メインメニューを開く

暴力街』(ぼうりょくがい)は、1974年4月13日に公開された日本の映画。主演・安藤昇、監督・五社英雄東映東京撮影所製作、東映配給[1]。 

暴力街
監督 五社英雄
脚本 掛札昌裕
中島信昭
原案 五社英雄
出演者 安藤昇
小林旭
丹波哲郎
菅原文太
音楽 佐藤勝
撮影 山沢義一
編集 祖田富美夫
製作会社 東映
公開 日本の旗 1974年4月13日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

目次

概要編集

銀座クラブ支配人で、元暴力団組長の江川(安藤昇)が、次々と殺される自分たちの子分を見かねて、かつての仲間ギザゴロの辰(菅原文太)とともに矢崎(小林旭)、郷原(高田繁司)率いる東菊会と、島村(丹波哲郎)を長とする西日本連合と対峙するハードボイルド・アクション[2]

予告編のBGMには、『人斬り与太 狂犬三兄弟』、『現代やくざ 人斬り与太』の一部が使われている。

あらすじ編集

もと関東東菊会幹部江川組々長・江川紘一は、今では足を洗い銀座のクラブ・マドリッドを経営し、情婦の晃子と平穏な生活を送っていた。関西西日本連合会が全国制覇の最後の拠点、東京・銀座に乗り出して来た。銀座の中心マドリッドに目をつけた西日本連合会だが、東菊会の剛原も同幹部・矢崎竜二を指し向けて、マドリッド買収に乗り出した。しかし、江川はあくまでマドリッドを守る態度を示した。一方、東菊会たちの仕業に腹をすえかねた江川の配下の望月たちは、江川に内密で江川組再建を企てた。望月はチンピラ数人で、東菊会経営の新興企画の新人歌手・天野マリを誘拐し、それを西日本連合会の仕業にみせかけ一億円の恐喝を行なった。そして、数日後、天野マリが死体で発見され、マスコミはこの事件の背後に関東・関西の暴力団の抗争がからんでいると騒ぎたてた。望月は一億円を手に入れ、元江川組々員・浜勇喜に金を預けた。そして望月、浜は江川に組再建を打診するが、江川は拒否する。一方、天野マリ誘拐が望月たちの仕業だと知った東菊会は、殺し屋を雇い望月たち江川の配下を殺した。今まで沈黙を保っていた江川は、配下の無残な死に様を見て、遂に剛原に喧嘩状をたたきつけた。それを知った浜は、かつての江川組々員に連絡し、解体屋をしているギザゴロの辰を江川に紹介した。辰は解体屋をしながら、手製の銃を百挺余り作っていた。戦いの用意は整った。江川たちは、西日本連合会に対する作戦を練っている東菊会の幹部たち--諸木、二橋、山岡、東松、西田、そして矢崎の中に殴り込みをかけた。銃撃戦が繰り広げられ、江川と辰は山岡、東松、西田を殺し逃走するが、途中で辰は殺されてしまった。江川は、剛原の妻で、もと恋人の悠子に助けられ逃げのびる。一方、必死で江川を探す矢崎は、江川の情婦・晃子のアパートへ行き、江川をおびき出そうとした。江川は、罠にはまってしまったが一目散に逃げ、ある養鶏場に身を隠す。矢崎は、江川の逃げ場所を察知するが、単身で江川に対決を挑んだ。一方、剛原は江川の銃弾で倒れてしまったために、幹部の諸木が東菊会の会長に納まり、西日本連合会々長・島村と手を組んだ。そして、島村たちにとって邪魔な江川、矢崎の二人を殺す相談を秘かに進めていた……。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

1974年2月に公開された多岐川裕美主演『聖獣学園』の「想像できないほどの不入り」を見た[3]岡田茂東映社長は[4]ストリップ映画は所詮キワモノだよ!」と宣言し[4][5]、製作中だったシャロン・ケリー梅宮辰夫共演による『色情トルコ日記』を最後に[6]「あきられてきたポルノ路線から撤退し、今後は実録ものギャングもの、それに歌謡路線を強化していく」という新方針を打ち出した[7][8][9][10]。また同年4月には「オレがOKしなきゃ撮らせない」と、全ての企画を岡田自身が決定する陣頭指揮を宣言した[11]。実録ものの新方針第一弾が千葉真一主演の『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』で[注釈 1]、第二弾・新しいアクション路線と銘打って製作が発表されたのが本作『暴力街』であった[7][13]。実際には『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』より先に『暴力街』と八代亜紀の同名楽曲をモチーフにした歌謡映画夜の演歌 しのび恋』が二本立てで先に公開されている。

東映ギャング路線の復活編集

「東映ギャング路線」は、1961年9月東映東京撮影所(以下、東撮)所長に赴任した岡田茂が[14]、社会派映画がメインで当たる映画が1本もなかった東撮を再建するため[15][16][17]高倉健を軸に最初に手掛けた路線で[18][19][20][21][22]、古手監督を一掃して[23][24]深作欣二ら、若手をどんどん起用し[15][24][25]、東撮復活の起爆剤となった路線で[26]、その後数多くの路線を仕掛ける岡田が抬頭する切っ掛けとなった[19][22][23][27][28]。しかし人気が落ちると[29]、「そもそも日本にギャングなどいない」と見も蓋もない理由で終了させ[29][30]、以降はほとんど作られていなかった[31]

五社の招聘編集

東撮のエース格だった深作欣二が『仁義なき戦い』で京撮に招かれ、以降東映京都撮影所(以下、京撮)に定着したため、東撮にアクション映画を撮れる者がいなくなった[32]フジテレビで五社が浮いた存在になっていると知った岡田が[32]、「東映ギャング路線」復活として五社を招いた[32]。岡田による五社の東映招聘は、1966年の『丹下左膳 飛燕居合斬り』に続いて二度目。三度目の招聘が1982年の『鬼龍院花子の生涯[33][34]。岡田は外部からの変わり者にはすぐに「達(たつ)を呼べ!」と、本作のプロデューサーにも腹心・吉田達を担当に就けた[28][35]。『鬼龍院花子の生涯』以降は、東映付いた五社であるが、製作は全て京撮のため、本作は東撮で撮った唯一の映画となる[35]

タイトル編集

『暴力街』という映画は本作以前に、同じ東映の小林恒夫監督が1955年1963年に二度製作している[36][37]。1955年版は同年の『終電車の死美人』と共に犯罪映画の佳作として東映現代劇に大きな影響を与えたとされる[36][37]1963年版は、岡田が「東映ギャング路線」量産時に名作を復活させたもので、本作も含めた三本はストーリーが異なり、リメイクとはいえないが、題名だけは復活させたものとみられる。

キャスティング編集

主演・安藤昇は五社とウマが合った[38]オカマ殺し屋役のマダム・ジョイは、吉田が常連のオカマバーマダムで、五社が気に入って映画に出した[35]。撮影の日に自前の100万円の着物を着て来て、五社が「血糊が付くし殺陣でズタズタになるぞ」と着替えさせようとしたら、「切られたって、捨てたっていいの。この衣装を着て五社さんの作品に出たいの」と訴えたため、そのままその着物で撮影した[35]

作品の評価編集

興行成績編集

岡田は「シャシンの出来は決して悪くない。ところが結果はソコソコしか来ていない。これはマスコミの乗りが非常ににぶかった。セリング・ポイントが一つに絞り切れていないんだな。あれだけのキャスト揃えるなら、勝負してパチンと当てる素材を掴まなくちゃダメだよ」などと評している[39]

後の作品への影響編集

「ギャング路線」はその後は1960年代ほどは量産はされなかったが、1975年の『神戸国際ギャング』は、任侠スターになる前の高倉健が、岡田の指導で取り組んでいた「ギャング路線」を復活させたものである[31]。またタイトルに"ギャング"と入っていなくても東映は時々「ギャング路線」を想起させる映画を作ることがある[40]

同時上映編集

夜の演歌 しのび恋

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 太田浩児プロデューサーが1973年に実録物の一つとして『実録・陸軍中野学校』というタイトルで企画を提出し製作が決まっていたが、1973年の4月に陸軍中野学校出身の小野田寛郎の救出が不成功に終わり製作が延期された。しかし1974年の小野田の発見で、岡田の新方針により急遽企画が復活、製作が決定した[7][8][12]

出典編集

  1. ^ 暴力街(1974) - 日本映画情報システム”. 文化庁. 2016年4月1日閲覧。
  2. ^ 映画俳優安藤昇 2015, pp. 368-371.
  3. ^ 「さようならポルノ 歌ものコンニチワ」『サンデー毎日』1974年3月24日号、毎日新聞社、 40頁。藤木TDC「藤木TDCのヴィンテージ女優秘画帖 第38回 ラストスケバン・スタンディング その7」『映画秘宝』2009年8月号、洋泉社、 99頁。
  4. ^ a b 杉作J太郎・植地毅(編著)『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』徳間書店、1999年、252頁。ISBN 4-19-861016-9
  5. ^ 鈴木義昭『ピンク映画水滸伝 その二十年史』青心社、1983年、223-225頁。
  6. ^ 「噂の女 最後の"東映ポルノ"に主演するシャロン・ケリー」『週刊文春』1974年3月18号、文藝春秋、 148頁。「幻のポルノ『深いノド』(なんと字幕にオ〇〇コ)上陸す」『週刊文春』1975年4月23号、文藝春秋、 20-21頁。
  7. ^ a b c 「〈ルック映画〉 早過ぎません?"実録ルバング島"」『週刊現代』1974年3月28号、講談社、 47頁。
  8. ^ a b 「映画になる小野田寛郎元少尉ドノ」『サンデー毎日』1974年3月31号、毎日新聞社、 40頁。
  9. ^ 「失業ポルノ女優の『求む!就職先』」『週刊文春』1974年4月8号、文藝春秋、 22頁。「またぞろポルノ再開の東映」『週刊読売』1975年2月1日号、読売新聞社、 33頁。
  10. ^ 「東映不良性感度映画の世界 追悼・岡田茂 東映不良性感度HISTORY 」『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 62頁。
  11. ^ 映画界のドン 2012, pp. 43–57.
  12. ^ 映画界のドン 2012, pp. 52–53.
  13. ^ 田山力哉「日本映画批評 『暴力街』」『キネマ旬報』1974年6月上旬号、キネマ旬報社、 152頁。
  14. ^ 悔いなきわが映画人生 2007, pp. 133-136.
  15. ^ a b クロニクル東映 1992, p. 174.
  16. ^ 立松和平『映画主義者 深作欣二』文藝春秋、2003年、40-43、122-123頁。ISBN 4-89036-181-2
  17. ^ 笠原和夫・荒井晴彦絓秀実『昭和の劇 映画脚本家笠原和夫 巻末特別付録、岡田茂インタビュー太田出版、2002年、1-2頁。ISBN 4-87233-695-X「日本映画とやくざ、あるいは『不良性感度映画』の時代 内藤誠述」『日本映画は生きている 第四巻 スクリーンのなかの他者』黒沢清四方田犬彦・吉見俊哉・李鳳宇岩波書店、2010年、267-282頁。ISBN 978-4-00-028394-6山根貞男・米原尚志『「仁義なき戦い」をつくった男たち 深作欣二と笠原和夫日本放送出版協会、2005年、131頁。ISBN 4-14-080854-3私の新人時代 - 日本映画テレビプロデューサー協会 吉田達
  18. ^ 東映の軌跡 2016, pp. 129-130.
  19. ^ a b 「日本大衆娯楽映画秘史 男の映画を作り続けた東映の、任侠プロデューサーたち 文・ダーティ工藤」『悪趣味邦画劇場〈映画秘宝2〉』洋泉社、1995年、276-279頁。ISBN 978-4-89691-170-1
  20. ^ 南部僑一郎「プロデューサー列伝(其の28) 全身これ斗志の人 岡田茂」『近代映画』1963年5月号、近代映画社、 60頁。東映株式会社映像事業部(企画・編集)「座談会/阿久悠三遊亭圓楽・岡田茂・司会 加東康一 『我らは万年映画青年!! ー東映映画三十年を大いに語るー』」『東映映画三十年:あの日、あの時、あの映画』東映、1981年、226頁。『映画なんでも小辞典』田中純一郎編、社会思想社現代教養文庫1015〉、2003年、50頁。石井輝男福間健二『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、118-119頁。ISBN 4-948735-08-6渡邊達人「追悼 佐治乾 『芯のある男』」『映画芸術』2001年8月号 No.396、プロダクション映芸、 87頁。磯田勉「石井輝男ワールドふたたび 東映に吹いたモダン・ギャング映画の嵐」『映画秘宝』2009年3月号、洋泉社、 23頁。
  21. ^ 楊紅雲 (2004年). “任侠映画路線における東映の成功 ―テレビに対抗した映画製作(1963-1972年)を中心に― (PDF)”. 多元文化 第4号. 名古屋大学. pp. 192-201. 2018年4月16日閲覧。
  22. ^ a b 北浦寛之『テレビ成長期の日本映画名古屋大学出版会、2018年、134-153頁。ISBN 978-4-8158-0905-8
  23. ^ a b 映画界のドン 2012, pp. 81-83、297-300.
  24. ^ a b 金田信一郎「テレビ・ウォーズ(5)黒澤明、"天皇"の孤影」『日経ビジネス』2006年2月6日号、日経BP社、 118頁。金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(archive))
  25. ^ 中島貞夫「企画特集 日本映画この生きている10年史 '60の豚は'70の狼になるか やくざ襲撃前夜のゴールデンエージ?」『映画芸術』1969年10月号 No266、映画芸術社、 44-45頁。石井輝男福間健二『石井輝男映画魂』ワイズ出版、1992年、117-120頁。ISBN 4-948735-08-6山根貞男・米原尚志『「仁義なき戦い」をつくった男たち 深作欣二と笠原和夫日本放送出版協会、2005年、131頁。ISBN 4-14-080854-3『日本の映画人 日本映画の創造者たち』佐藤忠男日外アソシエーツ、2007年、122頁。ISBN 978-4-8169-2035-6『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第2回/全5回)『Hotwax 日本の映画とロックと歌謡曲 vol.7』シンコーミュージック・エンタテイメント、2007年、146頁。ISBN 978-4-401-75111-2春日太一『時代劇は死なず! 京都太秦の「職人」たち』集英社、2008年、27 - 28頁。ISBN 978-4-08-720471-1内藤誠『偏屈系映画図鑑』キネマ旬報社、2011年、182-183頁。ISBN 978-4-87376-381-1
  26. ^ 松山英夫八住利雄大庭秀雄・伊藤義・石神清・大島幸雄「映画の秘密 興行価値の実態を探る 特集・研究討議」『キネマ旬報』1963年1月下旬号、キネマ旬報社、 41頁。田中純一郎日本映画発達史Ⅳ中央公論社、1968年、132-134頁。春日太一『仁義なき日本沈没 東宝VS.東映の戦後サバイバル』新潮社、2012年、102-119頁。ISBN 978-4-10-610459-6
  27. ^ 三鬼陽之助「三鬼陽之助のトップ会談〈第95回〉 "任侠路線で観客頂戴いたします" ゲスト・東映社長岡田茂氏」『週刊サンケイ』1971年11月5日号、産業経済新聞社、 134-138頁。桂千穂「対談・鈴木尚之」『にっぽん脚本家クロニクル』青人社、1996年、850頁。ISBN 4-88296-801-0菅原文太「一代の梟雄・岡田茂」『文藝春秋』2011年8月号、文藝春秋、 81-83頁。「東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」『映画秘宝』2011年7月号、洋泉社、 52頁。
  28. ^ a b 牧村康正・山田哲久『宇宙戦艦ヤマトを作った男 西崎義展の狂気』講談社、2015年、137-138頁。ISBN 978-4-06-219674-1
  29. ^ a b 福間良明『殉国と反逆― 「特攻」の語りの戦後史』青弓社、2007年、116頁。ISBN 978-4-7872-2022-6
  30. ^ 鹿島茂福田和也松原隆一郎『読んだ、飲んだ、論じた 鼎談書評二十三夜』飛鳥新社、2004年、206-211頁。ISBN 4-87031-685-4
  31. ^ a b 日刊スポーツ文化社会部 相原斎と日刊スポーツ特別取材班『健さんを探して 最後の銀幕スターの秘密』青志社、2015年、175頁。ISBN 978-4-86590-007-1
  32. ^ a b c 五社英雄の生涯 2016, pp. 139-140.
  33. ^ 悔いなきわが映画人生 2007, pp. 185、286-288.
  34. ^ 脇田巧彦・川端晴男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナルワイド版 特別ゲスト岡田茂 映連会長、東映社長、そしてプロデューサーとして」『キネマ旬報』1987年3月上旬号、キネマ旬報社、1984年、 94頁。
  35. ^ a b c d 極彩色 2014, pp. 93-94.
  36. ^ a b 深作欣二「東映現代劇12年を舞台裏からみれば 昭28~40年ー1953~1964-」『映画芸術』1965年8月号 No215、映画芸術社、 61-62頁。
  37. ^ a b 『日本映画・テレビ監督全集』キネマ旬報社、1988年、159-160頁。
  38. ^ 映画俳優安藤昇 2015, pp. 68- 69、369-370.
  39. ^ 映画界のドン 2012, pp. 48–49.
  40. ^ 西脇英夫「ANGLE'75 アングル'75 東映アクションの真率な世界(上) 『県警対組織暴力』から『暴力街』への逆展開」『キネマ旬報』1975年6月下旬号、キネマ旬報社、 152-153頁。「東映不良性感度映画の世界 追悼・岡田茂 東映不良性感、レアなこの1本!『横浜暗黒街 マシンガンの竜』」『映画秘宝』2011年8月号、洋泉社、 66頁。秋本鉄次「新世界の映画作家と新作研究10 深作欣二 深作アクションの系譜と『いつかギラギラする日』 深作監督がアクションで本気出せば、これだぜ! "ギャング"という名のロックンロールを歌え!」『キネマ旬報』1992年9月下旬号、 117-119頁。

参考文献編集

外部リンク編集