メインメニューを開く

1972年イタリアグランプリ

1972年イタリアグランプリは、1972年のF1世界選手権第10戦として、1972年9月10日モンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 1972年イタリアグランプリ
レース詳細
Monza 1972.jpg
日程 1972年シーズン第10戦
決勝開催日 9月10日
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアモンツァ
コース長 5.775km
レース距離 55周(317.625km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'35.65
ファステストラップ
ドライバー ベルギーの旗 ジャッキー・イクス
タイム 1'36.3(Lap 44)
決勝順位
優勝
2位
3位

エマーソン・フィッティパルディが5勝目をマークして、1972年のF1ワールドチャンピオンを獲得。同時にチーム・ロータスにコンストラクターズ・チャンピオンをもたらした。フィッティパルディはこの時25歳273日で、F1史上最年少のチャンピオンに輝いた[1]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回 タイム グリッド ポイント
1 6  エマーソン・フィッティパルディ ロータスフォード 55 1:29'58.4 6 9
2 10  マイク・ヘイルウッド サーティースフォード 55 + 14.5 9 6
3 14  デニス・ハルム マクラーレンフォード 55 + 23.8 5 4
4 15  ピーター・レブソン マクラーレンフォード 55 + 35.7 8 3
5 28  グラハム・ヒル ブラバムフォード 55 + 1'05.6 13 2
6 23  ピーター・ゲシン BRM 55 + 1'21.9 12 1
7 3  マリオ・アンドレッティ フェラーリ 54 + 1 Lap 7
8 21  ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 54 + 1 Lap 16
9 19  ロニー・ピーターソン マーチフォード 54 + 1 Lap 24
10 16  マイク・ボイトラー マーチフォード 54 + 1 Lap 25
11 22  ハウデン・ガンレイ BRM 52 + 3 Lap 17
12 24  レイネ・ウィセル BRM 51 + 4 Lap 10
13 18  ニキ・ラウダ マーチフォード 50 + 5 Lap 20
Ret 4  ジャッキー・イクス フェラーリ 46 電気系統 1
Ret 20  クリス・エイモン マトラ 38 ブレーキ 2
Ret 9  アンドレア・デ・アダミッチ サーティースフォード 33 ブレーキ 21
Ret 29  ウィルソン・フィッティパルディ ブラバムフォード 20 サスペンション 19
Ret 7  ジョン・サーティース サーティースフォード 20 燃料システム 22
Ret 8  ティム・シェンケン サーティースフォード 20 スピンオフ 15
Ret 5  クレイ・レガツォーニ フェラーリ 16 アクシデント 4
Ret 26  カルロス・パーチェ マーチフォード 16 アクシデント 11
Ret 30  カルロス・ロイテマン ブラバムフォード 14 サスペンション 11
Ret 2  フランソワ・セベール ティレルフォード 14 エンジン 14
Ret 11  ナンニ・ギャリ テクノ 6 エンジン 23
Ret 1  ジャッキー・スチュワート ティレルフォード 0 クラッチ 3
DNQ 25  アンリ・ペスカロロ マーチフォード
DNQ 12  デレック・ベル テクノ
  • ラップリーダー : ジャッキー・イクス(Lap1 - 13、17 - 45)→ クレイ・レガツォーニ(Lap14 - 16)→ エマーソン・フィッティパルディ(Lap46 - 55)[2]

第10戦終了時点でのランキング編集

  • ドライバー・コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2005年にフェルナンド・アロンソが更新。
  2. ^ 『F1全史 1971-1975』(ニューズ出版、1993)p120。

関連項目編集

外部リンク編集