メインメニューを開く

タリーズコーヒー

アメリカ発祥のコーヒーショップチェーン

タリーズコーヒーTully's Coffee Corporation)は、アメリカワシントン州シアトルを本拠とするコーヒーチェーン店。アメリカ国外では、ブランドライセンス供与の形で日本韓国に出店している。

タリーズコーヒー
Tully's Coffee Corporation
種類 株式会社
略称 タリーズ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗
ワシントン州シアトル
設立 1992年
事業内容 コーヒーショップチェーン
売上高 3600万ドル(2012年)
従業員数 480人(2012年)
関係する人物 パトリック・デンプシー
外部リンク http://www.tullys.com/
テンプレートを表示

概説編集

1992年に、シアトル不動産会社を営むトム・タリー・オキーフ(: Tom Tully O'Keefe)が開業し、2006年に初の純益を計上した。アメリカ西海岸を中心に約200店舗のコーヒーショップを運営し、スターバックスに続いて全米2位の売り上げを誇る。日本では別法人による店舗展開を行っている。

同じシアトル系コーヒーショップということでスターバックスとは現在でこそライバル関係であるが、スターバックスと同じことをしよう、という名目のもとでオープンしたコーヒーショップであることを忘れてはならない。以前はシアトルの本社施設も向かい合わせに存在した(現在はタリーズの本社が移転した)。タリーズコーヒーは、このように対立するスターバックスに隣接して店舗を開く拡大戦略をとっていたことでよく知られる。シアトルでは、「タリーズコーヒーを探す最も簡単な方法は、スターバックスの前に立ち、あたりを見回すことだ」というジョークがよく言われる。同様にライバル関係であったシアトルズベストコーヒーがスターバックス傘下に入ったことで、ますます競争は激化している。

そうした競争の激化から、2012年10月に連邦倒産法第11章を申請し、事実上の倒産。2013年1月4日の競売の結果、米俳優パトリック・デンプシーが47店舗を920万ドルで落札した。デンプシーはアメリカのドラマ「グレイズ・アナトミー」のデレク・シェパード医師役で知られており、同ドラマの舞台であるシアトルを第2の故郷のように思っているため、タリーズコーヒーの名前と従業員を守るために入札したという。なお、日本におけるタリーズコーヒーは、タリーズコーヒージャパンが、2005年にライセンス権をアメリカ法人から買い取り、以後アメリカ法人とは独立していたため、アメリカ法人倒産の影響を受けなかった。

2013年4月よりプリペイドカード「タリーズカード」による支払いが可能になった。

日本におけるタリーズコーヒー編集

伊藤園 > タリーズコーヒー
 
堺筋本町店(大阪市中央区
 
河原町六角店(京都市中京区
 
京都三条通り店(京都市中京区)

日本における営業は、伊藤園の子会社タリーズコーヒージャパンが行っている。

創業社長の松田公太がシアトルのローカルコーヒー店(当時5店舗)の「タリーズ」と出会い、日本での営業権を交渉した。1997年1月にタリーズコーヒーの日本での1年間の独占契約権を得て、8月7日に東京都中央区銀座にタリーズコーヒー1号店を開業した。

1998年5月にタリーズコーヒージャパン株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。

2001年にナスダック・ジャパンに株式を上場し、2002年にフードエックス・グローブ株式会社を持株会社とした。

2004年にフードエックス・グローブをMBOにより非上場化し、2005年に日本における「Tully’s」商標権を完全取得した。

2006年に320店舗に成長し、日本におけるスペシャルティコーヒーチェーン2位に成長したタリーズジャパンを伊藤園に譲渡した。

2016年現在、店舗数は630店舗である。

特徴編集

日本で女性を主要顧客とする[1]スターバックスより、コーヒーの味覚にこだわりが強い25歳以上の客層を想定し[2]、内装はクレマと称するエスプレッソ表面の泡のような色に壁面を統一してカントリー風の椅子を組み合わせるなどの工夫をしている。知名度向上のため創業直後の1997年11月にインパクトのある緑色のストローを導入したところ、直後にスターバックスも同じ色のストローを採用するなど、イメージ戦略で両社は競合している。タリーズもスターバックスの20円と同様に、タンブラーやマグを持参すると30円値引きしている。タリーズが販売するタンブラーやマグ以外を用いても、同様のサービスが受けられる。[1]

使用するコーヒー豆は高品質のアラビカ種のみで、一杯一杯手動マシンを使用して「スペシャルティ」にこだわる、アイスクリーム、食事メニュー、期間限定メニューなどの豊富さを特徴とする。社会貢献のために2003年から絵本作品を毎年募集し、優秀な作品を本にして店舗内で販売している。

全店が完全禁煙制のスターバックスと異なり、喫煙席を備える店舗がある。喫煙席は「喫茶店で喫煙する日本的な文化」を尊重し、コーヒーの香りや居心地に影響しないように完全分煙され、喫煙者用にガラスで仕切られた小部屋が用意されている。

日本のほとんどの店舗で公衆無線LANサービスのアクセスポイントを設置し[3]、NTTドコモのdocomo Wi-Fi、NTT東日本・NTT西日本のフレッツスポット、およびNTTコミュニケーションズのホットスポットが利用可能である。

店舗数・出店方針編集

2006年4月3日に麻布十番店を開店して日本国内で300店舗となり、最後の進出県である鳥取県も2014年4月30日に全国で555店舗目となる鳥取大学医学部附属病院店を外来ホールに開店し、全都道府県に出店した[4]。

コーヒーチェーン業界の先駆けとして取り組んだ病院内店舗は2004年4月に好仁会東大病院店がオープンし、現在も積極的に出店している[5]。自動車ショールームや旅行会社、証券会社など異業種店舗に「シナジー店舗」と称する共同店舗のほか企業内など特別な環境にも積極的に出店し、航空会社のスターフライヤーと提携して機内サービスのコーヒーを提供している。

2017年10月に紅茶メニューを拡充したコンセプトショップ「タリーズコーヒー &TEA」の1号店を横浜元町に、2号店を2018年5月に六本木に出店した。[4]

特徴的な店舗の例編集

脚注編集

  1. ^ そのため、フラペチーノが売上を占める割合が多い。
  2. ^ 「坂井直樹のデザイン経営談義」日経デザイン、2006年2月号、P.74-77、日経BP
  3. ^ 公式サイトのショップ情報を参照の事。LANのアイコンが表示されている店舗はアクセスポイントが設置されている。
  4. ^ 「タリーズコーヒー &TEA」2号店が六本木に - 紅茶メニューを拡充、「ティースムージー」も新登場

関連文献編集

関連項目編集

外部リンク編集