メインメニューを開く

山本 ひかる(やまもと ひかる、1991年平成3年〉2月28日[1] - )は、日本女優雀士。本名同じ。

やまもと ひかる
山本 ひかる
本名 山本 ひかる
生年月日 (1991-02-28) 1991年2月28日(28歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2006年 -
公式サイト

アミューズによるプロフィール

山本 ひかるオフィシャルブログ
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーW
科捜研の女
備考
第1回アミューズ「お姫様オーディション」準グランプリ
テンプレートを表示

大阪府出身[1]アミューズ所属。

目次

来歴・人物編集

2005年、「お姫様」という言葉に惹かれて応募した、第1回「アミューズお姫様オーディション」において準グランプリを受賞[注釈 1]

2007年に『わたしたちの教科書』でテレビドラマデビュー。デビュー作以降何かと高校生の役柄を演じる事が多い。

2009年には特撮テレビドラマ『仮面ライダーW』のヒロイン、鳴海亜樹子役に起用された。

2018年6月よりRMUに入会し、団体アスリート生としてプロライセンスを取得をめざす[2](対外的にはプロ雀士とも名乗っている[3])。12月には麻雀ウォッチ・シンデレラリーグに初出場し、プロ歴一年に満たないながらも初優勝を決めた。[4]

エピソード編集

『仮面ライダーW』関連
  • 同じ所属事務所の佐藤健が『仮面ライダー電王』に出演していたこともあり、自身も同シリーズに出演したいと思い、過去にシリーズ作品のオーディションを何回か受けていた。そのため『仮面ライダーW』への出演は嬉しいものであったという。なお佐藤健とはロッテの「Fit's」のCMで共演している[5]
  • 雑誌『宇宙船』のインタビューで「『W』終了後も鳴海亜樹子として何らかの形で出演したい」と語っていた[6]が、2010年12月公開の『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』や『仮面ライダーWリターンズ』(アクセル、エターナル両方)に出演することとなり、これは現実となった。前者ではメリッサと言う別の役も亜樹子と二役で演じた。

出演編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

  • 仮面ライダーW 超バトルDVD 丼のα/さらば愛しのレシピよ (2010年) - 鳴海亜樹子 役
  • 仮面ライダーW RETURNS(2011年) - 照井亜樹子 役
    • 仮面ライダーアクセル
    • 仮面ライダーエターナル

ネットムービー編集

PV編集

CM編集

書籍等編集

写真集編集

DVD編集

  • 『Sweetness』(2010年2月24日、アミューズソフトエンタテインメント)

トレーディングカード編集

  • ボムカード リミテッド「山本 ひかる」ファーストトレーディングカード(2010年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ グランプリは田中美晴
  2. ^ 一人二役。
  3. ^ 友情出演。

出典

  1. ^ a b 山本 ひかる - アミューズ オフィシャル ウェブサイト”. アミューズ. 2018年11月19日閲覧。
  2. ^ 女優「山本ひかる」 RMUに入会”. RMU公式ブログ (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  3. ^ 「仮面ライダー」ヒロイン・山本ひかる、プロ雀士に!「目指すは最強の雀士!!」(1/5)” (日本語). ニュースウォーカー (2019年6月8日). 2019年1月7日閲覧。
  4. ^ プロ歴5カ月 山本ひかるが好発進!/麻雀・シンデレラリーグ 第1節Cブロック2卓” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年12月9日). 2019年1月7日閲覧。
  5. ^ 『東映ヒーローMAX』(2009年、辰巳出版)山本ひかるインタビューより。
  6. ^ 宇宙船』2010年7月号、ホビージャパン、2010年。
  7. ^ WITH online on woman excite (2012年4月27日). “福島復興への思いを込めた映画『ビターコーヒーライフ』の劇場鑑賞券プレゼント!”. 2013年11月22日閲覧。

外部リンク編集