メインメニューを開く

渡辺 博道(わたなべ ひろみち、1950年8月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)。

渡辺 博道
Minister Hiromichi Watanabe.jpg
復興大臣就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1950-08-03) 1950年8月3日(69歳)
出生地 日本の旗千葉県松戸市
出身校 早稲田大学法学部
明治大学大学院法学研究科
前職 松戸市職員
渡辺交通役員
千葉県議会議員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党竹下派
称号 法学修士(明治大学)
公式サイト 衆議院議員 渡辺博道

日本の旗 第9代 復興大臣
内閣 第4次安倍第1次改造内閣
在任期間 2018年10月2日 - 2019年9月11日

選挙区千葉6区→)
比例南関東ブロック→)
千葉6区
当選回数 7回
在任期間 1996年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示
ニューデリーにて(左が渡辺)
経済産業副大臣時代

自民党千葉県連会長。復興大臣(第9代)を歴任した。

来歴編集

千葉県松戸市生まれ。千葉県立東葛飾高等学校早稲田大学法学部卒業。明治大学大学院法学研究科労働法専攻)修士課程修了。松戸市役所入庁後、渡辺交通社長を経て、千葉県議会議員を務める。

1996年第41回衆議院議員総選挙では自民党から初当選。2000年第42回衆議院議員総選挙では井奥貞雄とのコスタリカ方式で比例区に回り当選するも、井奥が落選。2003年第43回衆議院議員総選挙では、小選挙区に戻り生方幸夫に敗れるも比例復活2005年第44回衆議院議員総選挙では、生方を破り小選挙区で当選する。2009年第45回衆議院議員総選挙では落選するが、2012年第46回衆議院議員総選挙で当選し3年ぶりに国政復帰。2014年第47回衆議院議員総選挙で6選。2017年第48回衆議院議員総選挙で7選。

2018年10月2日、第4次安倍改造内閣において復興大臣として初入閣。2019年9月11日、第4次安倍第二次改造内閣発足に伴い退任。

親族経営会社編集

渡辺とその家族が親族らで経営するタクシー会社が約24億円の負債を抱えて民事再生法適用を申請する前に、「借入金返済」名目で渡辺氏に約6870万円が支払われたほか、家族や親族企業にも計約1億2390万円が支出されていた[1][2]

政策編集

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞 2006年11月4日
  2. ^ 渡辺経産副大臣の資金疑惑/政治資金規正法に違反/佐々木議員 しんぶん赤旗 2006年11月16日
  3. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  4. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  5. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  6. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク編集