チャンス大城(チャンスおおしろ、1975年1月22日 - )は、日本お笑い芸人。本名、大城 文章(おおしろ ふみあき)。兵庫県尼崎市出身。所属事務所はデビュー当初は吉本興業で、大川興業所属→フリーランスの期間を経て、吉本興業に再所属した。

チャンス大城
本名 大城 文章
生年月日 (1975-01-22) 1975年1月22日(45歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県尼崎市
血液型 O型
身長 162 cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 伊丹市立伊丹高等学校(定時制)
出身 大阪NSC8期生、13期生(再度NSCに入学した為)
コンビ名 ビックママ
南北朝鮮
右心臓800
昭和右心臓
大城・三宅
(※いずれも解散)
相方 和田英雄
玉置ピンチ!
三好宏明
力三宅
(※いずれも元相方)
小出真保(ユニット)
芸風 漫談、一人コント
事務所 吉本興業
活動時期 1989年 - 1990年
1994年 -
同期 千原兄弟FUJIWARAバッファロー吾郎
(※大阪NSC8期生時代)
次長課長野性爆弾ブラックマヨネーズ
(※大阪NSC13期生時代)
配偶者 独身(離婚歴あり)
公式サイト プロフィール
受賞歴
2017年 第23回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権優勝
テンプレートを表示

来歴編集

大阪NSC出身で8期生である。また、その後13期生として、大阪NSCに入り直している。8期生としての同期には千原兄弟FUJIWARAバッファロー吾郎などがいる。千原ジュニアと共演した際には、番組中で彼のことを「浩史さん」と本名で呼んでしまった為、ジュニアから「本名で呼ぶのやめてくれへん?」と言われた。ちなみに千原兄弟二人の事は、千原せいじは靖さん、ジュニアは「浩さん」と呼んでいる。

本格的なデビュー当時は吉本興業に所属しており、和田英雄と「ビックママ」というコンビで活動した[1]

1998年より大川興業に移籍し、同年12月31日に行われた「大川の大忘年会1998」で初舞台を踏む。翌1999年より「心臓反対」の芸名で「南北朝鮮」というコンビを組むが、短期間で解散する。2000年に事務所の先輩である玉置ピンチ!と「右心臓800」というコンビを組む。続いて2002年7月より、事務所の当時の新人三好宏明と「昭和右心臓」を結成するも2003年春に解散し、さらに同年6月より力三宅(現在は大川豊興業を退社)とのコンビ「大城・三宅」を経て、2003年後半より現在までピン芸人として活動中である。

2007年第2日本テレビのコーナーで、大城がイスラム教に改宗するまで追った企画が掲載された。現在はイスラム教徒として活動している。

大川時代先輩だった松本キックプロデュースによるミュージシャン漆谷犬多(うるしだにけんた)としての顔も持ち、ライブハウス等の活動や自主制作によるCDを出している。

持ち芸の中には、ナン食品サンプルを持ちながらネタを言った後にブリッジで「何のことやね~ん」とセリフを発するものがある。

2009年6月10日に退社した事が大川興業から発表された。その後はフリーランスとなり、2018年3月よりよしもとクリエイティブ・エージェンシー(当時の社名、現・吉本興業)に復帰した。

エピソード編集

  • 学生時代は、自分で自分を「いじめられエリート」と言うほどのいじめられっ子だった[2]
  • キリスト教洗礼を受けており、クリスチャンネームはアントニウスである。
  • 2007年にキリスト教徒の母親を説得し、キリスト教からイスラム教へ改宗している。
  • 普通自動車運転免許証を27回紛失している。
  • 過去の芸名・コンビ名が表す通り、右心臓の持ち主である。中学生時代に『北斗の拳』に出てくる右心臓のキャラクターにあやかって「サウザー」というあだ名がついていた。2003年9月10日、『Dの嵐!』(日本テレビ)で放送された「摩訶不思議、人体の神秘スペシャル!!」に出演し「ロシアの透視少女」と言う企画で、見抜いてもらうこととなった。見事その少女は大城の右心臓を見抜き、ついでに過去に起こしたバイク事故の影響で右の睾丸が機能していない事実も見抜かれるが、この件は放送されなかった。なお、心臓が右にある場合、心臓以外の臓器も全て左右反転であり、健康上も特に問題のない内臓逆位(全臓器反転症)と、一部の臓器のみが左右反対側に存在し、健康上も問題が発生する可能性がある内臓錯位があるが、番組内での検査の結果、内臓逆位と判明、また経穴(ツボ)も左右反転であることがわかった[2]
  • 中学2年生の時に『4時ですよーだ』(毎日放送)の素人出演コーナーに出演し、F1グランプリを口真似するネタを披露。その日の優勝者に選ばれ、商品としてセガ・マスターシステムを獲得した。本番後に倉本美津留に連れられて松本人志の楽屋にも行ったという。翌日に学校へ行くと、いじめられっ子が一転してヒーロー扱いされるようになった一方で「セガ・マスターシステムよこせ」というたかりにも遭ったという[2]
  • NSCで同期だった千原せいじが経営するラーメン店で働いている(2013年2月当時)[2]

2017年12月21日『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「第23回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」にて『ザ・ノンフィクション』のネタで 小出真保と共に優勝した[3]。小出真保とは まほ&チャンスというユニットを結成している。これがきっかけでザ・ノンフィクションのナレーションを担当したこともある。

「チハラトーク」や、『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』で千原ジュニアと共演し、エピソードを披露したことがきっかけで、『人志松本のすべらない話』の出演につながった。

出演番組編集

テレビ編集

レギュラー

  • 5時に夢中!TOKYO MX、2020年2月20日 - )毎月一回、「月刊地下芸人」木曜コーナーレギュラー

その他

映画編集

ラジオ編集

インターネット番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「お笑いタレント事典 若手大集合」(キネマ旬報社、1996年)
  2. ^ a b c d 『CIRCUS MAX』2013年2月号(KKベストセラーズ)「プチ鹿島の芸人人生劇場 第2回・チャンス大城」より
  3. ^ おかげでした名物「細かすぎて伝わらないモノマネ」に継続示唆”. 2018年1月5日閲覧。
  4. ^ チャンス大城のヤンヤンヤン!”. 2018年1月5日閲覧。

外部リンク編集