1972年カナダグランプリ

F1世界選手権レース

1972年カナダグランプリ (: 1972 Canadian Grand Prix) は、1972年のF1世界選手権第11戦として、1972年9月24日モスポート・パークで開催された。

カナダ 1972年カナダグランプリ
レース詳細
1972年F1世界選手権全12戦の第11戦
Mosport.svg
日程 1972年9月24日
正式名称 XII Labatt's Grand Prix of Canada
開催地 モスポート・インターナショナル・レースウェイ
カナダの旗 カナダ オンタリオ州 ボウマンビル英語版
コース 恒久的レース施設
コース長 3.957 km (2.458 mi)
レース距離 80周 316.56 km (196.64 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)[1]
最高気温: 22.8 °C (73.0 °F)
最大風速: 9.26キロメートル毎時 (5.75 mph)[2]
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-フォード
タイム 1:13.6
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード
タイム 1:15.7 (25[1]周目)
決勝順位
優勝 ティレル-フォード
2位 マクラーレン-フォード
3位 マクラーレン-フォード

レースは80周で行われ、5番手からスタートしたティレルジャッキー・スチュワートが優勝した。マクラーレンピーター・レブソンが2位、チームメイトのデニス・ハルムが3位となった。

背景編集

モントランブラン・サーキットは地元のレース当局との紛争により閉鎖されたため、モスポート・パークカナダグランプリの唯一の主催者となった。サーキットは最新のレーシング基準を満たすようにアップグレードされた[3]

ロータス翌年からロニー・ピーターソンの起用を発表した。この年ル・マン24時間レースを制したマトラだったが、F1ではこの年11点しか獲得できず不振が続き、世界メーカー選手権に集中するためこの年限りでF1からの撤退を決めた[4]

エントリー編集

ロータスは無得点のデビッド・ウォーカー英語版[5]に代わり、前年のナンバー2であったレイネ・ウィセルBRMから復帰した[6]

ウィセルが抜けたBRMは地元出身のビル・ブラック英語版がスポット参戦し、エースのジャン=ピエール・ベルトワーズとともにP180をドライブする。ピーター・ゲシンハウデン・ガンレイは従来型のP160Cをドライブする[4]

ティレルフランソワ・セベールに新車006を用意した[4]。タイプ名は異なるが、エースのジャッキー・スチュワートが使用している005と同型である[7]

サーティースマイク・ヘイルウッドが同日に行われるヨーロッパF2選手権のチャンピオン争いのためアルビグランプリ(アルビ・サーキット)に参加することを優先し[注 1]、オーナーのジョン・サーティースも新車TS14の走行を諦めたため、ティム・シェンケンアンドレア・デ・アダミッチの2台のみ参加した[4]

テクノデレック・ベルのみ、本年の残り2戦を走ることになった[4]

スキップ・バーバー英語版はジーン・メイソン・レーシングからマーチ・711で北米ラウンドの2戦にスポット参戦する[3]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
  エルフ・チーム・ティレル 1   ジャッキー・スチュワート ティレル 005 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
2   フランソワ・セベール 006
  エキップ・マトラ・スポール 4   クリス・エイモン マトラ MS120D マトラ MS72 3.0L V12 G
  ジョン・プレイヤー・チーム・ロータス 5   エマーソン・フィッティパルディ ロータス 72D フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
6   レイネ・ウィセル
  モーターレーシング・ディベロップメンツ・リミテッド 7   グラハム・ヒル ブラバム BT37 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
8   カルロス・ロイテマン
9   ウィルソン・フィッティパルディ BT34
  スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 312B2 フェラーリ 001/1 3.0L F12 F
11   クレイ・レガツォーニ
12   アルトゥーロ・メルツァリオ 1
  マールボロ・BRM 14   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM P180 BRM P142 3.0L V12 F
17   ビル・ブラック
15   ハウデン・ガンレイ P160C
16   ピーター・ゲシン
  ヤードレー・チーム・マクラーレン 18   デニス・ハルム マクラーレン M19C フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
19   ピーター・レブソン
20   ジョディー・シェクター 1 M19A
  ブルックボンド・オクソ・チーム・サーティース 21   マイク・ヘイルウッド 2 サーティース TS9B フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・サーティース 22   ティム・シェンケン
24   ジョン・サーティース 1 TS14
  チェラミカ・パニョッシン・チーム・サーティース 23   アンドレア・デ・アダミッチ TS9B
  STP・マーチ・レーシングチーム 25   ロニー・ピーターソン マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
26   ニキ・ラウダ
  クラーク=モーダウント=ガスリー・レーシング 27   マイク・ボイトラー マーチ 721G フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
  チーム・ウィリアムズ・モチュール 28   アンリ・ペスカロロ マーチ 721 フォードコスワース DFV 3.0L V8 G
29   カルロス・パーチェ 711
  マルティーニ・レーシングチーム 31   デレック・ベル テクノ PA123/3 テクノ シリーズP 3.0L F12 F
32   ナンニ・ギャリ 3 フォードコスワース DFV 3.0L V8
  ジーン・メイソン・レーシング 33   スキップ・バーバー マーチ 711 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
ソース:[8]

追記
  • ^1 - エントリーのみ[9]
  • ^2 - ヘイルウッドは他のレースに出場するため欠場[9]
  • ^3 - ギャリはマシンが準備できず欠場[9]

予選編集

マクラーレンCan-Amで得られたサーキットの知識と経験によって優位に立ち、ピーター・レブソンが初のポールポジションを獲得し、デニス・ハルムも2番手に続いた。マクラーレン勢とともにフロントローを得たのはマーチロニー・ピーターソンであった[注 2]。初のドライバーズチャンピオンとなったエマーソン・フィッティパルディは前年度王者のジャッキー・スチュワートとともに2列目に並び、3列目はフランソワ・セベールフェラーリ勢(クレイ・レガツォーニジャッキー・イクス)が、4列目はカルロス・ロイテマンクリス・エイモンが並ぶ[3]BRM・P180を駆るジャン=ピエール・ベルトワーズビル・ブラック英語版は後方に沈んだ[4]

予選結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 19   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 1:13.6 - 1
2 18   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 1:13.9 +0.3 2
3 25   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 1:14.0 +0.4 3
4 5   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 1:14.4 +0.8 4
5 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 1:14.4 +0.8 5
6 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 1:14.5 +0.9 6
7 11   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 1:14.5 +0.9 7
8 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 1:14.7 +1.1 8
9 8   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 1:14.9 +1.3 9
10 4   クリス・エイモン マトラ 1:15.4 +1.8 10
11 9   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 1:15.6 +2.0 11
12 16   ピーター・ゲシン BRM 1:15.7 +2.1 12
13 22   ティム・シェンケン サーティース-フォード 1:15.7 +2.1 13
14 15   ハウデン・ガンレイ BRM 1:15.7 +2.1 14
15 23   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 1:15.9 +2.3 15
16 6   レイネ・ウィセル ロータス-フォード 1:16.0 +2.4 16
17 7   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 1:16.2 +2.6 17
18 29   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 1:16.4 +2.8 18
19 26   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 1:16.8 +3.2 19
20 14   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 1:16.8 +3.2 20
21 28   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 1:17.0 +3.4 21
22 33   スキップ・バーバー マーチ-フォード 1:17.1 +3.5 22
23 17   ビル・ブラック BRM 1:17.9 +4.3 23
24 27   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 1:18.4 +4.8 24
25 31   デレック・ベル テクノ 1:18.6 +5.0 25
ソース:[10][11]

決勝編集

レース当日は朝から濃霧に覆われたため、フォーミュラ・フォードなどのサポートレースがキャンセルされた。本来レースが開始される予定であった14時半には霧がわずかに晴れ、主催者は各車に対し2-3周試走させた。最初にコースインしたジャッキー・スチュワートはこのコンディションではレースは不可能だと報告したが、エマーソン・フィッティパルディがコースインすると奇跡的に霧が晴れ始めた。周回を終えたE.フィッティパルディは、レースは安全だと思っていると語った。湿った路面が乾きだし、15分ほどのウォームアップ走行が行われたが、デレック・ベルがコースアウトしてフロントサスペンションが曲がってしまったため、決勝に出走できなくなった[12]

レースは16時に開始された[4]ロニー・ピーターソンとスチュワートが好スタートを切って1-2位に浮上する一方、デニス・ハルムは中盤まで後退した[3]

首位に立ったピーターソンだったが、4周目にミスを犯してスチュワートの先行を許してしまった。その後方でジャッキー・イクスピーター・レブソンを抜いたが、イクスのフェラーリエンジンのパワーが落ち始めていたこともあり、レブソンはイクスを抜き返した。その後、イクスはE.フィッティパルディとクレイ・レガツォーニにも抜かされた[3]。さらに、ファイアストンタイヤ勢はグッドイヤータイヤ勢に比べ、涼しい気候に苦しんでいた[4]

順位に大きな変動がないまま迎えた54周目、ピーターソンがグラハム・ヒルを周回遅れにしようとしたが両者は接触し、ピーターソンのステアリングが曲がってしまった[3]。ピーターソンはマシンをピット出口に止め、メカニックによってガレージに押し戻されて修理が行われた。修理を終えてピーターソンはコースに復帰したが、ピットレーンの逆走により黒旗が出されて失格となった[12]。なお、チームメイトのニキ・ラウダも、コース内でメカニックによるマシンの修理を行ったため失格となっている[4]

ピーターソンの失格により、レブソンとE.フィッティパルディが2位を争ったが[3]、E.フィッティパルディのフロントノーズフィンが脱落してしまう。57周目にレガツォーニに抜かれた後、修理のためにピットインするが、ロータス陣営はノーズセクション全体を交換するか、フィンだけを交換するかで混乱した[12]。レガツォーニは周回遅れのスキップ・バーバー英語版に引っかかってスピンを喫し、カルロス・ロイテマンとハルムに抜かれていった。ロイテマンはレース終盤に燃料を使い果たし、ハルムが3位[3]、ロイテマンが4位でフィニッシュした[4]

スチュワートは新車ティレル・005に初勝利を、フォード・コスワース・DFVエンジンに通算50勝目をもたらし[12]、初の2位となったレブソンと3戦連続で3位となったハルムのマクラーレン勢が表彰台に立った[3]。ロイテマンは表彰台を逃したものの初のポイントを獲得し、レガツォーニが5位、クリス・エイモンが6位に入賞した。なお、レガツォーニ以外は全てグッドイヤー勢による入賞であった。最終戦を前に、ドライバーズランキングの2位争いはスチュワート(36点)とハルム(35点)の2人に絞られ、コンストラクターズランキングの2位争いもマクラーレン(45点)とティレル(42点)の2つに絞られた[4]

レース結果編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   ジャッキー・スチュワート ティレル-フォード 80 1:43:16.9 5 9
2 19   ピーター・レブソン マクラーレン-フォード 80 +48.2 1 6
3 18   デニス・ハルム マクラーレン-フォード 80 +54.6 2 4
4 8   カルロス・ロイテマン ブラバム-フォード 80 +1:00.7 9 3
5 11   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 80 +1:07.0 7 2
6 4   クリス・エイモン マトラ 79 +1 Lap 10 1
7 22   ティム・シェンケン サーティース-フォード 79 +1 Lap 13
8 7   グラハム・ヒル ブラバム-フォード 79 +1 Lap 17
9 29   カルロス・パーチェ マーチ-フォード 78 燃料切れ 18
10 15   ハウデン・ガンレイ BRM 78 +2 Laps 14
11 5   エマーソン・フィッティパルディ ロータス-フォード 78 +2 Laps 4
12 10   ジャッキー・イクス フェラーリ 76 +4 Laps 8
13 28   アンリ・ペスカロロ マーチ-フォード 73 +7 Laps 21
Ret 6   レイネ・ウィセル ロータス-フォード 65 エンジン 16
DSQ 26   ニキ・ラウダ マーチ-フォード 64 失格(コース上でメカニックが修理)[1] 19
DSQ 25   ロニー・ピーターソン マーチ-フォード 61 失格(不正ピットイン)[1] 3
NC 27   マイク・ボイトラー マーチ-フォード 59 規定周回数不足 24
Ret 2   フランソワ・セベール ティレル-フォード 51 ギアボックス 6
Ret 16   ピーター・ゲシン BRM 25 サスペンション 12
NC 33   スキップ・バーバー マーチ-フォード 24 規定周回数不足 22
Ret 14   ジャン=ピエール・ベルトワーズ BRM 21 オイル漏れ 20
Ret 17   ビル・ブラック BRM 20 スピンオフ 23
Ret 9   ウィルソン・フィッティパルディ ブラバム-フォード 5 ギアボックス 11
Ret 23   アンドレア・デ・アダミッチ サーティース-フォード 2 ギアボックス 15
DNS 31   デレック・ベル テクノ アクシデント 25
ソース:[13]
優勝者ジャッキー・スチュワートの平均速度[9]
183.901 km/h (114.271 mph)
ファステストラップ[14]
ラップリーダー[15]
太字は最多ラップリーダー
達成された主な記録[4]

第11戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半6戦のうちベスト5戦がカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ヘイルウッドはこの年、ヨーロッパF2選手権のチャンピオンを獲得した。
  2. ^ 本レースのスターティンググリッドは3-2-3。

出典編集

  1. ^ a b c d (林信次 1993, p. 120)
  2. ^ Weather information for the "1972 Canadian Grand Prix"”. The Old Farmers' Almanac. 2020年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Canadian GP, 1972”. grandprix.com. 2020年5月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Canada 1972”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  5. ^ (林信次 1993, p. 37-38)
  6. ^ (林信次 1993, p. 47)
  7. ^ (林信次 1993, p. 46)
  8. ^ Italy 1972 - Race entrants”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  9. ^ a b c d Canada 1972 - Result”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  10. ^ Canada 1972 - Qualifications”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  11. ^ Canada 1972 - Starting grid”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  12. ^ a b c d Andrew Marriott. “1972 Canadian Grand Prix race report”. Motor Sport Magazine. 2020年5月28日閲覧。
  13. ^ 1972 Canadian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  14. ^ Canada 1972 - Best laps”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  15. ^ Canada 1972 - Laps led”. STATS F1. 2020年5月28日閲覧。
  16. ^ 戦績:C.ロイテマン”. F1 DataWeb. 2020年5月28日閲覧。
  17. ^ 戦績:B.ブラック”. F1 DataWeb. 2020年5月28日閲覧。
  18. ^ 戦績:マトラ”. F1 DataWeb. 2020年5月28日閲覧。
  19. ^ a b Canada 1972 - Championship”. STATS F1. 2019年3月14日閲覧。

参照文献編集

  • Wikipedia英語版 - en:1972 Canadian Grand Prix(2020年3月14日 3:49:10(UTC))
  • 林信次『F1全史 1971-1975 [名手スチュワートの退場/若手精鋭たちの新時代]』ニューズ出版、1993年。ISBN 4-938495-05-8

外部リンク編集

前戦
1972年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
1972年シーズン
次戦
1972年アメリカグランプリ
前回開催
1971年カナダグランプリ
  カナダグランプリ次回開催
1973年カナダグランプリ