ニホンザル(日本猿、学名Macaca fuscata)は、哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科マカク属に分類されるサル

ニホンザル
ニホンザル
ホンドザル Macaca fuscata fuscata
保全状況評価[a 1][a 2]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書II
地質時代
更新世中期 - 現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科
Cercopithecinae
: マカク属 Macaca
: ニホンザル M. fuscata
学名
Macaca fuscata (Blyth, 1875)
シノニム

Inuus fuscatus Blyth, 1875

和名
ニホンザル
英名
Japanese macaque
Japanese monkey
Japanese Macaque area.svg
ニホンザルの生息図

目次

分布編集

M. f. fuscata ホンドザル
日本本州四国九州固有亜種[1][2][3][4][5][6][a 3]
M. f. yakui ヤクシマザル
日本(屋久島)固有亜種[1][2][3][5]

ヒトを除いたサル目の現生種では最も北(下北半島)まで分布する[1][5]

絶滅した分布域編集

日本(種子島[1][2]茨城県[4]

形態編集

体長47-60センチメートル[5]。尾長オス7-11センチメートル、メス6-11センチメートル[5]体重オス6-18キログラム、メス6-14キログラム[5]。東北地方や中部地方山岳部の個体群は大型[5]。尾が短い[5]。体毛は寒冷地では長く密に被われ、温暖地では短く薄く被われる傾向がある[1]。背面の毛衣は赤褐色や褐色、腹面の毛衣は灰色[1]。種小名fuscataは「暗色がかった」の意[3]

顔や尻は裸出し赤い[2][5]

幼獣は体毛が密に被われるが、成長に伴い密度は低くなる[1]。オスは犬歯が発達する[5]

M. f. yakui ヤクシマザル
体毛が長く[1]、毛衣が暗褐色がかる[2][4]。頭蓋が小型[1]。眼窩が縦長で、眼窩間の幅がより狭い[1]

分類編集

属内では陰茎亀頭の形態などからアカゲザルカニクイザルタイワンザルに近縁と推定されfascicularisグループを形成する[1]。最も近縁なのはアカゲザルで500,000年前に分化したと推定されている[4]

本種は元々Macaca speciosusとして記載されていた[1][3]。しかしM. speciosusが誤ってベニガオザルを指す学名とされ[3]、本種に対応する学名として後に記載されたMacaca fuscataが主に用いられるようになった[1]。先取権はM. speciosusにあるものの混乱を防ぐため、動物命名法国際審議会の承認によりM. fuscataが本種の学名として用いられている[1][3]

基亜種と亜種ヤクシマザルは170,000-180,000年前に分化したと推定されている[4]

  • Macaca fuscata fuscata (Blyth, 1875) ニホンザル、ホンドザル、ホンドニホンザル
  • Macaca fuscata yakui Kuroda, 1941 ヤクザル、ヤクシマザル、ヤクシマニホンザル

生態編集

常緑広葉樹林落葉広葉樹林に生息する[2]昼行性だが、積雪地帯では吹雪の時は日中でも活動しない[4]。群れは1-80平方キロメートルの行動圏内で生活する[5]。行動圏は常緑広葉樹林では狭く(1頭あたり1.4-6.4ヘクタール)、落葉広葉樹林内では広くなる(1頭あたり9-79ヘクタール)[1][2][5]。複数の異性が含まれる十数頭から100頭以上の群れ(亜種ヤクシマザルはほぼ50頭以下)を形成して生活する[2]。群れは母系集団でオスは生後3-8年で産まれた群れから独立し、近くにある別の群れに入ったり遠距離移動を行うと推定されている[1]。他の群れとの関係は地域変異があると推定されており、例として屋久島の個体群は群れの間で優劣関係があり群れ同士が遭遇すると争うが、白山の個体群は群れ同士が避けあい時に混ざることもあるという報告例がある[4]

食性は植物食傾向の強い雑食で、主に果実を食べるが、植物の葉、芽、種子キノコ昆虫なども食べる[1][2][4][5][a 3]。亜種ヤクシマザルはカエルトカゲ[1]、下北半島の個体群は食物が少ない時期に樹皮、海藻貝類なども食べる[a 3]。春季は花や若葉、夏季は漿果、春季から冬季にかけては果実や種子を食べる[4]。肉食の報告例として2015年には北アルプスライチョウの幼鳥を捕食している姿が観察されている[7]

繁殖形態は胎生。主に秋季から冬季にかけて交尾を行い、妊娠期間は161-186日[4]。春季から夏季に1回に1頭(まれに2頭)の幼獣を2-3年に1回産む[2][5]。授乳期間は11-18か月[4]。メスは生後5-7年で性成熟する[2][5]。野生下での寿命は主に25年以下(幼獣の死亡率が高い)だが、一方で餌付けされた個体群では30年以上の生存が推定されている個体や生後26年で出産した例もある[4]

文化的行動編集

ニホンザル研究の拠点の一つであった幸島では、若いニホンザルが餌のサツマイモを水で洗って食べることを始め、群れの他のものにもそれをまねするものが現れた[1]。その中には、海水で洗い、さらに食べるごとに海水に浸して味付けをするらしい行動をするものも現れた[1]。また、砂浜に撒かれた麦を、砂ごと抱えて海水に放り込み、波に洗われた麦粒を拾って食べるものも出現した[1]。さらに魚を捕らえるものまで出てきた。これらの行動はサルの文化的行動として注目を受け、動物にも文化を認める論の先駆けとなった。ちなみに、最初にイモ洗いを行った若いメスの名はイモと名付けられた。このエピソードは中学校の国語の教科書でも紹介された。

こうした「餌を海水に浸す」文化は若いメスザルにより始まったものの、その伝播は序列に従い、まずは若いオスザル、次に年取ったメスザル、そして最後にボスザルが真似を始める。人間社会と同様、ボスは権威を維持するために、若いメスザルによって発祥した文化を容易に模倣することが出来ないといわれる。

社会構造編集

 
雪の中温泉につかるニホンザル(長野県地獄谷野猿公苑
サルは熱帯を中心に分布しており、世界的に見れば、このような光景は稀有である。

以前は、強力な統率力をもつボスザルとそれを取巻くメス、子供を中心として、他のオスは周辺部に位置し中心部に入ることが許されないという「同心円二重構造」として群れの社会構造が説明されていた。なお、「ボスザル」という呼称は後に「リーダー」などと呼び変えられた。

ニホンザルの社会の仕組みについては、以下のようなものと考えられていた。

  • 群れを構成するのは成体のオスとメス、および子供と若者である。群れに入らない離れザルがあるが、これは若いか成体のオスがほとんどである。
  • 群れの個体はすべての個体間で力の強弱による順位が決まっており、全体として直線的な順位制を持っている。順位が高いものに対しては尻を向け、上位者がその後ろから乗りかかる「マウンティング」という行動があり、これによって順位が確かめられると同時に、争いが回避される。順位が離れるほどこの行動はおこなわれなくなる。
  • 単なる順位制でなく、階級があって、それぞれに群れの中での位置が決まっている。
  • リーダーは大人オスの1 - 数頭で、群れの中央に位置し、その周囲にメスと赤ん坊、その外に若者オスが位置する。
  • リーダーは外敵から群れを守り、また、群れ内部での争いに介入して調停する。
  • 雄は幼い間はメスと共に群れの中央にいるが、若者になると群れの外側に出て、一部は離れザルとして群れを去る。
  • 若者オスは群れの中での順位が上がると次第にリーダー的な行動を取るようになり、サブリーダー(ボス見習いとも)となるが、ボスとなって群れの中央に入るにはメスグループの了承を必要とする。
  • メスは終世群れの中央にいる。順位はあるが、はっきりとした階級はない。

しかし、伊沢紘生らによる白山にすむ野生群などの研究ではボスザルの存在は認められず、群れは「仲間意識」によって支えられた集団であるとしている。群れ内に「ボス」や「決まった順位」があると見えるのは、人間による餌付け(決められた場所、時間、量のサツマイモや大豆などの給餌による飼いならし)という餌の独り占めが現れやすい特殊な状態下だからだ、という見解である。また「順位制」という「制度」的なものがサルの社会にあるかのような表現も再考されるべきであるとしている。

なお、欧米諸国ではサル類が生息しないため、いわゆる先進諸国で野生のサル類が国内に生息する日本とニホンザルは特別視されてきた。ニホンザルのことを英語で Snow Monkey と呼ぶのは、サルが熱帯の動物と考えられていたためである。

人間との関係編集

広葉樹林の伐採および針葉樹林の植林、1947年以降の狩猟獣からの除外、農村の衰退などにより本種による農作物の被害(猿害)が、主に1970年代から増加している[5]。後述する天然記念物のうち幸島高崎山臥牛山箕面山、下北半島では餌付けが行われたが、個体数増加に伴い周辺地域での人間に対する直接的な被害も含めた猿害も発生している[6][a 3]。そのため給餌量制限、電気柵の設置、追い上げ作業などの対策が進められている[6]。有害鳥獣として駆除されることもあり[6]1996年における駆除数は約10,000頭と推定されている[5]

1952年京都大学によって幸島宮崎県串間市)で生態研究を目的とした餌付けが行われた[6]。なお、日本のサル学の発祥の地は「高崎山自然動物園」のある高崎山大分県大分市)ともいわれる[8]

開発による生息地の破壊、害獣としての駆除などにより生息数が減少している。人為的に移入されたアカゲザル(千葉県館山市南房総市)やタイワンザル(青森県野辺地町、和歌山県)との交雑による遺伝子汚染も懸念され、青森県(放獣されていた飼育個体)や千葉県、和歌山県では赤血球酵素の電気泳動法やミトコンドリアDNA塩基配列などによる検査から種間雑種と思われる個体が発見されている[9][10][11]。 日本では1934年に幸島が「幸島サル生息地」、1953年に高崎山が「高崎山のサル生息地」、1956年に臥牛山、高宕山を中心にした丘陵、箕面山がそれぞれ「臥牛山のサル生息地」「高宕山のサル生息地」、「箕面山のサル生息地」、1970年に下北半島北西部および南西部の個体群およびその生息地が「下北半島のサルおよびサル生息地」として国の天然記念物に指定されている[6]

M. f. fuscata ホンドザル、M. f. yakui ヤクシマザル
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[a 2]
北奥羽・北上山系のホンドザル、金華山のホンドザル
絶滅のおそれのある地域個体群環境省レッドリスト[2]

文化の中のニホンザル編集

 
明治時代に描かれた錦絵風の『桃太郎』のイラスト。1886年。

呼び名編集

日本語「(さる)」は、元来ニホンザルを指して使われた呼び名であった。 異称は「ましら」で、和歌などでは盛んに使われる。南方熊楠によればこれは梵語に由来するものかという[12]

わびしらに ましらな鳴きそ あしびきの 山のかひある 今日にやはあらぬ (凡河内躬恒古今和歌集 ⑲雑体 #1067)

また俗に「エテ公」などとも言うが、これは一種の忌み言葉で、猿が「去る」に通じるのを避けて「得手」と呼んだことが起源とされる[13]。 南方がかつて熊野川を船で下ったとき、船頭は猿を「野猿(やえん)」「エテ吉」と呼び、決して「猿」の名を口にはしなかったという[12]

いっぽうで、続日本紀に見える柿本朝臣佐留、歌人の猿丸大夫上杉謙信の幼名「猿松」、前田利常の幼名「お猿」など、日本人の名には「猿」を戴くものもあるのだが、南方によればこれは、古く猿をトーテムとする家族が多かった名残であろうという[12]

山神としてのニホンザル編集

猿は古来“山神”とされた[14][15]。 猿は他の獣とは違って人の異形にして縮小態であり、それゆえに、山神の使者、あるいは神そのものとされたのも自然な成り行きであった[15]

南方によれば、田畑を荒らされるのを防ぐために猿に餌をやったことが、かえって猿は田畑の守り神であると認知させることになったのだという[15]。 また日吉信仰はおそらくその字のとおり太陽崇拝に関係しており、日の出とともに騒ぎ出す猿は日神の使者と考えられたのではないかという[12][15]中村禎里によれば、猿神が日本土着の起源をもつことは、これが日吉系の各社にかぎらず浅間など各地で山神信仰と結びついていることからも明らか[15]だが、そうした山神としての猿信仰が、仏教とともに流入したインドの土俗神とおそらく習合し、さらに「日吉」「庚申様」「馬頭観音」「猿田彦」などの猿と関連づけられた“看板”を獲得しながら普及する中で、後世の日本人の信仰が形づくられてきたのだという[15]。 なお、再度南方によれば、日本独特の民間信仰である庚申信仰で祀られる主尊・青面金剛とは、ラーマーヤナ説話の主人公・ラーマの本体たるヴィシュヌ神が日本で転化したものであり、青面金剛の足元にたびたび描かれる三匹の猿、「見ざる、言わざる、聞かざる」のいわゆる三猿は、ラーマに仕えたハヌマーンの変形に他ならない[12][15]。 とはいえ当然ながら、日本の信仰に表れる三猿は、まぎれもなく尻尾の短いニホンザルである。

馬と猿、猿曳き編集

日本には古来、猿は馬を守る守護者であるとする伝承があった。 たとえば「猿は馬の病気を防ぐ」として、大名屋敷などでは厩において猿を舞わせる習慣があった[16]が、こうした猿の舞を生業とする猿曳き(後の猿回し)は、柳田國男によれば、元来“馬医”をも生業に兼ねていた[15]

柳田はまた「厩猿(まやざる)」と呼ばれる習俗を紹介している。 これは東北地方に見られる風習で、馬(や牛)の健康、安産、厩の火除けなどを願って猿の頭蓋骨や手、あるいは絵札などを厩に飾るもの[17]。柳田によればこれは非常に古い伝統で、元来は実物の猿を厩につないでいたものだった[18]。厩に猿を飼う風習は古く『梁塵秘抄』や『古今著聞集』にも例があり[18]、また類似の習俗は中国やタイにもあったという[18]


大衆文化とニホンザル編集

ニホンザルは比較的身近な生き物であったことから、大衆文化にもよく登場する。 『靱猿』(うつぼざる)は狂言の曲で、毛皮でをこしらえるために猿をほしがる大名と猿曳き、そして子役の演じる猿が登場する著名な演目だが、猿自身が主役となる『猿聟』のような曲も狂言にはある。 『桃太郎』『さるかに合戦』などの有名な説話においても猿は重要な役割を演じている。 ほかにも川柳におもしろおかしく詠まれたり、身近な日用品などのモチーフとしても、猿の意匠はさまざまに使われてきた。

猿の尻木枯らししらぬ紅葉かな (犬筑波集)

「(悪事を)見ざる、言わざる、聞かざる」を象徴するとされるいわゆる「三猿」は、前述のとおり庚申信仰との関わりが深いが、もとは論語の教えや天台宗の教義が日本国内において猿と結びついたものかという。 左甚五郎作と伝える日光東照宮のレリーフが世界的によく知られており、現在では三猿のモチーフは世界各国で見られるようになっている。


参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 相見満、高畑由起夫「シリーズ 日本の哺乳類 各論編 日本の哺乳類18 ニホンザル」『哺乳類科学』 Vol.33 No.2、日本哺乳類学会、1994年、141-157頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 阿部永監修、阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎吾・米田政明 『日本の哺乳類【改訂2版】』 東海大学出版会、2008年、66-67頁。
  3. ^ a b c d e f 岩本光雄「サルの分類名(その3:コロブスモンキー、ラングールなど)」『霊長類研究』vol.3 No.1、日本霊長類学会、1987年、66頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 上原重男 「ニホンザル」伊谷純一郎監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、98-105頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、35、152頁。
  6. ^ a b c d e f 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社1995年、716-720頁。
  7. ^ ニホンザル、ライチョウ捕食の瞬間 研究者が初めて確認 朝日新聞デジタル 記事:2015年8月31日、閲覧:2015年9月1日
  8. ^ 「ボス猿」の呼称やめて「αオス」に 大分・高崎山 2004年2月17日 朝日新聞。 ※高崎山については「高崎山のサル」(伊谷純一郎 1954, ISBN 9784062919777 )を参照。
  9. ^ 川本芳、白井啓、荒木伸一、前野恭子「和歌山県におけるニホンザルとタイワンザルの混血の事例」『霊長類研究』vol.15 No.1、日本霊長類学会、1999年、53-59頁。
  10. ^ 川本芳、川本咲江、川合静、白井啓、吉田淳久、萩原光、白鳥大祐、直井洋司「房総半島に定着したアカゲザル集団におけるニホンザルとの交雑進行」『霊長類研究』vol.23 No.2、日本霊長類学会、2007年、81-89頁。
  11. ^ 川本芳、川本咲江、川合静「下北半島におけるタイワンザルとニホンザルの交雑」『霊長類研究』vol.21 No.1、日本霊長類学会、2005年、11-18頁。
  12. ^ a b c d e 南方熊楠『十二支考』「猴に関する伝説」青空文庫
  13. ^ 『広辞苑 第5版』 岩波書店。「得手」
  14. ^ 南方は『南方随筆』の中で旧・和歌山県龍神村で見た例を挙げている。[2]近代デジタルライブラリー
  15. ^ a b c d e f g h 中村禎里『日本動物民俗誌』 海鳴社、1987年。 9-14ページ
  16. ^ 『広辞苑 第5版』 岩波書店。「猿回し」
  17. ^ 中村民彦 東北地方の厩猿信仰 および 牛馬の守護神 厩猿信仰牛の博物館
  18. ^ a b c 柳田國男『山島民譚集』 1914年。

関連項目編集

外部リンク編集

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • Watanabe, K. & Tokita, K. 2008. Macaca fuscata. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.
      • Watanabe, K. 2008. Macaca fuscata fuscata. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.
      • Watanabe, K. 2008 Macaca fuscata yakui. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.
  3. ^ a b c d 環境省 自然環境局 生物多様性センター