メインメニューを開く

梅田駅 (阪神)

日本の大阪府大阪市北区にある阪神電気鉄道の駅

梅田駅(うめだえき)は、大阪府大阪市北区梅田三丁目にある阪神電気鉄道である。駅番号HS 01

梅田駅*
阪神梅田駅と阪神百貨店梅田本店
阪神梅田駅と阪神百貨店梅田本店
うめだ
Umeda
(1.1km) 福島 HS 02►
所在地 大阪市北区梅田三丁目大阪駅前地下街6
駅番号 HS 01
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 0.0km(梅田起点)
駅構造 地下駅
ホーム 5面4線
乗降人員
-統計年次-
166,821人/日
-2017年-
開業年月日 1906年明治39年)12月21日
乗換 梅田駅阪急地下鉄
- 阪急神戸本線宝塚本線京都本線
- 地下鉄御堂筋線
東梅田駅地下鉄谷町線
西梅田駅地下鉄四つ橋線
大阪駅東海道本線大阪環状線
北新地駅JR東西線
備考 * 2019年10月に「大阪梅田」に改称予定。
テンプレートを表示

概要編集

 
建て替え前の阪神梅田駅と阪神百貨店

本線の起点であり、同線から分岐している阪神なんば線大阪難波駅とともに大阪側のターミナル駅として機能している。大阪難波駅と同様に大阪側のターミナル駅であることを明確にするため、車内アナウンスでは「大阪、大阪梅田・終点です。」のように案内されるほか、阪急の梅田駅と区別し「阪神梅田駅」と呼ばれることもある。駅自動放送においても同様で、阪急の乗り入れる新開地駅高速神戸駅、乗り入れ先の山陽電鉄線内では「阪神梅田」、阪神線内では「大阪梅田」の呼称が用いられている。

切符売り場には、往復乗車券専用の自動券売機が設置されている。甲子園球場でイベント(プロ野球公式戦など)が開催される日には梅田駅 - 甲子園駅間の、また尼崎競艇開催時には梅田駅 - 尼崎センタープール前駅間の、十日えびす大祭では梅田駅 - 西宮駅間の往復乗車券が、それぞれ発売される(それ以外のイベントの開催がない時や、イベント開催日でもイベント終了時点では往復乗車券専用の券売機は電源が切られ、タッチパネルにはカバーが掛けられている)。また、往復乗車券に関しては、高校野球開催時に満員通知が出た際に限り、甲子園駅との往復乗車券には往路用・復路用ともに縦書きで「(満員)」という表記が加えられる[1]。なお、プロ野球開催時にはこの(満員)表記はなされないが、阪神甲子園球場・大阪ドームともに入場券が前売り完売した場合は梅田駅以外も含めて試合当日は全ての自動改札機に「(プロ野球の)入場券をお持ちでない方は球場にご入場いただけません」という貼り紙がなされる。ちなみに、券売機上に掲示されている路線図型の運賃表には阪神の路線の中では唯一大阪難波駅は記載されておらず、阪神なんば線では桜川駅までが記載されている[2]

阪神梅田駅 - 阪神神戸三宮駅間を経路に含む通勤定期券を所持している場合、その定期券で阪急梅田駅、阪急神戸三宮駅でも乗降することができる。逆に、阪急梅田駅 - 阪急神戸三宮駅間を経路に含む通勤定期券(IC定期含む)を所持している場合でも、阪神梅田駅、阪神神戸三宮駅で乗降することができる。なお、定期券の券面記載の経路に含まれていない側の途中駅で降りる場合や今津駅での乗り継ぎの場合は別途運賃が必要となる。

本線(武庫川線を含む)- 阪神なんば線の新線区間(九条駅 - 大阪難波駅間)の通勤定期券(大物駅 - 九条駅間を有効区間に含んでいる通勤定期券)を利用する場合、梅田駅に限りそのまま乗降が可能である。

シンセサイザーによる発車メロディ向谷実作曲、2009年までは西浦達雄作曲のものを使用)が流れる。また、注意喚起のため、列車が発車する直前からホームを離れるまで「●番線の電車が発車します、ご注意ください」が繰り返し流れる。一方、列車到着時は、大阪難波駅を除く他の全ての駅で流れる「線路は続くよどこまでも」は流れず、いきなり「まもなく、●番線に電車が参ります」のアナウンスが流れる。

当駅からの接続路線編集

歴史編集

駅構造編集

頭端式ホーム5面4線を有する地下駅で、プラットホームはJR大阪駅と阪神百貨店間の道路(幅員約30メートル)の地下2階にある。なお、地下の頭端式ホームで5面を有するのは日本最大である。改札口はホーム車止め側の東改札のほか、地下1階には阪神百貨店の西側に西改札(改札口は百貨店側の「百貨店口」とハービスOSAKAに繋がる「西口」の2ヶ所)がある。エレベーター・エスカレーターは東改札のみ設置。また、西改札においては、2015年12月19日より南側に東西自由通路を開設したことによりコンコースが分断されたため、新たに4番線降車ホーム専用の出口専用改札口を設置した。

のりば編集

本線 甲子園神戸三宮山陽明石山陽姫路方面
ホーム 発着列車 備考
1 直通特急・直通特急・特急 通常は朝6時台の一部の直通特急と平日朝ラッシュ時の回送のみ使用
日中は主に臨時列車の発着に使用されるが、稀に定期列車の発着もある
2  
3 急行・区間急行  
4 普通 現在は4両編成のみ発着

ホームは北側から1番線降車用(片面)、1・2番線乗車用、2・3番線降車用、3・4番線乗車用、4番線降車用(片面)の順となっている。

1・2番線乗車用ホームは、24時発神戸三宮行き特急が発車したあと、終電まで発車する列車がないため翌朝まで閉鎖される。なお、1・2番線ともに夜間滞泊の設定がある。

3・4番線乗車用ホームのうち、4番線側はコンコースとの階段と干渉しているため実質の有効長が5両分しかなく、通常は普通列車(4両編成)の発着に限定して使用されている。2017年夏には、乗車側・降車側ともに4番線ホームは西改札側のうち乗降口のない箇所に転落防止柵を設置したため、当面は急行系車両(6両編成)の発着はなくなった。なお、かつて平日朝ラッシュ時に梅田駅到着後折り返し回送となる6両編成の列車が4番線に着発していた時代は、降車用ホームのみ開扉していた。ちなみに、1番線も元は5両分程度の有効長しかなかったが区間特急の新設に合わせて1981年にホームを掘り込んで東駅長室方向に線路を伸ばして6両対応とした。

ターミナル駅として高頻度で運行される列車の発着を円滑に行うことを考慮し、複雑な配線を採用していた。現在の配線は以前よりも簡略化されているが、地下駅ゆえの空間的制約によりいまだに複雑な配線となっているため、列車は大きく揺れる。例えば列車が3番線に入線する際、通過する5基の分岐器全てで分岐側に進入するため、列車は何度も大きく揺れる。

隣接する阪神百貨店の建て替えに合わせて、2015年3月3日より大規模な駅改良工事に着手。計画では、現在の1番線の北側に新たに一線を設けて現3番線を廃止し、ホームの拡幅と4番線の延伸(6両編成対応)、ホームドアの設置、西改札にもエレベーターエスカレーターの増設が行なわれることになっている。完成は2022年度末を予定している[5]

阪神梅田駅配線図
 
本線 : 神戸方面
凡例
出典:[6]。ただしホーム形状は梅田駅構内案内図 (PDF) による。


利用状況編集

2017年(平成29年)次の1日平均乗降人員166,821人である。

阪神電鉄で乗降人員が最も多い駅であるが、1991年次をピークに減少傾向が続き、2000年次以降は一日平均乗降人員が20万人を割り込んでいる。その後は18万人程度で推移していたが、2009年3月に阪神なんば線が開業し、大物駅以西からは当駅を経由せずに難波方面へ向かえるようになったため、2010年次以降は16万人程度で推移している。乗降人員はピーク時の7割程度であり、1960年代前半の水準にまで落ち込んでいる。

年次別一日乗降・乗車人員編集

各年次の1日乗降・乗車人員数は下表の通りである。

  • 1963年次までのデータは、1日平均乗降・乗車人員である。
  • 1964年次、1965年次のデータは、各年10月中の1日平均乗車人員である。
  • 1966年次から1974年次までのデータは、交通量調査に基づく特定の1日の乗降・乗車人員である。
  • 1975年次からのデータは、1日平均乗降・乗車人員である。

出典: 大阪府統計年鑑(年次)・大阪市統計書(年度)

年次別1日乗降・乗車人員
年次 特定日 1日平均 出典
乗車人員 乗降人員 乗車人員
1960年(昭和35年) - 173,175 89,315 [7]
1961年(昭和36年) 190,831 97,584 [8]
1962年(昭和37年) 207,537 105,474 [9]
1963年(昭和38年) 213,786 108,699 [10]
1964年(昭和39年) - 114,933 [11]
1965年(昭和40年) 113,688 [12]
1966年(昭和41年) 100,367 - [13]
1967年(昭和42年) 112,131 [14]
1968年(昭和43年) 119,899 [15]
1969年(昭和44年) 126,058 [16]
1970年(昭和45年) 121,323 [17]
1971年(昭和46年) 119,182 [18]
1972年(昭和47年) 119,202 [19]
1973年(昭和48年) 118,173 [20]
1974年(昭和49年) 117,619 [21]
1975年(昭和50年) - - 112,942 [22]
1976年(昭和51年) 112,777 [23]
1977年(昭和52年) 113,102 [24]
1978年(昭和53年) 116,058 [25]
1979年(昭和54年) 118,211 [26]
1980年(昭和55年) 122,860 [27]
1981年(昭和56年) 123,261 [28]
1982年(昭和57年) 247,888 124,615 [29]
1983年(昭和58年) 247,147 124,043 [30]
1984年(昭和59年) 253,923 126,883 [31]
1985年(昭和60年) 255,040 127,445 [32]
1986年(昭和61年) 255,137 127,854 [33]
1987年(昭和62年) 255,693 128,692 [34]
1988年(昭和63年) 255,888 128,159 [35]
1989年(平成元年) 262,316 131,033 [36]
1990年(平成02年) 261,655 130,710 [37]
1991年(平成03年) 277,425 138,985 [38]
1992年(平成04年) 265,317 133,055 [39]
1993年(平成05年) 250,756 125,587 [40]
1994年(平成06年) 240,943 120,673 [41]
1995年(平成07年) 236,490 118,725 [42]
1996年(平成08年) 230,915 115,692 [43]
1997年(平成09年) 216,339 108,391 [44]
1998年(平成10年) 210,392 105,413 [45]
1999年(平成11年) 203,144 101,793 [46]
2000年(平成12年) 193,943 97,214 [47]
2001年(平成13年) 191,597 96,181 [48]
2002年(平成14年) 185,768 93,236 [49]
2003年(平成15年) 183,485 91,917 [50]
2004年(平成16年) 179,516 89,998 [51]
2005年(平成17年) 180,694 90,546 [52]
2006年(平成18年) 181,716 91,241 [53]
2007年(平成19年) 178,555 89,632 [54]
2008年(平成20年) 180,210 90,537 [55]
2009年(平成21年) 182,875 91,945 [56]
2010年(平成22年) 165,344 83,611 [57]
2011年(平成23年) 166,427 84,151 [58]
2012年(平成24年) 165,032 83,630 [59]
2013年(平成25年) 165,977 83,887 [60]
2014年(平成26年) 164,755 83,410 [61]
2015年(平成27年) 166,010 84,256 [62]
2016年(平成28年) 167,058 84,285 [63]
2017年(平成29年) 166,821 84,520 [64]

駅周辺編集

駅南部から南西部には、阪神グループの商業施設である阪神百貨店梅田本店やハービスOSAKAハービスENTホテル阪神などが建ち並んでいるため、この地域を指して「阪神村」と呼ばれることがある。

駅南部はダイヤモンド地区となっている。駅北部はJR大阪駅および大阪ステーションシティとなっている。駅北東部は阪急梅田駅阪急百貨店うめだ本店をはじめとする阪急関連の施設が立ち並んでおり、「阪急村」と呼ばれる。

阪神村周辺の施設

バス路線編集

ギャラリー編集

隣の駅編集

阪神電気鉄道
本線
直通特急特急
梅田駅 (HS 01) - 尼崎駅 (HS 09)
区間特急(上り到着列車のみ)・急行
梅田駅 (HS 01) - 野田駅 (HS 03)
区間急行・普通
梅田駅 (HS 01) - 福島駅 (HS 02)
  • 1949年まで、当駅と福島駅の間に出入橋駅があった。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ “甲子園期間に梅田駅だけで…「謎の切符」刻印の2文字は”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2018年8月8日). https://digital.asahi.com/articles/photo/AS20180808000855.html 2018年8月13日閲覧。 ※会員限定記事、全文を読むには会員登録が必要。
  2. ^ 梅田駅から大阪難波駅に向かう場合、地下鉄難波駅で向かった方が早い上に安いため。
  3. ^ “10月1日から「梅田」と「鳴尾」の駅名を変更します” (PDF) (プレスリリース), 阪神電鉄, (2019年7月30日), オリジナルの2019年7月30日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190730035842/https://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20190730-ekimei.pdf 2019年7月30日閲覧。 
  4. ^ “梅田駅を「大阪梅田駅」に変更 阪急と阪神が10月”. 日本経済新聞. (2019年7月30日). オリジナルの2019年7月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190730041141/https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47943190Q9A730C1AM1000 2019年7月30日閲覧。 
  5. ^ 阪神、梅田駅の改良工事に着手…ホーム幅を拡大 - response.、2015年2月12日閲覧。
  6. ^ 『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 大阪エリア-神戸駅』川島令三 編著、講談社〈図説 日本の鉄道〉、2009年。ISBN 978-4-06-270017-716-17頁
  7. ^ 大阪府統計年鑑(昭和36年) (PDF)
  8. ^ 大阪府統計年鑑(昭和37年) (PDF)
  9. ^ 大阪府統計年鑑(昭和38年) (PDF)
  10. ^ 大阪府統計年鑑(昭和39年) (PDF)
  11. ^ 大阪府統計年鑑(昭和40年) (PDF)
  12. ^ 大阪府統計年鑑(昭和41年) (PDF)
  13. ^ 大阪府統計年鑑(昭和42年) (PDF)
  14. ^ 大阪府統計年鑑(昭和43年) (PDF)
  15. ^ 大阪府統計年鑑(昭和44年) (PDF)
  16. ^ 大阪府統計年鑑(昭和45年) (PDF)
  17. ^ 大阪府統計年鑑(昭和46年) (PDF)
  18. ^ 大阪府統計年鑑(昭和47年) (PDF)
  19. ^ 大阪府統計年鑑(昭和48年) (PDF)
  20. ^ 大阪府統計年鑑(昭和49年) (PDF)
  21. ^ 大阪府統計年鑑(昭和50年) (PDF)
  22. ^ 大阪府統計年鑑(昭和51年) (PDF)
  23. ^ 大阪府統計年鑑(昭和52年) (PDF)
  24. ^ 大阪府統計年鑑(昭和53年) (PDF)
  25. ^ 大阪府統計年鑑(昭和54年) (PDF)
  26. ^ 大阪府統計年鑑(昭和55年) (PDF)
  27. ^ 大阪府統計年鑑(昭和56年) (PDF)
  28. ^ 大阪府統計年鑑(昭和57年) (PDF)
  29. ^ 大阪府統計年鑑(昭和58年) (PDF)
  30. ^ 大阪府統計年鑑(昭和59年) (PDF)
  31. ^ 大阪府統計年鑑(昭和60年) (PDF)
  32. ^ 大阪府統計年鑑(昭和61年) (PDF)
  33. ^ 大阪府統計年鑑(昭和62年) (PDF)
  34. ^ 大阪府統計年鑑(昭和63年) (PDF)
  35. ^ 大阪府統計年鑑(平成元年) (PDF)
  36. ^ 大阪府統計年鑑(平成2年) (PDF)
  37. ^ 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  38. ^ 大阪府統計年鑑(平成4年) (PDF)
  39. ^ 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  40. ^ 大阪府統計年鑑(平成6年) (PDF)
  41. ^ 大阪府統計年鑑(平成7年) (PDF)
  42. ^ 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  43. ^ 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  44. ^ 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  45. ^ 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  46. ^ 大阪府統計年鑑(平成12年) (PDF)
  47. ^ 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  48. ^ 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  49. ^ 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  50. ^ 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  51. ^ 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  52. ^ 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  53. ^ 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  54. ^ 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  55. ^ 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  56. ^ 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  57. ^ 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  58. ^ 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  59. ^ 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  60. ^ 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  61. ^ 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  62. ^ 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  63. ^ 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  64. ^ 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)

関連項目編集

外部リンク編集

  • 梅田駅(路線図・駅情報) - 阪神電気鉄道