メインメニューを開く

松山踊り(まつやまおどり)は、岡山県高梁市盆踊りである。備中たかはし松山踊り(びっちゅうたかはしまつやまおどり)として、毎年8月14日から8月16日の3日間開催される。蒜山地方大宮踊笠岡市白石島白石踊と並んで岡山三大踊りの一つであり、岡山県下最大の盆踊りである。

備中たかはし松山踊り
Bitchu-Takahashi Matsuyama Odori
イベントの種類 祭り
開催時期 8月14日 - 8月16日
会場 岡山県高梁市 備中高梁駅前大通り
主催 備中たかはし松山踊り実行委員会
最寄駅 備中高梁駅
駐車場

概要編集

備中松山藩(現在の高梁市)の城下町において伝わる盆踊りであり、江戸時代から町人を中心に踊られた地踊り武士を中心に踊られた仕組踊りに加え、近代以降に周辺地域から伝わったヤトサの3種類から成る。なお、松山踊りとは、この3種類の踊りをまとめて指した名称ではあるが、地踊りのみを指して松山踊りと呼ぶことも多い。いずれも宗教的色彩が少なく娯楽的な要素が極めて強い伝統芸能として、今日まで市民に愛され続けている[1]

地踊り編集

地踊りは、を中心に輪になり、並んで反時計周りに行進する形をとる。円舞式(櫓を中心に輪になって踊る形式)と行進式(踊り子が並んで踊っていく形式)双方の特徴がみられる。所作が単純であるため、踊りの輪に参加者が入りやすいのが特徴である。現在は、マイクスピーカーを通して音頭取りと呼ばれる歌い手が櫓の上から交替で歌い、それに和太鼓(1名)と三味線(6~7名程度)を合わせる。

古くは各町内ごとに輪踊りをするために、地元の音頭取りが各踊り場でそれぞれ唄っていた。当時は伴奏を用いず、音頭取りは四斗や木製の石灰箱に上り、足元を自ら下駄で蹴りその打音の拍子に合わせて唄った[2]

仕組踊り編集

仕組踊りは、10人程度の踊子円陣を作って踊る演舞式の踊りで、演目によって衣装や踊り方に違いがあり[3]、特別の扮装を凝らして踊る[4]。演目は歴史上の事柄や人々に親しまれているものが取り上げられており、多くは尚武、つまり士気を鼓舞するものとされている。

ヤトサ編集

ヤトサは、地踊りと同様に櫓を中心に輪になるが、時計回りに行進しながら踊る(地踊りとは逆方向)。地踊りと同様に中央櫓の上で音頭取り、和太鼓、三味線が入るが、これにが加わる。平易な旋律と、軽快なリズムで人気がある踊りである。

歴史編集

地踊りは、1648年慶安元年)、当時の備中松山藩主水谷勝隆五穀豊穣町家の繁栄を祈り八幡神社(和田町)の秋祭りで踊らせた事を起源とする[1]。その後、城下町の発展とともに踊り場を商家町に移し、いつしか盂蘭盆会行事と重なり、盆踊りとして行われた。

地踊りは町ので町人に踊られるようになったが、武家には広まっていなかった。当時、他所より移ってきた武家はその郷里の言葉を使い、町人は土着の者が多く備中の方言を使用していたため、武家町と商家町では垣一つ隔てているだけで交際はなかった[5]

このような背景で、1744年延享元年)、伊勢亀山藩から転封された板倉勝澄が、武家の家族には町人の踊りである地踊りを見ることを許さなかったため[4]藩士の青年子弟に団体を作らせ、武士のための踊りが尾根小屋(現在の高梁高校の位置)で踊られたのが仕組踊りの始まりである。後に舞台を伊賀町の矢場(現在の吉備国際大学の一部(旧短期大学部)の位置)に移し、この踊りを町人が見ることは許されなかった[6]

当初、地踊りは町人、仕組踊りは武士と別れて行われていたが、安政年間(1854年1860年)には町人の間にも仕組踊りが見られるようになった。明治維新によって武士の時代が終わると、地踊りと仕組踊りはいずれも盆踊りとして町の人々に踊られるようになった[7]

ヤトサは、成羽(高梁市成羽町)や竹荘(吉備中央町竹荘地区)から伝来したもので、昭和の初めから高梁で踊られるようになったと伝えられる[3]。当初ヤトサは正式な松山踊りと認めない向きがあったが、次第に高まる人気のため、松山踊りの3つの踊りの一つとして認められ定着した。

衣装編集

地踊り・ヤトサ

踊子の衣装は、浴衣、文庫帯(半幅帯)、白足袋草履雪駄)、あご紐(主に赤色)とリボン(黄、ピンク、緑各2本など)の付いた編笠を身に着けており、衣装は連により統一されている。音頭取りの衣装は、浴衣、兵児帯、草履(雪駄)、手拭扇子または団扇を手に持つ。太鼓の衣装は、法被、パッチ(半ズボン)、頭に鉢巻、手首に当てどもを付ける。[8]

仕組踊り

演目によって異なるが、一般的に共通するのは、白足袋、黒または茶の、着物(白または水色が多い)、腰に白い紐帯で刀を差し、前に扇子を差す。白の鉢巻を付ける。[9]

歌詞編集

地踊り

七、七、七、七調を基本(七、七、七、五調や七、五、七、五調もある)とし、長い物語調ではあるものの同様の形式の歌詞が繰り返される。上句と下句の間に「チョイト」、各節の最後に「ハアーリャサー ヨーイヤサ」という囃子唄を挟む[10]。代表的な歌詞を挙げる。

備中高梁 松山踊り(チョイト) 月の絵になる お城の矢場で(ハアーリャサー ヨーイヤサ)
ちょいと小粋な 姉さん冠り(チョイト) かけたたすきは 夜目にも紅い(ハアーリャサー ヨーイヤサ)
ヤトサ

詞型は地踊りと同じである。上句と下句の間に「ドッコイショー」、各節の最後に「ハーヤトサーコラサー ドショカーイナ」という囃子唄を挟む。代表的な歌詞を挙げる。

備中高梁 松山踊り(ドッコイショー) ハイ 月の絵になる お城の矢場で(ハーヤトサーコラサー ドショカーイナ)
ちょいと小粋な 姉さん冠り(ドッコイショー) かけたたすきは 夜目にも紅い(ハーヤトサーコラサー ドショカーイナ)

ヤトサは地踊りの曲に比してテンポが速い。終演前数コーラスはテンポを速めて高揚感を出すなど工夫される[11]

地踊りとヤトサの切り替え

通常、地踊りとヤトサは一定時間ごとに交互に行われるが、曲の切り替えでは演奏を停止せず、連続して次の曲が演奏される。地踊りからヤトサへの切り替えでは、下の句で「この口限りでヤトサの踊り」[12]などと歌唱し、「ハーヤトサーコラサー ドショカーイナ」の囃子唄によりヤトサが始まる。同様に、ヤトサから地踊りへの切り替えでは、下の句で「ハイこの口限りで松山踊り」などと歌唱し、「ハアーリャサー ヨーイヤサ」という囃子唄によって地踊りが始まる。踊子は、切り替え後は反対方向(地踊りは反時計回り、ヤトサは時計回り)へ進行する事になる。

仕組踊り

七・五・七・五字からなる4節を反復する詞型で、古い口説き形式をよく遺している。歌詞は演目に応じて様々な物語が組み立てられる。長編のものが多く、物語完結まで口説きが続く。伝承歌詞のほか、昭和期にかけて創作された歌詞が数多く唄われている[13]。音頭の初めには、音頭取りが「ハーエートーエ エート」と枕を唄い、踊り子または囃し手が「ハーエートーエー エート」または「マダーマダーエ エート」と唄い返し、口説きに入る。上句、下句の後には「ハアーリャサー ハーヨーイヤサ」の囃し(囃唄)を挟んで反復する。上句終りで「オイ」(あるいは「ホイ」)と囃し(掛け声)を入れるが、実際には「オーホイッ」(あるいは「ホーオイッ」)と力強く掛ける[14]

備中たかはし松山踊り当日編集

毎年8月14日から8月16日までの3日間、備中高梁駅前大通り(岡山県道196号高梁停車場線)において行われる。いずれかの日の開始前に駅前大通り及び市街地数か所で仕組踊り披露が行われる。また、日によっては地元団体連や子ども連による踊り競演会が行われる(一般客は参加できない)。これらの行事終了後からは一般客も踊りの輪に参加可能となり、地踊りとヤトサを15分~30分おきに繰り返しながら、終了時刻(2019年は22時25分)まで続けられる。

以上は2019年の予定内容であるが、年々変更が加えられる。

なお、かつては毎年8月14日から8月17日の4日間行っていたが、1981年頃から現在のように3日間行っている[15]。ただし、1972年昭和47年7月豪雨の影響で8月15日と8月16日の2日間に、2018年平成30年7月豪雨の影響で8月15日のみの1日間に短縮した。

文化財指定編集

  • 2017年2月23日高梁市指定重要無形文化財。指定名称は松山踊り。保持者は松山踊り実行委員会事務局(一般社団法人高梁市観光協会)。[16]
  • 2018年3月6日岡山県指定重要無形文化財。指定番号は13。指定名称は松山踊り。保護団体は松山踊り保存会。[17]

関連作品編集

映画

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高梁市、2011年、28頁。
  2. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、24頁。
  3. ^ a b 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、19頁。
  4. ^ a b 高梁市史(増補)編纂委員会、2004年、534頁。
  5. ^ 高梁市、2011年、32頁。
  6. ^ 高梁市、2011年、33頁。
  7. ^ 高梁市、2011年、34頁。
  8. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、52頁。
  9. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、53頁。
  10. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、22頁。
  11. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、28頁。
  12. ^ 「備中たかはし松山踊りレッスンDVD」高梁市観光協会。
  13. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、30頁。
  14. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、33頁。
  15. ^ 高梁市松山踊り保存調査委員会編集、2015年、60頁。
  16. ^ 「松山踊り」の高梁市指定重要無形民俗文化財への指定について高梁市教育委員会、2019年8月12日閲覧。
  17. ^ 県指定文化財一覧(その7) 重要無形文化財、重要有形民俗文化財、重要無形民俗文化財岡山県教育委員会、2019年8月12日閲覧。

参考文献編集

  • 高梁市『高梁市歴史的風致維持向上計画』2011年
  • 高梁市史(増補)編纂委員会『高梁市史(増補版)』2004年
  • 高梁市松山踊り保存調査委員会編集『松山踊り保存調査報告書』2015年
  • 『たかはし散歩』ネコ・パブリッシング、2019年。ISBN 978-4-7770-2282-3

関連項目編集

外部リンク編集