メインメニューを開く

ダニエル・ジョン・"ダニー"・サリバン三世Daniel John "Danny" Sullivan III, 1950年3月9日 - )は、アメリカ合衆国の元レースドライバー。1985年インディ500で優勝したことで最もよく知られる。

ダニー・サリバン
Danny Sullivan 1991.jpg
ダニー・サリバン (1991年)
基本情報
フルネーム ダニエル・ジョン・サリバン三世
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ケンタッキー州ルイビル
生年月日 (1950-03-09) 1950年3月9日(69歳)
F1での経歴
活動時期 1983
過去の所属チーム '83 ティレル
出走回数 15
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1983年ブラジルGP
最終戦 1983年南アフリカGP
テンプレートを表示
ダニー・サリバン
基本情報
PPG インディカー・ワールド・シリーズでの経歴
活動時期 1982-1993, 1995
所属 フォーサイス・レーシング
シアソン・レーシング
ペンスキー・レーシング
パトリック・レーシング
ガレス・レーシング
パックウェスト・レーシング
出走回数 170
優勝回数 17
ポールポジション 19
シリーズ最高順位 1位 (1988)
選手権タイトル
1988 PPG インディカー・ワールド・シリーズ
受賞
1985 インディ500 優勝

生い立ちと経歴編集

サリバンはケンタッキー州ルイビルで生まれる。父親は建築業を営んでいた。ケンタッキー・ミリタリーインスティチュートに学び、ジム・ラッセル・レーシングスクールに入る。サリバンはレース経歴を始める前、様々な職に就きその中には木こりやニューヨーク市のタクシー運転手などがあった[1]

F1編集

サリバンは21歳の誕生日プレゼントとしてイギリススネッタートンのジム・ラッセル・レーシングスクールで学ぶこととなる。フォーミュラ・フォード、F3に参戦したが、資金が尽きて帰国する。1982年にインディカーでのデビューを果たし、翌1983年にはF1のティレルチームとの契約を結ぶ。ティレルのスポンサー、ベネトンはアメリカ人ドライバーの採用を希望していた。サリバンは1983年シーズン、15戦に出走しモナコグランプリでは5位に入賞、2ポイントを得てシーズン17位という結果であった。また、4月にブランズ・ハッチで行われたノンタイトル戦、レース・オブ・チャンピオンズではケケ・ロズベルグに次いで2位に入賞している。しかしながら彼は経験豊富なチームメイトのミケーレ・アルボレートの陰に隠れることになり、シーズンを終えて契約を継続することができなかった。

インディカー編集

 
サリバンのローラ・T800、1984年のラグナ・セカ

1984年、サリバンはアメリカに戻った。インディカー・シリーズに参戦し、1985年にはインディ500で優勝を遂げる。このレースでサリバンはスピンを喫し、マリオ・アンドレッティにリードされるものの、フラットスポットが生じたタイヤをピットで交換し、20ラップ後にアンドレッティを追い抜きそのまま優勝した。1988年のインディ500でも、スタートから101ラップ中91ラップでレースをリードしたが、ターン1で壁に接触、リタイアした。しかしながら同年のシリーズではタイトルを獲得している。

1986年、サリバンはテレビ番組「マイアミ・バイス」にゲストスターとして出演する。売春婦を殺害し起訴されるカーレーサー役であった。ドラマはマイアミ・グランプリにおけるピットレーンでの様子などいくつか短い場面が組み入れられた。サリバンの台詞は限られたものであり、最も長いのは警察署での取り調べ場面でのものであった。

1992年、レアNintendo Entertainment System用ソフト「Danny Sullivan's Indy Heat」を発売した。

その後編集

1994年、サリバンは休暇を取って解説者としてABC/ESPNに加わった。また同年、NASCARウィンストンカップ・シリーズの何戦かに出場しようとした。しかしながら、ブリックヤード400に出場したのみで、予算の限られたチームでは33位で完走するのがやっとであった。また、ゲストとしてドイツツーリングカー選手権アルファロメオをドライブし、ル・マン24時間レースヨースト・レーシングからダウアーポルシェ・962Cを駆ってティエリー・ブーツェンハンス=ヨアヒム・スタックとともに出場した。

1995年はインディカーに復帰したが、この年が最後の参戦となった。第13戦のミシガンでクラッシュ、負傷し、骨盤を始めとする重傷を負った。回復の途中に彼はオープンホイールからの引退を発表した。翌年から再びABCの解説者に就任した。



レース戦績編集

IndyCar編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
1982 フォーサイス・ニューマン  
PHO
smaller
 
ATL
3
 
MIL
21
 
CLE
smaller
 
MCH
smaller
 
MIL
smaller
 
POC
smaller
 
RIV
smaller
 
ROA
smaller
 
MCH
smaller
 
PHO
smaller
            22位 28
1984 シアソン・レーシング  
LBG
24
 
PHO
6
 
IND
29
 
MIL
16
 
POR
23
 
MEA
2
 
CLE
1
 
MCH
10
 
ROA
19
 
POC
1
 
MDO
3
 
SAN
1
 
MCH
9
 
PHO
20
 
LAG
9
 
LAV
18
  4位 110
1985 ペンスキー  
LBG
3
 
IND
1
 
MIL
4
 
POR
27
 
MEA
18
 
CLE
27
 
MCH
14
 
ROA
13
 
POC
5
 
MDO
2
 
SAN
5
 
MCH
8
 
LAG
8
 
PHO
4
 
MIA
1
    4位 126
1986  
PHO
4
 
LBG
11
 
IND
9
 
MIL
11
 
POR
11
 
MEA
1
 
CLE
1
 
TOR
2
 
MCH
25
 
POC
16
 
MDO
3
 
SAN
5
 
MCH
12
 
ROA
6
 
LAG
2
 
PHO
2
 
MIA
26
3位 147
1987  
LBG
22
 
PHO
11
 
IND
13
 
MIL
11
 
POR
11
 
MEA
20
 
CLE
4
 
TOR
2
 
MCH
4
 
POC
17
 
ROA
5
 
MDO
3
 
NAZ
22
 
LAG
2
 
MIA
12
    9位 87
1988  
PHO
23
 
LBG
13
 
IND
23
 
MIL
2
 
POR
1
 
CLE
3
 
TOR
2
 
MEA
4
 
MCH
1
 
POC
18
 
MDO
5
 
ROA
4
 
NAZ
1
 
LAG
1
 
MIA
5
    1位 182
1989  
PHO
3
 
LBG
8
 
IND
28
 
MIL
10
 
DET
24
 
POR
 
CLE
 
MEA
8
 
TOR
3
 
MCH
23
 
POC
1
 
MDO
5
 
ROA
1
 
NAZ
3
 
LAG
14
    7位 107
1990  
PHO
6
 
LBG
3
 
IND
32
 
MIL
8
 
DET
14
 
POR
4
 
CLE
1
 
MEA
14
 
TOR
4
 
MCH
21
 
DEN
2
 
VAN
2
 
MDO
5
 
ROA
16
 
NAZ
18
 
LAG
1
  6位 139
1991 パトリック・レーシング  
SUR
4
 
LBG
11
 
PHO
7
 
IND
10
 
MIL
5
 
DET
10
 
POR
21
 
CLE
9
 
MEA
6
 
TOR
14
 
MCH
18
 
DEN
18
 
VAN
9
 
MDO
17
 
ROA
16
 
NAZ
20
 
LAG
9
11位 56
1992 ガレス・レーシング  
SUR
5
 
PHO
12
 
LBG
1
 
IND
5
 
DET
5
 
POR
12
 
MIL
12
 
NHA
9
 
TOR
3
 
MCH
8
 
CLE
20
 
ROA
7
 
VAN
7
 
MDO
8
 
NAZ
17
 
LAG
7
  7位 99
1993  
SUR
13
 
PHO
23
 
LBG
8
 
IND
33
 
MIL
16
 
DET
1
 
POR
14
 
CLE
14
 
TOR
3
 
MCH
 
LOU
22
 
ROA
26
 
VAN
10
 
MDO
27
 
NAZ
20
 
LAG
27
  12位 43
1995 パックウェスト・レーシング  
MIA
9
 
SUR
5
 
PHO
27
 
LBG
10
 
NAZ
18
 
IND
9
 
MIL
17
 
DET
12
 
POR
22
 
ROA
25
 
TOR
18
 
CLE
5
 
MCH
16
 
MDO
 
LOU
 
VAN
 
LAG
19位 32

Indy 500編集

車番 スタート 予選速度 予選順位 フィニッシュ ラップ数 ラップリード リタイア理由 チーム
1982 53 13 196.292 17 14 148 0 T4でクラッシュ フォーサイス
1984 30 28 203.567 17 29 57 0 ホィール破損 シアソン
1985 5 8 210.298 8 1 200 67 完走 ペンスキー
1986 1 2 215.382 2 9 197 0 完走 ペンスキー
1987 3 16 210.271 6 13 160 4 エンジントラブル ペンスキー
1988 9 2 216.214 2 23 101 91 T1でクラッシュ ペンスキー
1989 1 26 216.027 15 28 41 0 リアアクスル ペンスキー
1990 7 9 220.310 9 32 19 0 T1でクラッシュ ペンスキー
1991 20 9 218.343 17 10 173 0 ターボ パトリック/アルファロメオ
1992 18 8 224.838 9 5 199 0 完走 ガレス/クラコ
1993 7 12 219.428 19 33 29 0 T3でクラッシュ ガレス
1995 17 18 225.496 29 9 199 0 完走 パックウェスト
合計 1523 162
出走回数 12
ポールポジション 0
フロントロー 2
スタート最高位 2位
優勝回数 1
トップ5 2
トップ10 5
リタイア 8
ラップリード 162
レースリード 3
総ラップ数 1,523
獲得賞金 $2,064,211

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1983年 ティレル 011 BRA
11
USW
8
FRA
Ret
SMR
Ret
MON
5
BEL
12
DET
Ret
CAN
DSQ
GBR
14
GER
12
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
Ret
17位 2
012 EUR
Ret
RSA
7

(key)

参照編集

外部リンク編集