自由移籍
  カルロス・テベス 1200万ユーロ
  アンジェロ・オグボンナ 1200万ユーロ
  シモーネ・ザザ 350万ユーロ
  パブロ・ダニエル・オスヴァルド レンタル移籍
2014-2015
国籍 選手名 移籍金
  キングスレイ・コマン 自由移籍
  ロベルト・ペレイラ 1500万ユーロ
  アルバロ・モラタ 2000万ユーロ
  パトリス・エヴラ 200万ユーロ
  ロムロ レンタル移籍
  ステファノ・ストゥラーロ 500万ユーロ
  アレッサンドロ・マトリ レンタル移籍
2015-2016
国籍 選手名 移籍金
  サミ・ケディラ 自由移籍
  ネト 自由移籍
  パウロ・ディバラ 3200万ユーロ
  ダニエレ・ルガーニ 300万ユーロ
  マリオ・マンジュキッチ 1900万ユーロ
  アレックス・サンドロ 2600万ユーロ
  エルナネス 1100万ユーロ
  フアン・クアドラード 3000万ユーロ
  マリオ・レミナ 900万ユーロ
  ロランド・マンドラゴラ 600万ユーロ
2016-2017
国籍 選手名 移籍金
  ダニエウ・アウヴェス 自由移籍
  ミラレム・ピャニッチ 3200万ユーロ
  マルコ・ピアツァ 2300万ユーロ
  ゴンサロ・イグアイン 9000万ユーロ
  メディ・ベナティア 2000万ユーロ
  トマス・リンコン 800万ユーロ
  マッティア・カルダラ 1500万ユーロ
  リッカルド・オルソリーニ 600万ユーロ
2017-2018
国籍 選手名 移籍金
  ロドリゴ・ベンタンクール 950万ユーロ
  ドウグラス・コスタ 4600万ユーロ
  ヴォイチェフ・シュチェスニー 1200万ユーロ
  マッティア・デ・シリオ 1200万ユーロ
  フェデリコ・ベルナルデスキ 4000万ユーロ
  ブレーズ・マテュイディ 2000万ユーロ
  ベネディクト・ヘーヴェデス レンタル移籍
2018-2019
国籍 選手名 移籍金
  エムレ・ジャン 自由移籍
  マッティア・ペリン 1200万ユーロ
  ジョアン・カンセロ 4040万ユーロ
  クリスティアーノ・ロナウド 1億ユーロ
  レオナルド・ボヌッチ 3500万ユーロ

インテル・ミラノ時代編集

2018-2019
国籍 選手名 移籍金
  セドリック・ソアレス レンタル移籍
2019-2020
国籍 選手名 移籍金
  ディエゴ・ゴディン 自由移籍
  ニコロ・バレッラ レンタル移籍
  ステファノ・センシ レンタル移籍
  ヴァレンティノ・ラザロ 2200万ユーロ
  ロメル・ルカク 7700万ユーロ
  アレクシス・サンチェス レンタル移籍
  クリスティアーノ・ビラーギ レンタル移籍

※レンタル→完全移籍となった選手の移籍金はレンタル料込。 万ユーロ

所属クラブ編集

脚注編集