渡辺博道

日本の政治家

渡辺 博道(わたなべ ひろみち、1950年8月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)。復興大臣(第9代)を歴任した。

渡辺 博道
わたなべ ひろみち
02watanabe.jpg
内閣府大臣政務官時代
生年月日 (1950-08-03) 1950年8月3日(72歳)
出生地 日本の旗千葉県松戸市
出身校 早稲田大学法学部
明治大学大学院法学研究科
前職 松戸市職員
渡辺交通役員
千葉県議会議員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党茂木派
称号 法学修士(明治大学)
公式サイト 衆議院議員 渡辺博道

日本の旗 第9代 復興大臣
内閣 第4次安倍第1次改造内閣
在任期間 2018年10月2日 - 2019年9月11日

選挙区千葉6区→)
比例南関東ブロック→)
千葉6区
当選回数 8回
在任期間 1996年 - 2009年
2012年 - 現職

選挙区 松戸市南選挙区
当選回数 1回
在任期間 1995年 - 1996年
テンプレートを表示

来歴編集

 
ニューデリーにて(左が渡辺)
 
経済産業副大臣時代の渡辺
 
2018年、福島市あづま球場にて(左から2番目)

千葉県松戸市生まれ。千葉県立東葛飾高等学校早稲田大学法学部卒業。明治大学大学院法学研究科労働法専攻)修士課程修了。松戸市役所入庁後、渡辺交通社長を経て、千葉県議会議員を務める。

1996年第41回衆議院議員総選挙では自民党から初当選。2000年第42回衆議院議員総選挙では井奥貞雄とのコスタリカ方式で比例区に回り当選するも、井奥が落選。2003年第43回衆議院議員総選挙では、小選挙区に戻り生方幸夫に敗れるも比例復活2005年第44回衆議院議員総選挙では、生方を破り小選挙区で当選する。2009年第45回衆議院議員総選挙では生方に大差で敗れて比例復活もかなわず落選するが、2012年第46回衆議院議員総選挙で当選し3年ぶりに国政復帰。2014年第47回衆議院議員総選挙で6選。2017年第48回衆議院議員総選挙で7選。

2018年10月2日、第4次安倍改造内閣において復興大臣として初入閣。2019年6月、自民党千葉県連会長に就任[1]。同年9月11日、第4次安倍第二次改造内閣発足に伴い退任。

2021年3月21日、千葉県知事選挙で自民党千葉県連が推薦した候補が落選した責任を取り、県連会長を辞任[2]

同年10月31日、第49回衆議院議員選挙で8選。

政策・主張編集

憲法問題編集

  • 憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[3][4]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「集団的自衛権の保持を明記する」「環境権に関する条項を新設する」「家族の尊重や家族間の相互扶助に関する条項を新設する」「憲法改正 の発議 要件を各院の過半数にする」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[5]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[6]
  • 安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「評価する」と回答[3]

ジェンダー問題編集

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[7]。2017年のアンケートでは回答しなかった[3]。2021年のアンケートでは「反対」と回答[4]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートで「反対」と回答[4]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらかといえば反対」と回答[4]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで回答しなかった[6]

復興大臣として編集

その他編集

  • 原子力発電への依存度について、2021年のアンケートで「現状を維持すべき」と回答[6]
  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「評価する」と回答[3]
  • 安倍内閣による森友学園問題加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価する」と回答[3]
  • 軽減税率の導入に賛成。
  • 村山談話河野談話を見直すべき[10]
  • 1996年に国会議員に初当選する以前の1994年から保護司を務めており、その経験から「更生保護を考える議員の会」や自民党政務調査会の中にある「再生防止推進特別委員会」を通じて、保護司をはじめとする民間の更生保護活動の環境整備に取り組んでいる[11]

人物編集

  • 渡辺と共に第4次安倍改造内閣五輪担当大臣として初入閣した桜田義孝とは選挙区が隣同士のほか、かつては桜田も渡辺と同じ派閥に所属していたり、東葛飾高校の出身で千葉県議会議員であったなど、共通点が多い。また、桜田が自民党千葉県連会長を退任した際、後任として就任した。
  • 初当選同期でもある望月義夫環境大臣とは顔が似ていると一部の間で話題であり、テレビ番組で検証VTRが撮られるほどである[12]。同じく渡辺と初当選同期である松本純国家公安委員長によると、総務委員長在任時の渡辺は「望月委員長!」と呼ばれることもあったという[13]。「実は渡辺委員長と望月義夫(静岡4区選出)先生がそっくりなため、どっちがどっちか分からない。そんなことから、冷やかし のヤジが飛ぶのです。お二人とも穏やかな優しい紳士ですから、何を言われてもニコニコ。たいしたもんです。」とのこと。
  • 衆議院厚生労働委員長在任中の2015年6月に改正労働者派遣法の審議で野党議員ともみ合いになり、首にコルセットをして国会に出席した姿がニュースになった[14]
  • 大の写真好き。InstagramFacebookのアカウントには5000点以上の写真を載せている[15]
  • 渡辺の次に復興大臣に就任した田中和徳も渡辺と同じく保護司を務めており、秋葉賢也らとともに『世界の刑務所を訪ねて~犯罪のない社会づくり~』を上梓した[16]

所属団体・議員連盟編集

著書編集

  • 世界の刑務所を訪ねて~犯罪のない社会づくり~ 小学館新書 2020

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年4月26日). “桜田氏、県連会長退任へ 後任に渡辺復興相 千葉” (日本語). 産経ニュース. 2021年3月29日閲覧。
  2. ^ 自民千葉県連会長が正式に辞意 知事選大敗「私の不徳」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e 渡辺博道”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  4. ^ a b c d 渡辺博道”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  5. ^ 憲法改正 改正すべき項目”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  6. ^ a b c 千葉6区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  7. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  8. ^ さかなクンに復興庁が感謝状贈呈 久慈市の「もぐらんぴあ」再建に貢献で”. 2020年4月20日閲覧。
  9. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年4月12日). “渡辺復興相「輸入規制撤廃へ働きかける」 WTO「敗訴」受け決意” (日本語). 産経ニュース. 2020年4月19日閲覧。
  10. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  11. ^ 再犯防止には住居と職を 知られざる更生保護の実態 | | 渡辺博道” (日本語). 毎日新聞「政治プレミア」. 2020年6月9日閲覧。
  12. ^ 価格.com - 「政治の面白いトコロ集めました。加藤浩次vs政治家」で紹介された情報 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2020年4月19日閲覧。
  13. ^ 松本純の国会奮戦記2008-03”. jun.or.jp. 2020年4月19日閲覧。
  14. ^ 渡辺博道復興相は衆院竹下派「分裂」の功績でまんまと入閣|安倍“ご臨終”内閣の大臣を裸にする”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2020年6月9日閲覧。
  15. ^ 渡辺博道復興相は衆院竹下派「分裂」の功績でまんまと入閣|安倍“ご臨終”内閣の大臣を裸にする”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2020年6月9日閲覧。
  16. ^ 世界の刑務所を訪ねて” (日本語). 小学館 (2020年1月30日). 2020年6月9日閲覧。
  17. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  18. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  19. ^ 日本の尊厳と国益を護る会

外部リンク編集

公職
先代
吉野正芳
  復興大臣
第9代:2018年 - 2019年
次代
田中和徳
先代
西野陽
西川玲子
  経済産業副大臣
山本幸三と共同

2006年 - 2007年
次代
新藤義孝
中野正志
先代
渡辺具能
西川公也
山崎力
  内閣府大臣政務官
仲道俊哉
阪上善秀と共同

2001年 - 2002年
次代
亀井郁夫
嘉数知賢
奥山茂彦
議会
先代
江渡聡徳
  衆議院原子力問題調査特別委員長
2020年 -2021年
次代
赤沢亮正
先代
山口壮
  衆議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2019年 - 2020年
次代
古川禎久
先代
木村太郎
  衆議院地方創生に関する特別委員長
2017年 - 2018年
次代
松野博一
先代
上川陽子
  衆議院厚生労働委員長
2014年 - 2016年
次代
丹羽秀樹
先代
竹本直一
  衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長
2014年
次代
清水鴻一郎
先代
佐藤勉
  衆議院総務委員長
2007年 - 2008年
次代
赤松正雄