メインメニューを開く

7.2 新しい別の窓

日本のインターネットテレビ番組

7.2 新しい別の窓』(ななにー あたらしいべつのまど)は、日本のインターネット配信によるバラエティ番組である。2018年4月1日より、毎月第一日曜日の17:00から翌0:12まで(432分)、AbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで生配信されている[注 1][注 2]。略称および推奨ハッシュタグは「ななにー」。

7.2 新しい別の窓
ジャンル バラエティ番組
配信時間 毎月第一日曜
17:00 - 翌0:12(432分)
配信期間 2018年4月1日 -
制作 AbemaTV
出演者 稲垣吾郎
草彅剛
香取慎吾
オープニング 新しい地図72かのナニかの何?
テンプレートを表示

目次

概要編集

2017年11月の『72時間ホンネテレビ』、2018年1月1日の『27Hunホンノちょっとテレビ』、同30日『72Hunもうちょっとテレビ』が好評を得た稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾3人によるAbemaTV初のレギュラー番組。AbemaTV開局2周年記念番組である[1]

テーマは『ホンネテレビ』と同じくSNSとされ、SNSを通じて視聴者と3人とつながる「世界初のSNSバラエティ」を標榜する。編成プロデューサーの谷口達彦は、『ホンネテレビ』が3人とSNSの出会いを描いたリアリティーショーだとすれば、当番組はSNSを武器にするまでのリアリティショーだとしている[2]

内容はライブ、トークなどの企画を原則生配信[1]で送り、移動、休憩の間は事前に収録された企画を配信する。

初回配信にはゆず斉藤和義ヒロミユースケ・サンタマリア江頭2:50らがゲスト出演。 制作協力会社としては『『ぷっ』すま』と同じケイマックスが入り、草彅・ユースケ・江頭が『『ぷっ』すま』最終回以来の共演を果たした[3][4]

また、香取とともに『天声慎吾』レギュラーだったキャイ〜ン天野ひろゆきも初回から出演。第2回からは相方のウド鈴木も加わり、実質的なレギュラー出演者として企画進行や企画間のつなぎトークなども務めている[注 3]。草彅はキャイ〜ンのマネージャーに「ななにーがあるのはキャイ〜ンさんのお陰だと思っています」と感謝を伝えたという[5]

出演者編集

レギュラー編集

準レギュラー編集

主なゲスト編集

第16回までに、3回以上生配信に出演したゲストを挙げる。

ナレーター編集

  • 小林克也 - (第1回~[注 10]) ジャンクションナレーション。
  • 戸田恵子 - (第2回~) マスコットキャラクター『ミス・ナニー』の声[6]

番組名編集

『72時間ホンネテレビ』中、草彅により即興で制作された楽曲『新しい別の窓〜略してアベマ〜』が元になっており、3人のファンクラブ名「新しい地図」とAbemaの頭文字を掛け合わせたものになっている。番組発表時は『新しい別の窓』のまま[7]であったが、呼びやすさ、記述しやすさを考慮し、本配信時に「7.2(ななにー)」がプラスされた。

企画編集

番組内の企画は配信回によって異なり、ライブ、トーク、ゲーム、スポーツ・アトラクションなどの体験、観光(街歩き)など多岐にわたっている。レギュラーの3人が出演するCMの派生企画や、3人に関わっている記者会見が番組内に組み込まれることもある[注 11]。第5回では、収録コーナー以外は全編京都から中継された。

複数回配信された企画としては、以下のようなものがある。

ななにースペシャルライブ編集

第1回より配信。毎回アーティストを招き、稲垣、草彅、香取を交えて、観客の前でミニライブを行う。

配信回 ゲストアーティスト
01回 ゆず斉藤和義
02回 ぼくのりりっくのぼうよみ
03回 水曜日のカンパネラ
04回 ゴールデンボンバー
05回 夏川りみ
06回 氣志團ゲスの極み乙女。
07回 小林幸子
08回 クレイジーケンバンド
09回 木村カエラ東京ゲゲゲイ
第10回 元日SPライブ[注 12]
第11回 スチャダラパー
第12回 KREVA
第13回 きゃりーぱみゅぱみゅ
第14回 平成最後のななにーオープニングライブ[注 13]
ななにー平成名曲ライブ[注 14]
令和初SPライブ
第15回 ファンキー加藤
第16回 BiSH

ホンネトーク(ゲストトーク)編集

第1回より配信。ゲストを迎え、本音で語り合うトーク企画。

第7回は、香取がルーブル美術館地下ホールで開いた個展「NAKAMA des ARTS」に関連した「ななにーinパリ」を配信。香取と中村獅童東京ゲゲゲイのトーク、稲垣・草彅のパリ観光企画と併せて、レギュラー3人による、CULEN移籍と「新しい地図」始動から1年が経ったことについての「ホンネトーク」が配信された。

第15回は、複数のゲストを招き、出演者全員がパジャマ姿になってざっくばらんに語らう「パジャマトーク」が配信された。この企画は、出演者からも「またやりたい」と好評を得たため、第16回でも同様の「パジャマトーク」が配信された[8]

配信回 ゲスト
01回 ヒロミユースケ・サンタマリア
02回 片岡愛之助 / たけし軍団[注 15]
04回 高嶋政宏山崎弘也 / 藤原紀香
05回 中村江里子 / 名取裕子
07回 なし(レギュラー3人のみ)
第10回 古舘伊知郎
第13回 爆笑問題太田光田中裕二
第15回 YOU金子恵美道端アンジェリカ菊地亜美[注 16]
第16回 梅沢富美男 /
音尾琢真小西真奈美水野美紀満島真之介橋本マナミ[注 16]

YouTuber草彅編集

第1回より配信。草彅のYouTuberとしての活動に関連した企画。草彅とゲストが様々なゲームや対決を行う。

配信回 ゲスト
01回 若手芸人[注 17]
03回 白井晃松尾諭
05回 水溜りボンド
09回 出川哲朗
第10回

ななにー人狼ゲーム編集

第2回より配信。嘘をつくこととそれを見抜くことが重要であることから「芝居力No.1決定戦」と銘打たれている。

レギュラー3人とゲスト6人の計9人で、人狼ゲームを行う。以下に示す、番組独自のルールが用いられる。

  • 9人のプレイヤーは、「市民チーム」(7人)と「人狼チーム」(2人)に振り分けられる。市民チームのうち1人(第5回までは2人)には、「騎士」の役職が与えられる。
    • 「市民チーム」の勝利条件は、人狼を2人とも処刑すること。
    • 「人狼チーム」の勝利条件は、残っている市民チームと人狼チームのプレイヤー数が同数になること。
    • 一般的な人狼ゲームにある、他プレイヤーが人狼か否かを把握できる「占い師」の役職は採用されない。
  • 各プレイヤーには、ゲーム開始前に配られるカードによって、その回での自分のチーム・役職が明かされる。カードは1人ずつ確認し、確認後に(騎士や人狼であっても)「私は市民です」と宣言する。
    • 第5回にて、チームおよび役職の配役はランダムではなく、スタッフによって決められていることが出演者により言明された。
    • 第6回からは、ゲーム開始前にプレイヤーが裏向きの9枚のカードから1枚選び、その場でチーム・役職が決められる方式に変更された。
    • 市民チームは他プレイヤーの役職を知ることはできないが、人狼チームはお互いが誰かを知り、ゲーム開始直前に作戦を練ることができる。この間は、市民チームのプレイヤーはセット内の個室にて、大音量のヘッドホンを付けた状態で待機する。
  • ゲームは、朝の「追放会議」のターンと、夜の「人狼による捕食」のターンに分かれる。
  • 追放会議では、残っているプレイヤーで「誰が人狼か」を話し合い、最終的な投票で最も多く票を集めたプレイヤーが退場となる。
    • 話し合いのきっかけとして、会議の前に各自が「一番人狼だと思われるプレイヤー」の写真パネルを立てる。
    • 回によっては、SNSを用いた視聴者による人狼予想が行われ、プレイヤーはその予想結果を投票の参考にすることができる。
    • 投票の最多票を集めたプレイヤーが複数いる場合は、再度の話し合いと投票が行われる。
    • 最多票を投じられたプレイヤーは、そのプレイヤーがどちらのチームに属するかが発表された後、セットにあるギロチンによって「処刑」され(あくまで演出であり、身体への害はない)、退場する。退場後は、実況ルームにてコメントに加わる。
  • 会議終了後、人狼が残っている場合は捕食が行われ、人狼チームに指名されたプレイヤーは退場となる。この間も、市民チームのプレイヤーは個室にて待機する。
    • 騎士が残っている場合は、騎士は個室にて自分以外から1人を指名して護衛する。護衛対象と人狼の捕食対象のプレイヤーが同じときは、捕食を阻止できる。
  • どちらかのチームの勝利条件が満たされるまで、上記の追放会議と捕食が繰り返される。
  • ゲーム終了後には、解説のDaiGo(第2,3回)、天野ひろゆき(第5回以降)から、今回のMVPが発表される。

人狼ゲーム参加者編集

太字はMVP

配信回 プレイヤー 実況 解説席
第2回 岩下尚史 大久保佳代子 大鶴義丹 木下ほうか 関根勤 柳ゆり菜 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 田中大貴 DaiGo
第3回 歌広場淳 菊地亜美 関根勤 津田寛治 宮川一朗太 渡辺大 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾
第5回 1戦目 梶原善 菊地亜美 篠田麻里子 関根勤 名取裕子 森脇健児 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 天野ひろゆきウド鈴木
2戦目 ウド鈴木 天野ひろゆき
第6回 1戦目 池田美優 歌広場淳 関根勤 田中要次 濱津隆之 真魚 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 天野ひろゆき、ウド鈴木、マギー
2戦目 マギー 天野ひろゆき、ウド鈴木、関根勤
第9回 1戦目 津田寛治 池田美優 田中要次 柳ゆり菜 川谷絵音 中村静香 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 天野ひろゆき、ウド鈴木
2戦目 ウド鈴木 天野ひろゆき、柳ゆり菜
第12回 1戦目 鈴木紗理奈 橋本マナミ 渡辺江里子 藤本美貴 かたせ梨乃 釈由美子 稲垣吾郎 草彅剛 香取慎吾 天野ひろゆき、ウド鈴木、菊地亜美、木村美穂
2戦目 木村美穂 菊地亜美 天野ひろゆき、ウド鈴木、渡辺江里子

ななにーツーリング編集

第4回より配信。バイクを趣味とする草彅が、ゲストと共にツーリングやレジャー・観光などを楽しむ企画。

配信回 ゲスト ロケ場所
第4回 市原隼人 神奈川県
第8回 高橋克典 徳島県

ななにーSNSディナー編集

第6回より配信。ゲストとのトークを交えつつ、絶品料理を賭けたゲームを行う。

  • 訪れた飲食店で人気の料理が4品紹介され、レギュラー3人とゲストは、その中から「視聴者が一番食べたい料理」を予想する。視聴者の投票は、香取または草彅のツイッターアカウントのアンケート機能を用いて行われる。
  • 予想を的中させた出演者のみ、その料理を食べることができる。
  • ゲームは2回戦行われる(第9回、第13回は1回戦のみ)。第7回にて、第6回で全敗した稲垣が、配信終了まで何も食べられなかったことを明かした。ただし、第8回、第13回は、その後配信された企画の中で、敗者も食事にありつけた。
配信回 ゲスト
06回 東出昌大
07回 遠藤憲一
08回 剛力彩芽片桐仁
09回 木村カエラ
第13回 斎藤工

ななにーNEWS編集

第6回より配信。車による移動の時間を用いて行われる。レギュラーの3人が関わった前月のネットニュースをリストアップし、振り返る。

テーマソング編集

放送内容編集


備考編集

  • 当番組配信30分前の16:30からは、前回の名場面を交えたカウントダウン番組が配信される。
  • 19:00~19:52頃までは、香取と草彅がレギュラー出演するbayfmのラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』の放送と被るため、当該時間帯は「新しいベイの窓」と題しbayfmでのFM放送との同時配信となる。
  • タイトルの通り、7.2時間、すなわち7時間12分(432分)の配信時間であるが、回によっては時間を延長する場合がある。
    • 第11回(2019年2月3日配信)では「THEものマネー」の企画が終了予定時刻までに収まらなかったため、AbemaTVの計らいにより約13分の配信時間延長があり、2月4日0:25頃に終了した。
    • 第12回(2019年3月3日配信)でも「ななにー人狼ゲーム」が長引いたため、約12分延長し3月4日0:24頃に終了した。
    • 第14回(2019年4月30日配信)は、平成から令和への元号またぎによる特別編成で、5月1日0:30まで配信された。
  • 配信中、随時SNSを用いたプレゼント企画がある。このプレゼントへの応募時間中(約2分間)は、「マネキンチャレンジ」と称して、出演者が微動だにしないことが恒例となっている。

スタッフ編集

  • 編成プロデューサー:谷口達彦

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 第10回は変則的に、2019年1月1日の15:00からAbemaSPECIALチャンネルで配信。
  2. ^ 第14回は変則的に、2019年4月30日の17:00から配信。
  3. ^ 香取とキャイ〜ンの間では、『天声慎吾』で用いられていた「王子(香取)」「アマノッチ(天野)」「ウッディー(ウド)」という愛称で呼び合っている。
  4. ^ ウドは第2回から出演。
  5. ^ レギュラーの3名が日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターを務めていることによる出演。
  6. ^ 出演時の名義は、回によって「池田美優」「みちょぱ」と異なる。
  7. ^ 第12回は生配信とのスケジュールが合わなかったため収録コーナーに出演。
  8. ^ ライブゲストのゴールデンボンバーとして出演。
  9. ^ ライブゲストのゲスの極み乙女。として出演。
  10. ^ 第6回は銀河万丈が代理で担当。
  11. ^ 第2回では3人の数字選択式宝くじ(ロト&ナンバーズ)の新CMキャラクター就任、第5回では草彅と香取がアンファー「スカルプD」の新CMキャラクター「ミノキ兄弟」に就任した会見があった。
  12. ^ レギュラー3人のほか、キャイ~ン、SASUKE(フィンガードラマー・トラックメイカー)、川谷絵音、ぼくのりりっくのぼうよみ、みちょぱ、サイプレス上野、BOW(東京ゲゲゲイ)が出演。
  13. ^ ゲストとしてSASUKEが出演。
  14. ^ 平成時代の各年にヒットした曲を4部に分けてメドレーで披露。ご本人ゲストとしてGAO岡本真夜MAX、天野ひろゆき(ブラックビスケッツ)、松平健が出演。
  15. ^ ガダルカナル・タカつまみ枝豆ダンカンラッシャー板前グレート義太夫柳憂怜水道橋博士の7人が出演。
  16. ^ a b キャイ〜ンと池田美優もトークに参加。
  17. ^ シューマッハペンギンズ、ひろみ、村民代表南川、ペッパーボーイズ、ロングロング、ウルトラトウフ、ピーマンズスタンダード、ブラットピーク、インデペンデンスデイ、ペルマン、ビスケット、ふるやいなや(スーパーニュウニュウ)、アマレス兄弟、ねこじゃらし、魔族、あがすけ、キックの計18組。
  18. ^ 新春編成の都合で火曜に臨時枠移動。
  19. ^ 「ななにープレゼンツ THEものマネー!」の規格が終了予定時刻までに収まらなかったため、AbemaTVの計らいにより約13分配信時間が延長し、0:25頃に終了した。
  20. ^ 「ななにー人狼ゲーム」の企画が終了予定時刻までに収まらなかったため、約12分延長し、0:24頃に終了した。
  21. ^ 平成最後の配信として特別番組編成の都合で火曜に臨時枠移動。4月のうちに2回目の配信を行っているが、この月内2回目の配信は5月分の配信の前倒し分となる。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集