朝鮮労働党第7期中央委員会

北朝鮮の執権政党である朝鮮労働党の中央委員会

朝鮮労働党第7期中央委員会(ちょうせんろうどうとうだい7きちゅうおういいんかい、朝鮮語:조선로동당 제7차중앙위원회)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の執権政党・朝鮮労働党2016年第7回党大会で選出した中央委員会[1]である。

委員構成編集

※2016年5月9日(朝鮮労働党第7次大会終了)時点[1]

最高指導者編集

政治局編集

中央政務局編集

中央軍事委員会編集

中央委員会部長編集

金己男李洙墉金平海呉秀容金英哲李万建李日煥安正秀李哲万崔相建李永来金正任金仲協金万成金勇帥

労働新聞編集

中央検閲委員会編集

中央検査委員会編集

中央委員編集

第7次党大会において以下の129人が中央委員会委員に選出された[2]

金正恩金永南黄炳瑞崔竜海朴奉珠金己男崔泰福李勇武呉克烈李明秀姜錫柱[注釈 1]郭範基呉秀容金英哲楊亨燮金元弘金平海朴永植盧斗哲崔富日趙延俊金勇進任哲雄金徳勲李武栄李哲万李日煥李万建安正秀崔相建李永来金正任金仲協金万成洪仁範金慶玉李在一崔輝李炳鉄金勇帥趙永元李英植金与正洪承武朴道春金永春玄哲海李永吉徐洪燦金正覚努光鉄金正覚尹東弦金炯龍趙南進廉哲成趙慶哲朴正天尹英植金洛兼李勇柱崔永鎬魏成日方斗燮李成国楊東勲李泰燮朴寿日金相竜金今哲金英福金明男金松哲李昌漢韓昌淳尹正麟金城徳李勇煥盧慶駿崔永林洪仙玉金永浩趙春竜金鉄万[注釈 2]李洙墉金萬寿張赫董正浩李竜男金勝斗張基浩張徹金貞淑金桂冠金東日張昌河李弘燮李容浩朱英植全勇男張炳奎張正男姜弼勲金秀吉朴泰成姜陽貌金能五朴英浩朴泰徳金才龍朴正南全承勲金成日李相元林景万太鐘守、李光哲、全景善、呉文賢、朴重根、崔英徳、李忠植、高炳賢、李鳳徳、鄭仁国、崔明哲、太炯哲洪舒憲全日浩

中央委員候補編集

第7次党大会において以下の106人が中央委員会委員候補に選出された[2]

全日春金成男鄭明鶴金熙澤姜冠日、金勝淵、金炳浩、金正植、尹東哲、董永日、韓光相崔斗勇、李鳳春、宋錫元、姜淳南、宋英健、高明洙、金光秀、許成日、李英哲、李徹、金光赫、許永春、孫哲柱、張東雲、車慶日、呉琴鉄金明植康基燮李国俊、宋駿渉、文明学金勇光姜宗官李学哲李春三高吉善韓竜国李鍾国金在成金光哲権成浩崔日龍趙英哲姜英哲奇光浩金京準姜英秀文応兆姜河国朴春南李宗茂李忠吉金千均王昌玉、柳哲宇、白峰善、朴元学、李慧正安東春、李川花、黄順姫朱奎昌、金斗日、姜鳳勲、李承浩、朱永吉李明吉金正順姜允石、申運学、金亨俊、池在竜、車熙林姜炯奉金栄哲、金東日、尹在学、朴昌範、咸世鎮、呉春英、車鎮順、崔鳳浩、鄭夢弼、李昌吉、張敬哲、李成権、楊勝虎、宋広哲、趙賢文、金忠傑、韓成南、宋基哲、崔燦乾、金光南、明松哲、林春成、李亨根、張明学、金勝日、鄭日万、金明植、金哲洙、明善英、許光日、李民哲

中央委員会総会編集

第7期党中央委員会第1回総会編集

第7期党中央委員会第1回総会は、第7回党大会最終日の2016年5月9日に開催された。

総会では党規約の改正によって新設された朝鮮労働党委員長に金正恩を選出したほか、以下の幹部を選出した。

  • 政治局
  • 中央政務局
  • 党中央軍事委員会
  • 中央委員会部長
※担当部局は公表されていない。西側諸国の報道等で判明した部局のみ掲載し、他は役職不明とした。
  • 労働新聞
  • 中央検閲委員会
  • 中央検査委員会

第7期党中央委員会第2回総会編集

第7期党中央委員会第2回総会は2017年10月7日に開催され、以下の2項目を議題とした[5]

  1. 現情勢に対処した当面のいくつかの課題について
  2. 組織問題

このうち、「組織問題」では、金正日政権時代から要職を務めてきた金己男(政治局員・宣伝扇動部長)と崔泰福(政治局員・最高人民会議議長)が解任されたほか、金正恩の実妹である金与正が政治局員候補に選出された[6]

総会で選出された党幹部は以下の通り。

※担当部局は公表されていない。西側諸国の報道等で判明した部局のみ掲載し、他は役職不明とした。

第7期党中央委員会第3回総会編集

第7期党中央委員会第3回総会は2018年4月20日に開催され[7]、以下の3項目を議題とした[8]

  1. 革命発展の新たな高い段階の要求に即して社会主義の建設をより力強く促すためのわが党の課題について
  2. 科学教育事業において革命的転換をもたらすことについて
  3. 組織問題について

総会では、以下の内容からなる、第1議題に関する決定書を採択した[9][10]

  1. (2013年3月31日に開催された第6期党中央委員会第23回総会で決定された、)核開発と経済建設を並行して進める「並進路線」の終結と経済建設への注力
  2. 総会翌日の4月21日から大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験・核実験を中止
  3. 核実験の中止を透明性あるものに裏付けるため、北部核実験場を廃棄

また、「組織問題」では、朝鮮人民軍を実質的に統括する軍総政治局長に就任した金正覚(元・人民武力部長)の地位を前任の総政治局長だった黄炳瑞(政治局常務委員)よりも1ランク低い政治局員止まりとし、政治局常務委員を1名減の4人体制で運営するなど、軍の力を抑制する党の方針を明確化した一方、金正恩の秘書室長役を務める国務委員会部長の金昌善(キム・チャンソン)を党中央委員に、祖国平和統一委員会委員長の李善権(リ・ソングォン)を党中央委員候補に選出するなど、目前に迫っていた南北首脳会談米朝首脳会談に向けた融和ムードの演出にも余念がなかった[11]

総会で選出された党幹部は以下の通り[12]

  • 政治局常務委員:黄炳瑞(軍総政治局長・政治局常務委員)の解任を確認。金正恩、金永南、崔龍海、朴奉珠の4名体制に移行[11]
  • 政治局員金正覚[11]
  • 中央委員(中央委員候補からの昇格):申英哲孫哲珠張吉成金成男
  • 中央委員(補選):キム・ジュンソン、金昌善鄭英国、リ・ドゥソン
  • 中央委員候補李善権、ホン・ジョンドゥク、ソク・サンウォン、張吉龍朴勲、コ・ギチョル、アン・ミョンゴン、コ・ミョンチョル、キム・ソンウク、ホン・マンホ、キム・チョルハ、キム・ヨング、キム・チョルリョン、金日国
  • 党中央検査委員会委員:コ・チョルマン、チェ・ソングン

第7期党中央委員会第4回総会編集

第7期党中央委員会第4回総会は2019年4月10日に開催され[13]、以下の3項目を議題とした[14]

  1. 社会主義建設で自力更生の旗印をより高く掲げていくことについて
  2. 最高人民会議第14期第1回会議に提出する国家指導機関構成案について
  3. 組織問題

総会では、2月末にベトナムハノイで行われた米朝首脳会談が物別れに終わり、期待されていた北朝鮮への各種制裁が解除される見通しが経たない現状を打開するため、(外国に依存しない)自力更生による経済建設を推し進めると金正恩が宣言し、決定書として採択した。

このほか、最高人民会議第14期第1回会議に提出する、国務委員会・最高人民会議および最高人民会議常任委員会・内閣をはじめとする国家指導機関構成案と組織問題に関する決定を採択した。

総会で選出された党幹部は以下の通り[15][16]

総会で承認された国家指導機関構成案は以下の通り。

  • 最高人民会議執行部
  • 内閣

第7期党中央委員会第5回総会編集

第7期党中央委員会第5回総会は2019年12月28日から12月31日までの会期で、平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で開催され[20][21][22][23][24][25]、以下の4項目を議題とした[24][26]

  1. 醸成された対内外形勢の下でわれわれの当面の闘争方向について
  2. 組織問題について
  3. 党中央委員会のスローガン集を修正、補充することについて
  4. 朝鮮労働党創立75周年を盛大に記念することについて

総会が数日にわたって開催されたのは、金日成時代の1990年1月に開催された第6期党中央委員会第17回総会以来29年ぶりとなった[27][28]

総会では、2018年4月に開催された第7期党中央委員会第3回総会で決定していた大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験・核実験の中止措置について、金正恩が行った報告の中で「公約にわれわれがこれ以上一方的に縛られている根拠がなくなった。(中略)世界は遠からず、朝鮮民主主義人民共和国が保有することになる新しい戦略兵器[注釈 4]を目撃することになるであろう」と発言したとして、中止措置を事実上撤回することを決定した[34][35]

このほか、金正恩は報告の中で、非核化を巡る米朝交渉の停滞や北朝鮮への各種制裁が一向に解除されない現状について、「経済建設に有利な対外環境が切実に必要」と、経済建設には外交の好転が不可欠なことを認めたものの、「尊厳を売り渡すことはできない」として国民に制裁に耐え抜くよう求め、「制裁圧迫を無力化させ、社会主義建設の新たな活路を切り開くための『正面突破戦』を強行する」と宣言した[35]

また、総会では「組織問題」と「党中央委員会のスローガン集の修正、補充」、「朝鮮労働党創立75周年を盛大に記念することについて[注釈 5]」の決定書を採択した。

このうち、「組織問題」に関連して、金正恩の妹で宣伝扇動部第一副部長だった金与正組織指導部第一副部長に異動し、金正恩の後継者に内定したとの見方が2020年2月以降報じられるようになった[38]

総会で選出された党幹部は以下の通り[24]

この総会では本来なら憲法の規定で最高人民会議[注釈 8]及び国務委員会[注釈 9]で選出されることになっている国家機関の幹部の任免[注釈 10]が行われ、以下の幹部が任命された[24]

第7期党中央委員会第6回総会編集

第7期党中央委員会第6回総会は2020年8月19日に平壌の朝鮮労働党中央委員会本部庁舎で開催され[41]、以下の内容を討議した。

  1. 党を組織的・思想的にいっそう強化するために朝鮮労働党第8回大会を招集することに関する問題

金正恩は総会での報告で「新たな国家経済発展5カ年計画を党大会で提示する」と述べ、2016年の第7回党大会で決定した国家経済発展5カ年計画が未達成に終わったことを認めた。なお、同計画は2020年10月の党創建75周年までの目標達成を目指してきたが、国際社会の対北朝鮮制裁や新型コロナウイルス対策による国境封鎖や水害が経済を直撃し、計画達成が絶望的になっていた[42]

この後、総会では第8回朝鮮労働党党大会を2021年1月に開催することを決定した[43][44][注釈 11]

中央委員会総会以外の各種会議で行われた人事・決定など編集

政治局編集

2017年9月政治局常務委員会会議編集

2017年9月3日午前に開催された政治局常務委員会会議[46][47]では、「現国際政治情勢と朝鮮半島に醸成された軍事的緊張状態」を分析、評価したほか、「核兵器研究所が行った核の兵器化研究事業の実態に関する報告」を聴取。

第7回党大会で提示した国家核武力完成の完結段階の目標を達成するための一環として大陸間弾道ロケット装着用水爆の実験を行う問題を討議し、「国家核武力完成の完結段階の目標を達成するための一環として大陸間弾道ロケット装着用水爆の実験を行うことについて」と題した決定書を採択し、決定書への金正恩の親筆署名を経て6回目の核実験が強行された。

朝鮮中央通信の報道によると、政治局常務委員会会議では、「米国と敵対勢力の悪辣な反共和国(北朝鮮)制裁策動を牽制し、第7回党大会が提示した部門別闘争課題を成功裏に執行させるための具体的な方途と対策が討議された」としている。

2018年4月政治局会議編集

2018年4月9日に党中央委員会本部庁舎で政治局会議が開催され[48]、以下の項目が討議された。

  1. チュチェ106(2017)年国家予算執行状況とチュチェ107(2018)年国家予算について
  2. 最近の朝鮮半島の情勢発展に対する金正恩の報告

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は南北首脳会談の実施を報告したほか、「当面の北南関係の発展方向と朝米対話の展望」を深く分析して評価し、「今後の国際関係の方針と対応方向など、わが党が堅持すべき戦略・戦術的問題」を提示した。また、党中央委員会政治局メンバーの最近の活動状況を具体的に指摘し、革命の指揮メンバーとしての責任と役割をより立派に果たしていくことを強調したほか、わが国家の全ての部門、全ての単位で自力更生の革命的旗印を恒久的に堅持し、自らの技術力量と経済的潜在力を総動員して国家経済発展5カ年戦略遂行の3年目である今年の闘争課題を必ず遂行することによって、経済部門の全般において活性化の突破口を開くことについて語ったと報じられている。

2019年4月政治局拡大会議編集

2019年4月9日午後に党中央委員会本部庁舎で開催された政治局拡大会議[49]では、以下の項目が討議された。

  1. チュチェ107(2018)年国家予算執行状況とチュチェ108(2019)年国家予算について
  2. 党中央委員会第7期第4回総会の招集について
  3. 党中央委員会と政府、道党幹部の活動に関する資料通報

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は「党中央委員会の各部署と内閣の活動実態を分析し、政治局メンバーと政府、地方党活動家の活動と生活で現れた長所と短所を指摘」したほか、「党および国家的に早急に解決し、対策を取るべき問題について深刻に分析し、こんにちの緊張した情勢に対処して幹部たちが革命と建設に対する主人らしい態度を持って高度の責任性と創意性、自力更生、刻苦奮闘の革命精神を強く発揮して、わが党の新たな戦略的路線を貫徹していくことについて強調」した。また、「党中央委員会の基本部署が党政策的指導で主眼をしっかりとらえて全ての活動を責任をもって、積極的に、創造的に企画、展開していき、革命発展の要請に即して自分の機能と役割を全面的に高めて党活動において新たな転換をもたらしていくことに言及し、幹部たちの中で慢性的な形式主義、要領主義、主観主義、保身主義、敗北主義と党の権柄、官僚主義をはじめ、あらゆる否定的現象を徹底的に根絶して党の路線と政策を執行し、貫徹するために奮励努力するとともに、真の人民の忠僕としての自分の革命的本分を全うすることについて強調」したと報じられている。

2020年2月政治局拡大会議編集

2020年2月27日に開催された政治局拡大会議[50][51][52]では、「党中央委員会の幹部と党幹部養成機関の活動家の中で発露した非党的行為と権勢、特権、官僚主義、不正腐敗行為[注釈 12]」があったとして、党副委員長の李万建と朴太徳を現職から解任[58]し、「不正腐敗現象を発露させた党幹部養成拠点の党委員会を解散し、当該の処罰を適用することに関する決定」を採択したほか、新型コロナウイルス世界的な感染拡大を受けて、「『国家的な超特急防疫措置』をより徹底的に講じて厳格に実施するうえで提起される問題」に対する討議が行われた。

また、「人民の生活上の便利を最優先視するわが党の建設政策の要求に即して、平壌市と地方の住宅建設を促すための対策的問題」と「組織問題」についても討議が行われた。

政治局拡大会議で決定した党幹部の人事は以下の通り[50]

  • 党中央委員会副委員長李万建(組織指導部長)、朴太徳(農業部長)を解任。
  • 道党委員長金栄歓(平壌市党委員長)、リ・テイル(両江道党委員長)、チャン・ヨンロク(開城市党委員長)

2020年4月政治局会議編集

2020年4月11日に党中央委員会本部庁舎で政治局会議が開催され[59][60]、以下の項目が討議された。

  1. 世界的な大流行伝染病(新型コロナウイルス)に対処してわが人民の生命安全を保護するための国家的対策をいっそう徹底的に立てることについて
  2. チュチェ108(2019)年国家予算執行状況とチュチェ109(2020)年国家予算について
  3. 最高人民会議第14期第3回会議に提出する幹部問題について
  4. 組織問題について

政治局会議では新型コロナウイルスの感染拡大について、「ウイルス感染の危険が短期間に解消されるのは不可能であり、したがってこのような環境はわれわれの闘争と前進にも一定の障害をきたす条件になりうる」との分析がなされた[60]。そして、「国家的な対策」を引き続き厳格に実施することが報告されたほか、『国家的な非常防疫活動を引き続き強化するとともに、今年の経済建設と国防力強化、人民生活安定のための具体的な目標と党、政権機関、勤労者団体、武力機関をはじめ、各部門、各単位の闘争課題と方途』を明示した党中央委員会・国務委員会・内閣の共同決定書「世界的な大流行伝染病に対処してわが人民の生命安全を保護するための国家的対策をいっそう徹底的に立てるために」が採択された。

また、4月12日開催[19][61][62]の最高人民会議第14期第3回会議[注釈 13]に議案「チュチェ108(2019)年国家予算執行状況とチュチェ109(2020)年国家予算について」及び「最高人民会議第14期第3回会議に提出する幹部問題について」を提出することを決定したほか、「組織問題」や「国防力強化事業」の目標[67]、2003年以来17年ぶりとなる公債の発行[68][注釈 14]などについても討議が行われた。

政治局会議で決定した党幹部の人事は以下の通り[59]

  • 政治局員朴正天
  • 政治局員候補李善権金与正[注釈 15]
  • 党中央委員(中央委員候補からの昇格):リ・テイル、李善権全学哲、キム・チョル
  • 党中央委員(党中央検査委員会委員からの補欠選挙):朴明順
  • 党中央委員候補金正南李成鶴全明植、シン・チャンイル、チャン・ヨンロク、キム・スンチョル
  • 党中央検査委員会委員:パク・ヨンジン
  • 党中央委員会検閲委員会委員:リ・ギョンチョル、ウォン・ヒョンギル 

2020年6月政治局会議(第7期第13回政治局会議)編集

2020年6月7日に第7期第13回政治局会議として開催され[73]、以下の項目が討議された[74][75]

  1. 国の化学工業を将来を見通して発展させる上で提起される当面の幾つかの問題
  2. 首都(平壌)市民の生活保障における当面の問題
  3. 現行の党活動で提起される一連の規約上の問題を一部修正し、党規約改正案に反映することに対する意見
  4. 組織問題について

政治局会議で金正恩は化学工業を柱とする経済の自立と平壌市民の生活保障に関する演説を行った。また、党規約の一部修正が承認されたほか、組織問題(党幹部の人事異動)を討議した。

政治局会議で決定した党幹部の人事は以下の通り[74]

  • 政治局員候補金栄歓
  • 党中央委員(中央委員候補からの昇格):高吉先金正南、宋永健
  • 党中央委員(補欠選挙):リ・ジェナム、クォン・テヨン、権英進
  • 党中央委員候補:リム・ヨンチョル、康日燮、シン・インヨン、リ・ギョンチョン、キム・ジュサム、キム・ジョンチョル、チェ・グァンジュン、ヤン・ミョンチョル、キム・ヨンチョル、パク・マンホ

2020年7月政治局拡大会議(第7期第14回政治局拡大会議)編集

2020年7月2日に第7期第14回政治局拡大会議として開催され[76]、以下の項目が討議された[77][78]

  1. 悪疫(新型コロナウイルス)を防ぐための6カ月間の活動状況を総括し、国家非常防疫活動を強化して現在の防疫形勢をより強固にするための問題
  2. 平壌総合病院の建設を促し、医療サービスのための人的および物質的・技術的保障対策を立てることに関する問題

政治局拡大会議で行った演説の中で金正恩は「新型コロナウイルスの国内への流入を徹底して防ぎ、安定した防疫態勢を維持できている。誇らしい成果を挙げているが、周辺の国々で再拡大が続いている。拙速な防疫措置の緩和は、取り返しのつかない致命的な危機を招くことになる」と述べ、対策をさらに強化するよう指示し、周辺国との間で、人の往来や物資の移動制限を続けることを示唆した。

一方で、金正恩は「非常防疫活動が長期性を帯びることで、活動家の間で次第に蔓延している放心と傍観、慢性化した傾向と非常防疫規律違反傾向について厳しく批判し、早まった防疫措置の緩和は想像することも、挽回することもできない致命的な危機を招くことになると重ねて警告し、各部門、各単位がこんにちの防疫形勢がよいと自己満足、陶酔して緊張性を緩めることなく伝染病流入の危険性が完全に消失する時まで非常防疫活動をいっそう強化しなければならないと強調した」としている。

また、平壌総合病院の建設に関する討議の中で金正恩は「平壌総合病院建設者の非常な精神力と献身的な努力によって、困難で不利な条件を果敢に克服し、建築工事が日程計画通りに頑強に推進されていることに満足の意を表し、平壌総合病院を人民に実際に最上級の先進的な医療サービスを行えるように世界的水準に立派に完工する上での早急な対策を取るための国家的な強力な措置を取り、施工部門、資材供給部門、運営準備部門に提起される具体的な課題を提示した。」と報じられたが、建設現場では病院建設工事に動員された朝鮮人民軍[注釈 16]の兵士19人が死亡したり[80]、脱走兵が続出している[81]との報道もある。

なお、この拡大会議では「組織問題(党幹部の人事)」は議題として扱われていないが、デイリーNKジャパンは7月8日に配信した記事で北朝鮮の内部情報筋からの情報として、金与正が拡大会議に政治局員として参加していたと報じている[82][注釈 17]

2020年7月政治局非常拡大会議編集

2020年7月25日に党中央委員会本部庁舎で政治局非常拡大会議として開催された[83][84][85][86][87]

朝鮮中央通信によると、3年前に韓国へ脱出後、7月19日、違法に軍事境界線を越えて北朝鮮南西部の開城に戻った人物[注釈 18]が新型コロナウイルスに感染した疑いがあることが判明したこと、金正恩が政治局非常拡大会議で開城を7月24日午後から完全封鎖(ロックダウン、都市封鎖)する措置を取ったと報告したことが報じられた。

また、金正恩が「現在の事態に対処して当該地域に非常事態を宣布し、国家非常防疫システムを最大非常体制に移行させ、特級警報を発令することに関する党中央の決心を宣明」し、「党および勤労者団体組織、政権機関、社会安全、保衛機関、防疫および保健医療機関が差し当たり遂行すべき部門別課題を提起」したこと、政治局非常拡大会議で、「国家非常防疫システムを最大非常体制に移行させることに関する党中央委員会政治局の決定書」が全員一致で採択されたこと、脱北事件を許した前線部隊のずさんな警戒態勢が党中央軍事委員会から報告され、厳重な処罰を適用することについての議論が行われたことも発表された。

2020年8月政治局会議(第7期第16回政治局会議)編集

2020年8月13日に党中央委員会本部庁舎で第7期第16回政治局会議として開催され[88][89]、以下の項目を討議・協議した。

  1. 全力を集中して水害を早く克服し、人民に安定した生活を保障することに関する問題
  2. 世界的な保健危機状況の要求に即して国家非常防疫システムをいっそう厳格に維持し、整然とした防疫活動指揮システムを完備することに関する問題
  3. 開城市など前線地域の封鎖を解除することに関する問題
  4. 党中央委員会に新設部署を設けることに関する問題
  5. 党創立75周年を盛大に記念するための国家行事準備状況の点検と当該の対策の研究・協議
  6. 組織問題

政治局会議では、「最近の災害性豪雨と大水によって発生した被害状況に関する資料通報」が行われ、『雨期の間、江原道金化郡鉄原郡淮陽郡昌道郡黄海北道銀波郡[注釈 19]長豊郡黄海南道開城市などで3万9296ヘクタール分の農作物が被害を受けたほか、家屋1万6680余世帯と公共施設630余棟が被災し、多くの道路と橋梁・鉄道が寸断されたほか、発電所のダムが崩壊するなど、人民経済の複数の部門』で「深刻な被害を受け、被害状況が深刻な地域の住民が疎開地で生活しながら、大きな生活上の苦痛をなめている」として、大雨災害の被害状況を公表した[92][93]

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は「今、わが国家は世界保健危機状況に徹底的に備えるための防疫戦を力強く繰り広げるとともに、予想外に押し寄せた自然災害という二つの挑戦と戦わなければならない難関に直面している」と指摘。続けて「党と政府はこの二つの危機を同時に克服するための正しい政策方向を提示し、立体的かつ攻勢的な闘いで洗練された指導力を発揮すべきだ。世界的な悪性ウイルスの拡大状況が悪化している現実は、水害に関連するいかなる外部的支援も許さず、国境をいっそう鉄桶のごとく閉じて防疫活動を厳格に行うことを求めている。被災地の住民と被害復旧に動員される人々の間で防疫規定に違反する傾向が絶対に現れないように教育活動をよく行わなければならない」と強調し、10月10日の党創建75周年を盛大に祝う方針も確認され、水害からの復旧も同日までに基本的に終えることを目指すとした党中央委員会政治局決定書と党中央委員会・党中央軍事委員会・国務委員会の共同命令書を示達することを金正恩が提議し、全会一致で採択された。

このほか、政治局会議では「最前線地域で発生した非常事件によって去る7月24日から実施されていた開城市をはじめとする前線地域の封鎖を専門防疫機関の科学的な検証と保証に従って解除する」と決定、金正恩は「この20余日間、前線地域の封鎖以降、依然として防疫形勢が安定的に維持、管理されていたことが実証され、隔離状態で生活上の不便を耐え抜き、朝鮮労働党と政府の措置に一心で従ってくれた封鎖地域の人民と、豪雨と蒸し暑さの中で地域封鎖任務を責任をもって遂行した軍人と安全員、保衛員、労農赤衛軍の隊員に党中央の名義で感謝を贈る」と発言した。

また、8月5日の政務局会議で決定していた「党中央委員会に新設部署を設けることに関する問題が審議・決定され、その職能と役割が提示された」と報じられたが、新設部署の内容については「党中央委員会政治局は、新たに設ける部署が国家と人民の尊厳と利益を守り、社会の政治的安定と秩序を頼もしく維持、保証し、われわれの階級的基盤、社会主義建設を鉄桶のごとく守っていくことに大きく寄与することになるとの確信を表明した」とされているのみで、名称や具体的な役割は明らかにされていない。

政治局会議では最後に「組織問題(党幹部の人事)」を審議、「党中央委員会政治局の提議によって、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の委員長(金正恩)は社会主義憲法が付与した権限[注釈 20]に従って朝鮮民主主義人民共和国内閣総理を解任および任命した。」として、現職の金才龍内閣総理から解任して副総理の金徳訓を後任に任命し、国務委員会政令によって公布された[94][95][96][97][98]

なお、政令では「国務委員会は内閣の経済組織事業の能力を分析、評価した」[96]と言及しただけで金才龍の首相解任の理由を明示していないが、朝日新聞は韓国の専門家が「金才龍が大雨災害や新型コロナウイルスの影響による経済悪化の責任を問われたのではないか」とする見方を示したと報じた[99]一方、東京新聞は「組織改編の一環の可能性がある」[100]としており、評価が分かれている。

政治局会議で決定した党幹部・国家機関の人事は以下の通り[88][94]

2020年8月政治局拡大会議(第7期第17回政治局拡大会議)編集

2020年8月25日に党中央委員会本部庁舎で第7期第17回政治局拡大会議として開催され[104][105]、以下の項目を討議した。

  1. 世界的な保健危機状況に備えた国家非常防疫態勢を点検し、防疫活動をいっそう改善、強化するための当該の問題
  2. 悪性伝染病の流入を遮断するための国家的な非常防疫活動で現れている一連の欠点を厳しく評価し、早急に克服すべき対策的問題
  3. 台風の被害防止に関する国家的な非常対策を徹底的に立てる問題

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は「『国家非常防疫活動で現れている一部の盲点』について資料をあげて通報し、防疫態勢を引き続き補完、維持して一連の欠点を根源的になくすための積極的な対策を全党的・全社会的に強力に立てることについて強調」したとしており、「政治局は、金正恩が提起した案件に対して当該の決定を採択した」としている。

このほか、政治局拡大会議では「8月26日から27日の間に黄海南道平安南道平安北道をはじめ、わが国の全般的地域が強い台風の影響を受ける見通しに関連して、台風の被害防止に関する国家的な非常対策を徹底的に立てる問題」として、台風8号対策を集中討議した。

「『台風による人命被害を徹底的に防ぎ、農作物の被害を最小限に食い止めるのは人民の運命に責任を持つ朝鮮労働党にとって瞬間も疎かにすることのできない重大な問題であり、一年の農作業の締めくくりを立派にできるかできないかという重要な事業である』と発言し、『各級党組織と人民政権機関、社会安全機関に提起される課題』を提起したほか、活動家と党員と勤労者に台風の被害防止の重要性と危機対応方法を正確に認識させるための宣伝攻勢を集中的にかけ、人民経済の全ての部門で台風の被害をあらかじめ防げるように即時の対策を講じることについて」金正恩が強調したことを受けて、政治局拡大会議では「金正恩の言葉を貫徹するための党中央委員会の指示文」を作成して下達することを決定したと朝鮮中央通信は報じている。

2020年9月政治局会議(第7期第18回政治局会議)編集

2020年9月29日に党中央委員会本部庁舎で第7期第18回政治局会議として開催され[106]、以下の項目を討議した。

  1. 新型コロナウイルス対策
  2. 台風・水害被害の復旧状況
  3. 組織問題

会議では、新型コロナウイルス対策について「防疫部門での自己満足と放心、無責任さと緩慢さを徹底的に警戒し、われわれの方式、われわれの知恵で防疫対策をより徹底的に講じ、大衆的な防疫雰囲気、全人民的な自発的一致性をより高調させて、鉄のような防疫システムと秩序を確固と堅持することについて強調された」として、引き締めを図る方針を示した[107]

なお、会議では「組織問題(党幹部の人事)」が議題となったものの、詳細は公表されていない[106]

2020年10月政治局会議(第7期第19回政治局会議)編集

2020年10月5日に党中央委員会本部庁舎で第7期第19回政治局会議として開催され[108]、以下の項目を討議・決定した。

  1. 全党、全国、全民が80日戦闘を力強く繰り広げて第8回党大会を輝かしく迎えることに関する問題
  2. 朝鮮労働党創立75周年に際して党と軍隊の主要幹部に軍事称号を授与する決定

会議では、「(2021年1月開催予定の)第8回党大会まで残った期間は今年の年末戦闘期間であると同時に、第7回党大会が示した国家経済発展5カ年戦略遂行の最後の界線であるだけに、全党的、全国家的にもう一度総突撃戦を繰り広げなければならない。」と強調し、「党創立75周年を勝利と前進の大慶事として輝かし、その勢いをより高揚させて今年の闘いを誇らかに締めくくり、第8回党大会を高度の政治的熱意と勤労の成果で迎えるために、全党的、全国家的に年末まで80日戦闘を展開することに関する責任的で重大な決心を下した。」として、「80日戦闘」と呼ばれる国民総動員運動[109]での労働ノルマの達成を国民に呼び掛ける『戦闘的スローガン』を制定し、全党の党組織と党員に党中央委員会の書簡を送ることを決定したほか、「党創立75周年に際して党と軍隊の主要幹部に『軍事称号(軍階級)』を授与する」とした『党中央委員会・党中央軍事委員会・国務委員会の共同決定』が採択され、党副委員長・政治局常務委員の李炳哲朝鮮人民軍総参謀長朴正天朝鮮人民軍元帥称号が授与された[110]

政治局会議で決定した党・軍幹部への「軍事称号(軍階級)」授与の内容は以下の通り[108]

2020年11月政治局拡大会議(第7期第20回政治局拡大会議)編集

2020年11月15日に党中央委員会本部庁舎で第7期第20回政治局拡大会議として開催され[111]、以下の項目を討議・決定した。

  1. 世界的な保健危機が引き続き悪化する状況に備えて国家非常防疫システムをさらに補強することに関する問題
  2. 教育機関と社会全般で現れている「非社会主義的行為」[注釈 22]を決定的に根絶するための問題

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は新型コロナウイルス対策を巡り、「『80日間戦闘』の基本戦線である非常防疫戦線をいっそう鉄桶のごとく強化するための党的・軍事的・経済的課題と方途」について発言したとしている。

このほか、平壌医科大学で「重大な形態の犯罪行為[注釈 23]」が発生していたことを踏まえ、「重大な形態の犯罪行為を働いた平壌医科大学の党委員会と、(平壌医科大学の)犯罪を庇護、黙認、助長させた党中央委員会の当該部署、司法・検察、安全・保衛機関の無責任感と激甚な職務怠慢行為」が辛辣に批判されたとして、「各級党組織をもう一度覚醒させ、反党的・反人民的・反社会主義的行為を根絶するための全党的な闘争をさらに強化すべきだと指摘した」「社会・政治・経済・道徳生活の全般で社会主義的美風が徹底的に固守されるようにする」などとして、国内の引き締めを強化する姿勢を鮮明にした。

2020年11月政治局拡大会議(第7期第21回政治局拡大会議)編集

2020年11月29日に党中央委員会本部庁舎で第7期第21回政治局拡大会議として開催され[113]、以下の項目が討議された。

  1. 党中央委員会の当該の部署機構を改編する問題、経済活動に対する党の指導を改善し、当面の経済課題執行のための重要問題

会議では第8回党大会の準備委員会から準備状況の報告が行われたほか、大会準備状況の報告を通じて、「一連の偏向」があったことが指摘された。また、経済指導機関が適切な指導を行えておらず、「『主観主義と形式主義を克服していない実態』について深刻に批判」したとしており、会議について報じたデイリーNKジャパンの記事(11月30日付け)では「大会に向けてなんらかの問題が生じていることがうかがえる。」と指摘している。

2020年12月政治局会議(第7期第22回政治局会議)編集

2020年12月29日に党中央委員会本部庁舎で第7期第22回政治局会議として開催された[114][115]。なお、会議の司会進行役は党副委員長・党組織行政部長の金才龍が担当した[116]

朝鮮中央通信の報道によると、会議では朝鮮労働党第8回大会の準備活動についての研究が行われたとして、党の各級組織代表会で選挙された代表者に対する資格審査を行って決定を下し、第8回党大会の執行部と幹部壇、書記部[注釈 24]の構成案、党大会の議定に応じた日程を討議、確定し、党大会に提起する文書についての審議を行い、第8回党大会を2021年1月初旬に開会することに関する決定を採択したほか、第8回党大会に上程する一連の重大な問題について深く研究、討議し、当該の決定を採択した、としている。

政務局(旧・書記局)編集

2020年8月政務局会議(第7期第4回政務局会議)編集

2020年8月5日に第7期第4回政務局会議として開催された[117][118][119]

2016年の第7回党大会で新設された政務局(旧・書記局)中国語版朝鮮語版は、党中央委の各部門を担当する副委員長[注釈 25]を中心に構成されているが、会議が公開されるのは今回が初めてである[117]

会議では以下の項目が討議された。

  1. 党中央委員会に新しい部署を設けることに関する機構問題を検討、審議し、党内の対幹部活動体系を画期的に改善するための方途上の問題についての研究、協議[注釈 26]
  2. 政府機関の主要職制の幹部の活動状況の評価と、当該対策の合意
  3. 国家最大非常体制の要求に従って完全封鎖された開城市の防疫状況と実態報告書の了解(承認)
  4. 封鎖地域の人民の生活を安定させるために食糧と生活保障金を党中央が特別支援する問題
  5. 党内活動において提起される実務的問題

朝鮮中央通信の報道によると、金正恩は「会議で討議された問題を結論しながら、党中央委員会政務局のメンバーが限りない責任感と献身性を発揮して担当した部門の活動を抜本的に改善し、党中央の決定を忠実に実行するための正しい活動方向と中心を維持し、手配を綿密に行って全ての活動を党中央の思想と方針の要求に即して革命的に策定、展開することについて強調した」としている。

2020年8月政務局会議(第7期第5回政務局会議)編集

2020年8月25日に第7期第5回政務局会議として、第7期第17回政治局拡大会議に引き続いて開催された[104][105]

会議では以下の項目について討議し、決定書を採択した。

  1. 朝鮮労働党第8回大会を招集することに関する党中央委員会第7期第6回総会の決定を貫徹する上で提起される実務的問題
  2. 朝鮮労働党第8回大会の成功裏の開催のための準備委員会の組織と、活動体系と分科、グループの活動分担の確定

2020年9月政務局拡大会議編集

2020年9月5日に開催された[120][121][122]

政務局拡大会議は金正恩の出席の下、咸鏡南道台風9号の被災地で開催され[注釈 27]、咸鏡南道と咸鏡北道の沿岸の地域で住宅1000棟余りが損壊し、公共の建物や農地が浸水する被害が出たことが報告されたほか、朝鮮労働党咸鏡南道委員会委員長の金成日を解任し、党中央委員会組織指導部副部長の李正男を新たに咸鏡南道党委員会委員長に任命する決定などを採択した。

また、政務局拡大会議での決定を受けて、金正恩は平壌の全党員に向けた公開書簡を発表し、1万2000人の中核党員を「最精鋭首都党員師団」として咸鏡南道と咸鏡北道の被災地に派遣するよう指示した[121][122][124][125][注釈 28]

政務局拡大会議で決定した党幹部の人事は以下の通り[124]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 2016年5月20日、食道がんで死去[3]
  2. ^ 2018年12月3日、膀胱癌で死去[4]
  3. ^ 衛星政党朝鮮社会民主党中央委員会委員長。
  4. ^ 今総会で金正恩が宣言した「新しい戦略兵器」は朝鮮労働党創建記念日英語版朝鮮語版2020年10月10日未明に挙行された朝鮮労働党創建75周年記念の軍事パレードで新型の潜水艦発射弾道ミサイル「北極星4号(北極星4A)」や改良を加えた大陸間弾道ミサイル「火星15」として公開された[29][30][31][32][33]
  5. ^ 総会では党創立75周年記念事業の一環として平壌総合病院の建設を決定。2020年3月17日に行われた起工式には金正恩が出席し[36]、「党創立75周年を迎えて平壌総合病院を立派に建設しよう」と題する演説を行った[37]
  6. ^ 党序列3位の朴奉珠副委員長は書面討論のみの参加で総会最終日の記念写真場面のみ出席。車椅子姿で金正恩の右隣に着席していた[39]
  7. ^ 宣伝扇動部第一副部長から組織指導部第一副部長への異動[38]
  8. ^ 社会主義憲法第6章第1節第91条第10項「内閣総理の提議により、内閣副総理、委員長、相、その他の内閣成員を任命する。」
  9. ^ 社会主義憲法第6章第3節第110条第4項「最高人民会議の休会中に内閣総理の提議により、副総理、委員長、相、その他の内閣成員を任命、または解任する。」
  10. ^ 2019年の憲法改正以前は最高人民会議休会中の国家機関の幹部の任免に関しては最高人民会議常任委員会が権限を保有していた。
  11. ^ 第8回党大会は2021年1月5日に開幕した[45]
  12. ^ 金日成高級党学校の入学試験などで贈収賄などの不正行為が行われたとの指摘が出ている[53][54][55][56][57]
  13. ^ 最高人民会議第14期第3回会議は3月20日の最高人民会議常任委員会決定で4月10日に開催されると報じられていた[63][64]が、4月11日になっても開催したとの報道が行われなかった[65]ことから、何らかの理由で延期されたとの観測が流れていた。なお、4月14日にデイリーNKジャパン報道によって、平安北道咸鏡北道慈江道など中朝国境地域と西海岸の南浦市から来た代議員ら計7人が新型コロナウイルスに感染した疑いが出たために延期されたことが判明した[66]
  14. ^ 北朝鮮で発行される公債は「人民生活公債[69]という名称で、500北朝鮮ウォン、1000北朝鮮ウォン、5000北朝鮮ウォンの3種類が存在し、10年満期で販売している。北朝鮮での公債発行は3回目で、1回目は1950年から1953年にかけて朝鮮戦争の戦費調達を目的に発行され、2回目は2003年に発行され、この時は2002年の7・1経済管理改善措置で労働者の賃金が大幅に引き上げられて市中の通貨量が急増したことから、増加分を回収することを目的にして発行された[69]が、今回発行された人民生活公債はこれまでの公債発行で行われてきた個人への押し売り方式を取り止め、国が予算を必要とする機関に対して公債を発行し、それを現金の代わりとして原材料の調達に使うという形式に切り替え[69]、国家予算の最大60%を金主(トンジュ)と呼ばれる新興富裕層からの資金でカバーすることを目的に発行された[70]と報じられたが、同年10月24日付けでデイリーNKジャパンが配信した記事によると、「公債を無理やり買わされることを恐れたトンジュや幹部が輸入品の買い占めやドル買いに走って経済が混乱したため、当局は住民に対して1人あたり5000ウォンの公債を購入するように呼びかけたが、反応が薄かったため、機関・企業所・食堂などへの押し売りを行い、『(公債を)買わなければ殺す』と警告している。実際に公債の購入を拒否した者が処刑されたケースもあり、平壌郊外の江東地区炭鉱連合企業所が国から割り当てられた公債を坑道を所有するトンジュに押し売りしようとしたところ、このトンジュが押し売りに反発したため、『党政策非難罪』という罪状で裁判を経ずに処刑された。結果として公債発行はトンジュや幹部からそっぽを向かれたために失敗し、2020年8月の第7期党中央委員会第6回総会で金正恩が既存の経済政策の失敗を公式に認めた後に中央党(党中央委員会)経済部で公債発行計画の修正に関する議論が行われ、その結果をまとめた指示書が内閣と傘下の機関に出され、公債発行は中止に追い込まれたという。
    1. 国家機関公債及び国家貿易公債の流通の一時中止
    2. 国家計画委員会財政委員会を中心とした売却分と在庫量の確認・検収
    3. 各機関に割り当てられた公債は回収して中央銀行に集めて凍結
    4. 中央の指示により公債利用を執行した機関の現在の財政状態を診断し、今年の計画量を調整できるようにする」[71][68]
  15. ^ 金与正は2017年10月に開催された第7期党中央委員会第2回総会で政治局員候補に選出されていたが、2019年2月の米朝首脳会談が決裂した責任を問われて「40日間の事業(活動)停止」処分[72]を受け、同年4月の第7期党中央委員会第4回総会で政治局員候補から解任されたとの観測が出ていた[18][19]
  16. ^ 平壌総合病院の建設工事には朝鮮人民軍近衛英雄旅団と第8建設局の兵士が動員された[79][37]
  17. ^ デイリーNKジャパンの報道によると、金与正が政治局員に昇格した時期は不明だが、金与正が座っていた席の机に置かれたネームプレートには「党政治局委員 金与正同志」と書かれており、北朝鮮の内部情報筋が韓国デイリーNKに伝えたところによると、「2日に開かれた政治局拡大会議に、金与正同志は政治局委員として参加した。正確にいつ、政治局委員になったかはわからないが、会議の参加者の大部分は、このとき初めて金与正同志が政治局委員になっていたことを知った」という。また、政治局員への昇格については、開城工業地区に設置されていた南北共同連絡事務所の爆破(6月16日に断行)など、「(韓国に対する)対敵活動の雰囲気を盛り上げ、敵を容赦なく叩いて心胆を寒からしめたことで、候補委員から委員に補選されたのだろうという噂と評価がある」とデイリーNKジャパンは報じている。
  18. ^ 朝鮮中央通信の報道では越南逃走者(=脱北者)と表記。
  19. ^ 銀波郡大青里(テチョンリ)の被災地には8月6日と8月7日に金正恩が現地指導を行い、「国務委員長の戦略予備分の物資と予備穀物を供給する」指示を出している[90]。なお、この現地指導で金正恩はトヨタ自動車高級車ブランド・『レクサス』の運転席に座ったまま、車外にいる幹部らに指示を出していたことが判明している[91]
  20. ^ 社会主義憲法第6章第2節第104条第3項「最高人民会議の法令、国務委員会の重要政令と決定を公布する。」及び社会主義憲法第6章第2節第104条第4項「国家の重要な幹部を任命、または解任する。」
  21. ^ 朴太徳は2020年2月27日の政治局拡大会議で、「党中央委員会の幹部と党幹部養成機関の活動家の中で発露した非党的行為と権勢、特権、官僚主義、不正腐敗行為[53][54][55][56][57]」が発覚して党副委員長・農業部長から解任されており、およそ半年ぶりの復権となる。また、同時に党副委員長・組織指導部長から解任されていた李万建は8月9日の朝鮮中央通信報道により政治局員・組織指導部第一副部長に降格していたことが確認された[101][102]
  22. ^ 北朝鮮では、「社会主義の気風を乱す」と考えるあらゆる行為を「非社会主義的現象」と見なし、国民の粛清を行ってきた。
  23. ^ デイリーNKジャパンの報道(11月21日付け)によると、平壌医科大学では学内の党委員会や教授への贈収賄、卒業生が配属された病院での医療事故のほか、男子学生4人による女子学生への性的虐待事件の揉み消しが行われており、性的虐待の被害者家族(被害者本人は自殺)が中央党第2受付窓口に「信訴」(北朝鮮の国民が、権力による不正行為の被害者となった場合に訴えることができる、法的根拠に基づいた制度)を繰り返し行ったところ、報告を受けた金正恩が党組織指導部に集中検閲(監査)を指示し、男子学生4人は公開処刑されたほか、平壌医科大学党委員会のイルクン(幹部)7人、社会安全部の幹部5人など、60人前後が処分されたという[112]
  24. ^ 朝鮮中央通信の報道原文は「秘書部」
  25. ^ 第7期第4回政務局会議開催時点の副委員長は朴奉珠李炳哲李日煥崔輝金徳訓朴泰成金英哲金衡俊の8名。
  26. ^ 党中央委員会に新設するとした「新しい部署」について、朝鮮中央通信の報道では詳細は述べていないが、政治局員への昇格が報じられている[82]組織指導部第一副部長の金与正のための部署を設ける可能性もあるとの見方があったものの、デイリーNKジャパンが9月3日に配信した記事によると、この「新しい部署」は「組織行政部」として設立され、8月13日の政治局拡大会議で首相解任と党副委員長・党部長就任が決定した金才龍が部長に就任していたことが判明した[103]。なお、金与正は今回の会議へのオブザーバー参加となった「党中央委員会の重要部署の活動家」には含まれていない。
  27. ^ 韓国の中央日報(日本語版)は9月7日配信の記事で、北朝鮮当局が公開した写真や動画などから、政務局拡大会議が金正恩が使用する最高指導者専用列車の車内で行われたとの見方を示した[123]
  28. ^ 公開書簡の発表後、平壌在住の党員30万人が首都党員師団への参加を志願し[126]、選抜された1万2000人の師団員は9月8日に錦繍山太陽宮殿広場での決起集会に参加した後に被災地に派遣され[127][128]、11月20日に平壌に帰還した[129]。帰還に際して行われた報告集会で第1首都党員師団の師団長を務めた党副委員長の崔輝は「条件と環境は厳しかったが、全ての戦闘員が党中央の崇高な構想を生命を賭してでも実現する信念の誓いで血をたぎらせ、忠誠の突撃戦、熾烈な徹夜戦、果敢な電撃戦を繰り広げて、数百世帯の平屋、低層住宅を建てて道路と河川をいかなる大水にもびくともしないように復旧した」として師団員の成果を強調したものの、11月21日付けのデイリーNKジャパン報道によると、実際には派遣された師団員の作業レベルの低さや素行不良、当局と国営メディアの虚偽報道(住民による復旧作業をあたかも首都党員師団の師団員が行ったかのように見せかけるなど)、洪原郡端川市(いずれも咸鏡南道)には師団員が派遣されておらず、住民が復旧作業に動員させられたことに被災地や他の地域(平安北道平安南道など)の住民の不満が噴出する事態になった[130][131]。こうした事例は水害被害を受けた黄海北道銀波郡咸鏡北道漁郎郡[132]でも発生しており、中には金正恩にも報告が上がり[133]、「厳しく問題視する」と金正恩が発言する事例もあるほどだった[134]。事態を重く見た当局は首都党員師団員のうち80人を「政策貫徹落伍者」とみなして「思想闘争」にかけた上、黄海道や咸鏡道の農村に追放することを決定、中には自殺者まで発生したと報じられている(11月28日付けのデイリーNKジャパン報道より)[135]

出典編集

  1. ^ a b 朝鮮労働党第七届中央委員会第一次全体会議公報 2016-5-10 労動新聞Archived 2016年5月10日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b 「朝鮮労働党第7回大会公報」 (朝鮮語) 『労働新聞』 、2016年5月10日。 オリジナルの2018年8月6日時点によるアーカイブhttp://web.archive.org/web/20180806180158/http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-05-10-0006 
  3. ^ “北朝鮮 対米交渉担当、外交の司令塔の姜錫柱氏死去76歳”. 毎日新聞. (2016年5月21日). オリジナルの2019年12月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/AN3JW 2016年5月21日閲覧。 
  4. ^ “「北ミサイルの父」金鉄万死去…葬儀委員長に金正恩”. 中央日報. (2018年12月3日). https://japanese.joins.com/JArticle/247807 2020年3月27日閲覧。 
  5. ^ “朝鮮労働党中央委員会第7期第2回総会に関する報道”. わが民族同士(日本語版). (2017年10月8日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=6326 2021年1月10日閲覧。 
  6. ^ “朝鮮労働党中央委員会の総会 金与正氏が党中央委員に”. デイリーNKジャパン. (2017年10月8日). https://dailynk.jp/archives/97093 2017年10月8日閲覧。 
  7. ^ 北朝鮮「核・ICBM実験停止」を決定、核実験場も廃棄 - デイリーNKジャパン、2018年4月21日配信。
  8. ^ 北朝鮮「核・ICBM実験停止」を決定、核実験場も廃棄 - デイリーNKジャパン、2018年4月21日配信。
  9. ^ 北朝鮮「核・ICBM実験停止」を決定、核実験場も廃棄 - デイリーNKジャパン、2018年4月21日配信。
  10. ^ 北朝鮮「核・ICBM実験停止」を決定、核実験場も廃棄 - デイリーNKジャパン、2018年4月21日配信。
  11. ^ a b c 【激動・朝鮮半島】南北対話の担当者を抜擢 軍統括幹部は政治局員止まり – 産経新聞、2018年4月22日配信。
  12. ^ “金正恩委員長の指導の下に朝鮮労働党中央委員会第7期第3回総会が行われる”. わが民族同士(日本語版). (2018年4月21日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=10811 2021年1月10日閲覧。 
  13. ^ 「自力更生で敵対勢力に打撃を」 党総会で金正恩氏 - デイリーNKジャパン、2019年4月11日配信。
  14. ^ 「自力更生で敵対勢力に打撃を」 党総会で金正恩氏 - デイリーNKジャパン、2019年4月11日配信。
  15. ^ “朝鮮労働党中央委員会第7期第4回総会に関する報道”. わが民族同士(日本語版). (2019年4月11日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=19284 2021年1月10日閲覧。 
  16. ^ 4人が座った主席壇に金正恩委員長だけ…「絶対権力を象徴」 中央日報 2019年4月12日
  17. ^ 북한, 노동당 상무위 `김정은·최룡해·박봉주` 3인 체제 구축(北韓(=北朝鮮)、労働党常務委 '金正恩・崔龍海・朴奉珠' 3人体制の構築) 毎日経済 2019年4月14日
  18. ^ a b “存在感増す金与正氏 解任後に返り咲きか”. 産経新聞. (2020年4月12日). https://www.sankei.com/smp/world/news/200412/wor2004120010-s1.html 2020年4月12日閲覧。 
  19. ^ a b c “北朝鮮が党政治局会議開催 コロナ対策など協議=最高人民会議は延期”. 聯合ニュース. (2020年4月12日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200412000400882?section=nk/index 2020年4月12日閲覧。 
  20. ^ 「世界は新たな戦略兵器を目撃する」金正恩氏、党総会で宣言 - デイリーNKジャパン、2020年1月1日配信。
  21. ^ “朝鮮労働党中央委員会第7期第5回総会を招集、第1日会議”. わが民族同士(日本語版). (2019年12月29日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=25975 2021年1月10日閲覧。 
  22. ^ “北朝鮮 キム委員長出席で党中央委総会 28日開催 国営メディア”. NHK. (2019年12月29日). オリジナルの2019年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/aCCaL 2019年12月29日閲覧。 
  23. ^ 「国防建設の重大問題を討議」北朝鮮で党総会が始まる - デイリーNKジャパン、2019年12月29日配信。
  24. ^ a b c d “朝鮮労働党中央委第7期第5回総会に関する報道”. わが民族同士(日本語版). (2020年1月1日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=26055 2021年1月10日閲覧。 
  25. ^ “キム委員長「遠からず 新たな戦略兵器を目撃することに」”. NHK. (2020年1月1日). オリジナルの2020年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/Cn2im 2020年1月1日閲覧。 
  26. ^ 「世界は新たな戦略兵器を目撃する」金正恩氏、党総会で宣言 - デイリーNKジャパン、2020年1月1日配信。
  27. ^ “金正恩氏「長い闘争を決心」 北総会が異例の4日目突入”. 産経新聞. (2019年12月31日). https://www.sankei.com/smp/world/news/191231/wor1912310004-s1.html 2020年1月1日閲覧。 
  28. ^ “金正恩氏「長い闘争を決意」 党会議、異例の4日目”. 日本経済新聞. (2019年12月31日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO54000050R31C19A2000000?s=3 2020年3月27日閲覧。 
  29. ^ “【完全収録】朝鮮労働党創建75周年閲兵式 新型弾道ミサイル「北極星4号」初確認”. デイリーNKジャパン. (2020年10月11日). https://dailynk.jp/archives/134611 2020年10月11日閲覧。 
  30. ^ “北朝鮮で党創建75年軍事パレード…新型ICBM登場”. デイリーNKジャパン. (2020年10月11日). https://dailynk.jp/archives/134601 2020年10月11日閲覧。 
  31. ^ “金正恩氏が党創立75周年軍事パレードで行った演説全文”. デイリーNKジャパン. (2020年10月11日). https://dailynk.jp/archives/134597 2020年10月11日閲覧。 
  32. ^ 西岡省二 (2020年10月10日). “金与正氏演出?前代未聞「未明パレード」――正恩氏「住民ねぎらい」演説/新型ICBMで「軍事強国」誇示”. Yahoo!ニュース. オリジナルの2020年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/BsgCs 2020年10月11日閲覧。 
  33. ^ “北朝鮮 軍事パレード ICBM級とみられる新型ミサイル登場”. NHKNEWSWEB. (2020年10月10日). オリジナルの2020年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/rZmEM 2020年10月11日閲覧。 
  34. ^ “北朝鮮、核・ICBM実験を再開へ 金正恩氏が宣言”. AFP通信. (2020年1月1日). https://www.afpbb.com/articles/-/3261804?act=all 2020年1月1日閲覧。 
  35. ^ a b “「正面突破」連呼…焦る金正恩氏 対米・制裁、打つ手なく”. 産経新聞. (2020年1月2日). https://www.sankei.com/smp/world/news/200102/wor2001020026-s1.html 2020年1月8日閲覧。 
  36. ^ “北朝鮮、総合病院建設 新型コロナの中―金正恩氏、医療充実訴え”. 時事通信. (2020年3月18日). オリジナルの2020年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/2AKpM 2020年3月18日閲覧。 
  37. ^ a b 金正恩党創立75周年を迎えて平壌総合病院を立派に建設しよう チュチェ109(2020)年3月17日」。
  38. ^ a b “金正恩氏「健康不安」で妹・金与正氏を後継者に指名か”. デイリーNKジャパン. (2020年2月25日). https://dailynk.jp/archives/129704 2020年2月25日閲覧。 
  39. ^ “「対米ツートップ」のリ・スヨン、リ・ヨンホ見当たらず…保健相ら女性9人に注目”. ハンギョレ. (2020年1月3日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/35352.html 2020年1月19日閲覧。 
  40. ^ “外交担当の李洙ヨン氏ら党副委員長5人解任か 北朝鮮”. 聯合ニュース. (2020年1月19日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200119000100882?section=nk/index 2020年1月19日閲覧。 
  41. ^ “北朝鮮、来年1月に第8回党大会…金正恩氏「党をいっそう強化」”. デイリーNKジャパン. (2020年8月20日). https://dailynk.jp/archives/133520 2020年8月20日閲覧。 
  42. ^ “北朝鮮、来年1月に党大会 正恩氏は経済不振認め”. 産経新聞. (2020年8月20日). https://www.sankei.com/smp/world/news/200820/wor2008200012-s1.html 2020年8月20日閲覧。 
  43. ^ “北朝鮮、来年1月に党大会を開催”. 47news. 共同通信社. (2020年8月20日). オリジナルの2020年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/LJrG7 2020年8月20日閲覧。 
  44. ^ “党大会を来年1月に招集/党中央委第7期第6回総会で決定”. 朝鮮新報. (2020年8月20日). オリジナルの2020年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/X6T1O 2020年8月20日閲覧。 
  45. ^ “우리 식 사회주의의 전면적발전행로에서 일대 분수령으로 될 투쟁과 전진의 대회 력사적인 조선로동당 제8차대회 개막(ウリ式社会主義の全面発展行路で一大分水嶺になる闘争と前進の大会 歴史的な朝鮮労働党第8回大会開幕)”. 労働新聞. (2021年1月6日). http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2021-01-06-0001 2021年1月6日閲覧。 
  46. ^ “「水爆実験、金正恩氏が署名」党政治局常務委で党議決定”. デイリーNKジャパン. (2017年9月3日). https://dailynk.jp/archives/95068 2020年4月12日閲覧。 
  47. ^ “朝鮮労働党政治局常務委員会 ICBM装着用水爆実験命令”. 小林よしおの研究室. (2017年9月3日). http://kcyosaku.web.fc2.com/kjukakumeikatudo2017090300.html 2020年4月12日閲覧。 
  48. ^ “金正恩氏、米朝対話に言及…労働党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2018年4月10日). https://dailynk.jp/archives/108436 2020年4月12日閲覧。 
  49. ^ “北朝鮮で党中央委員会政治局拡大会議”. デイリーNKジャパン. (2019年4月10日). https://dailynk.jp/archives/123052 2020年4月12日閲覧。 
  50. ^ a b “朝鮮労働党中央委政治局拡大会議”. わが民族同士(日本語版). (2020年2月29日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=27079 2021年1月10日閲覧。 
  51. ^ “北朝鮮 キム委員長が新型ウイルスに強い警戒感”. NHK. (2020年2月29日). オリジナルの2020年2月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/NkhQQ 2020年2月29日閲覧。 
  52. ^ “「流入なら深刻」金正恩氏、新型コロナに言及…不正で高官解任”. デイリーNKジャパン. (2020年2月29日). https://dailynk.jp/archives/129839 2020年3月12日閲覧。 
  53. ^ a b “突然クビになった党第二人者…正恩氏、平壌入試不正に激怒”. 中央日報日本語版. (2020年3月3日). https://s.japanese.joins.com/jarticle/263207 2020年3月12日閲覧。 
  54. ^ a b “久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ 金正恩氏が最大権力の要を解任、重大な危機の兆候”. 産経新聞. (2020年3月7日). https://special.sankei.com/a/international/article/20200307/0001.html 2020年3月12日閲覧。 
  55. ^ a b “コロナウイルス渦中でもマスクなしの金正恩氏 3ヶ月ぶりミサイル発射、幹部大量粛清も…”. FNN. (2020年3月4日). https://sp.fnn.jp/posts/00050582HDK/202003041245_kamoshitahiromi_HDK 2020年3月12日閲覧。 
  56. ^ a b “【第660回・特別版】北朝鮮で権力中枢の党幹部を解任”. 国家基本問題研究所. (2020年3月2日). https://jinf.jp/weekly/archives/28924 2020年3月12日閲覧。 
  57. ^ a b “北朝鮮が「賄賂撲滅」開始も、逆に体制崩壊を招きかねない理由”. ダイヤモンドオンライン. (2020年3月23日). https://diamond.jp/articles/-/232252?display=b 2020年4月12日閲覧。 
  58. ^ “金正恩がダマされた…外国スパイ機関が仕掛けたリゾート詐欺でドル金庫は空に”. デイリー新潮. (2020年8月8日). https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08080801/?all=1&page=3 2021年1月20日閲覧。 
  59. ^ a b “朝鮮労働党中央委政治局会議”. わが民族同士(日本語版). (2020年4月12日). http://www.uriminzokkiri.com/index.php?ptype=cforev&stype=2&ctype=3&page=1&lang=jpn&mtype=view&no=27862 2021年1月10日閲覧。 
  60. ^ a b “「コロナ、我々の闘争に障害」北朝鮮で党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年4月12日). https://dailynk.jp/archives/130874 2020年4月12日閲覧。 
  61. ^ “北朝鮮 きのう政治局会議開催=正恩氏出席”. 聯合ニュース. (2020年4月12日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200412000200882?section=nk/index 2020年4月12日閲覧。 
  62. ^ “北朝鮮で最高人民会議開催…金正恩氏は出席せず”. デイリーNKジャパン. (2020年4月13日). https://dailynk.jp/archives/130894 2020年5月5日閲覧。 
  63. ^ “北朝鮮 来月10日に最高人民会議開催へ=新型コロナで国封鎖も強行”. 聯合ニュース. (2020年4月12日). https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200321000400882 2020年4月12日閲覧。 
  64. ^ “「弾道ミサイル」発射の北朝鮮 最高人民会議開催を公表”. 産経新聞. (2020年3月21日). https://www.sankei.com/smp/world/news/200321/wor2003210008-s1.html 2020年4月12日閲覧。 
  65. ^ “北朝鮮、最高人民会議開催伝えず 周辺国は動向注視”. 共同通信. (2020年4月11日). オリジナルの2020年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/Vr7cw 2020年5月5日閲覧。 
  66. ^ “「コロナ感染」で延期か…北朝鮮の最高人民会議”. デイリーNKジャパン. (2020年4月14日). https://dailynk.jp/archives/130910 2020年5月5日閲覧。 
  67. ^ “金氏、党政治局会議を主宰 コロナ対策強化や人事決定”. 産経新聞. (2020年4月12日). https://www.sankei.com/smp/world/news/200412/wor2004120006-s1.html 2020年4月12日閲覧。 
  68. ^ a b “「公債買わない」と公言した鉱山主を処刑…北朝鮮の秘密警察”. デイリーNKジャパン. (2020年5月16日). https://dailynk.jp/archives/131472 2020年5月17日閲覧。 
  69. ^ a b c “ハコモノ建て過ぎで財政難の北朝鮮、17年ぶりの国債発行へ”. デイリーNKジャパン. (2020年4月14日). https://dailynk.jp/archives/130819 2020年6月8日閲覧。 
  70. ^ “北朝鮮、国債発行でエリート層から資金を徴収”. 日本経済新聞. (2020年6月1日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO59819910R00C20A6000000?unlock=1&s=3 2020年7月4日閲覧。 
  71. ^ “北朝鮮、財政難打開の秘策「公債発行」が中断”. デイリーNKジャパン. (2020年10月24日). https://dailynk.jp/archives/134937 2021年12月13日閲覧。 
  72. ^ 西岡省二 (2020年5月5日). “「ポスト金正恩」候補の呼び声高き金与正氏 かすかに聞き取れた低いトーンの美声”. Yahoo!ニュース. オリジナルの2020年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/XxHHQ 2020年5月5日閲覧。 
  73. ^ “化学工業の強化などを討議…北朝鮮で党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年6月8日). https://dailynk.jp/archives/132039 2020年6月8日閲覧。 
  74. ^ a b 朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議 – 朝鮮中央通信、2020年6月8日配信。
  75. ^ “北朝鮮 キム委員長が出席し党会議 経済立て直す姿勢強調へ”. NHK. (2020年6月8日). オリジナルの2020年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/aVu8F 2020年6月8日閲覧。 
  76. ^ “「致命的な危機を招く」金正恩氏、新型コロナで警鐘…党中央委拡大会議”. デイリーNKジャパン. (2020年7月3日). https://dailynk.jp/archives/132601 2020年7月4日閲覧。 
  77. ^ 朝鮮労働党中央委員会第7期第14回政治局拡大会議 – 朝鮮中央通信、2020年7月3日配信。
  78. ^ “キム委員長 新型コロナ「流入徹底して防ぎ 誇らしい成果」”. NHK. (2020年7月3日). オリジナルの2020年7月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/erNBV 2020年7月4日閲覧。 
  79. ^ “金正恩氏が平壌総合病院の着工式で行った演説全文”. デイリーNKジャパン. (2020年3月19日). https://dailynk.jp/archives/130290 2020年7月4日閲覧。 
  80. ^ “北朝鮮兵士ら19人が墜落死…「熾烈な徹夜戦」金正恩が要求”. 高英起. (2020年6月29日). https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200629-00185479/ 2020年7月4日閲覧。 
  81. ^ “金正恩「残酷病院」から脱走者が相次ぐ…わずかな睡眠で死者多発”. 高英起. (2020年7月4日). https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20200704-00186376/ 2020年7月4日閲覧。 
  82. ^ a b “金与正氏、党政治局委員に選出か…「韓国叩きで抜擢」との評価”. デイリーNKジャパン. (2020年7月8日). https://dailynk.jp/archives/132742 2020年7月8日閲覧。 
  83. ^ “「開城市で悪性ウイルス感染者」新型コロナ、北朝鮮で初”. デイリーNKジャパン. (2020年7月26日). https://dailynk.jp/archives/133054 2020年7月26日閲覧。 
  84. ^ “朝鮮労働党中央委政治局非常拡大会議を緊急招集 国家非常防疫システムの最大非常体制への移行に関する決定を採択”. 朝鮮中央通信. (2020年7月26日). http://kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf 2020年7月26日閲覧。 
  85. ^ “北朝鮮「コロナ流入」で都市封鎖”. 共同通信. (2020年7月26日). オリジナルの2020年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/IGJaX 2020年7月26日閲覧。 
  86. ^ “北朝鮮でコロナ感染者発生か 開城市を完全封鎖”. 日本経済新聞. (2020年7月26日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61924960W0A720C2I00000?s=3 2020年7月26日閲覧。 
  87. ^ “北朝鮮 新型コロナ感染疑いと報道 ケソンを完全封鎖”. NHKNEWSWEB. (2020年7月26日). オリジナルの2020年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/NJrpQ 2020年7月26日閲覧。 
  88. ^ a b “「水害復旧、外部の支援受けない」金正恩氏、党政治局会議で”. デイリーNKジャパン. (2020年8月14日). https://dailynk.jp/archives/133394 2020年8月14日閲覧。 
  89. ^ “朝鮮労働党中央委第7期第16回政治局会議”. 朝鮮中央通信. (2020年8月14日). http://kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf 2020年8月14日閲覧。 
  90. ^ “金正恩氏が水害被災地を視察…戦略予備物資供給を指示”. デイリーNKジャパン. (2020年8月7日). https://dailynk.jp/archives/133307 2020年8月14日閲覧。 
  91. ^ “正恩氏、自らレクサス運転する姿 豪雨現場を視察と報道”. 朝日新聞デジタル. (2020年8月11日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASN8C6GYQN8CUHBI00S.html?iref=sp_ss_date 2020年8月14日閲覧。 
  92. ^ “北朝鮮 大雨による被害“22人死亡 4人行方不明””. NHKNEWSWEB. (2020年8月14日). オリジナルの2020年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/Sndmf 2020年8月14日閲覧。 
  93. ^ 金正恩氏 党政治局会議で水害復旧を議論=「外部支援、受けない」” (日本語). 聯合ニュース (2020年8月14日). 2020年8月14日閲覧。
  94. ^ a b “北朝鮮「党最高指導部」 5人体制に拡大”. デイリーNKジャパン. (2020年8月14日). https://dailynk.jp/archives/133406 2020年8月14日閲覧。 
  95. ^ “朝鮮民主主義人民共和国国務委員会の政令を発表”. 朝鮮中央通信. (2020年8月14日). http://kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf 2020年8月14日閲覧。 
  96. ^ a b 新首相に金徳訓党副委員長 金在龍氏とポスト入れ替えか=北朝鮮” (日本語). 聯合ニュース (2020年8月14日). 2020年8月14日閲覧。
  97. ^ “北朝鮮 ケソンの封鎖解除を決定 “コロナ対策成功を強調””. NHKNEWSWEB. (2020年8月14日). オリジナルの2020年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/8sloD 2020年8月14日閲覧。 
  98. ^ “조선민주주의인민공화국 국무위원회 정령 조선민주주의인민공화국 내각 총리 해임 및 임명에 대하여(朝鮮民主主義人民共和国国務委員会政令 朝鮮民主主義人民共和国内閣総理の解任および任命について)”. 労働新聞. (2020年8月14日). オリジナルの2020年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/ZMyLD 2020年8月14日閲覧。 
  99. ^ “北朝鮮の首相を解任 豪雨やコロナでの経済悪化が理由か”. 朝日新聞デジタル. (2020年8月14日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASN8G3DR5N8GUHBI00D.html?iref=sp_ss_date 2020年8月14日閲覧。 
  100. ^ “北朝鮮、開城市の封鎖を解除 金氏が党会議、首相交代”. 東京新聞. (2020年8月14日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/48950 2020年8月14日閲覧。 
  101. ^ “北朝鮮労働党序列1位部署長の李万建氏、不正腐敗で降格”. 中央日報. (2020年8月10日). https://japanese.joins.com/JArticle/269010 2020年8月13日閲覧。 
  102. ^ “金正恩氏、コロナ封鎖の開城市に特別支援物資”. デイリーNKジャパン. (2020年8月10日). https://dailynk.jp/archives/133339 2020年8月14日閲覧。 
  103. ^ a b “北朝鮮、新設の党組織行政部トップに金才龍前総理”. デイリーNKジャパン. (2020年9月3日). https://dailynk.jp/archives/133776 2020年9月3日閲覧。 
  104. ^ a b “「一部に盲点」コロナ対策で金正恩氏…党政治局拡大会議”. デイリーNKジャパン. (2020年8月26日). https://dailynk.jp/archives/133619 2020年8月26日閲覧。 
  105. ^ a b “党第7期第17回政治局拡大会議と党第7期第5回政務局会議”. 朝鮮中央通信. (2020年8月26日). http://kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf 2020年8月26日閲覧。 
  106. ^ a b “「放心、無責任、緩慢を徹底的に警戒」金正恩氏、コロナ対策で引き締め”. デイリーNKジャパン. (2020年9月30日). https://dailynk.jp/archives/134286 2020年10月3日閲覧。 
  107. ^ “北朝鮮 キム委員長 党創立75年を前に新型コロナ対策で引き締め”. NHKNEWSWEB. (2020年9月30日). オリジナルの2020年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/TigQI 2020年10月3日閲覧。 
  108. ^ a b “党大会に向け「80日間戦闘」を展開…北朝鮮で政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年10月6日). https://dailynk.jp/archives/134448 2020年10月6日閲覧。 
  109. ^ “北朝鮮 経済立て直しへ国民総動員「80日戦闘」開始 国営テレビ”. NHKNEWSWEB. (2020年10月6日). オリジナルの2020年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/2fVph 2020年10月7日閲覧。 
  110. ^ “조선인민군 원수칭호를 수여함에 대한 결정(朝鮮人民軍元帥の称号を授与することに関する決定)”. 労働新聞. (2020年10月6日). オリジナルの2020年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/gvynQ 2020年11月1日閲覧。 
  111. ^ “「反党・反社会主義を根絶せよ」 金正恩氏主宰で党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年11月16日). https://dailynk.jp/archives/135516?tw=1 2020年11月16日閲覧。 
  112. ^ “金正恩が処刑…平壌医大「性的虐待」鬼畜グループと、ある母親の戦い”. デイリーNKジャパン. (2020年11月21日). https://dailynk.jp/archives/135618?tw=1 2020年11月21日閲覧。 
  113. ^ “「経済指導機関を深刻に批判」 金正恩氏主宰で党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年11月30日). https://dailynk.jp/archives/135816 2020年11月30日閲覧。 
  114. ^ “「一連の重大問題について決定を採択した」 金正恩氏主宰で党政治局会議”. デイリーNKジャパン. (2020年12月30日). https://dailynk.jp/archives/136462?tw=1 2020年12月30日閲覧。 
  115. ^ “조선로동당 중앙위원회 제7기 제22차 정치국회의 진행(朝鮮労働党中央委員会第7期第22回政治局会議を開催)”. 労働新聞. (2020年12月30日). オリジナルの2020年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/hzwO7 2020年12月30日閲覧。 
  116. ^ “北朝鮮、1月初旬に党大会 政治局会議で正式決定”. 産経新聞. (2020年12月30日). https://www.sankei.com/smp/world/news/201230/wor2012300001-s1.html 2020年12月30日閲覧。 
  117. ^ a b “「党中央委に部署を新設」北朝鮮、政務局会議を初公開”. デイリーNKジャパン. (2020年8月6日). https://dailynk.jp/archives/133279 2020年8月7日閲覧。 
  118. ^ “朝鮮労働党中央委員会第7期第4回政務局会議”. 朝鮮中央通信. (2020年8月6日). http://kcna.kp/kcna.user.special.getArticlePage.kcmsf 2020年8月7日閲覧。 
  119. ^ “北朝鮮 キム委員長 コロナ感染疑いで封鎖地域の住民支援を指示”. NHK. (2020年8月6日). オリジナルの2020年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/OYLVZ 2020年8月7日閲覧。 
  120. ^ “北朝鮮 キム委員長が台風9号被災地視察 国営メディア伝える”. NHKNEWSWEB. (2020年9月6日). オリジナルの2020年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/TT0uk 2020年9月6日閲覧。 
  121. ^ a b “「海岸地帯の安全対策に不備」金正恩氏、台風9号の被災地視察”. デイリーNKジャパン. (2020年9月6日). https://dailynk.jp/archives/133838 2020年9月6日閲覧。 
  122. ^ a b “「首都党員師団1万2千人を被災地へ」 金正恩氏が公開書簡”. デイリーNKジャパン. (2020年9月6日). https://dailynk.jp/archives/133843?tw=1 2020年9月6日閲覧。 
  123. ^ “「本当に幸いだった」と語っていた金正恩氏…台風9号の被害見てすぐ幹部更迭、なぜ”. 中央日報日本語版. (2020年9月7日). https://s.japanese.joins.com/JArticle/269935 2020年9月7日閲覧。 
  124. ^ a b “경애하는 최고령도자 김정은동지께서 태풍9호에 의한 자연재해복구전투조직을 위한 당중앙위원회 정무국 확대회의를 현지에서 소집하시고 피해지역을 돌아보시였다(敬愛する最高領導者金正恩同志が台風9号による自然災害復旧の戦闘組織のための党中央委員会政務局拡大会議を現地で招集し、被災地を視察された)”. 労働新聞. (2020年9月6日). オリジナルの2020年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/sTwwP 2020年9月6日閲覧。 
  125. ^ “경애하는 최고령도자 김정은동지께서 수도 평양의 전체 당원들에게 공개서한을 보내시였다(敬愛する最高領導者金正恩同志が首都平壌の全党員に公開書簡を送った)”. 労働新聞. (2020年9月6日). オリジナルの2020年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/faF65 2020年9月6日閲覧。 
  126. ^ “平壌の30万人が志願 台風被害復旧作業に、金氏号令で”. 産経新聞. (2020年9月7日). オリジナルの2020年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/EKtD4 2020年11月30日閲覧。 
  127. ^ “北朝鮮「首都党員師団」が決起大会…台風被害の復旧支援”. デイリーNKジャパン. (2020年9月10日). https://dailynk.jp/archives/133912 2020年11月30日閲覧。 
  128. ^ “党員1万2千人が復旧に平壌出発…北朝鮮の台風被害”. 共同通信. (2020年9月9日). オリジナルの2020年11月30日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/rtbEa 2020年11月30日閲覧。 
  129. ^ “被災地支援の「首都党員師団」が平壌に帰還”. デイリーNKジャパン. (2020年11月21日). https://dailynk.jp/archives/135653 2020年11月30日閲覧。 
  130. ^ “金正恩が派遣した精鋭部隊、現場で「使いものにならない」と悪評”. デイリーNKジャパン. (2020年11月21日). https://dailynk.jp/archives/135546?tw=1 2020年11月30日閲覧。 
  131. ^ “金正恩「被災地へ党員大量派遣」に国民は冷淡な反応”. デイリーNKジャパン. (2020年11月21日). https://dailynk.jp/archives/133915 2020年11月30日閲覧。 
  132. ^ “「金正恩の御旗」を掲げた災害復旧支援団がサボって酒盛り、住民抗議”. デイリーNKジャパン. (2020年10月25日). https://dailynk.jp/archives/134954 2020年11月30日閲覧。 
  133. ^ “「破廉恥な違反行為を厳しく問題視」金正恩氏、復旧現場で指摘”. デイリーNKジャパン. (2020年10月16日). https://dailynk.jp/archives/134721 2020年11月30日閲覧。 
  134. ^ “「破廉恥な違反行為を厳しく問題視」金正恩氏、復旧現場で指摘”. デイリーNKジャパン. (2020年10月16日). https://dailynk.jp/archives/134721/2 2020年11月30日閲覧。 
  135. ^ “被災地支援に入った最精鋭党員を平壌から追放した当局の意図”. デイリーNKジャパン. (2020年11月28日). https://dailynk.jp/archives/135727 2020年11月30日閲覧。 

関連項目編集