メインメニューを開く

古本伸一郎

日本の政治家

古本 伸一郎(ふるもと しんいちろう、1965年3月11日 - )は、日本政治家国民民主党所属の衆議院議員(6期)。元民主党組織委員長、元財務大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)。

古本 伸一郎
ふるもと しんいちろう
生年月日 (1965-03-11) 1965年3月11日(54歳)
出生地 日本の旗 香川県高松市
出身校 立命館大学法学部
前職 トヨタ自動車従業員
全トヨタ労働組合連合会専従職員
トヨタ自動車労働組合専従職員
現職 国民民主党税制調査会長
所属政党民主党→)
民進党野田G高木G)→)
希望の党→)
国民民主党
称号 法学士
公式サイト ふるもと伸一郎

選挙区 愛知11区
当選回数 6回
在任期間 2003年11月9日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

香川県高松市生まれ。和歌山県和歌山市大阪府高石市にて育つ。高石市立加茂小学校高石市立取石中学校上宮高等学校立命館大学法学部卒業[1]1987年トヨタ自動車に入社する(配属は管財部)。同社では労働組合活動にも取り組み、全トヨタ労働組合連合会やトヨタ自動車労働組合で専従の職員を務める。

2003年2月、トヨタグループ労使が中心となって運営するシンクタンク「中部産業・労働政策研究会」に主任研究員として出向[2]。同年3月24日にトヨタ自動車出身の伊藤英成衆議院議員が引退を表明すると[3]、4月10日、全トヨタ労連は後継候補として古本を擁立すると発表した[4]

同年11月、第43回衆議院議員総選挙民主党公認で愛知11区から出馬。同区からは古本以外に日本共産党公認候補しか出馬しなかったため、旧民社党系の全日本自動車産業労働組合総連合会(自動車総連)やトヨタ労組の総力的な支援を受ける古本が89.6%の得票率で、新人候補ながら圧勝した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、小泉旋風の中、自民党新人の土井真樹を約27,000票差で下して再選(土井は比例復活)。2009年第45回衆議院議員総選挙では、土井に比例復活を許さない前回以上の票差をつけて3選[5]。同年、鳩山由紀夫内閣財務大臣政務官に任命され、菅内閣まで務める。

2011年9月、民主党組織委員長、税制調査会事務局長、東日本大震災対策本部副本部長に就任。同年10月には民主党社会保障と税の一体改革調査会筆頭副会長に就任し、衆議院に設置された社会保障と税の一体改革に関する特別委員会では理事を務める。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、民主党に対する逆風の中、自民党新人の八木哲也を35,560票差で破り、4選(八木も比例復活)。選挙後、民主党副幹事長に就任。

2013年9月、民主党組織委員長に再び就任した。2014年第47回衆議院議員総選挙では、選挙戦序盤では一部メディアで苦戦が報じられ[6]、自民党前職の八木哲也に前回よりも票差を縮められるも、29,331票差で八木を破り、愛知11区で5選[7]

2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で出馬し、6選[8]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[9]。 5月8日、国民民主党の税制調査会長に就任した[10]

同年、5月10日、衆院科学技術・イノベーション推進特別委員会委員長に選出された[11]

政策・主張編集

消費税
  • 消費税率の10%引き上げに賛成[12]
  • 2011年藤井裕久税制調査会長の下で、消費増税法案の成立のために奔走。2014年4月に税率8パーセント、2015年10月に税率10パーセントへ引き上げる案にまとめた。国会での法案成立に向けては、自民党の伊吹文明町村信孝ら自民党税制調査会の幹部らと連携し、三党合意を達成した。
  • 2018年12月16日、古本は「来年(2019年)10月に消費税増税を実施するのであれば、自動車や住宅の取得、医療の歳出に配慮することが大切だ」と主張。[13]これに対して、政権与党である自由民主党と公明党が「平成31年度税制改正大綱」を発表したが、これによれば、大型消費財である自動車と住宅には「税制上の支援策を講ずる」という基本的な考え方が触れられており、自民党、公明党が古本の案を丸呑みした形となった。[14]
選択的夫婦別姓制度
  • 2014年の調査では「どちらかといえば賛成」としていた[15]
  • 2017年の調査では「どちらかと言えば反対」としている[16]
原子力発電所
  • 2012年の調査では、原発は「30年代にはゼロに」としている[17]
  • 2014年の調査では、原発は「必要でない」としている[18]
  • 2017年の調査では、原発は「当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ」としている[19]
憲法改正
  • 2012年の調査では、憲法改正には「賛成」[17]。もともと現実的な安全保障政策を考えており、2014年6月5日には前原誠司主宰の防衛研究会に所属。[1]
  • 2014年の調査では、憲法改正には「反対」[20]阪田雅裕元内閣法制局長官の「集団的自衛権の権利はあるが、行使はできない」という憲法の法理に従い、2014年に行われた解釈改憲を認めず。[21]このとき、もし憲法改正するならば、それは解釈改憲ではなく、あくまで国民投票という王道を取るべきだとしていた。だが、この時期には、民主党の党議拘束がかかっており、古本は、個人より、党としての考えを優先させたために、憲法改正には反対していたのである。ここは苦渋の選択であった。
  • 2017年の調査では、憲法改正には「賛成」[19]。2017年10月15日、「現実的な安全保障観はもとより持っていた。安保法制のすべてを否定しているわけでなく、憲法の範囲内で運用すべきだ」と話す。[22]つまり現実的な安全保障政策に立ち戻るとともに、支持母体の民意に戻ったのである。ただし憲法の枠組みを守りながら、集団的自衛権を認めるべきとしているところには、変わりがない。このような選択の数々は、有権者には非常にわかりにくいことなのだけれども、それは法の論理に従ってゆくがゆえにのことである。2019年8月10日、古本は、国民民主党が立憲民主党と統一会派を組むことに反対し、「立民と一緒になれば年がら年中、批判の野党になる」と懸念を示した。このことも、現実的な安全保障政策を行ってゆくことを基調とするがゆえにのことであり、ここに変わりはないのである。[23]
子育て
  • 「民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに係る児童の保護等に関する法律案」を議員立法によって成立させる。法案提出者の一人。
  • 女性公務員の働き方改革を訴える。

役職編集

  • 国会[1]
    • 内閣委員、国土交通委員、外務委員、法務委員、郵政民営化特別委員、イラク支援特別委員、教育基本法特別委員、社会保障と税の一体改革特別委員、国土開発幹線自動車道建設会議委員、衆議院憲法審査会幹事、衆議院安全保障委員、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長、衆議院財務金融委員会理事(現在)
  • 政府[1]
    • 財務大臣政務官
  • 党務
    • 党税制調査会長(現在)[24]、国民民主党愛知県第11区総支部長(現在)

脚注編集

  1. ^ a b c 公式プロフィール
  2. ^ 中日新聞』2003年4月11日付朝刊、38面、「古本氏を擁立へ 衆院愛知11区で 全トヨタ労連」。
  3. ^ 『中日新聞』2003年3月25日付朝刊、29面、「伊藤英成衆院議員 正式に引退表明」。
  4. ^ 朝日新聞』2003年4月11日付朝刊、30面、「伊藤代議士の後継に古本伸一郎氏 全トヨタ労連決定」。
  5. ^ asahi.com(朝日新聞社):愛知11区 - 小選挙区開票結果 - 2009総選挙
  6. ^ “38選挙区で自民を急追…民主党に追い風が吹き始めたワケ”. 日刊ゲンダイ. (2014年6月7日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155683 2015年1月31日閲覧。 
  7. ^ 愛知 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  8. ^ 愛知-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月23日閲覧。 
  10. ^ “役員人事を了承 両院議員総会”. 国民民主党. (2018年5月8日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/08/役員人事を了承%e3%80%80両院議員総会/ 2018年5月23日閲覧。 
  11. ^ “衆院科技特委員長に古本氏を選出” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30306880Q8A510C1PP8000/ 2018年6月5日閲覧。 
  12. ^ “毎日新聞,2017衆院選,選挙,総選挙,希望,愛知11区,古本伸一郎 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A23011002002 2018年6月26日閲覧。 
  13. ^ 「税制改革新構想」政策説明会を開催” (日本語). BLOGOS. 2019年10月24日閲覧。
  14. ^ 株式会社インプレス (2018年12月20日). “自工会 豊田章男会長が「歴史上初めて恒久減税していただいた」と語る、自動車税減税のポイント” (日本語). Car Watch. 2019年10月24日閲覧。
  15. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  16. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  17. ^ a b “立候補者アンケート 立候補者別にみる 愛知11区 古本 伸一郎:2012衆院選:中日新聞(CHUNICHI Web)”. 中日新聞 CHUNICHI Web. http://www.chunichi.co.jp/shuin2012/enquete/list1_1_11_45.html 2018年6月5日閲覧。 
  18. ^ “2014衆院選 愛知11区 古本伸一郎 - 毎日新聞” (日本語). senkyo.stg.mainichi.jp. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A23011002002&st=tk 2018年6月5日閲覧。 
  19. ^ a b “毎日新聞,2017衆院選,選挙,総選挙,希望,愛知11区,古本伸一郎 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A23011002002 2018年6月5日閲覧。 
  20. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  21. ^ 集団的自衛権とは…” (日本語). BLOGOS. 2019年10月24日閲覧。
  22. ^ あの「反対」は今 元民進の希望候補:中部(衆院選2017):中日新聞(CHUNICHI Web)” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2019年10月24日閲覧。
  23. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年8月10日). “国民、立民と統一会派 憲法や原発の根幹政策の隔たり抱えたまま” (日本語). 産経ニュース. 2019年10月24日閲覧。
  24. ^ 国民民主党 役員一覧 - 国民民主党

関連項目編集

外部リンク編集