古川禎久

日本の政治家

古川 禎久(ふるかわ よしひさ、1965年8月3日 ‐ )は、日本政治家建設官僚自由民主党所属の衆議院議員(7期)。

古川 禎久
ふるかわ よしひさ
Yoshihisa Furukawa 20211004.jpg
法務大臣の就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1965-08-03) 1965年8月3日(57歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県串間市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 国家公務員建設省
衆議院議員政策担当秘書
所属政党新進党→)
無所属→)
自由民主党橋本派)→)
(無所属→)
自由民主党(山崎派石破派茂木派
称号 法学士(東京大学・1989年
公式サイト 衆議院議員 古川よしひさオフィシャルウェブサイト

日本の旗 第104-105代 法務大臣
内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2021年10月4日 - 2022年8月10日

選挙区 宮崎3区
当選回数 7回
在任期間 2003年11月9日 - 現職
テンプレートを表示

法務大臣(第104代・105代)、財務副大臣第2次安倍内閣)、環境大臣政務官福田康夫改造内閣麻生内閣)、法務大臣政務官第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)を歴任。

来歴編集

1965年8月3日、宮崎県串間市に生まれる(現住所は都城市中原町[1])。一家は1926年昭和元年)から焼酎造りを家族経営し、同時に酒類の小売販売を行っていた[2]。零細経営の家業はのちに廃業した[2]。串間市立福島小学校を卒業し、ラ・サール中学校に入学。中学3年の11月、中学の寮を退寮処分となり下宿屋の物置き部屋で生活する[3]。ラ・サール高校に進学し卒業したのち、東京大学に入学。柴山昌彦山下貴司らと同じクラスに所属する[4]東京大学法学部進学し、1989年3月卒業。

1989年4月、建設省に入省し建設事務官となる。1992年に建設省を退官。退官後は衆議院議員中村時広の秘書を務める他、目黒焼き鳥店を経営していた[5][6]。ある時、学生時代に恩義を受けたニッポンレンタカー創業者の石川浩三が古川の店に来店し、「三十になったら、人生の目標はこれだと定めて一歩ずつでいいから目標に向かって人生を歩みなさい。君は政治家になるんでしょう?」などと言い残し、その数か月後に石川は他界した[5]

古川は30歳で政界進出を目指し[5]1996年第41回衆議院議員総選挙新進党公認で出馬するも落選。続けて2000年第42回衆議院議員総選挙に無所属で出馬するも、また落選した。2003年第43回衆議院議員総選挙に無所属で宮崎3区から出馬し、初当選を果たす。同年、追加公認を受けて自民党に入党し、橋本派(当時)に入会。

2005年衆議院本会議郵政民営化法案に反対票を投じ自民党を離党。2005年第43回衆議院議員総選挙に無所属で宮崎3区から出馬、2選となる。2006年に自民党へ復党し(郵政造反組復党問題)、2007年山崎派へ入会。安倍改造内閣福田内閣法務大臣政務官を務める。2008年福田改造内閣麻生内閣環境大臣政務官就任。2009年第45回衆議院議員総選挙では宮崎3区から自民党公認で出馬し、3選。2010年、山崎派を退会し議員グループのぞみに参加。2012年第46回衆議院議員総選挙では宮崎3区から自民党公認で出馬し、4選。2013年9月30日第2次安倍内閣財務副大臣に就任。2014年第47回衆議院議員総選挙では宮崎3区から自民党公認で出馬し、5選。2015年9月28日水月会(石破派)の初代事務総長に就任[7]2017年第48回衆議院議員総選挙では宮崎3区から自民党公認で出馬し、6選[8]

2021年10月4日第1次岸田内閣法務大臣として初入閣[9]。同年10月5日、水月会を離脱し、平成研究会に入会[10]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で7選。

2021年12月21日加古川7人殺害事件(2004年発生)で死刑が確定し、大阪拘置所収監されていた死刑囚1人と群馬パチンコ店員連続殺人事件(2003年発生)で死刑が確定し、東京拘置所に収監されていた死刑囚2人の計3人について執行を命令した[11]

また、2022年7月26日秋葉原通り魔事件(2008年発生)で死刑が確定し、東京拘置所に収監されていた加藤智大死刑囚の執行を命令した[12]

政策・主張編集

人物・エピソード編集

  • 10代の頃から矢沢永吉の大ファン。「永田町矢沢会」の会長を自称する[15]
  • ラ・サール時代の物置き部屋生活でラジオを置き、そのラジオからジョン・レノン銃撃を知り衝撃を受けた[3]
  • 2009年6月16日、自民党代議士会で、「自民党はこの際、大政奉還を決断して、国民の懐深く帰るべきだ。国民の痛みと哀しみを我がものとして、もう一度、保守政党としての原点に戻るべきであります。」「それこそが本当の意味で、党が再生し復興するための道筋であると信じます。」と発言した[16]
  • 2011年9月14日の国会で、東日本大震災の際に、200億円の寄付をした台湾への政府としての感謝を促して、野田佳彦総理大臣(当時)に対し、「東日本大震災に対して台湾から寄せられた真心あふれる破格のご支援に対して、日本国として礼を尽くし、心からなる謝意を伝えるべきではないか。外交案件としてでなく、人としての道を申し上げている。台湾とは国交がないが、日本人が苦しみ嘆き悲しんでいる時に、最も親身になってくれた友人だ。それなのに政府は卑屈にも第3者の顔色をうかがうことに汲々とし、友人の真心に気付かないふりをしているのではないか」と発言した[17]。この発言は、2015年3月12日、台湾の大手新聞社自由時報で、東日本大震災から4年が経過したことに合わせて報じられた[17]

選挙歴編集

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 31 宮崎3区 新進党 6万2211票 36.85% 1 2/3 /
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 34 宮崎3区 無所属 7万9081票 39.83% 1 2/4 /
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 38 宮崎3区 無所属 11万8607票 63.17% 1 1/3 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 40 宮崎3区 無所属 10万2816票 49.58% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 44 宮崎3区 自由民主党 13万1908票 67.40% 1 1/3 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 47 宮崎3区 自由民主党 11万9174票 81.79% 1 1/2 /
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 49 宮崎3区 自由民主党 10万8051票 78.50% 1 1/2 /
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 52 宮崎3区 自由民主党 9万8008票 69.39% 1 1/3 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 56 宮崎3区 自由民主党 11万1845票 80.73% 1 1/3 /

著作編集

  • 『上を向こう、日本』(共著)PHP 2010年
  • 『石破茂と水月會の日本創生』(共著)新講社 2018年

所属団体・議員連盟編集

同期編集

  • ラ・サール中学校・高等学校33期
  • 東京大学前期課程同クラス
    • 半沢淳一 - 東大経進学・卒業、1988年三菱銀入行、2021年三菱UFJ銀頭取就任
    • 城山英明 - 東大法進学・卒業、2006年東大教授就任
    • 柴山昌彦 - 東大法進学・卒業、1990年住友不動産入社、2000年弁護士登録、2004年衆議院議員選出、2018年文科相就任
    • 山下貴司 - 東大法進学・卒業、1992年検事任官、2012年衆議院議員選出、2018年法相就任
  • 建設省1989年入省組

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 自由民主党宮崎県支部連合会 政治資金収支報告書(平成30年分定期公表) (PDF)”. 宮崎県選挙管理委員会 (2019年11月29日). 2019年11月29日閲覧。
  2. ^ a b 衆議院議員 古川よしひさオフィシャルウェブサイト 忘れえぬ人々: 小さな焼酎屋
  3. ^ a b 衆議院議員 古川よしひさオフィシャルウェブサイト 忘れえぬ人々: 下宿屋の思い出
  4. ^ 衆議院議員 山下たかし公式サイト - プロフィール
  5. ^ a b c 衆議院議員 古川よしひさオフィシャルウェブサイト 忘れえぬ人々: 翁の遺言
  6. ^ “岸田内閣・自民党執行部の横顔”. 毎日新聞. (2021年10月5日). https://mainichi.jp/articles/20211005/ddm/010/010/012000c 2021年10月6日閲覧。 
  7. ^ 石破派が発足…次期自民総裁選へ、20人参加 読売新聞
  8. ^ http://www.furukawa-yoshihisa.com/profile.html 本人プロフィールより
  9. ^ 古川禎久法務大臣 引き継ぎ”. FNN (2021年10月5日). 2021年10月6日閲覧。
  10. ^ 自民旧竹下派、麻生派に並ぶ第2派閥に 古川法相ら入会で53人”. 産経新聞 (2021年10月6日). 2021年10月6日閲覧。
  11. ^ “3人の死刑執行、2年ぶり 加古川の7人殺害・群馬の連続強盗殺人”. 朝日新聞 (朝日新聞). (2021年12月21日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASPDP3666PDPUTIL00G.html?iref=sptop_7_01 
  12. ^ 加藤死刑囚の殺人を。 2008年に東京・秋葉原で無差別殺傷:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年7月26日閲覧。
  13. ^ 全面広告画像
  14. ^ a b “2012衆院選 宮崎3区 古川禎久”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A45003002002 2013年3月24日閲覧。 
  15. ^ 週刊新潮(2015年11月12日号)
  16. ^ 自民党広報誌自由民主2009年8月
  17. ^ a b “東日本大震災から4年、日本の感謝が台湾で再び話題に=「目から汗が…」「友人のピンチにはもちろん手を差し出す」”. Record China. (2015年3月13日). http://www.recordchina.co.jp/a104183.html 2015年3月14日閲覧。 
  18. ^ “2021年7月号_7面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_7%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  19. ^ 政務調査会(部会・調査会・特別委員会等) - 自由民主党 役員”. 自由民主党. 2020年4月11日閲覧。
  20. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 日本禁煙学会. 2018年4月11日閲覧。
  21. ^ a b c d オフィシャルウェブサイト プロフィール
  22. ^ 海事振興連盟一号会員名簿 (PDF)

外部リンク編集

議会
先代
渡辺博道
  衆議院北朝鮮による拉致
問題等に関する特別委員長

2020年 - 2021年
次代
長島昭久
先代
谷公一
  衆議院東日本大震災復興特別委員長
第11代:2018年 - 2019年
次代
伊藤達也
先代
林田彪
  衆議院財務金融委員長
2014年 - 2016年
次代
宮下一郎
公職
先代
上川陽子
  法務大臣
第104・105代:2021年 - 2022年
次代
葉梨康弘
先代
小渕優子
山口俊一
  財務副大臣
愛知治郎と共同

2013年 - 2014年
次代
御法川信英
宮下一郎
先代
並木正芳
  環境大臣政務官
2008年 - 2009年
次代
大谷信盛
先代
奥野信亮
  法務大臣政務官
2007年 - 2008年
次代
早川忠孝
党職
先代
井上信治
自由民主党青年局長
2010年 - 2011年
次代
小泉進次郎