メインメニューを開く

みずがめ座(水瓶座、Aquarius)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

みずがめ座
Aquarius
Aquarius
属格 Aquarii
略符 Aqr
発音 [əˈkwɛəriəs]、属格:/əˈkwɛəriaɪ/
象徴 the Water-bearer
概略位置:赤経 23
概略位置:赤緯 −15
広さ 980平方度 (10位
主要恒星数 10, 22
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
97
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 4
最輝星 β Aqr(2.89
最も近い星 EZ Aqr;(11.3光年)
メシエ天体 3
流星群 March Aquariids
Eta Aquariids
Delta Aquariids
Iota Aquariids
隣接する星座 うお座
ペガスス座
こうま座
いるか座
わし座
やぎ座
みなみのうお座
ちょうこくしつ座
くじら座

この星座には2等星以上の明るい星はない。

主な天体編集

恒星編集

以下の恒星に国際天文学連合が承認した固有名が付いている[1]

  • α星:サダルメリク[2](Sadalmelik[1]、「王の幸運」[3])は、みずがめ座で2番目に明るい恒星。ほぼ天の赤道上にある。
  • β星:サダルスウド[2](Sadalsuud[1]、「幸運中の幸運」[3])は、みずがめ座で最も明るい恒星。
  • γ星:サダクビア[2](Sadachbia[1]、「テントの幸運」[3])。
  • δ星:スカト[2](Skat[1]、「すね」[3])は、みずがめ座で3番目に明るい恒星。
  • ε星:アルバリ[2](Albari[1]、「飲み込む者」[3])。
  • θ星:アンカ[2](Ancha[1]、「腰」[3])。
  • κ星:Situla[1]、ラテン語で「バケツ」を意味する言葉に由来[3]

γ星、ζ星、η星、π星は、Water Jarと呼ばれるアステリズムである[4]。日本では、この4星を三ツ矢と呼ぶ事もあり[2]、これは野尻抱影三ツ矢サイダーの商標より考案したものである[2]。また、これを東京箕(とうきょうみ)と呼ぶ地方がある。

星団・星雲・銀河編集

流星群編集

みずがめ座には流星群が3つある。3つとも、毎時約20個の流星が観測される。1つ目は5月4日ごろのみずがめ座η流星群で、2つ目は6月28日ごろのみずがめ座δ流星群で、3つ目が8月中旬に見られるみずがめ座ι流星群 である。

神話編集

メソポタミアではアッカドの英雄とエンキが結びついた一杯になった瓶を抱えた姿と共に記述されるグラ(Gulla、偉大なるもの、GU.LA)が原型と考えられている[5]。バビロニア人は定期的に発生する洪水と関連したみずがめ座には、あまり良いイメージを持っていなかった[6]。また、エジプト天文学でも、ナイル川の洪水と関連付けられ、春になって水を汲む為に瓶を川に投げ入れ洪水が起きるとされた[7]ギリシア神話の洪水を乗り切ったデウカリオーンとも関連付けされる。

ギリシア神話では、不死の酒ネクタールを給仕するガニュメーデースわし座を参照)の持つ水がめ(酒器)であるとされる[4]星図には、水を流す水がめとそれを持つ男性の姿として描かれ[注 1]、流れ出した水はみなみのうお座の口に注ぎ込んでいる[4]

中国

中国天文学星官では、羽林軍 (星官)中国語版、北には塁壁陣中国語版、墳墓、虛梁などがある。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ みずがめ座はドイツ語では「水の男」を意味する Wassermann(ヴァッサーマン)と呼ばれる。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味 -』 (新装改定版第4刷版) 恒星社厚生閣、2007年2月28日、188-189頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  3. ^ a b c d e f g Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. pp. 16-17. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c Ian Ridpath. “Star Tales - Aquarius”. 2014年9月1日閲覧。
  5. ^ 近藤二郎 『わかってきた星座神話の起源-古代メソポタミアの星座』 (初版) 誠文堂新光社、2010年12月。ISBN 978-4416210246 
  6. ^ Thompson & Thompson 2007.
  7. ^ Staal 1988, pp. 42–44.

座標:   23h 00m 00s, −15° 00′ 00″