瀧川鯉斗

日本の落語家

瀧川 鯉斗(たきがわ こいと、1984年1月25日 - )は、落語家。公益社団法人落語芸術協会所属。愛知県名古屋市天白区出身[1]。本名は小口おぐち 直也なおや[2]。出囃子は「むつのはな」、定紋は「五瓜に唐花」。

瀧川たきがわ 鯉斗こいと
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}瀧川(たきがわ) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}鯉斗(こいと)
瀧川鯉斗定紋「五瓜に唐花
本名 小口おぐち 直也なおや
生年月日 (1984-01-25) 1984年1月25日(36歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
師匠 瀧川鯉昇
名跡 1. 瀧川鯉斗(2005年 - )
出囃子 むつのはな
活動期間 2005年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会
ぐあんばーる(芸能活動窓口)(~2020.3)
フリー(2020.4~)

芸歴編集

概略編集

1984年東京都生まれ。父親の転勤に伴い、3歳の時に北海道札幌市に転居。その後、小学校3年生の時に再度転勤のため愛知県名古屋市に移り住む(この説明が長くなるため、青年期を長く過ごした思い出の地、名古屋を出身地と謳っている)。スポーツは万能。小学校の時は夏は野球部、冬はサッカー部に所属するかたわら、学外でのリトルリーグやクラブチームでも活動する。中学時代、サッカー愛知県代表監督からスカウトされ、キーパーとして県代表チームのトレーニングにも参加。将来有望な選手として期待された。しかし、この頃からバイクの魅力にとりつかれ、生活態度が乱れ始める。このためサッカー推薦による高校進学も断念せざるを得ない状況になり、人生初の挫折を経験する。高校には進学せず暴走族「天白スペクター」[4]名古屋支部の12代目の総長になる[5]

18歳で暴走族を卒業後、2002年上京。新宿のレストラン「赤レンガ[4]でアルバイトをしながら生活を始める中、お店で現在の師匠である瀧川鯉昇の落語独演会が開催される。演目は芝浜。一目で師匠の落語に惹きつけられ、打ち上げの席で弟子入りを直訴する。入門を認められ前座となった2005年にTBSにてTOKIO長瀬智也主演によるドラマ『タイガー&ドラゴン』がオンエアされたため、関係者からは「モデルになったのでは?」と冷やかされた。まさに『タイガー&ドラゴン』の小虎、『昭和元禄落語心中』の与太郎、田中啓文の『笑酔亭梅寿謎解噺』シリーズの梅寿を地でいく男であり、規格外の落語家である。落語界きってのイケメンとして知られ、LEONなどファッション誌にもモデルとして登場する[6]

芸能人との交友も広く、片岡孝太郎の再婚相手を紹介したのが鯉斗という縁で、真打昇進の時は孝太郎から後ろ幕を贈られている[7]。また、新宿末廣亭での真打昇進披露興行にはおぎやはぎが特別出演して漫才を披露した[8][9]

2020年10月7日放送のフジテレビホンマでっか!?TV 浅田真央がお見合いで連絡先交換&新メンバー発表SP」で、浅田真央との公開お見合いにお笑いタレントなどと共に参加。候補者の中から「顔がタイプ」と相手として指名され連絡先を交換、話題となった[10]

出演編集

TV編集

CM編集

脚注編集

  1. ^ 瀧川鯉斗(株式会社ぐあんばーる)”. 2015年11月23日閲覧。
  2. ^ 協会員プロフィール > 詳細プロフィール”. 落語芸術協会. 2015年11月2日閲覧。
  3. ^ 大野友嘉子 (2019年8月8日). “元暴走族総長のイケメン、瀧川鯉斗さん 41年ぶり名古屋出身真打ち 13日から大須で披露口上”. 毎日新聞. 2019年8月28日閲覧。 “落語芸術協会(東京)が把握する限りでは、名古屋市出身の真打ちは1978年に昇進した三遊亭圓丈さん以来という。”
  4. ^ a b 瀧川鯉斗インタビュー 暴走族総長が落語家になるまで”. FRIDAYオンライン. 講談社 (2020年9月3日). 2020年9月4日閲覧。
  5. ^ 元暴走族総長のイケメン落語家・瀧川鯉斗が、親友のオリンピック競泳メダリスト・宮下純一とゲスト共演!”. 文化放送 (2018年12月27日). 2019年11月5日閲覧。
  6. ^ “"イケメンすぎる落語家"瀧川鯉斗 仕事は落語家です「ウソでしょ」”. ジェイタメ (株式会社ジェイプレス社). (2019年3月27日). https://jtame.jp/ikemen/8157/ 2020年6月28日閲覧。 
  7. ^ 林尚之 (2019年4月17日). “片岡孝太郎、再婚のキューピッドはイケメン瀧川鯉斗”. <ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>. 日刊スポーツ. 2020年10月12日閲覧。
  8. ^ 末広亭(@suehirotei) (2019年5月7日). “末広亭初高座の おぎやはぎ さんが、漫才で真打披露に華を添えました!”. twitter. 2020年10月12日閲覧。
  9. ^ 山下千穂 (2019年6月25日). “イケメン新真打、落語家・瀧川鯉斗の人間力”. SANSPO.COM. 芸能ショナイ業務話. 2020年10月12日閲覧。
  10. ^ 瀧川鯉斗(@koitotakigawa) (2020年10月8日). “昨日、「ホンマでっか!?TV」で国民的スターいや世界スター浅田真央さんに選んでいただきました。大変に光栄な事です。”. Instagram. 2020年10月11日閲覧。
  11. ^ ゆきぽよがキス イケメン落語家&芸人とデートで「もう今後、このデートを超えることはない」”. モデルプレス (2019年3月27日). 2019年4月1日閲覧。
  12. ^ MEGUMI OTAKE(text): “TIFFANY TOKYO MAP vol.2 SHINJUKU”. WWD JAPAN. 2018年7月5日閲覧。
[脚注の使い方]

外部リンク編集