京浜急行バス追浜営業所(けいひんきゅうこうバスおっぱまえいぎょうしょ)は、神奈川県横須賀市夏島町に所在する京浜急行バスの営業所。追浜駅金沢八景駅金沢文庫駅(東口)を発着するバス路線を所管する。夏島町の営業所のほか、内川橋に操車場を所有している。営業所記号はA

沿革編集

田浦営業所の系譜編集

横浜市との市境に近い神奈川県横須賀市北西部(旧田浦町)では、大正初期に今の船越にあった海軍水雷学校(現・海上自衛隊第2術科学校)へのアクセスを軸に乗合自動車網が広がっていった。

当時は湘南電気鉄道(現・京急本線)ができる前で、官鉄横須賀線逗子駅と船越を結ぶ湘南乗合自動車[1]の便がまず最初に誕生した。

湘南電鉄の工事が始まると、鉄道先行の意味を込めて横須賀自動車が横須賀駅から金沢町(現・横浜市金沢区)を経て横浜市磯子区の杉田を結ぶバス路線を開設し、杉田で横浜乗合自動車の横浜駅行き(杉田営業所の横浜線の源流)や横浜市電に接続するネットワークを構築していた。これら路線を担当したのは、横須賀市中心部の本社に併設されていた平坂(ひらさか)営業所と、現在の船越バス停付近にあった田浦営業所という2カ所の拠点だった。

1933年(昭和8年)、湘南電鉄の筆頭株主でもあった京浜電気鉄道の社長望月軍四郎が横須賀自動車の経営権を掌握すると、1935年(昭和10年)には横浜乗合を合併。横浜駅から横須賀駅まで同一会社のバスで行けるようになった。横須賀自動車は社名を湘南乗合自動車と変更した後、1937年(昭和12年)に湘南電鉄へ合併された。

堀内営業所へ合併編集

湘南電鉄に合併された直後には、横須賀自動車から引き継いだ田浦・平坂両営業所はそのままとされた。1941年(昭和16年)に湘南電鉄が京浜電鉄に合併された後も、暫くはそのままだった。しかし、大東亜戦争中の東京急行電鉄大東急)への合併後に、堀内営業所に統合され消滅する。従って戦前の両営業所の系譜は堀内営業所に引き継がれており、このことは当営業所管下を走っている八景線が今でも堀内所管であることからも明白である。

1945年(昭和20年)、日本の敗戦とともに東急はバス事業の再建に乗り出す。

横浜市南部から横須賀市にかけての地域では、横浜市電杉田線の復旧が遅れたこともあり現在の横浜線区間が終戦からわずか2カ月弱で再開に漕ぎ着ける。1946年(昭和21年)に入ると現在の磯子線・八景線区間も再開し、湘南富岡駅(現・京急富岡駅)が空襲被害により休止となっていた東急湘南線(現・京急本線)の補完的役割を果たした。

1947年(昭和22年)、神奈川県内他営業所の路線の復旧が進んだことで車両不足が深刻化し、横浜線・磯子線を合わせた横浜駅 - 六浦間の運行が横浜市交通局横浜市営バス)に委託される。

1948年(昭和23年)6月1日、京浜急行電鉄が営業を開始する。杉田・堀内営業所は京浜急行に引き渡されるが、杉田営業所は一旦廃止され、堀内営業所が横浜市と横須賀市にまたがる広い範囲の路線を担当することになった。直後の6月5日、八景線全線が再開され杉田 - 堀内間の運行が始まった。11月には田浦線の前身の船越循環線も新設された。

横浜営業所独立編集

追浜営業所の設立編集

現在の追浜営業所は、京浜急行電鉄設立からずっと後の1970年代に改めて起こされた。

杉田営業所改め横浜営業所は、金沢区や横須賀市浦郷地区の路線も一体的に担当していたが、エリア南部の路線を本所のある杉田から磯子線経由で出入庫させていたため無駄が目立った。1970年代に入ると住友線や能見台に移った野村住宅線、富岡線なども開通し、杉田から指令を出したのでは追い付かなくなることが懸念される。そこで、この地区の指令拠点を杉田から追浜に移すことにし、京浜急行は日産追浜工場南端の搬入口に近い市有地を取得した。

現行路線編集

横浜京急バス時代は、当営業所の路線は全て京浜急行バスからの運行受託路線であった。

磯子線編集

  • 4 追浜車庫前 - 天神橋 - 追浜駅 - 内川橋 - 金沢八景 - 金沢文庫 - 杉田 - 磯子駅(2007年3月まで横浜市営バス磯子営業所と共同運行)
  • 4 追浜駅 - 内川橋 - 金沢八景 - 金沢文庫 - 杉田 - 磯子駅
  • 4 追浜車庫前→天神橋→追浜駅→内川橋→金沢八景→金沢文庫駅(夜間最終便のみ)
  • 4 追浜車庫前←天神橋←追浜駅←内川橋←金沢八景←金沢文庫←宮の前(平日の朝一番の便のみ)
  • 4 夏島→追浜車庫前→天神橋→追浜駅→内川橋→金沢八景→金沢文庫→杉田→磯子駅(平日夕のみ)

横須賀市北部の追浜と横浜市磯子区根岸線磯子駅を結ぶ路線である。路線の成立は1949年(昭和24年)と古く、当時は横浜駅を起点としていた。またそれ以前の1948年より堀内 - 杉田も運行され、後に横浜駅 - 堀内の直通運行も開始された。開通当初は堀内営業所の担当であったが、運行の効率化を図るため1952年(昭和27年)に杉田操車場が開設され、1959年の営業所への昇格により杉田営業所(後、横浜営業所)所管となった。

昭和40年代に入るとモータリゼーションの進展により定時運行が困難になり、1971年(昭和46年)に磯子駅を境に横浜方を110系統、追浜方は4系統と路線を分割した。その後追浜方の起終点が東京ファイン前、追浜車庫前、夏島と徐々に延びる一方で、磯子駅側の遅延対策として横浜営業所担当の途中折り返し便「鳥見塚線」が設定された。現在も夕刻や雨の日などは追浜駅前通りや国道16号の混雑で遅延が日常化しており、特に夕刻の磯子行きは追浜駅の時点で10分以上の遅れが常態化している。また、運行ダイヤがきついようで16号の交通量で大きく左右され、朝や夕刻には2台続けてやってくる事も多い。平日のみ追浜駅折り返し便がある。

かつては横浜市営バス磯子営業所と共同運行していたが、横浜市営は2007年(平成19年)3月31日限りで撤退。同時に鳥見塚線も本系統に吸収される形で廃止となった。杉田 - 磯子駅間は大人210円・小人110円の均一運賃となっている。なお、市営バス運行当時、及び2008年2月1日までは、運賃の支払いは前乗り後降り・釣銭式であったが、現在はすべて後乗り前降り・整理券発行方式および両替式となっている。同年10月からは、平日夕方に運行されていた夏島発追浜駅行き追3系統2便を4系統に変更し、事実上磯子駅まで運行区間が延長となった。

沿革
  • 1945年(昭和20年)10月11日:東京急行電鉄大東急。現・東急バス)杉田営業所の手により、横浜駅 - 杉田間(現在の横浜線区間)のバスが再開される。
  • 1946年(昭和21年)5月5日:杉田 - 船越間(現在の磯子線と八景線を合わせた区間)のバスが再開される。
  • 1947年(昭和22年):大東急が横浜市交通局と臨時運転契約を結び、横浜市営バス浅間町営業所の車により運行される。
  • 1948年(昭和23年)6月5日:堀内 - 杉田間の直通運行(現在の磯子線と八景線、観音崎線を合わせた区間)を開始。
  • 1949年(昭和24年)2月1日 - 横浜駅 - 六浦運行開始、横浜市交通局と相互乗り入れ
  • 1950年(昭和25年)1月1日: 横浜駅 - 堀内で直通運行開始
  • 1959年(昭和34年)3月16日 - 杉田営業所に移管
  • 1966年(昭和41年)5月23日 - 横浜駅 - 追浜日産自動車の運行開始
  • 1971年(昭和46年)3月11日 - 横浜までの直通運行を中止、磯子駅 - 追浜日産自動車の運転となる
  • 1978年(昭和53年)6月16日 - 追浜営業所に移管
  • 時期不明 - 日産自動車 - 東京ファイン前を延長
  • 1985年(昭和60年)9月10日 - 磯子駅 - 東富岡間の折り返し便磯4系統鳥見塚線が新設される。横浜営業所担当。
  • 1986年頃 - 磯子駅 - 追浜駅の区間便を廃止し、京急担当便の全便が磯子駅 - 東京ファイン前の運転に
  • 2001年(平成13年)1月15日 - 東京ファイン - 追浜車庫前を延長
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 横浜京急バスに運行委託開始
  • 2007年(平成19年)
    • 4月1日 - 横浜市営バスが運行撤退、京急単独となる。宮の前→追浜車庫前と追浜車庫前→金沢文庫の区間便運行開始、および磯子駅 - 追浜駅の区間便を再設定。同時に鳥見塚線が本系統に吸収される形で廃止。
    • 10月1日 - 夏島発磯子駅行きの運行を開始、追浜車庫前発金沢文庫行きを金沢文庫駅乗り入れを開始

たかとり循環線編集

  • 追1 内川橋→追浜駅→たかとり小学校→湘南たかとりセンター→追浜駅→内川橋
  • 追1 たかとり小学校→湘南たかとりセンター→追浜駅→内川橋
  • 追1 内川橋→追浜駅→たかとり小学校→湘南たかとりセンター→追浜駅
  • 追2 内川橋 - 追浜駅 - 湘南たかとり1丁目
  • 追5 内川橋→追浜駅→湘南たかとりセンター→湘南たかとり一丁目→湘南たかとりセンター(降車のみ)→たかとり小学校→湘南たかとりセンター→追浜駅→内川橋
沿革
    • 1978年12月16日 - 内川橋 - 湘南たかとり循環および内川橋 - 湘南たかとり1丁目の運行を開始
    • 2004年8月1日 - 横浜京急バスに運行委託開始
    • 2015年2月1日 - 追5系統湘南たかとり大循環線の運行を日中に開始

たかとり循環線は、京急本線追浜駅と湘南たかとり団地を結ぶ路線である。多くの便が操車場のある内川橋発着となる。この路線にはノンステップバスの専用ダイヤが設定されている。

夏島線・住友線編集

  • 追3 追浜駅 - 日産自動車前 - 追浜車庫前 - 夏島
  • 追4 追浜駅 - (直通) - 日産研究所
  • 追6 追浜駅 - 日産自動車前 - 追浜車庫前 - 夏島 - 日産研究所 - 住友重機械
  • 追6 追浜駅→日産自動車前→追浜車庫前→夏島→日産研究所→海洋研究開発機構→住友重機械正門→夏島→追浜駅
  • 追6 追浜駅 - (直通) - 住友重機械
  • 追8 追浜駅 - 追浜車庫前 - 夏島 - 日産研究所

追浜駅東方の埋立地である横須賀市夏島町に立地する工業地帯への路線。日産自動車追浜工場住友重機械工業横須賀製造所、国立研究開発法人海洋研究開発機構本部への通勤利用が主体となっている。このうち追4系統日産研究所直通・追6系統住友重機械直行は工場構内が終点となる路線のため一般客は利用できない[3]。海洋研究開発機構で降りる場合も同機構職員証の提示が必要。

沿革
  • 1962年(昭和37年)5月1日 - 追浜駅 - 夏島の運行を開始
  • 1972年9月1日 - 追浜駅 - 住友重機械の運行を開始
  • 1978年6月21日 - 住友重機械 - 住友重機東岸を延長

田浦線編集

  • 田17 追浜駅 - 日産自動車前 - 深浦 - 池ノ谷戸 - 田浦駅
  • 追7 追浜駅→日産自動車前→深浦→日産自動車前→追浜駅

追浜駅から海岸近くの深浦地区を経由して横須賀線田浦駅へと至る路線。夏島線と共に日産追浜工場への通勤輸送を担うほか、旧水雷学校跡地で池ノ谷戸バス停が最寄りとなる海上自衛隊第2術科学校への輸送需要もある。

詳しい成立時期は不明だが、1948年に船越を起点とする深浦循環線が運行を開始している。1952年には田浦駅まで延長されているが、1955年頃に循環を廃止している。その後1961年には追浜側からの循環線が開通し、一部は金沢八景まで直通した。なお当時は、田浦駅発着便は逗子営業所、追浜駅発着便は堀内営業所、金沢八景発着便は杉田営業所がそれぞれ担当していたが、1978年の追浜営業所の新設ですべて追浜の所管となった。

沿革
  • 1948年(昭和23年)11月7日 - 船越 - 深浦 - 追浜 - 船越の運行を再開
  • 1952年(昭和27年)1月11日 - 船越 - 田浦駅間を延長
  • 時期不明 - 追浜駅 - 深浦 - 田浦駅に変更
  • 1961年(昭和36年)5月11日 - 追浜駅 - 深浦循環が運行を開始
  • 1978年(昭和53年)6月16日 - 追浜営業所の新設に伴い、追浜営業所へ移管
  • 2004年(平成16年)3月16日 - 横浜京急バスに運行委託開始

大道線・三信住宅線編集

  • 追20 追浜駅 - 内川橋 - 金沢八景駅 - 六浦 - 大道中学校
  • 八20 金沢八景駅 - 六浦 - 大道中学校
  • 八21 金沢八景駅 - 六浦 - 大道中学校 - 三信住宅
沿革
  • 1975年4月1日: 金沢八景駅 - 三信住宅間の運行を開始

金沢八景駅と大道・朝比奈方面の住宅地を結ぶ。大道中学校前まで神奈川中央交通横浜営業所の船08系統・金24系統などと併走している(共通定期券の取り扱いはなし)。

関東学院循環線編集

  • 八8 金沢八景駅→柳町→関東学院東→関東学院正門→内川橋→六浦中学→六浦橋→金沢八景駅

関東学院本部・六浦校地内の各学校(大学金沢八景キャンパス、六浦中学・高校六浦小学校)への通学輸送に事実上特化した一方循環線。日曜祝日・大学休暇期間は原則として運休となる。

沿革
  • 1957年(昭和32年)9月1日 - 金沢八景 - 野島橋 - 内川橋循環の運行を開始
  • 時期不明 - 金沢八景駅への乗り入れ開始
  • 2011年4月1日 - この日の始発便から運行経路が変更となり従来の逆回りとなった。また、これにより夕照橋停留所は廃止された。 

柴町線編集

  • 文12 金沢文庫駅←金沢町←称名寺←文庫小学校
  • 文13(往路) 金沢文庫駅→寺前→称名寺→文庫小学校→柴町
  • 文13(復路) 金沢文庫駅←金沢町←称名寺←文庫小学校←柴町

金沢文庫駅と金沢区柴町を結ぶ路線。全線の殆どが狭隘区間であるため中型バスで運行され、途中一方通行の道路を通るため、金沢文庫 - 称名寺の経路は上下線で異なる。

なお、平日の朝に区間便として、文庫小学校始発の金沢文庫駅行が設定されている。

沿革
  • 1951年(昭和26年)7月21日 - 金沢文庫駅 - 柴町間の運行を開始
  • 1959年(昭和34年)3月16日 - 杉田操車場の営業所昇格に伴い、杉田営業所へ移管

金沢工業団地線編集

  • 文16 金沢文庫駅→西柴4丁目→文庫小学校→海の公園
  • 文17 金沢文庫駅→西柴4丁目→文庫小学校→金沢工業団地→金属団地→食品センター→文庫小学校→西柴4丁目→金沢文庫駅
  • 文18 金沢文庫駅 - 西柴4丁目 - 文庫小学校 - 東柴町
  • 文19 金沢文庫駅→西柴4丁目→文庫小学校→金沢工業団地→福浦海岸→ヘリポート→文庫小学校→西柴4丁目→金沢文庫駅

金沢文庫駅と金沢工業団地地区を結ぶ循環線。金沢シーサイドラインの補完的役割も果たす。区間便の文18系統も毎時1本程度運行されている。

  • 時期不明 - 金沢文庫駅 - 金沢埋立3号地の運行を開始
  • 時期不明 - 文15・金沢文庫駅 - 称名寺 - 東柴町 - 工業団地小循環の運行を開始
  • 1985年5月13日 - 金沢文庫駅 - 称名寺 - 東柴町 - 福浦3丁目経由産業振興センター・工業団地循環の運行を開始
  • 1985年5月13日 - 文16・金沢文庫駅 - 称名寺 - 東柴町 - ヘリポート前 - 化学工業団地・工業団地循環の運行を開始
  • 1986年12月18日 - 称名寺経由の運行を西柴団地経由の運行に変更。文18・金沢文庫駅 - 西柴団地 - 東柴町 - 福浦3丁目経由産業振興センター・工業団地循環、文19・金沢文庫駅 - 西柴団地 - 東柴町 - ヘリポート前 - 化学工業団地・工業団地循環の運行を開始
  • 2004年7月16日 - ダイヤ改正、文16系統の運行を開始

車庫 - 野島 - 文庫線編集

  • 文15 金沢文庫駅 - 町屋 - 州崎 - 平潟 - 夕照橋 - 追浜住宅入口 - 日産自動車 - 追浜車庫前

野島経由による文15系統は、追浜営業所が担当する金沢工業団地線、柴町線の車両の出入り用に設定された路線である。従来運行していた八9系統の廃止に伴い、同系統の運行区間の一部を踏襲して運行される。八9系統の時代はすべて中型車で運転されたが、現在は金沢工業団地線に使用される大型車両も使用される。またバスの出入庫にあわせたダイヤ編成となっており、金沢文庫行きは早朝から夕方まで、追浜車庫前行は朝ラッシュ後から深夜までの運行である。

  • 1957年12月17日 - 金沢八景駅 - 野島 - 室ノ木 - 追浜駅の運行を開始
  • 1959年3月16日 - 杉田操車場の営業所昇格に伴い、杉田営業所へ移管
  • 1962年9月1日 - 金沢八景駅 - 野島 - 室ノ木 - 追浜住宅入口 - 追浜駅の運行を開始
  • 2002年2月1日 - 路線の再編により、現在の経路での運行を開始

車両編集

追浜営業所は地元に日産自動車追浜工場が立地していることから、大型車は日産ディーゼル工業スペースランナーRARPシリーズ)といすゞ自動車(BU系→C系→キュービック→エルガ)の2メーカー、中型車はいすゞ(ジャーニーエルガミオ)を中心に配車されてきた。1986年(昭和61年)には夏島線専用に中扉を両開きとしたスーパーワイドドア車が納車されたが、短期間で東京地区の大森営業所に転属した。

2000年代になって京浜急行バスグループ全体で調達が見直された後も、サイズダウン車を中心に日産ディーゼルの配車は続けられたが、UDトラックスに社名変更した後の2010年(平成22年)にバスの製造販売を終了したため、以後は原則としていすゞ車のみの納車となり現在に至る。

脚注編集

  1. ^ 後に横須賀自動車が改称した湘南乗合自動車とは関係がない。
  2. ^ “子会社における吸収合併に関するお知らせ” (プレスリリース), 京浜急行電鉄株式会社, (2017年10月20日), https://www.keikyu.co.jp/company/news/2017/20171020HP_17138KK.html 2019年1月19日閲覧。 
  3. ^ 乗車時に行先の会社の社員証か、協力会社社員は入場許可証を提示する必要がある。