照屋寛徳

日本の政治家、弁護士

照屋 寛徳(てるや かんとく、1945年7月24日 - )は、日本政治家弁護士(登録番号:13361)。社会民主党所属の衆議院議員(6期)、社会民主党国会対策委員長(第9代・第11代)。沖縄県議会議員(2期)、参議院議員(1期)、社会民主党副党首などを歴任した。

照屋 寛徳
てるや かんとく
生年月日 (1945-07-24) 1945年7月24日(76歳)
出生地 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島 サイパン島
出身校 琉球大学法文学部
前職 弁護士
所属政党無所属→)
社会民主党
称号 法政学士
子女 息子・照屋大河(沖縄県議会議員)
公式サイト テルヤ寛徳

選挙区 沖縄2区
当選回数 6回
在任期間 2003年11月10日 -

選挙区 沖縄県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1995年7月23日 - 2001年7月22日

選挙区 宜野湾市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1988年 - 1995年
テンプレートを表示

沖縄国際大学名誉教授の照屋寛之は本家筋にあたり、親戚である。

来歴編集

サイパン島米軍捕虜収容所で生まれる[1]。父、照屋寛栄は沖縄からの出稼ぎ労働者で、当時収容所で、死体片付け人として働いていた。1968年琉球大学法文学部を卒業。1972年司法修習を終え弁護士登録。

1988年沖縄県議会議員選挙に無所属日本社会党推薦)で出馬し、当選。2期目の任期途中に辞職し、1995年第17回参議院議員通常選挙に無所属(社会・公明沖縄社会大衆党推薦)で出馬。保守系無所属の大城真順を破り、初当選した。2001年第19回参議院議員通常選挙では自由民主党西銘順志郎に敗れ、落選。その後、社会民主党に入党。

2003年第43回衆議院議員総選挙沖縄2区から社民党公認で出馬し、当選。4445回の総選挙でも沖縄2区で当選を重ねた。2010年、社民党国会対策委員長に就任。福島瑞穂党首の4選後、照屋の党幹事長への起用が持ち上がったが、照屋が社民党歴の浅さを理由に辞退している。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、同党からの全立候補者の中で唯一選挙区で当選した。 2013年2月25日に社民党・共産党生活の党と無所属の沖縄県選出・出身国会議員5名で「うりずんの会」を立ち上げ、会長に就任した[2]。 同年7月21日第23回参議院議員通常選挙の開票後、山城博治を当選させられなかったことの責任を取り、国対委員長辞任を表明したが、留任した[3]。同年11月1日、全国代表者会議で国会対策委員長に再任された。

2014年第47回衆議院議員総選挙でも沖縄2区で当選し5選。翁長雄志沖縄県知事を支持する「オール沖縄」の統一候補として出馬した。2017年第48回衆議院議員総選挙でも沖縄2区で当選し6選。

2019年9月、次期衆院選に出馬しない意向を示した[4]2020年1月13日北中城村長(当時)の新垣邦男に「バトンタッチしたい」と表明した[5]

社民党は、2020年11月14日東京都内で臨時党大会を開き、立憲民主党への合流を希望する党員・地方組織の離党を容認する議案を賛成多数で可決し、分裂が確定的となった。国会議員4人のうち合流に反対していたのは福島瑞穂党首のみで、照屋を含む3人の去就が焦点となっていたが、議案可決後、照屋は「現段階では考えていない」と早期の離党を否定[6]。12月4日には後継候補の新垣が社民党に残留する意向を示していることから、照屋も残留する意向を固めたと報じられた[7]

活動編集

発言編集

普天間基地移設問題編集

  • 2010年4月23日、沖縄県庁で知事の仲井眞弘多と会談した際に「今この政権の中で、官邸外務防衛の大臣、官僚たちが(同県名護市の)辺野古現行案で決着させようとしている動きがある」と指摘した上で、「沖縄にとっても最悪の選択で、認めるわけにはいかない。たとえ連立政権が現行案に戻るようなことがあっても、拒否してほしい」と知事に求めた[11]

沖縄県知事選編集

  • 2010年10月29日、那覇市で開かれた同年11月の沖縄県知事選において社民党が推薦する前宜野湾市長の伊波洋一を支援するためパーティーにおいて、「沖縄は『公職選挙法特区』ですから。逮捕を覚悟で腹をすえてやってもらいたい」「街頭行動を頑張ってもらいたい。公選法を守ろうと思っている人は(今日の飛行機の)最終便で(帰っていい)」「万一逮捕されたら弁護士は私でなく福島みずほを呼んで下さい」などと明言した。このパーティーには福島みずほ党首ら党幹部に加え、全国の地方組織から週末のビラ配りなどのために沖縄に来た約90人が参加していた。その場では誰一人この発言を問題視する者はいなかったが、朝日新聞の取材に対しては「士気を高めるために冗談で言った」と述べ、本気で選挙違反を促したものではないと釈明している[12]

沖縄独立運動編集

  • 2013年4月1日、自身のブログで『沖縄、ついにヤマトから独立へ』と題した文書を公表し、「明治いらいの近現代史の中で、時の政権から沖縄は常に差別され、今なおウチナーンチュは日本国民として扱われていない」との認識を表明し、「沖縄は一層日本国から独立した方が良い、と真剣に思っている」と発言した[13]。その上で、5月15日の沖縄の本土復帰41周年にあわせ、沖縄の日本からの独立を目指す「琉球民族独立総合研究学会」が設立されることに対して「大いに期待し、賛同する」と発言した[13]。なお沖縄の独立をめぐっては5月8日に中国共産党機関紙人民日報が、政府系シンクタンク中国社会科学院の研究員らが執筆した「歴史的に未解決の琉球問題を再び議論できる時が来た」との論文を掲載し、また人民日報傘下の国際情報紙・環球時報が5月11日の社説で、沖縄の独立勢力を「育成すべきだ」などと中国政府に提案し、国際問題に発展した。沖縄県民からは「独立が『沖縄の総意』とは思わないでほしい」と危惧する声があがっている[14][15][16][17][18]

社民党党首・福島瑞穂を批判編集

  • 2020年11月14日、東京都内で開かれた党の分裂を巡る社民党臨時党大会で、党首の福島瑞穂に対し、「あなたが2003(平成15)年に党首になって、10年間で全国の社会党、社民党の党員の皆さん、先輩方が築いた遺産をすべて食いつぶした」と述べ、党首を公然と批判し[19]、「総選挙を勝利するには、あなたが衆院にくら替えして立候補しなさい」とも述べ、参院比例代表で当選を重ねてきた福島に対し衆院へのくら替え要求を突き付けた[20]。党大会後、照屋は発言の真意について、「福島自身が一定の知名度があるというなら、選挙区で勝負すればいい。そうすれば、比例代表に新たな人材を迎え入れることができる。それが党勢拡大っていうものだ。でも、比例代表にしがみついて、勝負をしてこなかった」と述べた[21]。照屋はかねてから福島の党運営に批判的で、社民党には残るものの、関係者は「照屋氏は党に籍を置くだけで、福島氏と仲良くやっていけるわけがない」と指摘している[22]

政策編集

所属団体・議員連盟編集

  • 原発ゼロの会
  • 公的責任における放課後児童クラブ(学童保育)の抜本的拡充を目指す議員連盟
  • 空襲被害者等援護法(仮称)を実現する議員連盟
  • 脳卒中対策推進議員連盟
  • NPO議員連盟
  • 連合組織内議員懇談会
  • 自治労協力国会議員団
  • ハンセン病問題の解決を進める議員懇談会
  • ハンセン病対策議員懇談会
  • 沖縄等米軍基地問題議員懇談会
  • LRT推進議員連盟
  • ドクターヘリ推進議員連盟
  • 袴田巌死刑囚救援議員連盟
  • 日中友好議員連盟
  • アムネスティ議員連盟
  • 死刑廃止を推進する議員連盟(幹事)
  • 立憲フォーラム(顧問)
  • 13条を考える会
  • 子ども・被災者支援議員連盟
  • 北方領土返還・四島交流促進議員連盟
  • ダンス文化推進議員連盟
  • 国会事故調の提言を実現・法制化する超党派議員連盟
  • 世界遺産議員連盟
  • 日本の国際協力を支援する会~特に青年海外協力隊の活動~を支援する国会議員の会
  • 史跡保全議員連盟
  • 「過労死防止法」制定を目指す超党派議員連盟
  • 国際連帯税創設を求める議員連盟
  • 夜間中学等義務教育拡充議員連盟
  • 人種差別撤廃基本法を求める議員連盟
  • うりずんの会(会長)

脚注編集

  1. ^ テルヤ寛徳、プロフィール
  2. ^ うりずんの会(県選出・出身野党国会議員)結成:テルヤ寛徳のブログ
  3. ^ 社民党OfficialWeb┃議員┃役員一覧 2013年7月25日 第63回常任幹事会
  4. ^ “照屋衆院議員、今期限りで引退へ 沖縄2区、後継は新垣氏が軸”. 沖縄タイムス. https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/472277 2019年9月18日閲覧。 
  5. ^ [1]
  6. ^ [2]
  7. ^ “照屋氏、社民残留の意向 吉田、吉川氏は立憲へ”. 時事ドットコム. (2020年12月4日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120401020&g=pol 2020年12月4日閲覧。 
  8. ^ 「民族排撃デモ」、国会内で抗議集会  政治が動き始めた(BLOGOS)
  9. ^ 2019年2月20日Rob Kajiwara記者会見 20210516閲覧
  10. ^ ローラさん賛同の「辺野古」署名、主催者が来日時に長時間の尋問 「嫌がらせだ」 20210516閲覧
  11. ^ 辺野古現行案に戻る動きも=沖縄知事に拒否求める-社民・照屋氏 4月23日 時事通信
  12. ^ 社民・照屋議員「沖縄は『公職選挙法特区』。逮捕を覚悟で腹をすえてやってほしい」 伊波氏支援パーティーで 2010年11月01日朝日新聞
  13. ^ a b 沖縄、ついにヤマトから独立へ
  14. ^ 社民・照屋議員「沖縄は独立した方がいい」中国紙に同調、県民からは危惧の声 2013.5.15 MSN産経ニュース
  15. ^ 社民・照屋議員「沖縄は独立した方がいい」中国紙に同調、県民からは危惧の声 SankeiBiz2013.5.15 09:25
  16. ^ 社説[人民日報論文]誤解を招く言動は慎め 沖縄タイムス 2013年5月13日
  17. ^ 人民日報、沖縄の日本の主権に異議 ウォールストリートジャーナル2013年 5月 09日
  18. ^ 琉球問題に言及した人民日報論文に抗議=菅官房長官 ロイター2013年 05月 9日
  19. ^ 「先輩の遺産を食いつぶした」 社民・照屋氏が福島党首を公然批判 産経新聞 2020年11月14日
  20. ^ “「遺産食いつぶした」 照屋氏が福島氏を面罵―社民”. 時事ドットコム. (2020年11月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111400519&g=pol 2020年11月19日閲覧。 
  21. ^ “WEB特集 社民党は消えてしまうのか”. NHK NEWS WEB. (2020年11月19日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201119/k10012719351000.html 2020年11月19日閲覧。 
  22. ^ 社民、再建の道険し 来月代表者会議で再スタートも党機能縮小・財政悪化 産経新聞 2021年1月28日
  23. ^ 2014衆院選 毎日新聞候補者アンケート
  24. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  25. ^ 社民党Official Web、2013年9月5日

外部リンク編集

党職
先代:
辻元清美
吉川元
社会民主党国会対策委員長
第9代 : 2010年 - 2020年
第11代 : 2021年 -
次代:
吉川元
(現職)
先代:
中西績介渕上貞雄
東門美津子
社会民主党副党首
渕上貞雄と共同
2003年 - 2007年
次代:
渕上貞雄
又市征治