京阪バス洛南営業所

京阪バス洛南営業所(けいはんバスらくなんえいぎょうしょ)は、京都府京都市伏見区にある京阪バスの営業所である。

本項では、かつて併設されていた京阪シティバス洛南営業所についても記述する。

京阪グループ共通バスカードで印字される略称は「KB」(京阪シティバス)、社用車に記してある略称は「洛」である。京阪シティバスの社用車には「京阪シティバス」と書かれている。

概要編集

洛南営業所は初代時代の1978年に上鳥羽車庫を統合し、その後1987年に京都運輸支局北側の現在地に移転して2代となる。1985年12月1日から1996年2月24日までは定期観光バス高速バス貸切バスのみの営業所であったが、1996年2月25日以降は路線バスの管轄が復活した。

京阪シティバスは、1999年4月1日より運行を開始したが、同社は2014年春に京阪宇治バスを存続会社として京都京阪バスに社名を変更の上で吸収合併されることとなり、同時に洛南営業所から撤退した。移転先は京都京阪バス八幡営業所[1]。また同時に京阪シティバスの京都南部線と京阪バスのリムジンバス路線も京田辺営業所に移管し、一時は定期観光・貸切・高速バスのみの営業所となっていたが、2015年1月にリムジンバスの管轄を京田辺営業所から戻す形で再開した。また2017年より京都府の実証試験によって開設されていた京都けいはんな線を京田辺営業所より移管したため、路線バスについても急行バスのみではあるが管轄を再開した。2018年3月17日より山科営業所より伏見地区の路線を2経路引き継ぎ、さらに1経路新設して一般路線の管轄を再度復活させた。

沿革編集

  • 1985年12月1日 - 一般路線から一時撤退。貸切・定期観光専門の営業所となる。
  • 1996年2月25日 - 一般路線の管轄を11年振りに再開(枚方営業所より淀桂山崎線を京都南部線に改称の上で、また同路線以外に宇治淀線太陽が丘線を移管)。
  • 1999年4月1日 - 京阪バス洛南営業所の一般路線を京阪シティバスに譲渡。これにより京阪シティバスとの共用になる。また、京阪バスは再び一般路線から一時撤退。
  • 2014年春 - 京阪シティバスの京阪宇治バス(新会社名:京都京阪バス)への合併による会社解散により同社は洛南営業所から撤退。京阪バス専用に戻る。
  • 2018年3月17日 - 1999年3月末以来19年振りに一般路線の管轄を再々開(山科営業所より2号経路と6号経路を移管し、新たに6A号経路を設定)。

現行路線編集

急行バス編集

  • 学研けいはんな線:京都駅八条口 - 学研けいはんなプラザ(2017年に京田辺営業所から移管。奈良交通北大和営業所と共同運行し、特定期間以外の平日のみ運行。詳細は奈良交通北大和営業所の記事を参照)
    • なお、池嶋・中島橋は2017年9月29日の運行便を最後に廃止し、同年10月2日運行便より京奈和自動車道 - 新名神高速道路 - 第二京阪道路経由に変更(9月30日と10月1日は土曜・休日のため運行の設定自体がない)。

一般路線編集

現存路線編集

竹田醍醐線
醍醐中書島線
  • 6号経路:醍醐バスターミナル(→醍醐北西裏町) - 石田駅 - 石田団地 - 新六地蔵橋 - 桃山南口( ← 京阪中書島) - 中書島 - 西大手筋 - 伏見警察署前 - 竹田駅西口
    • 上記2経路は2018年3月17日より山科営業所から移管。移管により、京都市敬老福祉乗車証、京都市交通局発行の京都市営バスとの共通乗車券を使用した環境定期券の取り扱いを洛南営業所管轄便でも開始している。
    • 2号経路は随心院 - 中ノ茶屋観光農園前間にて山科区に入る他は伏見区内に位置する。元々は京都市営バス醍醐営業所 57C⇒57系統(勧修寺北出町- 中ノ茶屋観光農園前 - 深草谷口町 - 藤ノ森 - 竹田出橋 - 八条竹田街道 - 京都駅八条口、後に醍醐車庫前 - 山科小野 - 勧修寺北出町間延長)である。経路変遷・1988年6月の地下鉄烏丸線京都 - 竹田間開業に伴う系統整理で竹田駅発着となり、南7号系統と称したものを1997年10月当該系統廃止に伴い、京阪バスが継承したものである。
    • 6号経路は、元々は京都市営バス醍醐営業所所管である南6号系統(醍醐車庫前 - 石田団地 - 六地蔵 - 桃陵団地 - 藤ノ森 - 竹田久保町 - 竹田駅東口)が、1997年10月京都市営バス横大路営業所所管の南8号に新設統合する際廃止された一部経路を継承し、かつ京阪バスの他系統との統合・調整を図ったもの。経路の変遷が頻繁かつ複雑で、後述した24号経路との取り扱い差異が起きた一因でもある。
    • なお、京阪中書島 - 竹田駅西口間はこの6号経路と全く同じ経路で運行する区間運行便の24号経路があるが、これは他の京都南部線および共通運用を組む淀長岡京線の京阪淀駅発着便の間合い運用(この24号経路の運用のために車両を竹田駅西口に送り込む必要から、24号経路を京阪中書島から先、さらに京阪淀駅まで延長した24A号経路も設定)であることから、全便が男山営業所の管轄(2014年から2017年までは京田辺営業所が管轄)であるため、24号経路は6/6A号経路と違い、京阪シティバスから京阪バスへの移管直後より5年間は洛南営業所は管轄していなかった。また、洛南営業所管轄便とは異なり、男山営業所/京田辺営業所管轄便では、両営業所が京都市内に位置する営業所ではなかったため、京都市敬老福祉乗車証、京都市交通局発行の京都市営バスとの共通乗車券を使用した環境定期券は利用できないため、京阪中書島 - 竹田駅西口・京都駅八条口間では2019年3月31日までは6/6A号経路のみ有効であった(ただし例外として、京都市交通局/京都バス/京阪バスが発行する地下鉄・バス一日券/二日券の使用及び毎年夏休みに京都市が企画している小学生向けの「エコサマーキャンペーン」に限り、京都南部線の13号経路と淀長岡京線を除き男山営業所管轄便も対象となっていた[2]。また、京都市域共通回数券については京都南部線と淀長岡京線の全線で管轄営業所を問わず使用可能であるが、後者の場合は長岡京方面から乗車した場合は洛西浄化センター以東、京阪淀駅方面への乗車が条件となる[3])。その後、2019年4月1日のダイヤ改定で京都南部線は1999年4月1日の京阪シティバス移管以来20年振りに洛南営業所へと移管した(男山営業所管轄で存置した13号経路を除く)。
稲荷大社伏見醍醐線(稲荷大社伏見醍醐ライン)
  • 6A号経路:醍醐バスターミナル(→醍醐北西裏町) - 石田駅 - 石田団地 - 新六地蔵橋 - 桃山南口( ← 京阪中書島) - 中書島 - 西大手筋 - 伏見警察署前(→竹田西段川原町) - 龍谷大学前 - 稲荷大社前 - 十条相深町 - 京都駅八条口
    • 京都駅八条口の乗り場は下記の洛南26号経路と洛南308号経路と同一場所。十条相深町は東山区に、十条駅と京都駅八条口は南区に位置するが、他はすべて伏見区内に位置する。
京都南部線
  • 24号経路:京阪中書島 - パルスプラザ前 - 竹田駅西口
  • 24A号経路:京阪淀駅 - 横大路 - 八丁畷 - 京阪中書島 - パルスプラザ前 - 竹田駅西口
  • 26号経路:京阪淀駅 - 横大路 - 八丁畷 - 城南宮 - 市民防災センター - 東寺南門 - 九条近鉄前(→東寺道/←九条駅前) - 京都駅八条口
    • 醍醐中書島線の6号経路での記述の通り、2019年4月1日のダイヤ改定で男山営業所より移管され、京都市敬老福祉乗車証がこの3経路でも使用可能となった。但し、京都市交通局発行の京都市営バスとの共通乗車券を使用した環境定期券は引き続き利用出来ない(京阪バス発行分のみ可能)
京阪七条京都駅循環線(京阪七条-京都ステーションループバス)
  • 300号経路 梅小路・ホテルエミオン京都→七条京阪前→京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)→七条京阪前→梅小路・ホテルエミオン京都
    • 循環シャトルバス。2019年4月1日の運行開始時は京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)→七条京阪前→京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)のルートで運行されていたが、2020年7月23日から梅小路・ホテルエミオン京都に延伸されたことによりルートが変更となった。
    • 2020年7月23日以降は、朝・夜間に七条京阪前~京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)~七条京阪前~梅小路・ホテルエミオン京都間、昼間に梅小路・ホテルエミオン京都~七条京阪前~京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)間の区間便も運行されている。
    • この路線では、京阪七条駅、ザ・サウザンド キョウト、京都センチュリーホテル、ホテル エミオン 京都を利用する場合に限り、片道100円で乗車ができる[4][5]。ただし七条京阪前から梅小路・ホテルエミオン京都までの乗車は割引対象外。また、以下の乗車券が利用可能である。

かつて運行していた一般路線(京阪シティバス)編集

  • 4・6号経路:久御山団地 - 日産車体前 - 近鉄大久保( - 城南荘前 - 宇治市役所 - 太陽が丘(6))
    • 6号経路は廃止。4号経路は京都京阪バス22C号経路に移管。
  • 13号経路:京阪淀駅 - 名神大山崎 - 阪急大山崎 - JR山崎
    • 2014年に京阪バス京田辺営業所に移管、2017年に男山営業所に移管。他の京都南部線とは異なり、2019年4月1日以降も引き続き男山営業所が管轄している。
  • 15・21B号経路:京阪淀駅 - 生津 - 久御山町役場 - 下津屋口( - 久御山団地(15))
  • 21・21A号経路:京阪淀駅 - 生津 - 久御山町役場 - 田井(折返し便あり)- 下津屋口 - 日産車体前(→ 大久保 近鉄大久保行きの折返し便のみ)- 近鉄大久保 - 城南荘前 - JR宇治駅 - 京阪宇治駅
    • 15号経路は廃止。21・21A・21B号経路は京都京阪バス21・21A・21B号経路に移管。
  • 25号経路:近鉄大久保 - 緑ヶ原 - 栄町 - 久御山団地 - 新タマキ - まちの駅イオン久御山店前 - 京阪中書島
    • 京都京阪バス25号経路に移管。

高速バス編集

※の便は京阪バスから京阪シティバスに運行を委託された路線
京阪バス
路線概要
  • JR線・近鉄線で直行する列車がない京都三重県北部を直通する高速バスである。2008年2月、新名神高速道路亀山JCT - 草津JCT)の開通により、京都と三重県北部をより短距離で結ぶことができるようになったことを受けて開設された路線で、新名神の新規開業区間を通行する初の高速バス路線となった。新名神高速道路では開通後1年までに高速バス30便が新設された[6]とされるが、そのうち大半にあたる28便(四日市12、津8、伊勢8)が当路線によるものである。運行本数は三重交通便を含め1日6往復。
停車停留所
京都駅八条口ホテル京阪前) - 五条京阪(京阪清水五条駅) ⇔ 土山バスストップ ⇔ 生桑車庫 - 近鉄四日市 - 新正車庫
路線沿革
  • 2007年12月19日: 路線認可申請(京都 - 四日市、京都 - 津)[7]
  • 2008年 3月 7日: 路線運行認可[8]
  • 2008年 3月13日: 予約受付開始。
  • 2008年 3月20日: 新名神高速道路の 亀山JCT - 草津田上IC間の開通に伴い、運行開始。
利用状況
  • 新聞報道[9]によると、運行開始から1ヶ月間で、乗客数は当初見込みの年間3万〜4万人の2倍近いペースで推移しており好調。ただ、東名阪自動車道の四日市IC - 亀山JCT間で渋滞が多発し、四日市便が影響を受けているという。
  • なお開通1周年を迎えた時点の三重交通の発表[10]によると、津系統は初年度利用人員が約3.1万人で目標(3万人)をやや上回る結果となった。また四日市系統は初年度利用人員が約6.4万人で目標を(4万人)を大きく超える結果となった。
京阪シティバス
関西空港リムジンバス

かつて運行していた高速バス編集

定期観光バス編集

車両編集

京阪バス編集

Cタイプと呼ばれる定期観光・貸切用とHタイプと呼ばれる高速(京都けいはんな線用のトイレなしトップドア車を含む)・リムジン用の車両を中心に配備されている(一般路線用は管轄路線が京阪シティバスへの移管されたのに伴い、配備されていた全車両が書類上は同社に移籍された)。

三菱ふそう製のものと日野製のものが配備されており、比率は三菱ふそう製の車両の導入が多かったが、現在はC・Hタイプの車両ともに日野製の車両が多く新製配備されている。2018年よりリムジンバス用にいすゞガーラが京阪バスとして初めて投入された。

2018年の一般路線管轄再々開以降はNタイプと呼ばれる日野製およびいすゞ製のノンステップバスが8台投入され、全て山科・大津・交野営業所から転入されたが、2018年11月から12月にかけて再々開後初の新車であるN-6290とN-6291の2台が導入され、代わりにNタイプが2台高槻に転出した。この内N-6290は京阪バスでのいすゞ車導入再開99台目、N-6291は同100台目となった事から、京滋いすゞ自動車より感謝状とN-6291の模型が進呈され、現在でも後者が本社1階の十条駅停留所バス待合所兼チラシ配布スペース内のショーケースに展示されている。

2019年4月1日の新路線開設および男山営業所の一部路線を移管するために所要車両台数が相当数必要になったため、枚方・香里団地・男山・山科など他営業所から転属した車両を迎えて、一般路線用の車両が大幅に増加した。

京阪七条 - 京都ステーションループバス専属車両とその予備車(予備車は一般路線でも運用される場合がある)がWタイプの他は、一般路線車両は全てがNタイプである。

旧・京阪シティバス編集

一般路線向けのものは、京阪バス時代に配備されていた、大型および中型ツーステップのものが配備されており、その内訳は大型車が三菱ふそう製の2台と日野製の1台。中型車はふそう製が3台と日野製が3台の配備であった。

長らくの間この体制であったが、2007年7月に、ふそう製の大型車の代替として三菱ふそう・エアロミディ・中型長尺のノンステップバス(K-1819)が京阪シティバスとしては初の新製配備となった。

また、ほぼ同時期に日野製の大型車が1台と中型車も2台移籍されているが、同じ日野車ではなく三菱ふそう製の車両との入れ替えが行われていたため、2007年時点では三菱ふそう製の中型長尺(ノンステップ)車が1台・大型車が1台、日野製の大型車が2台と中型標準尺車が5台の配備となっていた。

2009年8月、2台目の新製配備として、日野・レインボーII(K-3090)が1台配備された。続いて2010年には同型車のK-3091が、2012年にはK-3092がそれぞれ配備されている。

京都京阪バスへの合併の際に、京阪シティバスで導入された5台を除いて全車廃車された(京阪シティバス導入車は京都京阪バスに塗装はそのままで移籍した)。

他の営業所との重複区間編集

  • 山科営業所 - 京都市内の一部で重複。
  • 男山営業所 - 京阪淀駅界隈。なお、京都市敬老福祉乗車証は男山営業所管轄便では使用不可能である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 京阪バス2子会社、来春合併 「宇治」と「シティ」経営強化へ(京都新聞) Archived 2014年3月18日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 地下鉄・バス一日(二日)券 京阪バス通用範囲図 - 京阪バス
  3. ^ 京都市域共通回数券取り扱い範囲図 - 京阪バス
  4. ^ ICカードでの清算は適用されない。
  5. ^ 京都駅(ザ・サウザンド キョウト前)から七条京阪前(七条駅)を利用する場合は、ザ・サウザンド キョウト及び京都センチュリーホテルに居る係員に申し出れば、片道100円で乗車が可能である。
  6. ^ NEXCO西日本「新たな日本の大動脈「新名神高速道路」開通から1年 新名神高速道路(亀山JCT - 草津田上IC間)の交通状況と整備効果」2009/04/03
  7. ^ 三重〜京都間高速バスの運行申請について (PDF) - 京阪バス 近鉄バス 三重交通 2007年12月20日[リンク切れ]
  8. ^ “三重〜京都間高速バスの運行開始について” (PDF) (プレスリリース), 京阪バス、近鉄バス、三重交通, (2008年3月10日), オリジナルの2009年3月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090319184257/http://www.sanco.co.jp/company/news/img/release0803_1.pdf 2011年10月7日閲覧。 
  9. ^ 読売新聞(中部支社)2008年4月26日付[要ページ番号]
  10. ^ “京都高速バス開業1周年” (PDF) (プレスリリース), 三重交通, (2009年3月19日), オリジナルの2009年4月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090419233823/http://www.sanco.co.jp/company/news/img/release090319.pdf 2009年4月30日閲覧。 
  11. ^ 中国運輸局高速バス(都市間バス)の運行状況 Archived 2008年10月30日, at the Wayback Machine.
  12. ^ 高速バス「京都松江出雲線」運行終了のお知らせ (PDF) (京阪バス 2017年1月12日)2017年3月16日閲覧。
  13. ^ 高速バス『出雲京都線』からの撤退についてのお知らせ(一畑バス 2017年1月18日)2017年3月16日閲覧。

参考文献・出典編集

  • 京阪バス「輝く明日へ-この20年の歩み-」 1992年
  • バスラマ・インターナショナル第120号 特集「京阪バスグループ」

座標: 北緯34度58分01秒 東経135度45分24秒 / 北緯34.96694度 東経135.75667度 / 34.96694; 135.75667