メインメニューを開く

タモリの新・哲学大王!』(タモリのしん・てつがくだいおう)は、フジテレビ系列1997年4月16日から同年9月17日まで毎週水曜日の22:00 - 22:54(JST)に放送されていた日本トークバラエティ番組。通称は『哲学大王!』。司会を務めたタモリ冠番組ハウフルスフジテレビの共同製作で、キリンビールキリンビバレッジの2社提供。モノラル放送文字多重放送を実施。

タモリの新・哲学大王!
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
演出 菅原正豊(総合演出)
出演者 タモリ
木佐彩子(当時フジテレビアナウンサーほか
ナレーター 武田広
エンディング 「I Finally Found Someone」
ブライアン・アダムス&バーブラ・ストライサンド
プロデューサー 高浦康江(ハウフルス)
山田浩司(フジテレビ)
制作 ハウフルス
フジテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1997年4月16日 - 1997年9月17日
放送時間 水曜日 22:00 - 22:54
放送分 54分
テンプレートを表示

概要編集

これまで同時間帯で放送されていた『ボキャブラ天国』シリーズが、1997年改編を機に日曜深夜枠へ移動。同シリーズで司会を務めていたタモリは『ボキャブラ天国』の司会をヒロミに任せ、引き続き水曜22時台の番組の司会を務めることになった。

当番組は毎週、日常生活に即した様々なテーマを哲学的に、かつユーモアを交えながら考察するという主旨で番組を展開。豪華な各界の賢者(VTR出演者)らが登場し、「」「お金」「才能」「父親」「青春」などをテーマにした各々の哲学を紹介。司会のタモリと進行役の木佐彩子(当時フジテレビアナウンサー)、そして主なパネラーたちが各回のテーマに沿って哲学トークや意見交換を繰り広げていた。ちなみに、最終回のテーマは「哲学大王」であった。

提供読み時には「今夜も哲学に乾杯! この番組は、おいしい、うれしい、楽しい、キリンの提供でお送りします(しました)」との音読があったが、エンディングにおいてはほぼ消灯状態の中、壁にある「KIRIN」と書かれた箇所でスポンサー名を挙げていく方式を採用していた。また、エンディング後には花王CMヒッチハイクで放送されていた。

番組の終了後、タモリたちレギュラー陣とスポンサーはそのままに内容を一新した後継番組『タモリのネタでNIGHTフィーバー!』がスタートした。

出演者編集

エンディングテーマ編集

バーブラ主演映画マンハッタン・ラプソディ』の主題歌でもあった。

スタッフ編集

  • ナレーター:武田広
  • 構成:浜田悠、海老克哉
  • 技術:ニユーテレス
  • SW:河西純
  • カメラ:高田治
  • 音声:杉山直樹
  • 調整:宮本学
  • 照明:細矢賢一
  • 美術:柴田慎一郎・重岩清人(フジアール
  • デザイン:根本研二
  • 進行:横山勇
  • 大道具:長島直
  • 電飾:岸和幸
  • ロケ技術:ティ・ピー・ブレーン
  • ロケ照明:クリア
  • 収録スタジオ:ACT
  • VTR編集・MA:麻布プラザ よしだ裕二・伊藤敬一
  • 音効:佳夢音 柳原英博・山本千秋
  • TK(タイムキーパー):加藤京美(ハウフルス)
  • スタイリスト:相馬さとし(タモリ担当)、上鈴木順子(木佐彩子担当)
  • リサーチ:オフィスゲイム
  • タイトルデザイン:井上嗣也(&BEMS)
  • 広報:熊谷知子 → 川植浩治 → 赤間裕美(全てフジテレビ)
  • 編成:河合徹 → 小川晋一、石井浩二(全てフジテレビ)
  • AP(アシスタントプロデューサー):尾形香代(ハウフルス)
  • ディレクター:山田謙司・宮本忠浩(ハウフルス)、福原伸治・芝崎利行(フジテレビ)
  • プロデューサー:高浦康江(ハウフルス)、山田浩司(フジテレビ)
  • 総合演出:菅原正豊(ハウフルス)
  • 写真提供:オリオンプレス、WPS、PPS通信社
  • 制作協力:田辺エージェンシー
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:ハウフルス、フジテレビ

ネット局 編集

外部リンク編集

フジテレビ系列 水曜22時台
前番組 番組名 次番組
タモリの超ボキャブラ天国
(1996年10月16日 - 1997年3月19日)
【※ 日曜深夜へ移動・改題】
タモリの新・哲学大王!
(1997年4月16日 - 同年9月17日)
タモリのネタでNIGHTフィーバー!
(1997年10月15日 - 1998年3月18日)