メインメニューを開く

トラック野郎・爆走一番星

トラック野郎・爆走一番星』(トラックやろう・ばくそういちばんぼし)は、1975年(昭和50年)12月27日公開の日本映画

トラック野郎 爆走一番星
監督 鈴木則文
脚本 鈴木則文
澤井信一郎
出演者 菅原文太
愛川欽也
あべ静江
春川ますみ
加茂さくら
研ナオコ
夏八木勲
織本順吉
山城新伍
田中邦衛
音楽 木下忠司
撮影 飯村雅彦
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗1975年12月27日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 7億7700万円[1]
前作 トラック野郎・御意見無用
次作 トラック野郎・望郷一番星
テンプレートを表示

満艦飾のトラックが日本全国津々浦々駆け巡り、主人公・一番星こと星桃次郎に菅原文太、相棒・やもめのジョナサンこと松下金造に愛川欽也、マドンナ・高見沢瑛子にあべ静江、ライバル・ボルサリーノ2に田中邦衛が扮して巻き起こす「トラック野郎シリーズ」第2弾。1976年(昭和51年)の正月作品として公開された。『爆走一番星』は当時の東映社長・岡田茂による命名。[2]

7億7700万円の配給収入を記録、1976年の邦画配給収入ランキングの第7位となった[1]

ストーリー編集

新潟の山中を進む一台のバス。中では女子学生の一団が「里の秋」を合唱していた。そこに割り込む男性の声。11トン車・一番星号の運転手・星桃次郎(菅原文太)と、4トン車・やもめのジョナサン号の運転手・松下金造(愛川欽也)の二人である。彼らは引率の女教師(研ナオコ)をからかい、「心のこり」を女生徒たちと合唱した。

須間田三四郎(山城新伍)と邂逅後、東京に戻った二人は荷下ろしで汗を流す。その後、桃次郎は写真屋(由利徹)で見合い写真を撮る。その写真をソープ嬢たちに見せ、「見合いする」、「結婚は神聖」、「一度は処女とセックスしたい」と、まだ見ぬ出会いに期待を寄せていた。

後日。姫路の台貫場では、警官・赤塚周平(なべおさみ)に運転手の宮崎(宮崎靖男)が苦しめられていた。その横を、一番星号を牽引したジョナサン号が通過する。一番星号には「故障車」の張り紙が。しかし、赤塚は偽装と見抜き、原付で追跡。嫌がらせに排ガスを浴びせた一番星号だったが、偶然通りかかったバキュームカー雲竜丸にも浴びせてしまう。怒った運転手・杉本千秋(加茂さくら)は追い越し、車線を塞いで停車。助手の堀釜太郎(ラビット関根)共々降りてくる。桃次郎と言い合いになり、バキュームカーのホースを向ける展開に。そこに赤塚が追いついてくるが、開き直った桃次郎の剣幕に負け、通行を許してしまう。

桃次郎とジョナサンはドライブイン「おふくろ」で停車、大をするためトイレに駆け込む。紙がないため、桃次郎が店内に貰いにいく羽目に。店主の蝶子(園佳也子)が取りに行く間に、女子大生の高見沢瑛子(あべ静江)が紙を差し出す。その瞬間、星がチカチカと輝き、一目惚れする桃次郎。紙を持ってきてくれた蝶子に「僕はウンチなんかしない」、「下品な!」とカッコつけてしまう。瑛子はこの店でアルバイトしており、太宰治のファンだった。津軽出身のジョナサンと意気投合する瑛子。だが桃次郎は「ダザイ」という名の果物と勘違いし、失笑を買ってしまう。

店を出て野外で排便する桃次郎だったが、紙がないのは解消されていなかった。ジョナサンは通りがかった雲竜丸を止める。「商売の邪魔」と機嫌の悪い釜太郎だったが、千秋は素直に紙を差し出した。見直すジョナサン。

桃次郎とジョナサンは博多へ。そこでやっと太宰治が小説家だと理解する。桃次郎は「紙をくれた女(瑛子)」に見合い写真を渡すようジョナサンに頼むが、ジョナサンは千秋のことと勘違いしてしまう。

太宰治全集を揃えた桃次郎は、詰襟の学生服に身を包み「おふくろ」へ。外で待っている間に、ジョナサンが見合い写真を渡す手はずだった。ジョナサンから「うまくいきそう」と聞かされ、店内の様子から誤解した桃次郎は、瑛子との仲を取り持って貰おうと雲竜丸を追いかける。だが、見合い写真は千秋に渡っており、彼女は桃次郎を意識し始めていた。瑛子の事を中々口に出せない桃次郎は、うっかり取っ手を捻ってしまい、千秋ともども逆流する糞尿を浴びてしまう。

千秋のアパートで風呂に入った桃次郎。服も洗濯され軒先に掛かっている。そこへ赤塚が帰宅。彼は隣の部屋だった。今日は千秋の誕生日であり、バースデーケーキを持っていた彼だったが、釜太郎から桃次郎を「フィアンセ」といわれ、さらに室内の会話を誤解し、「千秋が桃次郎に処女を捧げた」と思い込む。意気消沈する赤塚だったが、一緒に聞いていた釜太郎は喜んでいた。迎えにきたジョナサンにも誤解が伝わってしまう。階下から祝福するジョナサン。

そのジョナサンには、公道で大型ダンプ「ボルサリーノ2」と、その配下のダンプ「ボルサリーノ3」、「ボルサリーノ4」が襲い掛かっていた。相手の正体が判らないジョナサンだったが、ボルサリーノ2(田中邦衛)は「思い出すまで付きまとう」と言い残し去っていく。

川崎に戻ったジョナサンは、結婚14年目にしてやっと新婚旅行に出かけることに。目的地は長崎である。その会話の中で、ジョナサンが千秋に見合い写真を渡したことを知る。一刻も早く誤解を解きたい桃次郎だったが、「子供を乗せて貰わないと困る」、「見合い写真の始末は任せて」と君江(春川ますみ)にいわれ、その場は思い留まる。

途中の厳島神社で記念撮影の際、掃除人夫(織本順吉)と知り合いになる。彼は出稼ぎだったが、不景気のため仕送りも滞っているという。

長崎で出会った少年ユウイチに案内され、ジョナサン一家は観光を楽しむ。姉の小野薫(千葉由美)の元へジョナサン一家を引き連れて帰宅するユウイチ。案内料として得た500円札を得意げに姉に見せる彼だったが、しかし薫は返すように諭す。薫と弟は父子家庭であり、父親は一年前から出稼ぎに出ていたが、二人は他人に頼らず生きてきたのだった。不憫な幼い姉弟に同情するジョナサン一家と桃次郎。

帰路、「おふくろ」に立ち寄るジョナサン一家と桃次郎。そこで桃次郎は土産を瑛子に渡そうとするが、彼女は男(夏八木勲)と部屋にいるという。心中穏やかでない桃次郎は焦って彼女の部屋に向かうが、男(片岡光二)を兄だと紹介され、安堵する。傷心の瑛子は、桃次郎に九州行きを頼むのだった。

店内では千秋が訪れていた。ジョンサンと君江は桃次郎のことを扱き下ろし、彼女に愛想尽かしをさせようとするが、彼女の決意は揺るがなかった。困り果てたジョナサンは店の裏で桃次郎に土下座するが、桃次郎は怒り狂う始末。そしてその様を物陰から千秋が見ていた。嘆く千秋。

後日の夜。「おふくろ」にボルサリーノ2が部下と現れる。ジョナサンが「花巻の鬼台貫」だったことに触れ、部下にジョナサンを責めさせる。止めに入る蝶子だったが、あっさりと追い払われる。110番をかけようとする蝶子だったが、それは桃次郎に止められた。そして割って入る桃次郎。彼とボルサリーノ2の一騎討ちに展開する。店内での大暴れは互角で、家具や備品を壊しながら続いたが、今度はジョナサンが間に入った。

ボルサリーノ2は、ジョナサンに対して甘い態度を取る連中に苛立ち、身の上を話し始める。18歳の時に父親が死に、山奥の土地を売って小さなトラックを買ったものの、代金が足らず借金をしていた。病気の母親を抱え、違反しなければ生活ができない。そこに花巻の鬼台貫が摘発を繰り返していたのだ。結果、彼は逃走中に事故を起こしトラックは壊れ、母親は病院を追われ死亡した。

ジョナサンとの決着にハンドルでの勝負を申し出るボルサリーノ2。受けるジョナサンだったが、桃次郎が不意打ちで気を失わせ、代わりに勝負を買って出る。

夜の街道レースは互角だったが、気を取り戻したジョナサンが追跡、正面から勝負に割り込む。レースは中断となり、ジョナサンの身の上を聞いたボルサリーノ2は勝ちを桃次郎に譲り、去っていく。

後日、一番星号は瑛子を乗せ、長崎へ。現地では小野姉弟と合流し、観光を楽しむ。兄との難しい仲を仄めかした瑛子に、「勇気とは自分で踏み切るもの」といってしまう桃次郎。夜はジョナサンも交え、小野家で鍋をつついていた。そこに、小野姉弟の父親からの手紙が届く。大晦日には帰ってくる、と。そこで父親の写真を見せられた二人。それは厳島神社で出会った掃除夫だった。

姫路に帰った瑛子の元に、兄が訪ねてくる。彼は実兄ではなく、義理の兄だった。姉の元夫であったが、瑛子とは惹かれあっていたのだ。だが、瑛子は義兄を突き放す。

一番星号は姫路を通りがかっていた。そこを赤塚が発見し、原付で追跡する。彼は「千秋の仇」と桃次郎を逮捕しようとするが、桃次郎に一蹴される。千秋への愛を声に出す赤塚だったが、彼は飲酒していた。追いかけてきたパトカーに収容される赤塚。その一部始終を、千秋は見ていた。

夜になり、懲戒免職になった赤塚は署から出てくる。そこを、待っていた一番星号に乗せられる。トラックは「おふくろ」へ。中には文金高島田と着物で正装した千秋が待っていた。ジョナサンとおふくろが仲人となり、二人の挙式が始まる。

12月30日。ジョナサンは大晦日に間に合うよう、長崎の小野姉弟の元へ向かう。自宅での準備中に、ハネムーンベビーの受胎を知らされるジョナサン。

大晦日、意を決して「おふくろ」を訪れた桃次郎だったが振られてしまう。桃次郎に「勇気とは自分で踏み切るもの」といわれたことが切っ掛けで、瑛子は義兄の元へ行くことを決心したのだった。

当て所なく一番星号を流していたところ、岡山で小野姉弟の父親・松吉と遭遇。「金がないので帰れない」と当たり屋をしていた松吉を乗せ、0時までに間に合わせようと一番星号は長崎に向かう。

ジョナサンは長崎に着いていたが、薫は熱を出して寝込んでいた。だが、手紙で約束した父親は、まだ帰ってこない。

一番星号は白バイを皮切りに、次々とパトカーに追われる。ボルサリーノ2の援護で警察の追跡を振り切り、爆走する一番星。さらには他のトラックも駆けつける。

日が暮れ、夜道を疾走する一番星号。桃次郎は松吉に金を渡す。0時前に無事に着き、薫も元気を取り戻すのだった。

スタッフ編集

※ 挿入歌「残り火の恋」は実際には使用されていないに等しい。備考参照。

出演編集

備考編集

挿入歌
西来路ひろみの歌う「残り火の恋」であるが、実際はほとんど聞こえない。これには長年、ファンから監督の鈴木則文に問い合わせがあった。鈴木の記した『新トラック野郎風雲録』(ちくま文庫2014年)103頁によると、「製作途中で挿入歌とする決定がされたが、脚本を直す間がなく、作品にも合わない。仕方なく、「町のどこかから聞こえてくる」という設定にしようしたが、音を絞りに絞ったので、ほぼ聞こえない状態」に仕上がったという。作詞を依頼してきたのは西来路の事務所の社長であり、根負けして引き受けたが、映画で使用するとは聞いてなかった(同101-102頁)。なお、西来路ひろみは「土産物店の店員」として出演している。
バキュームカー「雲竜丸」
本シリーズの車両は、原則として一番星号・ジョナサン号のみ東映で所有しており、他の車両は実在する車両を借り受けて撮影されていた。本作に登場するバキュームカー「雲竜丸」も実際に使用されていた車両で、「デコレーションを施したバキュームカーがある」と噂を聞きつけ、採用となった。なお、逆流する糞尿は作り物である。
関連玩具
ポピー(現:バンダイ)の「ポピニカ」より、本作で桃次郎が乗るトラックが「トラック野郎 生れてすみません」としてキット化された。乾電池によりコンテナ部のライトが光るギミックが付いている[6]

同時上映編集

けんか空手 極真無頼拳
原作:梶原一騎影丸譲也(『空手バカ一代』)
脚本:掛礼昌裕、中島信昭
主演:千葉真一

参考文献編集

  • 鈴木則文、宮崎靖男、小川晋『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』洋泉社別冊映画秘宝 洋泉社MOOK〉、2010年。ISBN 978-4-86248-468-0
  • 杉作J太郎、植地毅『トラック野郎 浪漫アルバム』徳間書店、2014年。ISBN 978-4198637927

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』キネマ旬報社、2003年、214-215頁。ISBN 4-87376-595-1
  2. ^ 鈴木則文・宮崎靖男・小川晋(編著)『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説』〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝洋泉社より
  3. ^ 現・ユニバーサル ミュージック/ヴァージン ミュージック
  4. ^ 杉作J太郎、植地毅『トラック野郎 浪漫アルバム』徳間書店、2014年。ISBN 978-419863792744頁。
  5. ^ 同上。
  6. ^ 「超合金・ポピニカ大図鑑」(グリーンアロー出版社)104頁 1997年